車両保険は事故以外の故障にも使える?車両保険の適用範囲を解説!

車両保険は事故以外の故障にも使える?車両保険の適用範囲を解説!-サムネイル画像

車両保険で故障した車の部品を、修理することは可能なのでしょうか?また、故障とは言っても、災害による故障はどうなるのでしょうか?またカーナビ等の所持品が保障されるかも気になりますよね。この記事では車両保険の補償範囲について、故障のパターン別に解説していきます。

自動車保険や任意保険の適用範囲と使い方を紹介!

自動車を購入される際には基本的に自動車保険をセットに購入を考えますよね。


また自動車保険に車の補償として、車両保険を付けられている方も多いでしょう。車は事故以外の故障した場合も走行不能となり修理が必要ですよね。


そこで、気になるのが故障の時も車両保険が使えるかどうかだと思います。


この記事では

  • 車両保険の補償範囲
  • 故障のパターン別の補償解説
  • ロードサービスの利用
以上の点を中心にまとめています。

この記事を読むことで車両保険への理解を深め、正しく使うことができます。

また車両保険を使用できない場合にはロードサービスという手段も覚えておくと非常に便利です。

ぜひ最後までご覧ください!

車両保険の適用範囲を紹介!事故以外の故障にも使える?


車が故障してしまうと修理、または買い替えを考えますよね。状態によっては、修理代が高額になったり、廃車になってしまうケースもあります。


故障の時には、車両保険から保険金を受け取ることはできるのでしょうか?


まずは、車両保険の補償範囲をご紹介しましょう。

 一般型 エコノミー型
他の車との衝突
台風・洪水・竜巻・高潮・落雷 
火災・盗難
飛来物によるフロントガラスの破損
落書き・いたずら
単独事故×
地震・津波・噴火××

上記での車の損害について、適用します。


結論から言うと、エアコンの故障やカーナビの故障、窓が開かなくなるなどの通常の使用時における故障については、車両保険では補償されません。損保ジャパンの公式のページでも言及されています。


ただ、故障のすべてが補償にならないわけではありません。


先ほどの表を見ればわかるように、車両保険には、一般型とエコノミー型と2つのタイプがあります。どちらのタイプも事故や盗難などの外的な要因による損失の補償です。


事故の時に、衝撃でお車が故障してしまうことはよくありますよね。


例えば、単独事故を起こしてしまいエンジンが故障してしまった場合です。ご自分の掛けている車両保険のタイプが一般型であれば、故障であっても補償になります。エコノミー型は、補償対象外となります。

車両保険は事故以外の自然故障は補償対象外!

車両保険は、通常の使用で起こる故障など、内的な要因であれば補償の対象外となります。


例えば、走行中に部品が壊れて車が動かなくなってしまったり、駐車中にバッテリーのの寿命がきて動かなくなってしまったりなどです。


年式の経ったことによる劣化や消耗が原因の修理代や部品代といったものに関しては、車両保険では補償にならないことも多いです。


また、純生以外の部品を使用していたり、改造によって車に負担がかかり故障するなども、内的原因となりますので、車両保険の補償対象外となることもあります。

水没や落雷など災害による故障は補償してくれる

車両保険は、どちらのタイプでも自然災害が原因の故障であれば、ほとんどが補償になります。


内容補償の有無
水没などのお車の故障
落雷が原因の故障
台風による土砂災害での故障
風で飛来物の衝突による故障 
地震・津波・噴火による故障×
他人の車を故障させた場合×

地震・津波・噴火時の車両補償が必要な方は、別途、地震・津波・噴火が補償できる特約を付ける必要があります。保険会社に相談してみましょう。


また、車両保険の補償対象はご契約中のお車なので、他人の車は補償対象外です。

カーナビ等所持品が壊れたときは?身の回り品補償特約を紹介!

もしもカーナビ等所持品が壊れた時に使える特約があります。


その特約が「身の回り品補償特約」です。


この特約は保険を契約している車が外出中の偶然の事故で車内にある物などが破損した場合や一時的に車外に持ち出した身の回りの品が損害を受けてしまった場合に保険金が受け取ることができます。


例えばトランクに積んでいたゴルフクラブやカメラ、後づけのカーナビも含まれます。


しかしカーナビが元から埋め込まれている場合には車両保険の補償範囲になります。

故障のときには自己負担で修理の必要アリ!

