自動車保険ALL

車両保険の最低金額とは?保険金額や保険料の仕組みを解説!

ご自身の車が事故や災害などで損害を受けた時の補償として、車両保険と言うものがあります。ところでこの車両保険の保険金はどれくらい自由に設定できるのでしょうか。また一方で、車両保険は契約内容を考え直すことで保険料をより安くすることができるようです。

車両保険の保険金の最低金額はいくらなのか?

自動車保険の契約をするときに、車両保険も契約する人が多いと思います。

でも車両保険が補償してくれる保険金額や、契約して支払う保険料が気になりますよね。

実は、車両保険の保険金設定にはルールがあり、また上手に契約することで支払う保険料を節約できることをご存知でしょうか。

そこで、この記事では「車両保険の金額」について

  • 車両保険の保険金額には一定の幅があること
  • 車両保険の保険金額は年式によって変化すること
  • 車両保険の保険料を最低金額にする方法
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、車両保険の契約がより上手く行えるようになります。

ぜひ最後までご覧ください。


車両保険の金額は自由に設定できるわけではない

まず、車両保険で契約できる金額には限度があります。

その理由はそれほど難しいものではありません。

例えば、ある人が300万円で自動車を購入したとします。

そして車両保険の契約にあたって500万円の保険金を設定したとします。

このような契約になると、もし事故で自動車が全損した場合、保険金が500万円おりることになります。

これでは、実損払いという損害保険のルールに合わなくなります。

また、場合によっては保険を悪用して利益を得ようとする人が出てくるかもしれません。

そのため車両保険の金額には一定のルールがあります。

次は、車両保険の金額がどのようにして決まるのか解説します。

車両保険の新車の保険金目安は購入最低金額である

はじめに、新車で購入した時の車両保険の最低金額について解説します。

新車の場合、自動車販売店で売られている一般的な販売価格が保険金の最低金額として設定されています。

これは自動車の車種、型式そしてグレードによって、損保会社ごとに車両価格表が作成されていて、見積や契約に際してその価格表をもとに保険料を提示します。

ところで自動車を新車で購入する場合、それぞれが好みや利便性を考えてオプション装備を追加することがあります。

こうなると新車の購入金額に差が出てきますが、その差額は保険金に影響するのでしょうか。

車体の金額のみだけでなく、付属品や消費税も車両保険金額に含んでもいい

実はオプション装備は車両保険の最低金額に加えることができます。

また、購入時の消費税も最低金額に加えることができます。

【車両保険金額に含まれるもの】

  • 車両本体の価格
  • エアコン、カーステレオなど自動車に定着されているもの
  • カーナビ、ETCなど車内での使用が目的で固定されているもの
  • 工具、フロアマット、スペアタイヤなど一般的な装備品
  • これらを購入するときに要した消費税
【車両保険金額に含まれないもの】

  • 納車整備費用
  • 自動車税など消費税以外の税金
  • 自賠責保険料
  • その他諸費用
  • 装飾品
このように車両保険では、自動車を走らせられるために必要な装備や機器を購入するための費用が補償されています。

そのため車両保険の保険金額には一定の幅があります。

保険会社や車種によって変わりますが数十万円程度の差はあるようです。

したがって契約時に最低金額から、契約者の意志である程度上乗せすることもできます。

車両保険金額は年々低下していくものである

車両保険で支払われる保険金は、自動車の年式が古くなるにつれて少なくなっていきます。

数百万円で買った車でも10年以上たっているものであれば、数十万円程度の保険金しか支払われないことが多いです。

これはマニアの間で高値取引される自動車でも変わりません。

せっかく高い値段で買った車がなぜ?と、思われるかもしれません。

ただこれは自動車でなくても、あらゆるものに当てはまることなのです。

では自動車の場合、どのようにして保険金額が下がっていくのでしょうか。

年数が経てば車の価値は落ちていく

自動車の価値を計る方法として減価償却という考え方を用います。

減価償却とは自動車を購入するときにかかった費用を、それに見合った使用年数(耐用年数)に対して均等に費用を分散させるという考え方です。

自動車の場合、普通車で6年、軽自動車で4年という決まりがあります。

これをもとに減価償却を行うのですが、計算方法は主に2種類あります。

  • まず1つめは定額法と言います。

これは費用総額を耐用年数で割った金額を均等に償却していきます。

例えば300万円で購入した自動車であれば

1年目 300万円÷6年=50万円

と、なり毎年50万円ずつ価値が減額されます。

  • 次によく使われるのが定率法と呼ばれるものです。

こちらは費用総額の定められた比率(%)を減額していくものです。

上の例を定率法で当てはめると

1年目 300万円×30%=90万円

2年目(300万円-90万円)×30%=63万円

という具合になります。

車の価値が落ちれば保険の価値も落ちていく

このように自動車の価値は一定のルールの元で下がっていきます。

車両保険では対象となる自動車の価値以上の保険金を支払うことはありません。

個人的には愛着のある車であったとしても、個人取引では買った値段よりも高くなる車であっても保険の上では変わりません。

したがって車両保険の契約ではご自身の車の価値について冷静な判断が求められます。

ところで車両保険の支払金額については、このようなルールがあるのですが、契約時に支払う保険料についても賢く乗り切る知恵があります。

次の章ではそのポイントについて解説します。

高い車両保険を最低金額で乗り切る方法はあるのか?

車両保険の保険料を最低金額で契約するための工夫や方法はあるのでしょうか。

それは保険そのものの考え方に従って行うことで保険料を最低金額に抑えることができます。

保険という金融商品は契約者に不測の事態が起こった時に、その金銭的補償をするという原則があります。

つまり、「不測の事態」が発生する確率が高いものであればその分だけ保険料は高くなります。

一方で「不測の事態」の可能性が低くなれば保険料は安くなります。

自動車保険でいえば事故を起こさなければ等級が上がって保険料が安くなる仕組みと同じですよね。

それは車両保険でも同じことが言えます。

では、車両保険で「不測の事態」の発生確率を減らし、保険料を最低金額にする方法はあるのでしょうか。

免責金額が上がれば保険料は下がる

保険料を最低金額にする方法で最もポピュラーなものとして「免責金額を設定する」というものがあります。

免責金額とは、損保側が責任を免れる金額という意味で、その金額内であれば保険会社は保険金を払う必要がなくなります。

例えば車を買い替える程度の大事故よりも、数万円程度の修理ですむ小さな事故の方が発生する可能性が高いですよね。

そこで免責金額を10万円までという契約にすると、保険料を支払う事故の確率が下がるので保険会社は保険料を安くすることができるのです。

免責金額の設定幅は保険会社によって違いがありますが、免責金額を最大限にすることで車両保険の保険料を最低金額にすることができるのです。

免責金額を上げてしまうと保険でカバーしてくれる額も少なくなる

免責金額を上げることで車両保険の保険料を最低金額にすることができます。

しかし「安くなる」「最低金額だから」という理由だけで免責金額を上げることは注意が必要です。

例えば免責金額が10万円という車両保険を契約したとします。

当然ですが10万円までの比較的小さな修理には保険金が支払われません。

ただ、もう一つ注意してほしいことがあります。

それは10万円を超える修理に関しても10万円分は保険金が支払われないということです

100万円必要な修理になった場合でも保険金が出るのは90万円までなのです。

したがって最低金額だからと言って安い車両保険で契約すると、いざという時に免責金額を用意することができなくなって困ることがあります。

家計の状態をしっかりと見極めてから免責金額を決めることをお勧めします。


まとめ

車両保険の仕組みと最低金額について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回この記事のポイントは

  • 車両保険の保険金額が決まる仕組みについて
  • 車両保険の保険金額が年数によって変わる仕組みについて
  • 車両保険の保険料を最低金額にする方法と注意点について
です。

皆さんも車両保険の仕組みを理解してあなたにとっての「最低金額」になる車両保険を契約してください。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング