あなたのカーナビは車両保険の適用外?適用かどうかの確認方法とは!

カーナビが盗難にあったり事故で壊れた場合には、カーナビの設置の仕方によって車両保険が適用されるかどうかが変わります。また、車両保険を適用すると等級が下がり、翌年の保険料が高くなるため、車両保険を適用するかどうかの判断が大切です。

車両保険でカーナビは補償されるの?

カーナビの普及により、カーナビを車に装備している方は多いです。

カーナビの普及に伴い、カーナビの盗難や事故で壊れてしまうケースも増加しています。

車両保険では盗難にあったり事故で壊れた場合に、車の修理代を補償してくれる保険ですが、車に装備しているカーナビについても補償してもらえるのでしょうか?


今回の記事では、盗難にあったり事故で壊れてしまったカーナビに対して、車両保険で補償されるかについて説明します。


カーナビを利用している方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

カーナビが盗まれたり事故で壊れた場合

カーナビが盗難にあったり事故で壊れてしまった場合には、カーナビは車の付属品という扱いになるので、カーナビの補償を受けることができます。

万が一、カーナビを盗難されても、車両保険に加入して入ればカーナビ代は補償されるということになります。


しかし、カーナビ代が全額戻るとは限らず、購入してから年月が経っている場合は、補償金額もその分減額されます。

カーナビが補償される車両保険タイプを確認しておこう!

カーナビは車両保険における補償の対象となりますが、車両保険のタイプによって補償範囲が異なります

車両保険には一般型とエコノミー型の2種類があります。


エコノミー型に加入していて、自損事故や当て逃げでカーナビが壊れた場合は、車両保険の補償対象外になってしまいます。


自分が加入している車両保険のタイプを確認して、どのような場合に補償されるのか確認しておきましょう。

場合によっては車両保険が適用されない

カーナビが盗難にあったり事故で壊れてしまった場合は、カーナビの補償を受けることができますが、カーナビの設置の仕方によっては車両保険が適用されない場合があります


カーナビが盗難されたり事故で壊れてしまったときに、補償されると思っていたのに、カーナビの設置の仕方のために補償されないとなると、損をした気持ちになってしまいます。


車両保険に加入する際に、カーナビの盗難や事故に対する補償について確認しておきましょう。

カーナビが定着してる場合

カーナビが車に定着している場合は、車両保険の補償対象になります

定着している状態とは、カーナビをボルトやネジで車に固定している状態のことをいいます。


カーナビが車に固定されている場合は、車の付属品として扱われ、盗難や事故により壊れたカーナビを補償してくれます。

ポータブルナビや定着してない場合

ポータブルナビやカーナビを車に定着してない場合は、車両保険の補償対象にはなりません

ポータブルナビや車に定着していないカーナビは、車の付属品としては扱われないため、補償されません。


ただし、車両保険の種類によっては、車内で使うことのみを目的としているカーナビについては、ボルトやネジ以外の方法で固定していても補償の対象になる場合があります。


自分が加入している車両保険が、どのような状態のカーナビを補償してくれるのか確認しておきましょう。

場合によっては車両保険を適用しないほうがいい?

カーナビが盗難にあったり事故で壊れた場合には、車両保険を適用したほうがいいと考える人が多いと思います。

しかし、すべての場合において車両保険を適用することが最善とは言い切れません


場合によっては、車両保険を適用することで損をする場合もあるのです。


車両保険を適用しないほうがいい場合とは、どのような場合でしょうか?

車両保険が適用されることによる等級ダウンについて

車両保険を適用して保険金を請求すると、等級ダウンしてしまいます。

等級とはその年の保険金の請求の有無に応じて、翌年に支払う保険料が増減する制度のことです。

1年間保険金を請求しなければ、翌年に等級が1つ上がり翌年に支払う保険料が安くなります。


車両保険を適用すると、等級が下がってしまいます。


等級が下がることで翌年の保険料が高くなってしまい、カーナビ代よりも翌年の保険料が高くなってしまう可能性もあります。


車両保険を適用する場合は、等級ダウンによる翌年の保険料アップの金額と比較しながら、適用するかどうか判断しましょう。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

車両保険はカーナビの盗難や事故による故障についても補償してくれます。

しかし、カーナビをどのような方法で車に設置していたかによって、車両保険の適用がされる場合とされない場合があります。


車両保険に加入する前に、カーナビが補償される条件についても確認しておくことが大切です。


また、カーナビが補償される場合でも、車両保険を適用すると等級が下がってしまい、翌年の保険料に影響が出るということを理解しておかなければなりません。


車両保険を適用してカーナビ代が補償されても、翌年の保険料の値上がりがカーナビ代より高くなってしまっては、補償を受けるメリットはありません。


車両保険を適用する場合には、補償される金額と等級ダウンによる保険料アップの金額を比較して、車両保険を適用するかどうか判断しましょう。

ランキング

  • 【2019決定版】自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンを全て集めてみた
  • 自動車保険の保険料の相場ってどれくらい?パターン別に徹底解説!
  • 自賠責保険の支払基準を解説!保険金はどれくらい受け取れる?
  • 自賠責保険と労災保険で後遺障害等級認定が違う?慰謝料アップの方法
  • 自賠責保険の被害者請求は代行を頼むべき?弁護士さんは頼れる味方!
  • 三年契約の自動車保険は解約すべき?長期契約のデメリットとは
  • 自賠責保険の運用益の行方とは?自賠責保険料の豆知識について