個人年金保険の月払いの、一時払いと比較したメリット・デメリット

個人年金保険を加入するにあたり、個人年金保険料の支払い方法について選択をしないといけません。その中でも特に、月払いか一括払いかの選択で、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。まとまったお金のある方は、ぜひ将来に備え、月払いではなく、一括払いの選択を!!

個人年金保険の保険料には大きく分けて2種類ある

個人年金の保険料には、大きく分けて、一括で支払う、「全期前納払い」の選択か、月払い、半年払い、年払いといった分割で支払う「平準払い」の選択かの、2種類の払込方法があります。

まずは一括で支払う方がいいのか、分割で払う方がいいのか、家族で話し合い、決めることとしましょう。

月払い、半年払い、年払いなどの平準払い

個人年金保険料は、月々支払う月払いか、半年に一度支払う半年払いか、年に一度支払う年払いかの平準払いの方法があります。


月払いで12か月分払う年間の合計金額と、半年ごとに支払う年間の合計金額、年払いで支払う年間の合計金額を比べると、


月払い>半年払い>年払い


というように、分割回数を増やせば増やすほど、契約者の年間負担保険料が高くなる仕組みとなっています。


加えて、払込が完了するまでの期間の合計の個人年金保険料を比べてみても、


月払い>半年払い>年払い


の構図が成り立ち、払込方法を少なくすればするほど、個人の負担を軽減することができるのです。

一時払い、全期前納払いなどの一括払い

個人年金保険料の払込方法は、分割払いの他に、「一時払い」と「全期前納払い」があります。


どちらも、全保険期間分の保険料を一括で支払う仕組みですが、一時払いは保険料を「支払っている」のに対して、全期前納払いは保険料を「預けている」状態となっています。


比較すると「一時払い」のほうが割引率が高く保険料は安くなります。


一括払いは、月々支払う月払いか、半年に一度支払う半年払いか、年に一度支払う年払いかの平準払いの方法よりも、はるかに、払込が完了するまでの、合計の契約者の個人年金保険料が少なくなります。


月払い>半年払い>年払い>全期前納払い>一括払い


の構図が成り立ちます。

一時払いと比較した月払いのメリット・デメリット

保険によほど詳しくない方は、分割払い=月払いという認識、一括払い=一時払いという認識でいるのではないでしょうか。


その中で、月払いにするのか、一時払いにするのかで悩んでいる方は非常に多いと思います。


一時払いと比較した、月払いのメリット・デメリットはいくつかあります。


メリット・デメリットを良く理解した上で、契約締結するようにしましょう。

 

メリット1:毎年の保険料が生命保険料控除の対象となり税金が控除される

個人年金保険を毎月支払う選択をし、10年以上の期間の払込みと、さらには60歳以降に10年確定年金(10年間で分割して貯めた年金を受け取ること)で年金額を受給することを約束することで、個人年金保険料控除の対象となり、毎年、税金の控除を受けることが出来ます。


一方、一時払いはその年のみ、生命保険料控除の対象となり、継続した税金の控除は受けられなくなってきます。

メリット2:途中で解約した場合、それ以降の保険料を支払わなくて済む

一時払いをしてしまうと、途中解約しても払い込んだ保険料に対して解約返戻率で計算された解約返戻金が戻ってきますが、月払いだと、それまで払い込んだ保険料に対しての返戻金になるほか、それ以降の保険料を支払わなくて済むため、途中解約の可能性がある場合は、月払いにしておいた方が安心です。

メリット3:一時払いよりはインフレリスクに強い

個人年金保険は、他の保険に比べて、そもそもインフレリスクに弱いです。


インフレとは簡単に言うと物価が上がることを言います。今日100円で買えた品物が、値上がりして200円じゃないと買えなくなる現象のことを言います。


どうしてこれが弱点になるかというと、個人年金保険は「定額年金」、つまり、契約した時点で、将来もらえる年金額が決まっているからです。


例えば、60歳から10年間、毎月5万円の年金がもらえる個人年金保険に加入したとします。


アベノミクスで2%の物価上昇を目指している昨今、将来インフレが進んでいたらどうでしょう?


市場で買う食料品、衣料品、医薬品等全てが今より高くなり、実際に5万円の年金がもらえたところで、大して生活の足しにならなくなります。つまり、お金の価値が下がってしまうのです。


しかし、一時払いよりは月払いの方がそのリスクが抑えられます。    例えば、円建の個人年金保険ではなく、外貨建の個人年金保険に加入したとします。


月払いだと毎月の為替レートが違うため、同じ保険料でも、多くの外貨で積み立てできるときと、少ない外貨で積み立てるときと出てきます。多くの外貨で積み立てできた時は、その分将来の受け取り年金額にも反映し、物価上昇時にも少しは対処できるといったものです。


デメリット1:一時払いのほうが返戻率が高い

保険会社に取ったら、契約者から早く保険料をたくさん受け取った方が、それを原資として、運用に回すことができます。その運用も、好調であれば更に原資を増やすことが可能な訳です。


また、契約者にも、運用益を還元することが出来ることから、どの保険会社も、一時払いの方が、月払いよりも、将来の年金額を増やしています。

デメリット2:個人年金保険では特に損をしやすい中途解約のリスクがある

個人年金保険は、他の終身保険等に比べ、金利が低く設定されていることがあります。

そのため、中途解約した場合でも、返戻率が悪く、元金割れのリスクが多いのが現状です。


中途解約をして損をするくらいなら、払い済み保険にする、自動振り貸付制度を利用する、契約者貸付制度を利用するなどの対応をとったほうが良いでしょう。

デメリット3:月払いでは加入できない個人年金保険もある

個人年金保険は、様々な種類があり、中には月払いの選択ができないものもあるため、月払いの希望の方は、事前に月払いの対応のある保険を調べて加入する必要があります。

退職金などまとまったお金がある人以外は、個人年金保険は月払いがおすすめ

個人年金保険は、銀行の普通預金や定期預金よりは高い金利が付きます。それが将来の年金の備えにつながります。

よって、すでに定期預金にまとまった資金がくくってある方、退職金等の大口入金があり、余裕のある方は、一時払いにするべきですが、20代から40代のまとまった資金の用意が難しい方については、月払いにした方が、税金の控除も受けることができ、精神的な負担も軽減されることから、月払いをお勧めします。

まとめ

これからの時代、公的年金は充てにできない時代です。

よって、個人年金保険でかつ自身に一番メリットのある方法で将来に備えた自助努力をする必要があります。

ランキング