がん保険の在宅療養給付金を受け取れる条件は?在宅療養とは何か解説

がん保険に在宅療養給付金がついているけど、どういうときに支払われるか言葉だけでは分からない、今のがん保険の内容でいいのか不安など、現在の医療と照らし合わせながら、分かりやすくがん保険の現状と在宅療養給付金の支払われ方についてまとめました。

▼この記事を読んで欲しい人 

  • がん保険の在宅料保険とは何か知りたい人
  • 在宅療養は具体的に何をするのかわからない人
  • 高額医療費制度の仕組みを知りたい人
  • 介護保険の仕組みを知りたい人


▼この記事を読んでわかること

  • 在宅療養保険の仕組みと詳細
  • がん治療患者の入院治療と通院治療の推移
  • 高額医療費制度の上限額
  • 介護保険制度の仕組みと申請方法

内容をまとめると

  • 在宅療養は訪問介護や医師の往診などが必要
  • 訪問の治療や介護は、病院よりも費用がかかることもある
  • 在宅療養保険の給付には20日以上の入院経験が必要
  • がんは入院よりも通院患者が年々増えている
  • 介護保険の加入には身内や本人が手続きをおこなう必要がある
  • 介護保険や高額医療費制度は、年収や年齢により上限金額が異なる
  • がん保険について詳しいことはプロに相談するのがオススメ!

がん保険の在宅療養給付金とは?




がん治療の多様化や技術の進歩もあり、通院治療をしながらも在宅療養を選択する患者が増加しています。


そのため、がん保険もこのような患者さんたちのニーズに合わせるため、在宅療養給付金がついている商品も登場しました。


この在宅療養給付金は給付されるポイントは分かりやすく、以下にご紹介します。


  1. がんと診断され20日以上の入院
  2. 退院後に在宅療養を選択すると給付される
  3. 短期の入院には適用されない
  4. がん保険のすべての商品につかないので注意が必要

この4点のポイントで気をつけなければならないのが、入院期間と在宅療養の基準です。

短期間の入院や日帰りとなると、外科手術のみでその後は経過を診ていくといった流れになることが多く、在宅療養になる可能性が低い場合があります。

今後、在宅療養が増えてくると入院期間が短期でも給付可能な商品も発売されてくるのかもしれません。

加えて在宅療養の基準が保険会社によって異なる場合があるため、保険の加入時には確認が必須です。

もしも、がんと診断されたときには、医師と治療の流れをしっかり打ち合わせし、その内容を保険会社に伝えて給付される対象はどこなのかも確認しましょう。

がんの在宅療養に関する基礎知識

在宅療養は、病院ではなく住み慣れた環境で、治療に専念する方法で

  • 訪問診療
  • 訪問看護
  • 薬剤師の訪問
  • 訪問によるリハビリ

といったような、病院の大型の機器などを使用せずに、定期的な通院のような対応になります。

その他にも歯科診療も訪問でおこなっている医院もあり、病院だけではない治療法として、対応できることも増えてきているようです。

がん保険の商品の中には、在宅で治療をするにあたり給付金を支給されるタイプのものが販売されていおり、段々と主流へと変化しています。

ただ、在宅治療の給付金は20日以上の入院をした上でないと給付されないがん保険がほとんどです。

在宅治療は通院する必要もなく、自宅で療養できる安心感はあります。

しかし、通院と比べ医師の移動費が追加でかかるため、費用はその分だけ割増となってしまいます。

在宅療養の基準

がん治療として、入院や手術を終えて通院治療と併用として在宅療養するといった患者さんが増えています。

現在加入しているがん保険が、在宅療養給付が受けられるのかどうか?

という点に関しては、加入している保険会社に問い合わせる必要があります。

ここで注意するべきポイントとしては、保険会社によってことなる在宅療養の基準です。

大抵のがん保険が定めている自宅療養で給付される条件は、入院が20日以上であることとなっており、退院後に一定額が給付されるケースとなっています。

退院後にまとまった金額が給付されるため、通院+自宅療養給付金といった給付のされ方です。

例えば、以下のような商品があったとします。

給付項目
給付金額
がん診断給付金一時金50万円
入院給付金1日1万円
在宅療養給付金20万円

もしも、このような保険商品があった場合、20日の入院があったとして、90万円の給付金が受け取ることができます。

入院・治療の費用はがんの種類により高額になることもあるため、月々の保険料と折り合いをみて、加入するかどうかは判断することがオススメです。

在宅で受けられるがん医療




がん治療を在宅で受ける場合、突然調子が悪くなってしまうと、家族はどのような対処をしてよいか不安になるかと思います。


在宅でがん治療を受けれる病院は、基本的には24時間体制で患者をサポートできる仕組みになっています。


その他にも、薬剤師や介護福祉士を常勤させている病院もあり、何か困ったがあれば患者さんの元へ駆けつけることができる病院もあるようです。


病院によっては、患者さんの治療だけでなく、普段の買い物や抗がん剤で抜けてしまった髪を隠すためのカツラを準備するサービスを行っている病院もあり、治療だけでなく生活面もサポートできる仕組みになっています。


在宅で療養をしている患者さんには、往診や訪問診療を定期的にするのが一般的な流れとなるのですが、在宅療養給付金を適用する場合は、往診や訪問診療にかかる費用が対象です


訪問看護や日常生活のサポートなどは対象外になる可能性があるので、保障されている内容をしっかり確認することが必要です。

現代の通院診療と入院診療の割合の推移を紹介

現代の医療において、通院診療と入院診療の割合はどれくらいなのかご存知でしょうか?


がんといえば、外科手術後に長期の入院、または抗がん剤治療で入院。


といったように、治療の軸には入院が不可欠と思っている方も多いのではないでしょうか?


実は、現代医療は数十年の間に飛躍的な進歩を遂げており、通院でがん治療をうけるかたも多くなっています。


参考までに、厚生労働省が発表している平成29年患者調査の概況から割合がどれくらいなのかご紹介します。



入院患者数外来患者数外来患者数割合
総数約131万2,000人約719万1,000人約84%
新生物(がんを含む)約14万2,000人約24万9,000人約63%
血液及び造血器の疾患並びに免疫機構の障害約5,900人約2万1,100人約78%



全体の病気やケガでの外来はかなり高い数字となっていますが、驚かれるのはがんの外来患者が6割を超えていることです。


この数字の中には、長期で通院されている方も含むため、割合が多くなっている可能性もあります。


そして、もう一つ手術後も通院は必要になる人が多いというのも理解いただけたかと思います。


今のがん保険で、通院治療費が足りるのか不安を感じたのであれば、保険のプロに一度相談し、保険内容の見直しすることも手段の一つなのかもしれません。

がん保険の在宅療養給付金が支払われる条件とは?支払われないのはなぜ?

前述でもお伝えしましたが、在宅療養給付金には入院日数が20日というのが大前提となります。


在宅療養給付金を受け取ることができなかった。


と思っている方は、今一度加入しているがん保険の内容を振り返ってみましょう。


加入しているがん保険が、在宅療養給付金が対象でなかったり、入院日数が足りないといったパターンになっている可能性があります。


今この記事を読んで頂いているかたの中で


「自分の保険は在宅療養給付金があるのか?」


「在宅療養給付金のある保険が自分には必要なのか?」


といった不安がある場合は、無料の保険窓口へ出向きファイナンシャル・プランナーに相談をしたり、マネーキャリアのような無料で訪問相談リモート通話で相談できるサービスを利用するのがオススメです。


気軽に無料相談できますので、ぜひ検討してみてください。

在宅療養給付金受領のための条件

在宅療養給付金を受けとるためには、20日以上の入院経験の他に、担当してもらった医師からの診断が必要になります。


なので、20日間入院したからといって、給付されることはありません。


必ず、退院後に在宅療養が必要であることを証明しなければならないため、保険会社は必要な書類を提示してきます。


給付金を受け取るために、どのような条件をクリアしないといけないのかは、加入前やがんの診断をうけた後に保険会社への確認をしましょう。

在宅療養給付金受領のために必要な書類




在宅療養給付金を受け取るために、必要となる書類は


  • 医師からの診断書
  • 入院期間の分かる証明書

の2点です。

医師からの診断書は、患者が在宅療養が必要なのかを証明するために必要になるため、治療したがんの名前だけでなく、治療経過の分かるもの今後のスケジュールを簡略的に伝えるような内容にしてもらうことが必要です。

医師へのお願いは遠慮してしまいそうですが、今後の治療費を補うためには必要なことですので、しっかりと依頼しましょう。

また、入院期間の証明は在宅療養給付金を受け取る際の、入院日数を確認するために必要なので、併せて準備します。

今回ご紹介したのは、あくまで一例に過ぎませんので、加入している保険会社に必要な書類について確認することが重要です。

がんの在宅緩和ケアに掛かる費用はどのくらい?

