生命保険ALL

生命保険の必要性

生命保険の選び方

生命保険の見直し

収入保障保険の途中解約でここだけは注意したいポイントとは

収入保障保険を途中解約した場合、解約返戻金はどうなるのでしょうか。収入保障保険は定期保険の一種だから解約返戻金はないと思っている方も多いのですが、実際には解約返戻金がある収入保障保険もあります。収入保障保険の途中解約で知っておきたいポイントをまとめました。

収入保障保険を途中解約した場合、解約返戻金は戻ってくるのか?

収入保障保険を途中解約した場合、お金は戻ってくるのでしょうか。終身保険や定期保険といった名の知れた保険であれば、途中解約の場合の解約返戻金について知っている人は多いですが、収入保障保険の解約返戻金まではよくわからないという方が大半だと思います。早速解説します。

収入保障保険は基本的には掛け捨てなので、解約返戻金はないことに注意

収入保障保険は、定期保険に分類される保険です。定期保険は終身保険とは違い、基本的に貯蓄性はありません。貯蓄性がないかわりに、保険料が安いのが特徴です。収入保障保険も同様で、基本的に貯蓄性はなく掛け捨ての保険のため、保険期間が終わっても満期保険金はありませんし、途中解約しても戻ってくるお金はありません。

わりと多くの人が勘違いしがちなのですが、収入保障保険という名前に幻惑されて、働けなくなった時に収入を補てんしてくれる保険と思っている人が多いです。またそのため、なんとなく保険自体に貯蓄性があると思い込んでいる人もいるのですが、実際には途中解約しても戻ってくるお金はありません。

収入保障保険の保険金額が減ったために途中解約する場合の注意点


収入保障保険は、加入する際の理解が十分でなく、契約した後しばらくたってから、保険金額がだんだん減っていくタイプの保険であることを知って、途中解約をする人もいます。


保険金額がだんだん減っていくのは、実はデメリットではなく、収入保障保険は、余分な保障額を削り、その分保険料が抑えられた、必要な保障額を効率よくカバーしてくれる理想的な保険なのですが、残念ながらその点をよく理解していない人が多いです。


しかし安易な途中解約には、デメリットもあることを理解しましょう。

途中解約すると保障がなくなることに注意

何といっても最大のデメリットは、途中解約するとそれ以降の保障が一切なくなってしまうことです。あらためて保険に入り直そうと思っても、健康状態に何らか問題がある場合は、最悪保険に加入することができなくなります。

最低でもそれを避けるために、もし収入保障保険に何らか気に入らない点があって、他の保険に乗り換える場合でも、必ず他の保険にまず加入してから、収入保障保険の途中解約をするようにしましょう。それにより、一瞬でも保障がなくなる状態を避けることができます。

新たに生命保険に加入するときは年齢により保険料があがることに注意

同じ保険に30歳で加入するのと40歳や50歳で加入するのでは、保険料が違います。


たとえば10年満了定期保険1,000万円に30歳で加入した場合は2,900円、40歳加入では3,800円、50歳加入では6,200円というように保険料が上がっていきます。(かんぽ生命、加入者性別男性の場合)


つまり、収入保障保険を途中解約して、ほかの保険に乗り換えようとした場合、収入保障保険に加入した時から年数が経っていればいるほど、思いのほか保険料が高くなるということです。逆に保険料を同じ金額に設定した場合は、買える保障額が小さくなってしまいます。


生命保険の加入に関して言えば、年齢を重ねれば重ねるだけ、不利になります。これは、生命保険会社がどこであっても変わりません。

参考:途中解約したときに、解約返戻金のある収入保障保険もある

三井住友海上あいおい生命の「&LIFE 収入保障保険」は、保険料払込期間中は解約返戻金がゼロですが、払込が終わった後に途中解約すると解約返戻金が発生するタイプの収入保障保険です。

ただし、解約返戻金が発生するのは、保険料払込期間が保険期間よりも短い場合に限られます。解約返戻金額は保険料払込満了時が最大で、その後期間の経過とともに減少し、保険期間満了時にはゼロとなります。

また、フコクしんらい生命の「守ってあげたいFS低解約返戻金型収入保障保険」には、満期給付金があるタイプがあり、途中解約すると解約返戻金があります。

その分、保険料が割高になっている

途中解約した場合に、解約返戻金があるほうが良いですが、その分保険料は高く設定されています。途中解約はしないということで解約返戻金は諦めて保険料の安さをとるか、多少保険料が割高でもやはり解約返戻金をとるかは、どのように判断するかによります。

まとめ

収入保障保険は、基本的には解約返戻金がありません。途中解約すると、今まで払ってきた保険料が無駄になるだけでなく、下手をするとそれ以降必要な保障を確保できない恐れもあります。例外的に解約返戻金があるタイプもありますが、その分保険料が高く設定されています。

最も望ましいのは、言うまでもなく途中解約をしないことです。そのためにも、まず収入保障保険がどのような保険なのかをよく理解することが大切です。そして、この保険が自分にとってどのように必要なのかをしっかりと理解しましょう。

ランキング

  • 保険の見直しで生命保険にするか共済にするかで悩んでいる方に
  • 理解できていますか?生命保険と県民共済の違いや共通点をおさらい
  • 生命保険の約款には何が書かれている?特に注意すべきことは?
  • 生命保険は中世ヨーロッパが始まり! 生命保険の成り立ちを解説
  • 分かりにくい、とても面倒、だけど重要な生命保険の主契約の見直し方
  • 今更聞けないけれども、必ず知っておきたい生命保険の特約の全情報
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!
  • 10年満期の生命保険で100万円受け取るのは、お得なの?損なの?
  • 生命保険の終身型と掛け捨て型を相場から見る、自分に合った保険選び
  • 生命保険の貯蓄型は老後に有利?貯蓄型生命保険で賢く資産形成しよう
  • 低解約返戻金型の生命保険を最大限活用すると、こんなにお得!
  • 生命保険料を毎月払いと前納って何が違う?メリットやデメリットは?
  • 残高証明書は生命保険会社に請求しなければ発行してもらえません
  • あなたは大丈夫?無駄のない生命保険の入り方を生活スタイル別に解説