マネーセミナー の後の個別相談について解説!怪しい勧誘はある?

マネーセミナーを受けた後には無料の個別相談ができるという場合が多くあります。本記事ではマネーセミナーの後の個別相談で具体的にどのようなことをするのかや、実際にマネーセミナーの後の個別相談に行った人の体験談などを紹介しています。

マネーセミナーの後の個別相談は何をするの?勧誘される?

利回りのいい外貨預金って何?どうやって貯金を増すの?などの悩みが解決できるマネーセミナーでは、終了後に個人的に悩みを相談できる機会が設けられています。


貯めたい!増やしたい!といったニーズにあわせて、自分にピッタリなマネープランを提案してもらえます。


そんなうまい話にはウラがあるでしょ?なんて思う方も多いでしょうが、個別相談をする前に以下の3点を把握しておけば心配ありません。

  • 個別相談をした人の体験談と感想
  • 相談できる内容
  • 参加する際に注意しておきたいポイント
ぜひ最後までご覧ください。

マネーセミナーに初めて参加する方は不安な方が多いはずです。ほけんROOMでは安心できるおすすめマネーセミナーの比較ランキングを紹介していますので、そちらも併せてご覧ください。

マネーセミナー後の個別相談に行った人の体験談①


マネーセミナー後の個別相談では、お金の専門家に個人的な悩みを相談することができますが、1対1で話すことから”怪しい商品に勧誘される””絶対契約しないといけない”なんて不安がある人も多いことでしょう


でも、”マネーセミナー後の個別相談でどのような相談をして、どのように話が進むのか”について予め把握できたらどうでしょうか。


少しは不安が解消されると思います。


ここで、個別相談利用者の体験談を紹介しましょう。

【体験談①】個別相談での相談内容

会社の同僚から”iDecoを始めた”と聞き、私も何かしないと!と焦ったことからマネーセミナー後の個別相談を利用しました。


FPさんには「老後の資金作りにiDecoどうですか?」と相談したところ、それならこんな商品もありますよ!と4つの保険商品を提案されました。


どれも銀行より高金利運用でしたし、医療保険商品なら万が一のケースに備えられて払込金額がほぼ戻ってくるといった点が魅力的で、4つの中から、マニュライフ生命の「こだわり個人年金」と東京海上日動あんしん生命の「メディカルkitR」の2つを選んで契約しました。


他にも、FPさんはブラジルレアルなどの高金利外貨に投資している、という情報も聞けて勉強になりました。

【体験談①】個別相談の感想

マネーセミナー後の個別相談に参加すると怪しい勧誘はないか?絶対契約しないとダメ?なんて不安もありましたが、結論知り得ない魅力的な商品にたどり着けたのでよかったです。


自己判断で気になっている商品を契約するのではなく、資金繰りの現状やいつまでに必要な資金か、どのような条件でお金を預かれらるのかなどを専門的に見てもらうには大事だと思います。


ただ、提案商品を断れなかった・自分がやってみたい商品を強く主張できなかったという思いも少しあり、手数料の高い保険商品を販売したいんだろうな…とも感じたのも事実です。


また利用する機会があれば、提案は一度持ち帰って他の商品と比較するという強い意志を持って参加したいです。

マネーセミナー後の個別相談に行った人の体験談②


上記の体験談から、個別相談は、

  • 自分が始めてたい資産運用を必ず後押ししてもらえるわけではない
  • 様々な条件を判断し最適な商品を勧めてくれる
  • FP側に有利な商品を紹介されている可能性もある
といった特徴がありそうです。

マネーセミナー後の個別相談では受け身になりすぎないようにし、どんな資産運用が流行ってますか?今は外貨に投資するいいタイミングですか?など質問するといいかもしれません。

次にもう1人の体験談を紹介しましょう。

【体験談②】個別相談での相談内容

今の生活スタイルでは将来安心して暮らせないな…と思ったのがマネーセミナー後の個別相談を利用した最大の理由です。


貯蓄方法や運用の知識は全くなかったし、何から始めていいかわからないことを伝えると、FPさんは4つほど保険商品を提案してくれました。


中でも気になったのが医療保険で、保険=掛け捨てのイメージが覆されたのを覚えています。


無知って怖いなぁ…と感じましたね。


他にも、掛け捨て比率や3~6%で運用した場合の返戻金などを教えてもらい、結果、アクサ生命の「ユニット・リンク」と東京海上日動あんしん生命の「ガン診断保険R」の2商品に本契約する約束でその場は後にしました。


ちなみ、この後、契約は電話でお断りしました。

【体験談②】個別相談の感想

マネーセミナー後の個別相談を利用して、以下の点は良かったと思います。

  • 金融商品のイメージが変わった
  • 高金利運用商品なら払込額より多くの返戻金を受け取れる
  • 保険商品なら資金を作りながら万が一のケースにも備えられる

ちなみに、大きな金額で契約させようとしている…、いい数字を例に出して紹介している…といった場面もありました。



2つの体験談を紹介しましたが、悩みを相談できる一方でFPに有益となる商品提案が主となっているとも言えそうです。


個別相談の利用は、お金に関する知識の幅が広がる、わからないことを聞きやすい、という点ではおすすめですが、提案商品が自分に適しているのかを判断する次のステップが必要だということもわかります。

