自動車保険のロードサービスとは?サービス内容について解説!

自動車保険の補償内容にロードサービスがあることをご存知の方は多いと思います。しかし実際にどのようなサービスが受けられるのか、サービスを使うと等級が下がるのかなど、分からないことも多いですよね。この記事では自動車保険のロードサービスについて解説します。

自動車保険のロードサービスとはいったいなに?

自動車保険を選ぶ際、対人・対物補償はもちろん、ロードサービスが充実している保険に加入したい皆さんも多いことでしょう。


ロードサービスが充実していれば、交通事故以外で自動車が何らかのトラブルに見舞われた際、頼りになりますよね。


しかし、ロードサービスでは具体的にどんな内容なのか、サービスを使うと等級が下がるのかどうかご存知でしょうか。


ロードサービスのサービス内容はもちろんですが、どんな特徴があるかも知っておきたいですよね。


そこで今回は「自動車保険のロードサービス内容とその特色」について

  • 自動車保険のロードサービスとは
  • 各社の自動車保険のロードサービスの比較一覧
  • 自動車保険のロードサービスに関する留意点

以上のことを中心に解説していきます。     
 


この記事を読んでいただければ、ロードサービスの基本的知識と、その特色について知ることができるはずです。                                             


ぜひ、最後までご覧ください。



困ったとき現場に来てくれるサービスのこと!

ロードサービスとは、走行中の故障のように対処の難しいトラブルが起きた場合、助けを呼べるサービスです。


確かに路上でタイヤがパンクして、それをご自分で交換するのは、慣れてないと難しいですよね。


こちらではロードサービスの内容と、「JAF」という団体について解説します。

どんな内容なのか

ロードサービスとはいっても、皆さんどんなサービスなのかご存知でしょうか?


皆さんが車で走行中にトラブルが起きた場合、主に次のようなサービスが受けられます。

  • バッテリー上がり応急作業・点検・交換:バッテリーが上がった時のジャンピング作業、バッテリー交換作業。保険期間中1回のみなど条件付きの場合がある。
  • ガス欠時の燃料補給作業:車がガス欠で停まった時の燃料補給作業。燃料代は実費の場合あり。
  • エンジンオイル・冷却水補充作業:自力走行不能時のエンジンオイル・冷却水の補充。
  • スペアタイヤ交換作業・タイヤ周り点検:タイヤがパンクした時のスペアタイヤ交換作業
  • インロック開錠:誤ってカギ閉じ込めをした時の開錠作業
  • レッカー移動:車を修理するための移動作業
以上が主なサービスですが、自動車保険へ加入すれ基本的に無料となります。

ただし、保険会社によっては契約2年目以降から対象となったり、レッカー移動等は距離制限が付されることもあります。

自動車保険ではないがJAFが有名

高速道路を走行しているとき等、車体に「JAF」というロゴが入った自動車を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。


とはいっても、自動車保険を提供している保険会社ではありません。


このJAFとは正式名称が「日本自動車連盟」とよばれる一般社団法人です。


もともとJAFは、自動車に関しての色々な業務や、オーナードライバーの権益を保護する目的で設立されました。


主な事業としては、ロードサービスのほか、国内で行われるモータースポーツイベントの公認を行うことがあげられます。


このJAFの会員になれば、前述したロードサービスが全て無料となります。


年会費は次の通りです。

  • 個人会員:4,000円
  • 家族会員:2,000円(ただし5名まで)
  • 法人会員:1台2,000円(法人特定会費2,000円別途必要)

各社の自動車保険のロードサービスの比較一覧

みなさんの保険選びには自動車保険の対人・対物補償のみならず、ロードサービスの充実度も欠かせませんよね。


こちらでは、代理店型自動車保険で人気の保険会社3社、ダイレクト(通販)型自動車保険で人気の保険会社3社を取り上げます。


また、2つの共済も含めて計8社の扱うロードサービスを比較します。

代理店型自動車保険の場合

代理店で取り扱われている自動車保険のロードサービスは次の通りです。

ロードサービス東京海上日動
トータルアシスト
損保ジャパン日本興亜 
THE クルマの保険 
あいおいニッセイ同和損害保険 
タフ・クルマの保険
バッテリー上がり
応急作業
ガス欠時の
燃料補給作業
エンジンオイル・
冷却水補充作業
スペアタイヤ
交換作業・
タイヤ周り点検
インロック開錠
レッカー移動
(距離無制限)

