60歳以降受け取れる個人型確定拠出年金(iDeCo)の仕組み

個人型確定拠出年金(iDeCo)というのは加入する方が毎月の掛金を拠出して、自分で運用をして60歳以降受け取るものです。個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳以降にならなければ受け取ることができませんが運用すると税制面でも優遇があります。

60歳以降受け取れる個人型確定拠出年金(iDeCo)の運用

日本の年金は3階建てとも言われており、その1階部分は国民年金と言われ20歳以上になると全員加入することが義務付けられます。


2階部分は会社員や公務員が加入する厚生年金であり、国民年金に上乗せされる形となります。3階部分は私的年金と言われ厚生年金基金や確定拠出年金があたります。

個人型確定拠出年金(iDeCo)とは

将来に不安があるというような場合はやはり自分でもなにか対策を行う必要があります。


これまであまり一般的ではなかった個人型確定拠出年金(iDeCo)は法改正によって誰でも加入できるようになり広く普及するようになりました。個人型確定拠出年金(iDeCo)は自分で任意で加入して運用を行います。

確定拠出年金には個人型と企業型がある

確定拠出年金には個人型と企業型があります。


個人型確定拠出年金(iDeCo)は自分で自分の老後の備える制度であり、企業型は会社がサポートして運用を行うものです。


拠出金は個人の場合は基本的に自分の口座から振替を行うものですが、会社から納付してもらうという方法もあります。




個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳以降70歳まで受け取り

個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳以降一時金もしくは年金として受け取ることができるものです。


60歳まで掛け続けることになりますが、60歳以降になるまで引き出すことができないのです。個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリットはそれだけでなく税制面でも優遇があるのです。

全額所得税控除の確定拠出年金

個人型確定拠出年金(iDeCo)に拠出する掛金はすべて所得税控除の対象ということになります。


60歳以降まで拠出する掛金は非課税ということでそれだけ税金を払わなくて済むということになります。もちろん運用を行った結果得ることができる運用益も非課税ということになります。

60歳以降70歳まで受け取り

個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳以降になるまで解約や引き出しはできません。


60歳以降であれば70歳まで続けることはできますが、その間に受け取りを行うことになります。将来定年が何歳からになっているかわかりませんがその間で引き出すことでよりより老後を安定させます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の老齢給付金は60歳以降

個人型確定拠出年金(iDeCo)は金融商品を自分で選んで拠出して運用します。


個人型確定拠出年金(iDeCo)の特徴は60歳以降になるまでかける年数が長ければそれだけメリットがあるというものです。金融商品によってうまく増やすことができればより多くの運用益を得ることができます。

運用益を含めて老齢給付金でもらう

個人型確定拠出年金(iDeCo)を運用した運用益を含めて60歳以降老齢給付金として受け取ることができます。


もし70歳になっても請求がなかった場合は全額が一時金として支給されることになります。掛金も1000円単位で設定することができ、掛金と運用方法によって運用益も変わってくるのです。

60歳以降まで引き出せないこそ有用

個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳以降しか引き出すことができないからこそ有用なのです。


それまでに引き出せてしまうと必要な老後までに使ってしまうことにもなります。


将来はどのような老後になっているのかわからないからこそ個人型確定拠出年金(iDeCo)は老後資金として有用なのです。

個人型確定拠出年金(iDeCo)のメリット

個人型確定拠出年金(iDeCo)のにはいくつかメリットがあります。掛金は所得税控除を受けることができるということで会社の給料から差し引く事ができれば給料で支払われる所得税が控除されることになります。もし自分で払っている場合は年末調整の際に確定申告を行うことで税金がかえってくることになります。

社会保険料の控除もある

個人型確定拠出年金(iDeCo)は社会保険料の控除を受けることもできるのです。毎月支払っている社会保険料も毎月支払われている給料から報酬月額がきまり、社会保険料が差し引かれることになります。個人型確定拠出年金(iDeCo)なら拠出した分は給料から差し引くことができるためその分社会保険料が安くなるのです。

60歳以降になるまで税金、社会保険控除

個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳以降までかけることができるのですが、60歳以降になるまで所得税控除と社会保険料控除を受け続けることが出来るというメリットがあります。これまでこのような優遇措置はあまりありませんでしたが、個人型確定拠出年金(iDeCo)ならできるのです。

まとめ

個人型確定拠出年金(iDeCo)は60歳以降になるまで受け取ることができませんが、60歳以降までかけ続けることができ引き出すことはできないのです。


60歳以降になると老齢給付金として受け取ることができ自分の老後に活かすことができるようになるのです。


60歳以降まで引き出せないということが有用なのでずっとかけ続けることになります。


そして60歳以降一時金や年金として受け取れます。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング