カーナビが壊れた場合車両保険で補償される?盗難の場合についてもご紹介!

事故によってカーナビが壊れたり、盗難に遭った場合車両保険が適用されるのか気になりますよね。今回は、カーナビが壊れた場合の修理費や車上荒らしで盗難された場合、車両保険の補償対象になるのかについて詳しく解説します。また保険が適用された場合、保険を使うべきなのかも紹介します。

カーナビが壊れたり盗難に遭ったりした場合車両保険で補償される?

事故によってカーナビが壊れた、または車上荒らしによって盗難された場合、車両保険で修理代などの保険金はおりるのでしょうか。


実は、カーナビが壊れた場合や盗難は車両保険で補償されます。


しかし、補償されるには条件もあり場合によっては壊れた場合、盗難された場合でも保険金が支払われないこともあるのです。


そこで今回は、

  • どのような場合カーナビが車両保険で補償されるのか?
  • 車両保険が適用されないケースはどんな時か?
  • 本当に車両保険を使うべきなのか?
について詳しく解説します。

カーナビのある車に乗っているみなさんは、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

カーナビが車両保険で補償されるのはどんなとき?

使用できる状態で備付けられたカーナビが、事故で壊れたり盗まれたりした場合、原則として車両保険で補償されます。


ただし、カーナビの実際の破損・故障と事故との因果関係が認められない場合、補償対象外です。例えば、カーナビにご自分の手や工具があたり、壊れたケースがあげられます。


また、注意しなければならない点は、カーナビを購入したまま「荷物」として座席等に置いていた場合です。


例えば、

  • カーナビを購入したが、すぐ取り付けず箱に入れた状態のままだった
  • 必要ないと思って配線を取り外し、車内に置いていた
上記のケースでは、たとえ事故でカーナビが壊れたとしても車両保険で補償されません。

一方、壊れた際に補償されるケースとは、カーナビがネジ等でしっかり車に固定されて、簡単に取り外しができない車の付属品として設置されていたときです。

カーナビが補償される車両保険タイプを確認しておこう!

カーナビは車両保険における補償の対象となりますが、車両保険のタイプによって補償範囲が異なります。車両保険には一般型とエコノミー型の2種類があります。


エコノミー型に加入していて、自損事故や当て逃げでカーナビが壊れた場合は、車両保険の補償対象外になってしまいます。


自分が加入している車両保険のタイプを確認して、どのような場合に補償されるのか確認しておきましょう。

場合によっては車両保険を適用しないほうがいい?

カーナビが盗難・事故で壊れた場合には、車両保険を適用したほうが良いと考える人も多いと思います。ただし、すべての場合において車両保険を適用することが最善とは言い切れません


なぜなら、車両保険を適用して保険金を請求すると、等級がダウンしてしまうからです。等級とはその年の保険金の請求の有無に応じて、翌年に支払う保険料が増減する制度のことです。


1年間保険金を請求しなければ、翌年に等級が1つ上がり保険料の割引率が高くなるため、翌年に支払う保険料が安くなります。しかし車両保険を適用すると、等級が下がってしまいます。


等級が下がることで翌年の保険料が高くなってしまい、カーナビ代よりも翌年の保険料が高くなってしまう可能性もあります。


車両保険を適用する場合は、等級ダウンによる翌年の保険料アップの金額と比較しながら、保険を使用するかどうか判断しましょう。

カーナビに車両保険を使った際の保険料の変化

皆さんは実際にカーナビが壊れたり、盗難にあったりしたとき、保険料がどのように変化するか関心のある方々も多いことでしょう。


こちらでは壊れたカーナビへ車両保険を利用して、その補償を受ける場合について、事例を上げて説明をしましょう。


(例)

  • 現在の等級:15等級
  • 事故有係数適用期間:0年
  • 割引を適用しない場合の年間保険料:15万円
  • 車両保険を利用する理由:カーナビが壊れた
  • 結果:1等級ダウン事故
このケースの場合は、車両保険を利用する以前の15等級であった場合、割引率51%なので

15万円×51%割引=73,500円

年間保険料73,500円で済んでいました。

しかし、翌年から事故有係数適用期間1年で、1等級ダウンの14等級となります。そのため、割引率31%となります。すると、

15万円×31%割引=103,500円

翌年の年間保険料は103,500円となってしまいました。3万円分保険料が高くなっています。

ただし、1等級ダウン事故とカウントされているので、その後保険を使わず2年経てば、事故有係数適用期間0年の15等級へ戻ります。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

事故によりカーナビが壊れた、または盗難されたとき車両保険を利用する注意点について解説してきました。


今回は

  • 使用できる状態で備付けられたカーナビが、事故で壊れたり盗まれたりした場合、車両保険で補償は可能
  • 壊れたカーナビと事故との因果関係が認められない場合は補償外
  • カーナビを購入したまま「荷物」として座席等に置いて壊れた場合も補償外
  • カーナビが盗難・事故で壊れた場合に車両保険を利用すると等級がダウンする
  • 壊れたカーナビに車両保険を使って1等級ダウンしても、保険を利用せず2年経てば以前の等級へ戻る
でした。

盗難・壊れたカーナビがかなり高価であるなら、車両保険を利用するべきかもしれません。しかし、1・2万円程度で別のカーナビを購入しても良いなら、保険は利用しない方が良いでしょう。

ほけんROOMでは自動車に関する記事を他にも多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング