車両保険でエアロの修理を行えるのが自動車保険のメリットです

自動車保険に車両保険が付いて入れば、エアロなどの修理の際にも補償が受けられます。愛車エアロの修理費用が保証されることは、大きな安心につながるわけです。特に事故の相手が車両保険に入っていないと、自動車保険の手続きが面倒になる場合があるからです。

事故を起こしてしまったときにエアロなどの社外パーツを車両保険で修理することはこの可能であるか

車が好きな人や若い人で、エアロなどの高価な社外パーツを使用している人も多いでしょう。

そのような方々が万が一事故を起こしてしまったときに一つ気になるポイントが傷がついてしまったり、壊れてしまったときには保険で補償をしてもらえないのかということは少なからず気になることであると思います。


そんな人のためにエアロなどの社外パーツは車両保険で修理することは可能なのかを解説していきます。



無料自動車保険一括見積もり
▼あなたの車のメーカーをお選びください ヘルプ
Powered by 保険スクエアbang!

エアロなどの社外パーツでも事故のときには車両保険で補償することは可能である

エアロなどの社外パーツは事故のときに車両保険で補償することは可能であり、そのパーツが純正か、社外品かなど関係なく保険は下ります


ただ、事故の状況や原因などによっては例外として保険金を支払われない場合も存在しますので、事故を起こしてしまったときには、まず加入している保険会社に連絡を取って確認をすることを優先しましょう。

あらかじめエアロなどの高価なパーツは保険会社に事前申請をしておくようにすればいい

エアロなど社外パーツの高価な部品を装着した場合には保険会社または保険代理店に必ず事前に申請するようにしましょう。


車両保険に加入する際、既にこれらを装着している場合はもちろんのこと保険加入後しばらくして装着した場合でも必ず申請をしましょう。

品目と価格を申請するようにしよう

車両保険への加入のときに必要な申請の内容としては品目と価格の記載がありますので、あらかじめ把握しておき申請しましょう。


この二つを申請しておかないともし事故を起こして車両保険で修理しようとしても申請してあるものしか補償できないということにもなりかねるので必ず申請しましょう。

交換しようと思っても必ずその部品で交換することができない場合もある

車両保険は修理代が支払われるわけでなく、損害と認められた額が保険金として支払われるので必ずその部品で修理できるとは限りません。


廃番になってしまうことももちろんありますし、金額が合わない場合もあります。

その場合には、他のパーツで修理をしたり、純正パーツや中古部品などで修理する必要があり、差額を自己負担して修理する場合もあるので注意しましょう。

改造車でも車両保険に加入することは可能なの?

改造車と聞いて真っ先にイメージするのはエンジン音がとても大きな音でエアロがとても低く、外装が光っててなどのイメージを浮かべてしまう方も少なくないのではないでしょうか。

もちろんそのような車も改造車というジャンルに含まれるが逆にそのような車だけが改造車なのでしょうか。


また、改造車でも保険会社は容認して保険に加入することはできるのでしょうか。

改造車かどうかの判断基準は保安基準に適合するかどうかである

そもそも車両保険に加入するときには改造車でないことを誓約して加入しないといけません

そのような車以外は改造車というジャンルに含まれ、保険金がもらえないかというとそうではありません。


改造車かどうかの判断基準は保安基準に適合するかどうかになります。


簡単に言うと、車検に通るか通らないかが基準になるということを覚えておきましょう。

保安基準に適合していれば車両保険に加入することは可能

その保安基準に適合できていれば保険会社も容認し、車両保険に加入することができます

なのでもし、改造車で事故を起こしてしまっても車両保険を利用することができます。


ただし、部品そのものが車検対応であっても取付などに不備がある場合は保安基準に適合しているとは言えなくなりますので注意が必要になります。

車両保険に加入しておけば万が一エアロが破損しても安心

車両保険はいたずらされて愛車が傷つけられた場合にも対応しており、盗難に遭った場合も契約内容に従って補償されます。


車両保険は契約者の過失分をカバーするので、一般の自動車保険よりも手厚い補償が受けられます。


自損事故でエアロなどが破損したら、保険会社に相談するのが良いと言えます。

具体的にはどのような補償金額になるのか

自動車事故における補償金額は、相手方と自分との過失割合によって自走車保険が相殺されます


相手に100パーセントの過失がある場合を除いて、自分の過失分の自己負担が発生するわけです。


例えば、自分のエアロ修理に100万円の費用がかかったなら、過失割合が60対40で自分負担が60万円です。

車両保険に加入しておけば損害の補償は事故を起こした相手にも補償される

事故を起こした相手にも対物賠償保険がある場合も、全てが損害の補償をカバーされることはありません


相手も自動車保険に車両保険を付けていれば、多少は補償がアップすることがあります。


エアロの修理費用など、事故の相手から得られる補償は、法律上負担すべき限度内となります。


以上の点から、高いパーツを使用しているドライバーの方は車両保険への加入を考えてみてはいかがでしょう?


ご自身の状況にあった自動車保険と車両保険へ入る事で、安心のカーライフを送ることができます!


しかし、実際に保険へ加入しようとしても30社以上もある保険会社の中から保険を選ぶのは時間的にも難しいですし、何よりも面倒ですよね。


ですが、自動車保険の一括見積サービスを利用すれば、スマホやPCで簡単5分で自動保険見積もりができ、その中から自分に最も適した自動車保険を選ぶことができるんです! 


ちなみに利用料は無料、見積もりだけでもOK!多くの方々が利用し自分の車に合わせた保険に加入し、なんと場合によっては何と5万円もお得に自動車保険を利用しているんですよ。 

まとめ

クルマを運転するドライバーの技術が未熟だと、思わぬ事故に遭遇することがあります。


また、駐車場や車庫入れのミスで、マイカーを傷つけてしまうと大変です。


自動車保険に車両保険を付けていれば、保険で補償されるので安心して運転できます。


それゆえ、車両保険のメリットは大きく、自分だけでなく他者の運転技術もカバーすることになるわけです。

ランキング

  • 自動車保険が年間3万円も安くなる?無料で見積もりってチキンをもらおう!
  • 【2019決定版】自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンを全て集めてみた
  • 自賠責保険の支払基準を解説!保険金はどれくらい受け取れる?
  • 自賠責保険と労災保険で後遺障害等級認定が違う?慰謝料アップの方法
  • 自賠責保険の被害者請求は代行を頼むべき?弁護士さんは頼れる味方!
  • 三年契約の自動車保険は解約すべき?長期契約のデメリットとは
  • 自賠責保険の運用益の行方とは?自賠責保険料の豆知識について