(条件付き)

(条件付き)
×
(距離制限あり)

大手3社のロードサービスは、いずれも基本的なサービスが完備されています。


しかし、レッカー移動では「あいおいニッセイ同和損害保険」に距離制限があり、その他2社も条件付きでの距離無制限となります。


条件を比較してみましょう。

  • 東京海上日動:原則として車両搬送費用分は1事故15万円が補償限度。ただし、搬送先の修理工場等で、東京海上日動が事前承認したときは無制限(つまり距離は問わない)。
  • 損保ジャパン日本興亜:原則として車両搬送費用分は1事故15万円が補償限度。ただし、事前連絡し損保ジャパン日本興亜指定の修理工場へレッカーでけん引する場合は距離無制限。
  • あいおいニッセイ同和損害保険:原則として車両搬送費用分は1事故30万円が補償限度。およそ約500㎞相当の搬送距離。

ダイレクト型自動車保険の場合

ダイレクト(通販)型で取り扱われている自動車保険のロードサービスは次の通りです。


ダイレクト型の中には、より手厚いロードサービスを用意している保険会社があるようです。

ロードサービスSBI損保
SBI損保の自動車保険
ソニー損保
ソニー損保の自動車保険
チューリッヒ保険
ネット専用保険
バッテリー上がり

応急作業
ガス欠時の

燃料補給作業
エンジンオイル・
 冷却水補充作業
スペアタイヤ
 交換作業・

タイヤ周り点検
インロック開錠
レッカー移動

(距離無制限)

(条件付き)


(条件付き)
落輪引き上げ・
引き降ろしサービス
××
ホテル代サポート
ペットケアサービス
(条件付き)

落輪は怖い


なかなか他社にはないロードサービスに、「落輪引き上げ・ 引き降ろしサービス」があります。


こちらは道路脇の側溝への落輪、縁石等に乗り上げた場合等に行う、引き上げや引き降ろし作業です。


一見、ちょっとした事故のようにも思えますが、車両重量は一番軽い車両(ダイハツ・コペン クーペ)でも830キロです。


側溝への落輪した車を路上に戻すことは、同乗者が協力しても非常に厳しいですよね。


表の通り、SBI損保の自動車保険ならばロードサービスの基本設定となっているので安心です。


ペットも補償?


代理店型にあまりなく、ダイレクト型に意外と多いロードサービスの一つに、「ホテル代サポート」「ペットケアサービス」があります。


ホテル代サポートがあれば、車のトラブルで臨時に宿泊せざるを得なくなり、支払った費用が戻ってきます。


ペットケアサービスは、車のトラブルで預けていたペットを迎えに行けなくなったとき等の費用が支払われます。


この2つのサービスは、取り上げた3社でいずれも設定されており補償内容はそれぞれ次の通りです。


〇ホテル代サポート

  • SBI損保:原則1泊のみ補償、1名15,000円上限。
  • ソニー損保:1泊のみ補償、ただしビジネスホテルに限定(全額補償)。
  • チューリッヒ保険:1泊のみ補償、ただしビジネスホテルに限定(全額補償)。
〇ペットケアサービス
  • SBI損保:自動車保険に加入し3年目以降等を条件に、2泊までペットホテル費用10,000円まで補償
  • ソニー損保:ペットホテル1泊分の費用・ペットホテルまでの交通費10,000円まで補償
  • チューリッヒ保険:ペットホテル費用10,000円まで補償
各社とも補償内容に差異はあります。

