エンジン故障で車両保険はおりる?故障原因や修理費についても解説!

エンジンが故障した場合、車両保険は適用されるのか気になりますよね。今回は、保険がおりるケースやエンジンブローの原因、修理費について詳しく解説していきます。また、故障した際の対処方法についても説明しますので、是非参考にしてみてください。

エンジン故障の修理に車両保険は適用される?

運転中突然エンジンが故障して止まってしまった場合、車両保険は適用されるかご存知ですか?


エンジンの故障をエンジンブローと呼びますが、実は同じエンジンブローでも、ケースによっては適用される場合とされない場合があるのです。


その場合、修理の金額がどのくらいかかるか知っておきたいですよね。


ここでは、

  • エンジン故障は車両保険が適用されるのか
  • 保険が適用されない場合
  • 修理費用はどのくらいか
  • 故障の際の対処の流れ

について、詳しく解説していきます。


この記事では他にも、エンジンブローの原因などについて説明します。

車を購入した方、そしてエンジンが故障して保険適用されるか知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

エンジン故障で保険は適用されるのか


エンジン故障は、ケースによって適用される場合とされない場合があります。


ここでは、

  1. 自然消耗の場合
  2. 事故による場合
  3. 自然災害による場合
  4. いたずらによる場合
  5. 誤って別のものを給油したことによる故障

のように、どのような場合に車両保険が適用されるのか、保険が適用されないのはどのような場合なのかについて説明します。


自分がどれに当てはまるか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

エンジンの故障で車両保険が適用されないケース


車両保険は契約した車が受けた損害について、その修理費用などを補償するための保険です。当然エンジンも車の一部なので、損傷したケースによっては修理費用の補償を受けることができます。


しかし車両保険が補償の対象としている損傷は、外的要因にて発生したものに限られています。つまり自然に壊れた場合や、事故以外の理由で自分が壊してしまった場合、盗まれてしまった場合などについては、基本的に対象外となってしまうのです。


上に挙げた5ケースの中では、「自然消耗の場合」が当てはまります。

自然消耗によるエンジン故障

気持ちよくドライブしていたら、突然エンジンから白煙が......!


このような現象が起こる理由としては、さまざまな原因が考えられます。しかしこれが自然に起こった故障だったとすれば、残念ながら車両保険を使って修理することはできません


自然消耗は外的要因とはみなされず、上で説明したとおり、車両保険の適用外と判断されてしまいます。


しかしながらエンジンの修理費用は、なにかと高額になりがちです。すでに長く乗っている車であったり、車検が近かったりする場合には、これを機会に買い換えてしまうのも手段のひとつでしょう。


なお自然故障以外にも、以下のケースは同様に外的要因とはみなされず、車両保険が適用されませんので注意してください。

  • 自力でエンジンをメンテナンスしたことによって故障した場合
  • 申請せずにエンジンを交換・改造していた場合

エンジンの故障で車両保険が適用されるケース


車両保険が適用されない「外的要因ではない(内的要因による)損傷」であるケースとして、「自然消耗の場合」を紹介しました。


ここからは逆に、車両保険が適用されるケースについて紹介していきます。


先に挙げた5つのケースの中では、以下のものが当てはまります。

  • 事故による場合
  • 自然災害による場合
  • いたずらによる場合
  • 誤って別のものを給油したことによる場合

ひとつひとつ、詳しく確認してみましょう。

事故によるエンジン故障

事故によってエンジンが故障することはよくあることです。これについては車両保険が適用されます。


なお、相手のいる事故の場合は、過失割合によっては相手の対物賠償保険で補償され、車両保険は使う必要がない場合があります。相手が無保険車など支払い能力がない場合は、自分の車両保険を使うことになる場合もあります。


自損事故の場合でも、車両保険が自損事故も補償範囲とする場合なら、補償の対象内となります。エコノミー型車両保険の場合だと、自損事故が補償の対象外となるので、エンジン故障の修理費用も補償されません。

