クレジットカードだけで自転車保険不要?必要性を徹底解説!

個人賠償責任保険とはあまり聞きなれない言葉ですよね。だれでもが自転車保険に入ろうかと思います。しかし、実は個人賠償責任保険のほうがお得なのを知っていましたか?今回は自転車保険の代わりになる個人賠責保険について解説したいと思います。

クレジットカード付帯の自転車保険で大丈夫?

日々の「万が一」に備える保険、その中でも、この記事をご覧の方は自転車保険への加入を考えておられることでしょう。


通勤や通学に自転車を常用される方にとって、車と同様に交通上の安全や、万が一の時への準備は第一に考えなければなりません。


ただ、万が一のときのために備えておかなければならないのは分かっているけれど、保険への『加入手続きが面倒くさい』『支払いが大変』というイメージから、加入していない方がいるのも事実です。


そこで今回は、

  • クレジットカード一枚で自転車保険に加入できる?
  • 『個人賠償責任保険』って何?そのメリットは?
  • クレジットカードで加入できるどんな自転車保険があるの?

これらの点を取り上げていきます。


この記事を読んでいただければ、今まで躊躇していた自転車保険への加入を考える、良いきっかけになるでしょう。


ぜひ最後までご覧ください。

単体で自転車保険に入る必要はなく、クレジットカードで十分

本来、どの種類の保険であっても、保険に加入するということは『面倒なこと』とか『支払いが大変』であることなどがネックになることがあります。


しかし、大切な点として、自転車保険(個人賠償責任保険)にはクレジットカード一つで加入することができます。


なぜ、そのようなことが可能なのでしょうか。

自転車保険とは損害保険と個人賠償責任補償がセットになったもの

まず、一般的な『自転車保険』について考えてみましょう。


自転車保険とは、

  • 損害保険:事故で負った怪我の治療費や、自転車の損害分を補償するもの
  • 個人賠償責任保険:事故で相手に負わせた損害における賠償金を補償するもの
この二項目がセットになったもの、と覚えていただければ分かりやすいです。

自転車保険には、この二項目を補償してくれるものと、クレジットカードを契約することによって、個人賠償責任保険を付帯してくれるものがあります。

賠償責任だけを補償する保険は、保険料が月々100円台~と、かなり安く設定されていることがあります。

個人賠償責任保険でも自転車での事故に対応できる

自転車保険よりも安く加入することができる、『個人賠償責任保険』。


しかしある方は、「それだけでは補償が不十分ではないのか?」と思われるかもしれません。


では、実際にクレジットカード契約と同時に個人賠償責任保険が契約できる、三菱UFJニコス社の補償を見てみましょう。

保険料月額個人賠償責任保険上限死亡保障後遺障害保障
150円1億円

これは、クレジットカード契約に付帯できる個人賠償責任保険ですが、自転車保険と比較しても充分な保障が付いていることが分かります。


もちろん、これらの補償は自転車事故時にも適用されます。


さらに、個人賠償責任保険なのに入院費用を保障してくれたり、弁護士特約が付帯しているものもあり、充実しています。

傷害保険の重複に注意

今現在、傷害保険に加入しておられる方は、傷害保険と補償内容が重複する場合があります。


傷害保険とは、本人の日常的な怪我や損害賠償にも対応できる保険であり、自転車保険が自転車の事故専用であるのに対し、傷害保険では様々な事例をカバーします。


例えば…

  • 階段で転倒し怪我を負った
  • 料理中、油が飛んで火傷をしてしまった
  • スポーツ中に骨折した
このような場合も補償してくれるのが傷害保険です。

多くの傷害保険では『自転車乗用中の事故』も保証対象となっています。

ですから、これから自転車保険に加入を考えている方は、すでに傷害保険に加入しており、補償内容が重複していないかどうかを確認しましょう。

自動車保険や火災保険の特約で個人賠償責任特約として保障!

一般的な自動車保険や火災保険、実はこういった保険に加入している方でも、自転車事故に備えることができる場合があります。


それが、『個人賠償責任補償』特約がメインの保険に付帯されている場合です。


たとえば、セゾンの『おとなの自動車保険』では、メインの自動車保険に付帯して『個人賠償責任特約』として、以下のような内容で補償が受けられるようになっています。

  • 対人・対物・無保険車事故による無制限の補償
  • 示談を代行してくれるサービス
  • 補償範囲が加入者の家族全員対象
これらによっても、自転車保険と同様の補償が受けられるようになっています。

現在任意の自動車保険、火災保険に加入している方は、ぜひ確認してみてください。

個人賠償責任保険のメリット

ここまでは、クレジットカードを申し込むだけで自転車事故に対応できる『個人賠償責任保険』へと加入できる、という点を取り上げました。


では、具体的に個人賠償責任保険へ加入するメリットとは何でしょうか。


通常の自転車保険でも、安くて補償が充実しているならそちらの方が良いのではないでしょうか。


その秘密は、『保険料』と『手軽さ』にあります。

メリット①:年間3000円ほどで家族型の個人賠償責任保険に加入できる

まず1つ目のメリットとして挙げられるのが、保険料が非常に安いという点です。


たとえば、さきほど紹介した三菱UFJニコスのクレジットカードに付帯できる個人賠償責任保険では、月額150円、年間に換算すると1800円ほどで補償が受けられます。


また、入院保険金や手術費用を保証してくれるタイプのものでも、月額250円~300円と、これも年間で3000円から補償を受けることができます。


当然ながら、その保険料もクレジットカード払いとなり、簡単です。


自転車事故にかかわる必要な補償のみ受けて、保険料のコストをできるだけ下げたい、という方に非常におすすめできる方法です。

メリット②:わざわざ自転車保険に入らなくてもよい

2つ目のメリットが、普段加入している保険とは別口で自転車保険に加入しなくても良い、という点です。


自転車事故の当事者となってしまった場合に重要となるのは、何よりも『賠償金』です。

事故を起こした時、相手方に賠償しなければならない費用が確保できる、というだけで非常に安心できるでしょう。


さらに怪我や入院、手術に対応したい場合も、個人賠償責任保険で対応することができます。


自転車事故にも、自転車事故に特化した充実した補償が得られるというメリットがあります。


しかし、自転車事故だけでなく、日常生活の些細な事故にも対応できる個人賠償責任保険は、非常にお得な保険だと言えます。

メリット③:簡単に加入できる

メリットの3つ目は、非常に簡単に加入できる、という点です。


クレジットカードの契約と同時に申し込むことができます。


すでに他の保険に加入している方にとっても、新たに別口で自転車保険に加入することを考えたり、保険を管理したりする必要がありません。


東京海上日動、三井住友海上、jcbのクレジットカードの比較

ここまでは、個人賠償責任保険のメリットについて取り上げました。


しかし、実際に「どの個人賠償責任保険に加入するのが一番お得なの?」と考える方は多いでしょう。


そこで、次からは実際にクレジットカードに付帯して加入することのできる個人賠償責任保険や自転車保険を、保険会社で提供しているものと、クレジットカード会社で比較してみます。


どのようにして個人賠償責任補償を受けるのが、一番お得なのでしょうか。

東京海上日動はクレジットカード払いのみ可

まずは、東京海上日動の個人賠償責任保険です。


東京海上日動では、『個人賠償責任特約』として、通常の自動車保険や火災保険に付帯する形で、自転車事故に対応した補償を付けることができます。


ですから、単体で個人賠償責任保険に加入することはできません。


また、2019年1月から個人賠償責任特約の補償対象範囲が広がり、他人の所有物や、ホテル施設の備品を壊してしまった場合等にも補償が適用されることになりました。


それに伴い、特約の保険料が年間1500円(月額約130円)から、年間2000円(月額約170円)へと変わっています。


支払い方法は、月払いの場合クレジットカード払いのみ、となっています。

三井住友海上はコンビニ払いも可

三井住友海上では、自転車事故と日常生活における事故両方の補償に対応できる『GKケガの保険 パーソナル総合傷害保険(交通障害型)』という保険を提供しています。


この郵送申し込み型の保険では、相手方への賠償責任を上限3億円まで補償し、入院・通院時の補償、死亡・後遺障害への補償、さらに事故時の示談交渉サービスも付帯され、充実しています。


プランは、以下のように分かれています。

プラン保険料(コース毎に変動)賠償責任補償上限
本人型6,910~13,980円3億円
夫婦型9,510~19,930円3億円
家族型13,270円~28,260円3億円
配偶者対象外型10,670円~22,310円3億円

どのコースを選んでも、賠償責任補償の上限や死亡保障や入院保障が一律で補償されるのも、この自転車保険の特徴です。


こちらの保険では、支払い方法が『クレジットカード払い』、『口座振替』、さらにコンビニ等での『払込票払い』にも対応しています。

jcbは死亡・後遺障害に加え、手術や入院での補償も付く

JCBカードでは、クレジットカードに付帯する形で提供する『JCBトッピング保険』の中に、『自転車プラン』及び『日常生活賠償プラン』があり、会員であればどちらかに加入することができます。

  • 自転車プラン:加入者の家族全員も対象となる、自転車事故の個人賠償と入院・通院補償にも対応
  • 日常生活賠償プラン:日常生活という広い範囲での個人賠償に対応、個人賠償責任は自転車プランと同様の補償
どちらかというと自転車事故(&日常生活)に特化している自転車プランは月額280円から、日常生活賠償プランでは月額150円という安さで加入することができます。

【それぞれのプランにおける自転車事故補償の可否】
保険料個人賠償責任死亡・後遺障害入院補償通院補償
自転車プラン280円
自転車プラン(安心)600円◯(家族も対象)
自転車プラン(もっと安心)900円◯(家族も対象)
日常生活賠償プラン150円◯(家族も対象)
個人賠償責任補償を重視される方は、年額3300円程度で充分な補償が受けられます。

カードに付帯する形の保険なので、簡単に申し込むことができます。

自転車保険と個人賠償責任保険に関するまとめ

ここまで、自転車保険及びクレジットカード付帯で加入できる個人賠償責任保険について取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか。


この記事のポイントは、

  • クレジットカード付帯の個人賠償責任補償なら、自転車保険に加入しなくても簡単に補償を受けられる
  • 個人賠償責任保険とは、事故時の相手方への補償に特化した保険(特約)
  • 東京海上日動、三井住友海上はクレジットカード払いが可能で、JCBカード付帯のプランは補償も充実
以上の点です。


保険への加入は、「加入しなきゃ…」と思ってから、実際に加入手続きを済ますまでの一歩が、躊躇してしまってなかなか踏み出せないものでもあります。


しかし、クレジットカード付帯の補償であれば、毎月缶ジュース何本分かの料金で、簡単に自転車事故に備えることができます。


自転車を乗用しておられる方は、万が一のために、ぜひ加入を考えてみてはいかがでしょうか。


ほけんROOMでは、この記事の他にも役立つ様々な記事を掲載していますので、ぜひご覧ください。

ランキング