しかし、宿泊代やペットに関する費用も支払われれば、車両トラブルという緊急事態になっても安心ですよね。

共済の場合

共済で取り扱うロードサービスも、便利なサービスが設けられています。

ロードサービスJA共済
クルマスター
全労済
マイカー共済
バッテリー上がり
 応急作業
ガス欠時の
 燃料補給作業
エンジンオイル・

 冷却水補充作業
スペアタイヤ

 交換作業・
 タイヤ周り点検
インロック開錠
レッカー移動
 (距離無制限)
×

(距離制限あり)
×

(距離制限あり)
落輪引き上げ・
 引き降ろしサービス
× 
 スタック
からの引上作業
×

JA共済の全労済の自動車共済ともに、基本的なロードサービスはしっかりと設けられています。


とくにJA共済は「スタックからの引上作業」を基本設定としている点が注目されます。


スタックとは、雪・ぬかるみ等に車輪を取られてしまい、立ち往生している状況の車を言います。


他社では、このような理由でタイヤがスリップした状態は、故障でないのでサービス対象外としていることがほとんどです。


特に積雪によるスタックは雪でぬかるみ、自力で走行できるようにすることは困難です。


そんな時、引上作業を無料で行ってもらえれば本当に助かりますね。


自動車保険のロードサービスに関する留意点

ここまでみてくるとロードサービスは、まさかの困った事態へ役立つサービスであることがおわかりになったことでしょう。


このようなサービスが、自動車保険に加入すれば原則自動付帯になるなんてお得ですよね。


こちらでは、その他のロードサービスの特徴と、ロードサービスに関する疑問点を解説します。


ロードサービスを使っても等級は下がらない!

皆さんが、もしもロードサービスを利用する際に「等級は下がってしまうのか?」と、心配になるかもしれません。


この等級とは、自動車保険料の割引率および割増率を算出する階級のことです。


通常、契約車両で事故を起こし保険を使用する場合、等級は下がり翌年から保険料が上がります。


しかし、ご安心ください。


ロードサービスを利用しても等級は下がりません。


ロードサービスは「ノーカウント事故」の対象になります。


ノーカウント事故は、事故件数にカウントされない事故のことです。


よって、ロードサービスを何回利用しても等級が下がることはありません。


ロードサービスなしにできる?

自動車保険へ加入を希望する方々の中には、「ロードサービスを外して、保険料をもっと安くしたい!」と、考える人もいるのではないでしょうか。


ロードサービスを無料で自動付帯としている保険会社の場合は、基本的に外すことは困難です。


仮に外すことができても保険料が安くなることはありません。


一方、ロードサービスを特約として付帯する場合ならば、外すことは可能です。


ただし、この特約を外しても年間1,000円~1,500円程度安くなるだけです。


まさかの事態で予想外の出費を支払うより、ロードサービスを付ける方が無難です。


コラム:自動車保険一括比較のススメ

この記事を読んでいる皆さんは自動車を所有し、自動車保険に加入している方が多くいらっしゃると思います。 


ですが、車の購入時にディーラーや保険代理店で自動車保険に加入し、現在の保険料に対して高いと不満に思っていませんか?
 


もしかすると不必要な補償が付いているかもしれません。 

この機会に自動車保険の見直しをしてみませんか? 


見直しをすることでなんと一年間に5万円もの保険料を節約できた事例もあります!


しかし一社ずつ見積もりを行うのは時間がかかり、めんどくさいですよね。


そこでおすすめなのが一括見積りサイトで見積もりを行うことです!

一括見積りサイトなら何度も個人情報を入力する必要がなく無料で見積もりができるので、気軽に保険料の比較を行うことができます。


今自分が加入中の保険についている補償と同条件でも保険料が安い会社を見つけることができると思います! 


契約しなくても見積もりだけでも大丈夫なので、是非一度一括見積りサイトで見積りを行ってみてはいかがでしょうか。


自動車保険を見直したい方は以下のボタンからどうぞ!

(保険スクエアbangに飛びます)

まとめ:万が一の際もロードサービスがあれば安心!

自動車保険のロードサービス内容とその特色について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。
                                    


今回の記事のポイントは

  • ロードサービスとは、走行中の故障のように対処の難しいトラブルが起きたら助けを呼べるサービス
  • ロードサービスは基本的に自動車のトラブルへのサービスを設けているが、ホテル代やペットに関するサービスも設定されている場合がある
  • ロードサービスを使ってもノーカウント事故とされ等級は下がらない
以上の3点でした。

ロードサービスはありがたいサービスですが、大切なのは走行中のトラブルを起こさないことです。

日ごろから自動車のメンテナンスを徹底し、無理な走行は控えましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

  • ランキング