通院や入院と違い、在宅緩和ケアとなると費用がどれくらいなのか、あまり知られていません。

在宅療養給付金がついているがん保険が登場していることから、今後は在宅でも治療できる治療法が主流になっていくのかもしれません。

保険が適用されたとしても、治療が長期に及ぶと考えれば、ある程度の予算を把握しておくことは大事なことです。

では、実際に在宅緩和ケアについて、どれくらいの費用がかかるのか

  • 訪問診察費用
  • 訪問看護費用
  • 薬やその他の費用


といった3つのタイプ別に、どれほどの費用がかかるのかご紹介します。

医師の訪問診察にかかる費用

医師が訪問診療をする場合、費用の計算は基本診療費に追加で行う治療を加算し計算をします。


在宅で治療を受けるのは、通院が困難な患者さんや、医師との相談の上で在宅治療を選択した方となり、医師は患者に合わせてスケジュールを組み訪問診療する流れとなります。


追加で行う治療としては


  • 点滴・注射
  • 処置
  • 情報提供
  • 書類作成

といった内容で、往診の際に必要と医師が判断すれば、その分だけ費用がかかります。

基本的には、通院と変わらないシンプルな仕組みです。

ただ、一つ通院と違うのは訪問する場所や時間帯によっては、治療費にプラス費用がかかります。

なので、在宅治療に関しては明確な予算が人によって違うことになるため、ハッキリとした金額は難しいのが現状です。

費用を確認する際は、治療に必要な金額よりも、プラスアルファでかかる金額をあらかじめ確認することが重要になってきます。

治療費も、その日の体調によって医師が処置する内容が変わるため、治療費も明確には提示できないようです。

看護師の訪問看護にかかる費用




看護師がお家に訪問する訪問看護の費用計算は、看護時間に対して費用がかかります。


公的な施設の訪問看護は、介護保険や医療保険を利用し、自己負担額を減額することも可能です。


しかし、訪問看護は利用回数に制限があったり、ケアしてもらえる時間が決められていたりする部分があるため、充分なケアを受けることができない。


といったデメリットもあります。


さらに、疾患や年齢によっても自己負担額は変わるので、注意が必要です。


訪問看護の中には、全額自費負担の施設も存在します。


時間で費用がかかるので、ケアする内容により費用も異なりますが、その分満足いく看護が受けられる可能性が上がります。


料金も様々ですが、1回の利用で5,000円から7,000円が相場で、深夜などに訪問する場合は、この料金に別途深夜料金がかかる仕組みです。


看護費用に交通代が別途かかりますので、医療施設から遠い方は注意しましょう。

薬やそのほかにかかる費用

治療に必要な薬は、訪問診療時に処方箋を受け取り、薬局にて引き渡しをおこないます。

ただ、病気や移動手段が無いといった患者さんのために、希望があれば配達をおこなっている薬局もあります。

配達をおこなっている薬局を利用したい際は、医師と相談し薬局を決めるのがオススメです。

費用に関してですが、日本訪問医療機構によると、処方箋+薬代で自己負担額は7,000~20,000円が相場とのことですが、がんの種類や治療法により金額にはバラつきがでてきます。

それに、配達を希望となると、別途配送費が必要になるため、通院するよりもコストが膨らむ恐れがあることを把握しておきましょう。

次に、その他にかかる費用は、患者が動ける状態にあるのか周りにサポートする人がいるかといった条件により変わってきます。

周りにサポートをする人がいたり、患者自身が動けるのであれば、日用品の買い物などに不自由はありませんが、動けないとなると買い出しに出向くことすら困難となります。

例えば日用品を通販で購入したり、患者をサポートするサービスを利用すれば、その分だけ費用が増えることが予想されます。

訪問医療は病院内にいるストレスからは開放されるものの、周りの世話を自身でカバーしなければならないので、体への負担や費用が高くなることを理解しておきましょう。

がん末期の患者が利用できる高額医療費制度を紹介




がんに罹ったことのない人も一度は聞いたことのあるであろう高額医療費制度

大体の方は、高額な医療費に対して、医療費をサポートしてくれる制度といったような理解かと思います。

しかし、高額医療費制度は

  • 70歳未満の方
  • 70才以上の方

によって、自己負担額も変わってきます。

そこで、ここからは70歳を境に、負担する費用が変わる「高額医療費制度」について、気になるお金の部分を中心にご紹介します。

※70歳未満の人の自己負担限度額

自己負担額が一定額を超えた際に、超えた金額を国が保障する制度が高額医療費制度です。


普段の病院にかかるのとは違い、がん治療となると通院や入院でも、費用は大きくなります。


がん保険でカバーするのも大事ですが、公的な制度を利用することで、さらに負担を軽減することが可能です。


以下は厚生労働省の高額療養費制度を利用される皆さまへから自己負担額の上限金額をまとめた表となっています。。


適用区分1ヶ月あたりの上限額
年収約1,160万円以上25万2,600円+(医療費-842,000)×1% 
年収770万円~1,160万16万7,400円+(医療費-558,000)×1% 
年収約370~約770万円8万100円+(医療費-267,000)×1% 
~年収約370万円以下5万7,600円 
住民税非課税者3万5,400円 

※70歳以上の人の自己負担限度額

上記では70歳未満の方の、高額医療費制度が対象となる上限額を年収別にご紹介しましたが、70歳以上になると区分が少なくなります。


以下は以下は厚生労働省の高額療養費制度を利用される皆さまへから70歳以上の方の自己負担額の上限金額をご紹介します。


適用区分 1ヶ月あたりの上限額
年収約370万円以上8万100円+(医療費-267,000)×1%
※外来のみは4万4,400円
年収156万~約370万円4万4,400円
※外来のみは1万2,000円
住民税非課税世帯2万4,600円
※外来のみは8,000円
住民税非課税世帯
(年金収入80万円以下といった条件に当てはまる方)
1万5,000円 
※外来のみは8,000円



更に、高額医療費制度には上限額を減らす仕組みが備わっています。


それが多数回該当というもので、過去1年以内に3回以上、上限額に達した場合上限金額が下がるものです。


70歳以上の方の場合は、年収約370万円以上の方のみに限り、上限が4万4,400円となり、69歳以下の方は以下のように上限金額が変更になります。


所得区分多数回該当の上限金額
年収約1,160万円以上14万100円
年収770万円~1,160万 9万3,000円
年収約370~約770万円4万4,400円
~年収約370万円以下 4万4,400円
住民税非課税者2万4,600円


抗がん剤治療や放射線治療といった、長期に渡り高額な医療費を必要とする治療を受ける際に必要となります。


自分がどのくらいの高額医療費制度の上限なのかは、利用する前にぜひ把握しておきましょう。

40歳以上のがん末期患者は在宅サービスに介護保険を利用できる




がん末期となると、身体は自由に動かすことが難しくなり、日常生活に支障をきたしてしまいます。

病院で入院しているということであれば、看護師・医師の方々もいますので安心ですが、在宅となると頼りになるのは家族や身内です。

ただ、ケアしようにも家族はプロではないので、うまく行かず疲弊してしまう。

そのようなことにならないために、プロの力を借りるのがオススメです。

40歳以上になると、介護保険の使用が可能となり、負担も楽にすることができます。

では、介護保険の申請はどのような流れになるのかを

  • 介護保険に加入できる条件
  • 要介護認定を受けるまで
  • 介護保険制度のサービス内容と限度額

といったポイント別にご紹介していきます。

介護保険に加入する条件

介護保険に加入するには、これといって特別な条件があるわけではありません。


条件は


  1. 40歳以上
  2. 健康保険加入者全員
の2つで、特別な条件ではなく、健康保険加入者で40歳を超えたら介護保険料を支払うことになります。

つまり、何か手続きをすることがなく、気がつけば給料から天引きされていて

「あぁ…介護保険料の項目がある」

と気づいて、初めて知るという方もいるのかもしれませんね。

介護保険料は義務になりますので、介護は将来受けないと思っても必ず支払うことにことになります。

ちなみに、介護保険とは、病気や高齢で介護が必要になった場合に、介護サービスを受ける際の負担を減らすことのできる保険制度のことをいいます。

介護保険サービスを利用することになり、身内が近くにいないとなれば、介護サービスを利用しなくてはいけません。

介護サービスは、身の回りのことをしてくれる代わりに、費用は高額になることもあるため社会保障で、カバーできるのはとてもありがたいことです。

ただ、介護サービスを受けても介護保険料の支払いは、ストップされませんので注意しておきましょう。

要介護認定を受ける流れ

要介護認定を受けるまでの行程は以下のような4ステップとなっています。


  1. 要介護認定をうけるための申請
  2. 認定のための調査と主治医の意見書
  3. 判定・認定
  4. 介護サービスの利用計画書の作成

では、ここからは上記の内容について詳しく解説していきます。


①要介護認定をうけるための申請

要介護認定をうけるには、お住まいの市町村へ申請をする必要があります。

要介護認定をうけるにするには、介護保険被保険者証、医療保険証が必要となりますので必ず持参してください。

もし、不安な点があればお住まいの市役所・役場に問い合わせることをオススメします。

②認定のための調査と主治医の意見書


調査員が自宅や医療施設に訪問し、申請者の心身状態を聞き取りなどをおこないます。


その後、調査員は主治医に意見書を依頼するのですが、もしも決まった主治医がいない。


ということであれば、調査員側から用意した医師への受診が必要となります。


これは、聞き取りだけではわからない部分を明確にするためです。


③判定・認定


調査員は調査内容の項目を、全国一律で決められている基準で判断し、一次判定が決定。

その後一次判定の結果を踏まえた上で、主治医の意見書を考に介護認定審査会によって要介護認定の判定します。

要介護認定の結果は申請者と家族に結果が伝えられ、要介護認定の7区分にのどれかに分類されます。

要介護認定を受けられなくても、介護サポートを積極的にしている自治体もありますので、一度お住まいの市役所・役場へ問い合わせてみましょう。


④介護サービスの利用計画書の作成


要介護認定認定を受けたら、介護サービス計画書を実際にケアをするプロの方と作成していきます。


介護サービス計画書の作成は、介護支援専門員が申請者や家族の意見を聞きつつ、体調を考慮し本人も家族の負担が減らせるような計画を立て、介護サービスがスタートします。

介護保険制度で受けられるサービスと限度額




介護保険で受けられるサービスは


  1. 居宅介護支援
  2. 訪問型サービス
  3. 福祉用具の購入費用負担
  4. 住宅改修費用の負担
  5. 通所型サービス
  6. 短期滞在型サービス

と大きく6つに分類されます。

在宅療養はこの中の、1~4番にあてはまり、訪問での介護や自宅をバリアフリーにリフォームする場合に、介護保険の給付を受け取ることができます。

高額介護サービス費の給付限度額は令和3年8月に、負担限度が変わり以下のように改正されました。

以下は厚生労働省が発表している金額になります。

区分負担の上限金額(世帯)
課税所得690万円以上14万,100円
課税所得380万円~690万円未満9万3,000円
市町村民課税~課税所得380万円未満4万4,400円
世帯全員が市町村民税非課税2万4,600円
前年の公的年金収入+その他所得合計が80万円以下2万4,600円
※個人は1万5,000円
生活保護支給者1万5,000円

旧型のがん保険などを契約している方は見直しを検討

ここまで、在宅療養給付金のついているがん保険についてご紹介してきましたが、中にはがん保険をずっと見直していない


という方もいたのではないでしょうか。


あなたはがんになった時、入院、通院などにいくら給付されるか理解していますか?


さらに給付される条件を理解していなければ、いざという時に痛い目をみるかもしれません。


加入している保険を再確認するのも重要ですが、一度販売されているがん保険と比較し、見直しするのはいかがでしょうか?


最新で販売している保険商品は、最新の医療の移り変わりに対応し、保険内容も変わってきています。


がん保険を見直すことは、保障内容や保険料だけでなく、最新の医療についても知ることが可能です。


保険を見直す際は、無料相談窓口やマネーキャリアといった無料訪問・リモート相談のできるサービスを利用するのがオススメ!


また、相談する際はファイナンシャル・プランナーの経験値によって、相談の満足度も変わりますので、優秀なプランナーがいるサービスの利用をするようにしましょう。

まとめ:通院保障・在宅療養保障が充実したがん保険を選ぼう

いかがでしたでしょうか。


今回は


  • 在宅療養保険とは
  • 在宅治療にかかる費用
  • 介護保険の仕組み

といったことを中心にご紹介しました。


平均寿命が伸び、がんに罹る人が増えた現代で、がんへの治療は年々進歩しています。


現在がん保険に加入していても、治療法が新しくなれば、加入しているがん保険では賄えないということも今後発生するかもしれません。


そのようなことを防ぐには、定期的に保険の見直しをするのがオススメ。


保険について分からないことなどは、無料で保険のプロに相談できるサービスを利用し、今の自分に保険があっているのかどうかを相談しましょう。


自分で窓口に何度も足を運ぶのもよいですが、何回も足を運ぶのが面倒だったり、窓口タイプではプライバシーが守られているか不安。


ということであれば、マネーキャリアのような自宅へ訪問してくれるサービスを利用し、気軽に保険やお金についての相談をしてみましょう。

がん保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング