個人年金保険における全期前納払いの仕組みについての基礎知識

個人年金保険にはいくつかの保険料の支払い方がありますが、全期前納払いはそのうちの一つです。個人年金保険を全期前納することによるメリットは保険料を安くすることが出来る他、毎年税金の控除という恩恵を受けることが出来るようになっているという点にあります。

全期前納型で支払う場合の個人年金保険の特徴について

個人年金保険は老後の生活資金を準備するための貯蓄型の保険ですが、保険料の支払い方にはいくつかの種類があります。全期前納型と言うのは必要な保険料の総額を最初の段階で保険会社に預け入れ、それを毎年支払ったという扱いにする方法です。この方法にはいくつかのメリットがあります。

個人年金保険を全期前納にすると安い

個人年金保険を全期前納払いする場合、保険料を毎月支払ったり、一年分まとめて支払うよりも安く済ませることが出来るというメリットがあります。全期前納より安くする方法としては一括で支払う一時払いがありますが、この方法の場合には税金の控除が初年度の身になりますので注意が必要です。

全期前納なら税金の控除も毎年受けられる

個人年金保険を全期前納で支払うメリットの一つに税金の控除を毎年受けられるという点があります。支払った保険料に対して一定の上限がありますが、毎年所得から控除を受けることが出来ます。個人年金保険を全期前納にすることでこの様な恩恵を受けることが出来るようになりますので知っておくと良いでしょう。




全期前納と他の個人年金保険料の支払い方の違いについて

個人年金保険料の支払い方として一般的なものは、全期前納の他に完全に一括で支払う一時払い、そして毎年払う年払いと毎月払う月払いが良く知られています。基本的に短期間で支払活きる方が保険料が安くなります。同じ金額の年金を受け取るために必要な保険料が少なくなると言えるでしょう。

全期前納と一時払いの違いとは

個人年金保険料を全額一括で支払うことを一括払いと言いますが、その方法については一時払いと全期前納払いの二種類が知られています。どちらも総額を支払うことになりますが、一時払いは一回で全額を支払うのに対し、全期前納払いでは一度納めた個人年金保険料を分割で払い込む仕組みになっています。

年払いや月払いとの違いについて

個人年金保険料の支払い方として年払いや月払いも一般的な選択肢です。これらと全期前納払いの違いは必要となる保険料の総額です。細かく支払う方が保険料が高くなる仕組みがありますので、全期前納払いは安く済ませることが出来るというメリットがあります。可能背あれば全期前納の方がお勧めです。

個人年金保険料を全期前納で納めた場合のメリットについて

個人年金保険は老後の生活資金を作るための貯蓄型の保険商品ですが、同じ年金を受け取る場合であっても支払い方によって必要な保険料が違います。個人年金保険料を最も安くすることが出来るのは保険料の一括納付です。それに次いで全期前納払いにメリットがあると言えるでしょう。

一時払いと全期前納払いの違い

一時払いと全期前納払いはともに一括払いの方法の一つです。一時払いは最も保険料が少なく済む方法ですが、保険料の支払いに伴う税金の控除の恩恵は初年度のみです。一方で全期前納払いの場合には毎年税金の控除の恩恵が受けられます。どちらにメリットがあるかは計算で確認してみると良いでしょう。

個人年金保険に伴う税金の控除とは

個人年金保険には支払った税金に伴う所得税と住民税の控除の仕組みがあります。支払った保険料は所得から控除することが認められています。自分で申請する必要がありますが、それが出来るのであればメリットの大きな恩恵であると言えます。全期前納払いはその恩恵を最大化するための方法であると言えます。

個人年金保険の中途解約の場合の違いについて

個人年金保険は案前衛の高い魅力的な保険商品であると言えますが、契約期間中の中途解約だけは避けるべきです。どのような事情があっても中途解約の場合には元本割れのリスクがあります。そのため余裕資金の範囲内で運用するようにしなければならないのが個人年金保険であると言えます。

一般的に中途解約をすると元本割れ

個人年金保険料を支払った場合、満期まで継続して初めて約束された利息を付けて年金を受け取ることが出来るようになります。しかし保険料の払い込みの負担などから中途解約をする場合、基本的にその個人年金保険は元本割れrをすると考える必要があります。その様な仕組みがありますので中途解約は避けるべきです。

全期前納型の個人年金保険と中途解約

予め全額を預け入れておく全期前納型の場合、払い込んだ保険料の内支払いになっていない部分についてはそのまま戻ってくるという仕組みがあります。この点は全て一括で支払う一時払いよりも魅力的であると言えるでしょう。税金の控除の仕組みもありますので、自分のプランに最適なものを選ぶようにしましょう。

まとめ

個人年金保険には様々な支払い方がありますが、全期前納払いと言う仕組みにはいくつかのメリットがあります。様々な税金の控除の恩恵を受け取りつつ、支払う必要のある保険料を最小にする仕組みを持っているのです。一時払いなどの他の方法とも比較をして、現在の自分のスタイルに最適なプランを見つけておくようにすることが大切であると言えます。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 個人年金保険の受け取り金に課税される税金の種類とその条件を解説
  • 個人年金保険を解約した場合、解約返戻金の税金の負担はどうなるのか
  • 個人年金保険の一括受取を選択した場合の税金の計算方法を解説!
  • 個人年金保険の保険料と税金控除のメリットを全て解説します
  • 要注意!個人年金保険は払うときも、貰うときもかかる所得税に注意!
  • 個人年金保険に加入する時の税制適格特約ってなに?特約を徹底解説!
  • 個人年金保険の年金受取時にかかる雑所得と押さえておくポイント
  • 個人年金保険料控除とは何か?知っておきたい節税対策と契約形態!
  • 個人年金保険の契約と源泉徴収の仕組みについて知っておきましょう
  • 個人年金保険を受け取るとき、確定申告が必要になるのはどんなとき⁉
  • 個人年金保険控除を年末調整で受ける際の必要な条件や注意点とは?