車両保険で補償にならないケースをお話してきました。車の万が一の備えとして、故障時も考えておかなくてはなりませんよね。


年式が新しいお車は、センサー関係の故障(エアコン、パワーウィンドウ、エンジンセンサーなど)が多く、年式が経った車は、エンジン本体、ミッション、冷却機能、ブレーキなどの走行にかかわる部分の故障が多いです。


メーカーの保証期間内であれば、それを利用して修理してもらうことが可能な場合もあります。そのような保証がなければ、残念ながら、故障の時の修理代金は自己負担となってしまいます。


では、故障の時には、自動車保険は何の役にも立たないのでしょうか?


実は利用できるサービスがありますので、続いてお話しましょう! 

ロードサービスを利用することはできる


ほとんどの自動車保険には、無料のロードサービスが付いていますがご存知ですか?


事故だけでなく故障で走行不能になってしまった時も利用できます。(ただし、自然災害の時の故障は適用外です)


自動車保険についているロードサービスは、レッカーが出動する拠点数が多いことが特徴です。拠点数が多いという事は、故障して走行不能になった時に来てもらえる時間が早いということです。


ダイレクト型(通販型)自動車保険の場合は、自社で運営・管理しているのではなくロードサービス業者と提携してサービスを提供する仕組みとなっています。ほとんどの自動車保険会社が「JAF」を大きく上回る拠点数を確保していますから、走行不能になってしまった時には、比較的早く駆けつけてくれます。

ロードサービスを利用するだけでは等級への影響はない

ロードサービスは、車がレッカー移動された後のサービスも充実しています。 


例えば、修理後の搬送費用のサポートが付いていたり、車がレッカー移動された後は、レンタカーの貸出、帰宅・宿泊費用をサポートの中からどれかを選んで利用できます。その他、ペットにかかる費用のサポート、宿泊・旅行費のキャンセル費用をサポートなどもある所もあります。 


旅行先で故障した場合などは、こういうサービスは心強いですよね。


しかも、ロードサービスを利用したからといって等級への影響がないので、次年度の保険料が上がることはありません。車が動かなくなった時には、迷わずにロードサービスに連絡しましょう。

パンクのスペアタイヤ交換などの応急処置は対応可能?

故障で走行不能になった場合に利用できるとお話しましたが、ロードサービスで対象外としている対応があります。


例えば、タイヤのトラブルです。スペアタイヤを積んでいれば、タイヤの交換作業は対応してくれます


しかし、パンクの応急修理は対応してもらえません。実費を払うからとお願いしても修理は対応してもらえませんので気を付けましょう。


そういう場合は、レッカー移動が利用できます。レッカーで最寄りの修理工場に持って行き、自己負担でタイヤの修理をしてもらいましょう。


JAFなどの一般社団法人は、それらも対応してれますので、内容を比べて上手に利用しましょう。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ:車両保険は事故以外の故障にも使える?

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では

  • 車両保険の補償内される場合と補償されない場合の確認
  • 契約車が自然災害の被害を受けた場合
  • ロードサービスのサービス内容
を中心に解説していきました。

車両保険の補償内容は思っているよりも多くほとんどの被害を受けた場合に補償を受けられることがわかりましたね。ただ基本的には「故障」は補償対象外であることは忘れてはいけません。

事故や自然災害、又はイタズラなど飛来物による被害を主に補償するものです。

また経年劣化による損害も補償に入りませんので定期的な車のメンテナンスをすることで急な故障を防げる可能性が高まります。

ロードサービスは事故時にとても役に立ちます。なおロードサービスを利用したとしても保険料に関係しませんので保険料が上がる心配もありません。

そのためロードサービスは万が一の時にとても頼りになります。

ほけんROOMでは、この他にも皆様のお役に立てる記事を用意しておりますのでぜひご覧ください。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング