小銭貯金の預金は銀行の手数料に注意‼無料で貯める方法とおすすめ

小銭貯金をされている方も多いと思いますが困るのが銀行へ貯まった小銭を持っていく時ですよね。銀行窓口では大量硬貨取引手数料を取られる場合が多いです。せっかくの貯金で手数料をかけない為に無料で小銭を預金する方法とおすすめの小銭貯金方法やコツ、注意点を紹介します!

小銭貯金とは何か?

小銭貯金とは、お財布の中の小銭を貯金箱にうつしてお金を貯める貯金方法です。

特に銀行や定期預金にするわけではなく、ポケットの中の小銭や、お財布を整理するときに小銭を貯金箱にうつすだけです。500円玉貯金専用の貯金箱もありますよね。


小銭だったら何でも貯金箱に入れるだけなので、気軽に始めることができます。


しかしほとんどの場合、貯まった小銭を銀行窓口で預金しようとすると手数料が必要になります。


せっかくの貯金から手数料をひかれない方法はあるのでしょうか。


今回は

  • 貯まった小銭を銀行に預金する際の注意点。
  • 銀行の窓口で小銭を貯金・両替するときにかかる手数料。
  • 銀行ATMを利用するときの問題点。
  • オススメの小銭貯金の預金方法。
をご紹介いたします。

この記事を読んでいただければ、小銭貯金で手数料を取られて悔しい思いをせずにすみます。


ぜひ最後までご覧ください。




いざ貯まった小銭を銀行に預金する際の注意点

小銭をコツコツためて、いざ貯まった小銭を銀行に貯金しようと思ったら、思わぬ手数料がかかってびっくりしたなんてことはありませんか。


大量の小銭を銀行に貯金すると手数料がかかってしまうんです。しかも、硬貨の持ち込み枚数によっては1980円以上もかかってしまったなんていうケースも。


1980円も小銭で貯めようと思ったらかなりの日数頑張らなくてはいけないですよね。

気軽にできると思っていた小銭貯金にこんな罠があったなんて、と後悔することがないように知っておきたい銀行の手数料について解説します。

銀行の窓口で小銭を預金/両替すると手数料がかかる!

銀行の窓口で小銭を預金する、もしくは両替をすると手数料がかかります。

大量硬貨の取扱いに関しては各銀行によって手数料が異なりますので注意ください。


例えば、みずほ銀行に関しては下記のような手数料金額がかかります。


硬貨持ち込み枚数手数料金額(税込み)
1~100枚無料
101枚~500枚
550円
501~1000枚1320円
1001枚~1980円
(以降500枚ごと660円を加算)


みずほ銀行 大量硬貨取扱手数料


窓口で伝票を複数枚利用すると手数料も伝票ごとに発生しますので気をつけましょう。


ここではみずほ銀行に関して具体的な手数料をご説明しましたが、銀行によって手数料金額は異なります。

事前に預金したい銀行ホームページで調べるようにしましょう。


もう1つ、知っておいてほしいことがあります。窓口で小銭を預金するとき小銭の枚数を数えて伝票に記す必要があります。大量の小銭になると枚数を数えることも大変な手間になります。


ではどうすれば簡単に硬貨を大量に預金できるのでしょうか。

銀行ATMは1度に100枚までしか預金できない!

硬貨を大量に預金したいときには銀行ATMを利用しましょう。


銀行ATMは1度に入金できる硬貨の枚数に上限があるものの、実は手数料はかかりません。硬貨はほとんどの銀行ATMでは100枚ずつしか入金できませんが、何度かに入金を分ければ問題はありません。


ちなみにコンビニATMでは硬貨を貯金することはできない、もしくは硬貨の取扱い枚数が少なく設定されているので100枚も貯金することはできません。


コンビニではなく銀行に設置されているATMを利用してください。

オススメの小銭貯金の預金方法を紹介

大量の小銭を紙幣に両替したいのであれば、おすすめしたいのがゆうちょ銀行です。

ゆうちょ銀行は窓口での大量硬貨の預け入れも手数料は一切かかりません。


ですから、郵便局で小銭をいったん預金し、引き出せば手数料がかかることなく小銭をお札に変えることができます。


ただ、ゆうちょ銀行窓口の場合は処理に時間がかかりますので、あらかじめ来店するゆうちょ銀行に確認の連絡をするように、とホームページに記載があります。


せっかくゆうちょ銀行に行ったのに、事前に連絡をしなかったため手続きができなかったなんてことのないように、きちんと連絡してから来店するようにしましょう。

まとめ:小銭貯金を銀行に預金・両替したい方は注意

小銭貯金を銀行に預金、もしくは両替をするときに手数料がかからない方法や注意点を解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • 小銭を銀行に貯金するときの注意事項。
  • みずほ銀行で大量硬貨取り扱いするときの手数料について。
  • 銀行ATMなら1度に100枚まで手数料なしで預金ができる。
  • ゆうちょ銀行は窓口でも手数料がかからず貯金できる。
でした。

せっかくこつこつ貯めた小銭から手数料をひかれてしまうとがっかりしてしまいますよね。しかも手数料は硬貨の枚数によって差があり、意外と高額です。

知らないと損をしてしまうので注意しましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたいお金や保険に関する記事が多数掲載されています。

ぜひ他の記事もご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 小銭貯金の銀行や郵便局での入金は迷惑?【オススメの方法やコツ】
  • 気づいたら50万⁈話題の『ゆうちょ小銭貯金』チャレンジのやり方
  • つみたてnisaの口座開設におすすめの銀行!銀行と証券会社を比較!
  • 貯金200万円の壁をどう超える⁉貯金なしの人でも始められる貯金方法とは
  • お金が貯まる貯金のコツをFPが解説!低収入でも早くお金を貯める方法
  • 先取り貯金とは?貯金のやり方やコツ、おすすめの銀行口座を紹介!
  • 【年代別】働く女子の平均貯金額はいくら?賢い貯金術・節約方法も解説
  • みんなやってる上手な貯金の仕方とは?無理ない節約・貯蓄方法を伝授
  • 低収入でも貯金をするコツとは?必要な準備と具体的な方法を紹介!
  • 50代の平均・理想の貯金額はいくら?まだ間に合う老後に向けた貯金方法