自然災害によるエンジン故障

災害によってエンジンが故障した場合も、基本的には適用が認められます。


ただし保険会社によっては、一部の災害に関して、特約として切り離していることがあります(「地震による損害については、一時金を支払う特約」など)。


このような場合には、別途その特約を付帯させない限り、補償はされませんので注意してください。


車両保険を契約する前には、あらかじめ保険会社や販売店に対して、災害による損害が補償対象に含まれるのかを確認しておくのと良いでしょう。

いたずらによる故障の場合

ドアロックをせずに駐車した結果、エンジンの配線が破断された、もしくはエンジン部品が剥ぎ取られてしまった場合には、もちろん車両保険の適用が認められます。


ただいたずらによる場合は、必ず現地から警察等を呼び、事件化させる必要があります


事件化させないと保険会社によっては自作自演の不正請求と疑われる可能性があり、車両保険の支払い拒否となる場合があります。

誤って別のものをガソリンスタンドで給油したことによるエンジン故障

セルフ式のガソリンスタンドなどで、誤って灯油や軽油等を入れてしまった場合については、保険会社によって判断が異なります


そのため、ある保険会社では車両保険の適用が認められたようなケースであっても、別の保険会社では意図的な行為と判断されて、適用が認められないことがあります。

エンジンの修理費はどのくらいかかるのか


ところで、エンジンの修理費用の相場をご存じでしょうか?


エンジンブローの場合、エンジンそのものを交換するのが一般的です。

また車種にもよりますが、エンジンそのものが高額なこともあり、修理総額は30万~100万円にのぼります。


保険が出る場合であれば良いのですが、すでに説明した通り、残念ながらエンジンブローでは保険がききません。
場合によっては修理を諦め、買い換えや廃車なども視野に入れて検討する必要があるでしょう。


なお交換以外にも、エンジンをオーバーホール(修理+点検整備)するという手段もありますが、特に長年使っている車の場合、故障箇所以外にも修理や部品交換が必要なパーツが見つかる可能性があります。


このような場合には、想定よりも費用が高くなってしまい、結果的に交換と大差がなくなってしまう(あるいはより高額になってしまう)ことがあります。


またオーバーホールではエンジンを解体して修理・点検・整備を行うことになりますので、相応に時間がかかるという点にも注意してください。

エンジン故障の際の対処の流れ

突発的なエンジン故障などが起こると混乱してしまい、どうすれば良いのかわからなくなってしまう恐れがあります。


そのような不測の事態に備えるためにも、走行中にエンジン故障が発生した際の対処方法を紹介します。

  1. ゆっくりと安全な場所に車を止めてください。ブレーキがきかない場合は、エンジンブレーキを利用しましょう。
  2. その際突然車が動かなくなり、移動できない場合には、JAFに連絡をしてください。
  3. 発煙筒停止表示器などを使い、周囲に故障を伝えて安全を確保しましょう。
  4. 安全が確保できたら、車の症状や故障原因を確認し、都度スマホなどで調べつつ適切な対応を取りましょう。
  5. 原因がわからない、どう対処すれば良いのか判断できないという場合には、速やかに保険会社に連絡し相談をしましょう。
一番大事なのは落ち着いて対処することです。それぞれの故障について、いざという時のための対処法を前もって調べておくと良いかもしれません。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

以上、エンジン故障で車両保険が適用されるケース、されないケースの説明と、エンジン修理費の相場、故障時の対処などについて紹介しました。


今回の記事のポイントは、以下の通りです。

  • 自然に発生したエンジン故障には、車両保険が適用されない
  • 事故や災害、いたずらによるエンジン故障は、車両保険が適用される
  • エンジン修理(交換)のおおよその相場は、30万~100万円
  • 故障の際は慌てずに安全に車を止めて、保険会社に連絡する
  • 突然車が動かなくなった場合は、JAFに連絡する

なお多くの場合、定期的に水温や油温、オイル量などを点検することで、不意なエンジンブローを避けることができます。突発的な出費をせずに済むように、エンジンのメンテナンスはこまめに行うようにしましょう。


ほけんROOMでは、ほかにも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング