ドル建て保険は円安時の解約がベスト!お得な解約時期まで据え置き!

ドル建て保険を解約しようとする時、円高時、円安時など為替レートによっては換金時に損をすることがあります。一方で、ドル建て終身保険以外の養老保険や個人年金など円安の解約タイミングを選べない保険もあります。今回は、ドル建て保険の便利な付帯機能をご紹介します。

この記事の監修者
菊原 浩司
人生最大の買い物である不動産と保険を中心としたコンサルティングを行っています。不動産は『買っておしまいではなく、管理・資産計画まで含めた総合的なサポート』を保険は『保険貧乏にならないよう、必要な保証を必要な期間だけ』を理念としております。
独立系FPとして業務を行っており、顧客を最優先したコンサルタントを行っております。他のFPにはない、広い分野での選択肢を提案していきます。

ドル建て保険を解約するのは、円安と円高のどちらがお得?

ドル建て保険を解約するタイミングって難しいですよね?


ドル建て保険を解約しようとする時、一番に気になるのが円安なのか円高なのか、保険金や解約返戻金が元本割れしないかでしょう


なぜなら保険会社とのお金の受け渡しの際に、米ドル・豪ドルなどから日本円に換金する必要があるからです。


今回、この記事では、

  • ドル建て保険と通常の円建て保険との違い
  • 解約返戻金をドルから円に変えるタイミング、据え置き機能
  • ドル建て保険の解約返戻金にかかる税金にも注意

以上のことを中心に解説していきます。


為替の仕組みは理解が難しく、「円高・円安のどっちがいいんだっけ?」となんとなくしかわかっていない方は多いようです。


この記事では、為替の仕組みやドル建て保険との関係をわかりやすく解説します。


ドル建て保険の解約をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

ドル建て保険とは?金利メリットや元本割れリスクを解説

ドル建て保険とは、円ではなくドルをベースに作られた保険で、預かった保険料をドルで運用する保険のことを指します。 

低金利の現在、利率が高い米ドルや豪ドルなどの外貨で運用するドル建て保険は魅力的です。

一方で、ドル建て保険には通貨換金での為替差損の発生など、元本割れの危険、デメリットもあります。

あくまでも、長期契約を前提とした「保険」であることを忘れないようにしましょう。

円建て保険との違い

それではドル建て保険と円建て保険は何が違うのでしょうか?


これは、「保険料支払い、保険金・解約返戻金の受取りを外貨で行う」点に注目すれば簡単です。


ドル建て保険と通常の終身保険の違いとしては、

  • 為替レートによって支払う保険料の金額が変動する 
  • 為替レートによって受け取る保険金、解約返戻金が変動する 
  • 為替手数料が必要になる 

が挙げられます。


ドル建てにしているため、ドルベースでの金額は変動しませんが、その時の円高・円安、つまり為替レートによって日本円に換算した金額が変動します。 


また、ドルから日本円に換金する際に、為替手数料が必要になります。

円安時に解約返戻金をドルから円に換金するとお得!

結論から先に申しますと、円安時に保険金・解約返戻金をドルから円に換金するのがお得です。

それでは実際に円高時と円安時での解約返戻金の違いを比べてみましょう。


また、解約時に解約返戻金を円とドルと選択可能な保険もあるので、そういう保険の場合のお得な受け取り方法もご紹介いたします。

1ドル75円、125円でドル建て保険の解約返戻金を比較!

それでは実際に円高時と円安時では解約返戻金にどれくらいの差が出るのか、数字を当てはめて見てみましょう。

仮に、支払い保険金額が100,000ドルで、全額解約返戻金が戻ってくるとした場合、1ドル75円の円高時と、1ドル125円の円安時では解約返戻金は以下のように変化します。


為替レート解約返戻金
1ドル75円
100,000×75=750万円
1ドル125円 100,000×125=1,250万円

このように、1ドル75円の円高時と1ドル125円の円安時では、解約返戻金は500万円もの差が出ます。


お得に解約返戻金を受け取るには、なるべく円安の時に換金するのがいいと言えます。

ドルでも円でも受け取れるなら、円安時までドルのまま据え置きを

ドル建て終身保険には様々な種類の商品があり、保険金や解約返戻金をドルでも円でもどちらでも受け取れる商品もあります。
(*実際の外貨建て保険の商品を詳しく知りたい場合はこちらのサイトをご参照ください。)

解約し、解約返戻金を受け取りたい時に円安である事がベストですが、常に円安であるとも限りません。


そういう場合はドルで解約返戻金を受け取っておき、円安のタイミングを見計らってドルから円に換金するのがおすすめです。


ドル建て保険の種類にもよりますが、保険金や返戻金を外貨で据え置きする機能を付帯できる保険がありますので、加入時には保険会社に確認を取りましょう。


また、ドル建て終身保険については保険契約を解除しない限り解約返戻金が自動で据え置かれます。

保険料は円高時の方が安くなる

さて、これまでは解約返戻金を受け取る場合について解説してきましたが、逆に保険料を支払う場合はどうでしょうか。

例えば毎月100ドルの保険料を払っている場合を例にして見てみましょう。
為替レート保険料
1ドル75円7,500円
1ドル125円12,500円
表のように、円高になればなるほど保険料は安くなるということです。

円安と円高の損益の差は5,000円にもなります。

為替レートは解約時だけでなく、円で保険料を払い込んでいる場合にも大きく影響を及ぼします。

知っておきたい!ドル建て保険の解約返戻金にかかる税金

ドル建て保険に関わらず、保険を解約して受け取った解約返戻金には課税がされ、年末調整や確定申告で報告しなくてはいけません。

また、ドル建て保険の場合には、為替損益によって得た所得にも課税がされることになるので注意する必要があります。


解約返戻金には一時所得として所得税の対象になります。


また、為替損益によって得た所得は雑所得として所得税の対象になります。

保険料や解約返戻金を円換算で算出し、一時所得扱いに

ドル建て保険の場合、解約返戻金を円で受け取ってもドルで受け取っても、契約時の為替レートでの円換算、受け取り時での為替レートでの円換算で所得の算出を行います。

また、ドル建て保険に関わらず、解約返戻金が一時所得となるのは、それまでに支払った保険金を解約返戻金が上回る場合です。


なお、一時所得には50万円の特別控除があるので、差額が50万円以内ならば課税はされません。 


ドル建て終身保険の一時所得の計算方法


実際にどれくらいの金額が一時所得として課税対象になるかどうかは、以下の計算式で求める事ができます。


(解約返戻金−支払い保険金総額−手数料−50万円)÷2=一時所得


 ※解約返戻金は受け取り時のレートでの円換算

 ※支払保険金は契約時のレートでの円換算


このように、解約返戻金に税金がかかってきてしまう場合があります。

円安時に換金して生まれた為替差益は雑所得扱いとなる

ドル建て保険の場合、運用をドルで行っているため、円に換金する時の為替レートによっては為替差益というものが発生します。

為替差益については雑所得として所得税を納税する必要があります。

解約返戻金を円で受け取った場合は為替差益は解約返戻金に含まれて一時所得として算出されますが、外貨で受け取った場合は、それを円に換金した際に為替差益があれば雑所得となります。

まとめ:ドル建て保険の解約は円安時がおすすめ

ドル建て保険の解約タイミングについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回のポイントをまとめてみます。
  • ドル建て保険は円高・円安の為替レートが大きく影響を及ぼす
  • 円安時に解約返戻金を円に換金するのがお得
  • 保険料は円高時が安くなる
  • 解約返戻金には税金がかかることもある
ドル建て保険は利回りがよく、保険料も安い保険ですが、為替変動のリスクも同時に持ち合わせています。

円安の時に上手に運用できれば利益を得る事ができますが、損をしてしまうこともあるので、十分に考慮の上運用する事が必要です。

余剰資金の運用や分散投資を考えている方におすすめの保険と言えます。


ほけんROOMでは、ドル建て保険について他にもたくさんの記事がありますので、ぜひご参考にしてみてください。

ランキング