個別相談で相談できる内容


マネーセミナー後の個別相談で話す悩みはどのような内容でも構いません。

  • 家計についてアドバイスして欲しい
  • 子供にかかる教育費をどのように作っていくべきか
  • 保険料が高くて生活が苦しい
  • 住宅ローンを組んだけど、見直せる部分はあるか
  • iDecoやNISAについて教えて欲しい
  • 外貨預金をしてみたい
  • リスクの少ない貯蓄方法を知りたい

など、節約術でも資産運用の悩みでもいいのです。


お金に関する悩みを解決しようとすると専門的な知識が必要ですし、類似商品を比較する必要があるため素人には限界があるものです。


そこで、どんな悩みでもお金が関わっているのであれば専門家に相談するのが一番です。


抱え込まず、ないがしろにせず、思い切って相談しましょう。

マネーセミナー後の無料個別相談をする際の注意点


個人的にお金に関する悩みを相談できれば、現在のやりくりもスッキリ、将来への不安も和らげることができます。


ただ、個別相談を利用する場合、残念ながら相談者の悩みが解決するだけでは終わりません。


上記で紹介した方のように、始めてみたい資金運用についての相談をバッサリ切られてしまうこともあるのです。


そこで、マネーセミナー後に開かれる無料個別相談を利用する際に把握しておきたい注意点を2点紹介しましょう。

注意点①金融商品などの勧誘をされることを理解しておく

無料個別相談に参加すると、ほぼ100%の確率で金融商品に勧誘されます。


ただ、”勧誘=怪しいものを紹介される”というイメージが強いかもしれませんが、必ずしもそうではありません。


例えば提案商品がニーズにピッタリだった場合、相談して良かったと思えるでしょう。


また知識が身に付く、選択肢の幅が広がるという点でもプラスになります。


その一方で、FP側の販売実績が伸びるような商品ばかりを取り上げたり、断っているのに契約に持ち込もうとするケースも見られることが最大の問題点でしょう。


提案される商品の良し悪しに関わらず、個別相談では勧誘されます。


利用する場合は、それ相応の対応をできるよう心の準備をしておきましょう。

注意点②別のFPへの無料個別相談も利用する

無料個別相談で勧誘された商品は、良し悪しに関わらず契約せずに帰ることをおすすめします。


お金のプロが提案してくれる商品とはいえ、セミナー後の個別相談ではセミナー内容に関連した商品に限定して提案されている可能性があります。


また、体験談にもあるように相談するFPによって提案してくる商品が異なります。


ただ、提案された商品をないがしろにしてはいけません。


話を持ち帰った後は、いい商品なのか、自分に合った商品なのかをじっくり検討してみてください。


そこで自己判断できない場合は、次のステップ=別のFPへ相談してみるのも1つです。


もう個別相談はイヤ…、勧誘が苦手…という方はオンラインセミナーの利用がおすすめです。

個別相談のセカンドオピニオンはマネーキャリア相談がおすすめ

提案された金融商品は本当にいい商品なのか…、自分にピッタリなのか疑問が残る…、なんて時はセカンドオピニオンとして別のFPへ相談してみましょう。


もし、相談窓口に困ったら国内最大級のライフプラン相談サービスのほけんROOMを活用してみてください。


ほけんROOMでは、マネーキャリア相談を設けており、お金の専門家FPが保険や家計の見直し、資産運用のアドバイスなど様々なサービス提供を無料で行っています。


オンライン相談が可能なので、家からでも職場からでも場所や時間を選ばず相談することもできますし、対面が良ければ出張相談も可能となっています。


個別相談のような強引な勧誘はありませんので、安心して利用できるでしょう。

マネーセミナーの個別相談についてのまとめ

個別相談に”怪しい勧誘はないの?”という点について言及してきました。


マネーセミナー後の個別相談についてまとめると、

  • 必ず金融商品に勧誘される
  • FPによって提案商品が異なる
  • FP側に有益となる商品提案となる可能性が高い
このような特徴があると言えます。

ただ、提案される商品が必ずしも悪いとは言えません。

そこで、個別相談を利用する場合はその場で契約をしないことがポイントとなります。


一旦家に持ち帰り、落ち着いてじっくり検討しなおす、またはセカンドオピニオンとして違うFPに相談してみるという方法をとるのがベストでしょう。


また、マネーセミナーへの参加や個別相談を利用する際は事前準備をしっかり行っておくことも大切です。

  • どのような人向けのセミナーなのか内容を把握しておく
  • 参加する際の注意事項をチェックしておく
  • セミナーの口コミをチェックしてみる
対面が苦手な人は無料オンラインセミナーを活用してみるのもおすすめです。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング