がん保険のメリットとデメリットを比較!結局入った方がいいの?

がん保険はがんと診断された場合などに保障が受けられる保険です。がん治療に特化しているため、がんとの闘病には非常にメリットが高い保険ですが、がん以外の保障には弱いというデメリットがあります。がん保険の詳細を知り、ご自身にあった適切な保険選びをしましょう。

がん保険のメリット・デメリットを解説

がんに特化した保険が本当になのだろうかと疑問に思っている人はいませんか。


また調べてみても終身型や定期型など種類があり、どれが一番良いのかよくわからないと感じたことがある人もいるのではないでしょうか。


どのタイプのがん保険が合うかは人それぞれ異なるため、自分に合ったものを選ぶためには、終身型や定期型などのタイプごとの特徴を理解しなければなりません。


この記事では

  • がん保険に入ることの良い点と悪い点
  • 終身型・定期型・掛け捨て型・貯蓄型の保険の良さや懸念すべき点
  • おすすめの保険タイプを具体例を用いて説明
を中心に解説します。

この記事を読んでいただけると、自分にはどのようながん保険が必要か考える際に役立ちます。

是非最後までご覧ください。

まずはがん保険の保障内容をみてみよう

がん保険のメリット・デメリットを見る前に最低限の知識として、一般的ながん保険の保障内容について見ていきましょう。

診断給付金

診断給付金はがんと診断された場合に一定額の給付金が受けられる保障です。


医師の診断確定のみで給付されるパターンや、医師の診断確定後入院してはじめて給付されるパターンなど、給付条件の違いはありますが、がんの診断だけで給付金が受けられるというのは非常にありがたい保障です。


また、保険によっては診断給付金が初診のときだけでなく、複数回受け取ることができるものもあります。


入院給付金

入院給付金はがんの治療のために入院した場合に給付金が受けられる保障です。


通常、1日当たりの給付金額が設定されており、がんによる治療のための入院の日数に応じて給付金が支給されます。


通院給付金

通院給付金はがんの治療のために通院した場合に給付金が受けられる保障です。


入院給付金と同様、1日当たりの給付金額が設定されており、がんによる治療に係る通院の日数に応じて給付金が支給されます。


手術治療給付金

手術治療給付金はがんの治療のために所定の手術を受けた場合に給付金が受けられる保障です。


手術1回当たりの給付金額が設定され、がん保険によっては、条件を満たすことで複数回給付を受けられる場合があります。


放射線治療給付金

放射線治療給付金はがんの治療のために所定の放射線治療を受けた場合に給付金が受けられる保障です。


放射線治療1回当たりの給付金額が設定され、手術治療給付金同様、保険によっては、条件を満たせば複数回給付を受けられる場合があります。


抗がん剤治療給付金

抗がん剤治療給付金は所定の抗がん剤治療を受けた場合に給付金が受けられる保障です。


がん先進医療給付金

がん先進医療給付金は保険診療の対象外となる先進的な医療を受けた場合に給付金が受けられる保障です。



がん治療は常に研究・開発がされ、日々進歩しています。


これにより、今までになかった新しい治療法や新薬が生まれていますが、残念ながら、全ての治療法が保険診療(いわゆる3割負担など)の対象となるわけではありません。


保険診療とならない場合、3割負担や月々の治療費を一定額に抑えることができる高額療養費制度を使うことができません


そのため、先進治療を受ける場合、非常に高額な治療費となる場合がほとんどです。


しかし、がん先進医療給付金があれば、それらの治療費を負担することができ、選択できる治療の幅を広げることができます。


ここまでで、「がん保険が必要かもしれない」と思われた方は、まずは保険のプロに相談するのがおすすめです。 


本当にがん保険が自分に必要なのか、必要ならどのがん保険がいいのかを納得できるまで無料で何度も相談できるので、大変おすすめです。 


>保険のプロに無料相談はこちら

がん保険で理解しておきたい分類は大きく分けて4種類

がん保険は大きく4つのタイプに分けることができます。

  • 終身型
  • 定期型
  • 掛け捨て型
  • 貯蓄型
それぞれのタイプを簡単に説明していきます。

終身型

契約期間が終了することはなく、保険料も変わることがありません。

定期型

保障される期間は一定で契約のときにあらかじめ決められ、更新時に保険料も年齢相応に上がります。

掛け捨て型

契約が満了しても支払ったお金が戻ってこないタイプの保険です。

貯蓄型

契約が満了したときや解約したときにお金が戻ってくるタイプの保険です。

終身型と定期型は契約期間と保険料が異なります。

また掛け捨て型と貯蓄型はもしものときのリスクに備えるか、リスクと将来の資金に備えるかの違いといえます。

それぞれのタイプのメリット・デメリットを理解し、自分の人生に合ったものを選びましょう。

がん保険に加入するメリット

医療保険と比較した場合、がん保険にはさまざまなメリットがあります。

ここでは、がん保険に加入するメリットについて、
  • 診断給付金(一時金)によりまとまったお金が受け取れる
  • 入院給付金の給付が無制限
  • 先進医療特約により高度な治療も受けられる
以上について詳しく解説していきます。

がん保険への加入をお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

診断給付金(一時金)により、まとまったお金が受け取れる

診断給付金(一時金)は、がん保険の特徴的な保障と言えます。

がんと診断された時点でまとまった給付金を受けられるので、その後に発生する治療費に充てることができます。

また、給付金自体の使い道は決められていないので、収入が得られなくなったあとの生活費など、治療以外のためにも使うことができます。

がんと診断されると、ただでさえ心が不安定となり、またさまざまな心配事が浮かぶ中で、お金の面で安心を得られるのは非常に大きいことです。

入院給付金などの支払いが無制限

がん保険同様、医療保険には入院給付金や通院給付金などの支払いが保障される保険が多くありますが、給付日数に上限がある場合がほとんどです。

例えば、「120日」の上限が定められた入院給付金だった場合、長期間の入院となったとしても、120日分までしか給付金が給付されません。

入院日数が121日目以降は無保障となってしまうのです。

それに対し、がん保険の場合は給付日数の上限が「無制限」とされている場合が多く、長期間の入院となったとしても、安心して入院することができます。


これは、通院給付金の場合でも同様です。


最近ではがん治療による入院日数は短くなってきており、むしろ通院治療が主体となり、定期的かつ長期にわたって通院治療を続けていくというパターンも増えています。


その場合でも、通院給付金の給付日数上限が「無制限」であれば、安心して通院治療を続けることができるのです。

先進医療特約などにより、高額な治療費も保障可能

先ほども述べた通り、がん治療は日々進化しています。

新しい治療法や新薬が開発され、がんに苦しむ患者様を少しでもなくすように研究がされています。

しかし、残念ながら、このような先進医療は公的保険診療の対象とはならず、治療費は3割負担ではなく、実費扱いとなり全額自己負担にて支払わなければならない場合があります。


また先進治療の場合、そもそもの治療費自体が非常に高額になることもあり、自己資金だけでは先進医療の治療を受けられないということもあります。


そこで、がん保険にはこのような先進医療の治療費を保障するための、「先進医療特約」という特約を付加することができます。


これらの保障に入っておくと、がん治療を選ぶ際に、先進医療を含めた治療を検討することができるので、治療の幅を大きく広げることができます。


さらにがん保険によっては、「がんの緩和治療」や「がんの診断後に発症したストレス性疾病の治療」に対する保障を定めた特約など、保険会社によってはさまざまな保障があるので、複数の保険会社のがん保険を検討してみるようにしましょう。



a

がん保険に加入するデメリット

ここまでがん保険のメリットを見てきましたが、もちろんがん保険にもデメリットはあります

そこで、ここではがん保険のデメリットについて、
  • がん以外の病気やケガは保障されない
  • がん治療の入院期間は減少している
  • 給付金の給付条件が厳しい
  • 公的保障でも対応できる場合がある
  • がん保険には免責期間がある
  • 死亡保障が少ない
以上6つのデメリットについて詳しく解説していきます。

がん以外の病気・ケガには対応していない

がん保険はあくまでも「がんに特化」した保険なので、がん以外の病気や、ケガが原因で入院治療や手術を行ったとしても保障は受けられません

そのため、がん以外の病気やケガに対応するためには、医療保険などの別の保険に加入する必要があります。

がん治療のための入院期間は減少傾向

がん保険のメリットの中で、「入院給付金などの支払いが無制限」としましたが、最近のがん治療は通院をメインとしている場合が多く、がん治療による入院日数は徐々に短くなってきています。

そのため、たとえ給付日数上限がある医療保険であっても、上限を超えて入院が続くということは比較的少なく、上限の範囲内で入院が終わる場合が多いといえるでしょう。


よって、がん保険のメリットの一つであった「入院給付金の支払いが無制限」というのは最近ではそこまで大きなメリットではなくなってきています。

給付金が支払われる条件が厳しい場合がある

がん治療に関するさまざまな保障ががん保険にはありますが、給付金が支払われる条件が厳しい場合があります。

例えば、診断給付金について複数回給付を受けられる保障だったとしても、2回目以降は「前回の診断から2年以上経過したものに限る」や「前回とは別の部位のがんに限る」など条件が厳しくなっている保険もあるのです。


また、通院給付金が支払われる条件には「退院後180日以内の通院」や「1つのがんについて45日間を限度として給付」などの厳しい条件もあります。


さらに、給付金が支払われる条件として、がんはがんでも比較的軽度と見なされる『上皮内新生物』は給付対象外という保険もあります。


ですので、がん保険に加入する際には保障内容だけではなく、しっかりと支払条件も確認しておく必要があります。


給付金の支払条件を確認しないまま、いざ給付金の請求をしたときに「思っていた給付金が支払われなかった・・・」ということになりかねません。


診断給付金についてはこちらで解説していますので、ぜひ読んでみてください。

公的保障でも十分に対応できる場合が多い

公的保障とは、健康保険のいわゆる「3割負担」や高額療養費制度といった、公的な保険制度のことをいいます。

まず、主な公的保障について見ていきましょう。

健康保険の3割負担

『健康保険の3割負担』を利用されたことがある方は多いのではないでしょうか。


病院の窓口で保険証を提示すると、実際の支払額が通常、治療費の3割となります。


高額療養費制度

高額療養費制度とは、医療機関などで支払った金額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合、その超えた金額を返還してもらえる制度です。


傷病手当金制度

サラリーマンの方などが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)の場合、傷病手当金制度というものがあります。


これは、病気やケガのために会社を休み、十分な給料が得られない場合、一定額を支給してくれる制度です。



このように、民間のがん保険に入らなくても、公的な保障により治療費をある程度抑えることができます


そのため、公的な保障のみでがんの治療費などに十分対応できる場合があるのです。

90日間の免責期間がある

がん保険には、通常の医療保険と異なり、通常90日程度の免責期間が定められている場合がほとんどです。

免責期間とは、たとえその期間中にがんと診断されても「給付金などの保障が受けられない」期間のことです。

そのため、申込みから一定期間の間にがんと診断された場合は、がん保険に入っていたとしても無保障となってしまうリスクがあります。


ただ、最近ではこの免責期間がないタイプのがん保険も出ているので、心配な方はそのようなタイプのがん保険への加入を検討されることをおすすめします。

死亡保障は少ない

がん保険には、死亡保障をつけたタイプは少ないです。

なぜなら、がん保険の大半が「治療保障」に重点を置いたものであり、がんと闘病する患者様をサポートするという観点で作られているからです。

そのため、ご自身が亡くなられたあとのご家族のために「死亡保険金」を遺したいという方であれば、別途死亡保障がある生命保険に加入する必要があるでしょう。

終身型がん保険のメリット・デメリット

それでは、まず終身タイプのメリット・デメリットを解説していきます。


<終身タイプのメリット>

  • 更新がないため保険料が一生涯あがらない
  • 解約しない限り保障が一生涯続く

<終身タイプのデメリット>

  • 定期タイプと比べると保険料が比較的高め

保険は通常、契約更新を繰り返していくと、同じ保障内容でも更新時の年齢によって保険料が高くなっていきます。


しかし、終身タイプの場合、若いうちに加入しておくことで安い保険料のまま一生涯保障が続くので大変お得です。


ただし、若いうちに終身タイプの保険に加入する場合は、定期タイプの保険よりも保険料が割高になります。


しかし、定期タイプは保険料が契約更新を繰り返すことで高くなっていくので、一生涯で見ると、最終的な累計保険料は終身タイプのほうがお得な場合が多いです。

終身型がん保険がおすすめな人

終身型がん保険のメリット・デメリットを踏まえたうえで、終身型がおすすめなのはどんな人か説明していきます。

  • 長い目でみて保険料を抑えたい人

終身型は保険料が変わらないため、若いうちに契約すると安い保険料のまま続いていきます。


定期型は更新時に保険料が上がってしまうため、若いうちから加入し、長い目で見て保険料を抑えたい人には終身型がおすすめです。

  • 保険や保険料について計画的に考えることが苦手な人

契約したあとは、保障が一生続き、保険料が上がることもありません。


そのため契約を更新するために保険を見直したり、保険料が上がり家計を見直したりする必要がありません。


ただし契約したときの保障のままでは日々進歩している医療に対応できなくなることもあるため、保障内容は定期的に確認しておくことをおすすめします。

定期型がん保険のメリット・デメリット

つぎに、定期タイプのメリット・デメリットについて解説していきます。


<定期タイプのメリット>

  • 若いうちは保険料が割安
  • 更新時に契約内容を見直すことが可能

<定期タイプのデメリット>

  • 定期的に更新を繰り返すと保険料が高くなる
  • がんの既往歴等によっては契約更新ができない場合がある

定期タイプの場合、「5年」や「10年」など契約期間が定められており、契約期間満了時に、同じ保障内容を受ける場合は契約更新をする必要があります。


最初のうちは保険料が割安ですが、契約更新を繰り返していくと保険料が高くなっていくので、同じ保障を一生涯続けたいならば、終身タイプのほうがおすすめです。


しかし、それぞれの年代、またライフステージによって保障内容を見直したいといったこともあるでしょう。


その場合、定期タイプであれば契約期間満了時に契約を更新せず、新しい別の保険に乗り換えることもできるので、将来は保険の見直しが必要とお考えの方には定期タイプがおすすめです。

定期型がん保険がおすすめな人

定期型がおすすめなのはどんな人か説明していきます。

  • とりあえず入っておきたい人

年齢が若くあまりがん保険を必要だと感じていないが、とりあえず入っておきたいという人におすすめです。


必要性を感じ始めた場合には、更新時に保障内容を充実させたり、より自分にあった保険に入り直すことができます。

  • 小さな子どもがいる人
子育てには何かとお金がかかるため、若いうちは保険料が安い定期型がおすすめです


子どもが大きくなりお金がかからなくなったときには、保険にお金をかけることもできるのではないでしょうか。


がんの罹患率は50代から増加していくので、年齢とともに保障内容を充実させるという考え方もあります。

掛け捨て型がん保険のメリット・デメリット

がん保険には掛け捨てタイプの保険があり、加入するメリットとデメリットがあります。


ここでは、掛け捨て型がん保険のメリット・デメリットについて解説していきます。


<掛け捨て型がん保険のメリット>

  • 保険料が安い
  • 保障が手厚い
  • 保険の見直しがしやすい

<掛け捨て型がん保険のデメリット>
  • 保険期間終了時には解約返戻金や満期保険金はない(あってもごくわずか)
  • 保険期間終了時に更新するか解約するか気をつけなければならない

掛け捨て型のがん保険の場合、貯蓄性がありませんので保険料が安く設定されていますが、保障を重点的に手厚くしていますので、貯蓄よりもがんに罹った際の保障を重視したいという方におすすめのタイプです。

しかし、掛け捨て型は名前の通り、支払ってきた保険料を捨てることになる場合もあります。

掛け捨て型は、保険料が安い一方、解約返戻金がない場合が多いです。あっても終身型がん保険に比べればほんの

また、掛け捨て型がん保険のうち“自動更新”のプランに加入していた場合、保険期間終了時に契約を自動更新される場合があります。

保険料が安いことが魅力の掛け捨て型ですが、契約を更新する毎に保険料は上がっていきますので、知らないうちに保険料が割高になっていた、ということがないように、保険期間終了時には更新するか見直しするかを検討しましょう。

掛け捨て型のがん保険がおすすめな人

掛け捨て型がおすすめなのはどんな人か説明していきます。

  • 家計の負担を減らしたい人
保険料が安いことが掛け捨て型の大きな特徴のため、家計にやさしいといえます。

掛け捨て型がん保険を選ぶことで、子育てにかかる費用や教育費、住宅ローンの返済などに優先的にお金を使うことができます。
  • 保障の内容を重視している人
掛け捨て型は保障内容が手厚く、また更新時には保険を見直すことができる点がメリットです。

契約途中で解約することに特にデメリットもないため、自分にあった保障内容の保険が見つかれば、そちらに入り直すこともできます。

将来のための貯蓄などよりも、保障内容を最優先で考える人におすすめです

貯蓄型がん保険のメリット・デメリット

がん保険には、掛け捨てタイプだけでなく、貯蓄タイプの保険もあります。


ここでは、貯蓄型がん保険のメリット・デメリットを解説していきます。


<貯蓄型がん保険のメリット>

  • 貯蓄型に加入すると、保障が受けられるだけでなく貯蓄もすることができる
  • 契約を解約すると解約返戻金を受け取ることができる
  • 契約者貸付制度を利用することができる

<貯蓄型がん保険のデメリット>
  • 保険料が割高になる
  • 保険の見直しがしにくい
  • 保険会社の経営状態に注意が必要

貯蓄型のがん保険の一番のメリットと言えば、もしものときには保障を受けることができ、また解約すると解約返戻金というまとまったお金を受け取ることができますので、保険の保障を受けつつ、貯蓄もしたいという方にはおすすめのタイプです。

しかし、保障も受けられ貯蓄もできるこちらのタイプは、毎月の保険料が割高となります。

また、貯蓄型の保険は契約年数に応じて解約返戻金の額が増えていきますので、途中で保険の見直しをすることが難しくなってしまいます。

さらに、貯蓄目的で貯蓄型のがん保険に加入して高い保険料を支払っていたのに、加入している保険の保険会社の経営状態が悪化し、倒産となれば、期待していた解約返戻金を受け取ることができない可能性もあります。

このように、保障も受けられ貯蓄もできる貯蓄型のがん保険には、注意しなければならない点が多くありますので、加入の際には内容をよく確認し、納得した上で加入するようにしましょう。

貯蓄型がん保険がおすすめな人

貯蓄型がおすすめなのはどんな人か説明していきます。  

  • 保険料をムダにしたくないと思う人
決して掛け捨て型が保険料をムダにしているというわけではありませんが、人によってはそうしたイメージを払しょくできない人もいるでしょう。

貯蓄型の場合は病気やケガを経験しなくても、満期保険金や解約返戻金を受け取ることができるため、損をしたと感じることもありません。
  • 自分で計画的に貯蓄するのが苦手な人
自分で計画を立て貯蓄をできなければ、老後にかかる費用の工面などに苦労することになってしまいます。

そのため保障と貯蓄がセットになっていることは、貯蓄が苦手な人に向いている保険といえます。

こんな人はどのタイプのがん保険に入るべき?具体例から診断します

がん保険は自分に合ったものを選ぶことが大切です。


性別や年齢によってがんの罹患率は異なるため、ベストながん保険のタイプはみんなが同じではありません。


また結婚や子育て、老後の生活などの人それぞれのライフプランによっても、加入への考え方は変わってきます。


ここからは具体的な例を挙げて、その人には定期型や終身型など、どのタイプがおすすめか解説していきます。

32歳既婚女性・専業主婦の方の場合

専業主婦ががんに罹ると夫の仕事に影響が出ることも考えられ、治療費などと合わせると家計への負担は大きいです。


また女性は20代後半ごろから乳がんや子宮頸がんにかかる人が増えていくとされています。


そのため若い専業主婦であってもがん保険へ加入しておいた方がいいです。

  • 子供がいる・子供を持つ予定がある人は定期型がおすすめ

子育てや教育にはお金がかかるため、若いうちは保険料が安く保障がしっかりとしている定期型の掛け捨てがいいでしょう。


年齢が高くなると保険料も上がってしまいますが、そのころには子供にかかるお金も少なくなります。

  • 子供を持つ予定がない人は終身型がおすすめ

終身型は長い目で見ると定期型よりも保険料の合計は安くなります。


また子供がいても家計に余裕がある人は終身型をおすすめします。

40歳独身男性・会社員の場合

男性は40代後半からがんに罹る確率が上がっていきます。

40歳独身の場合、十分な貯蓄があればがん保険に入る必要がないと考える人もいるかもしれません。

しかしがんにかかると療養中は収入が減ってしまい、その後も再発や転移などの不安が残ります。

また親の介護や自身の老後のことも考えると、がん保険に入っていた方が経済的に安心できます。

40歳独身男性には終身型がおすすめです

初めの頃は定期型よりも保険料は高いですが、会社員であれば家計への負担はそれほど大きくはないでしょう。

保険料は一生涯上がることはないため、終身型に入るなら早い方がお得です。

またがん保険は一般的には掛け捨て型ですが、保障といっしょに貯蓄もしておきたいという人は終身型の貯蓄タイプが向いています。

まとめ:がん保険のメリット・デメリットについて

この記事では、がん保険のメリット・デメリットについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • がん保険は医療保険と比べるとがん治療に対しての手厚い保障を受けることができる。
  • がん保険に加入するメリットには、『がん診断時に給付金が受け取れる』『先進医療特約を付加することで高額となる先進医療も選択できるようになる』などが挙げられる。 
  • がん保険のデメリットとして、『がん以外の病気やケガは給付対象外』『給付条件が厳しい』『90日間の免責期間がある』などが挙げられる。
  • がん保険には終身タイプと定期タイプがあり、それぞれにメリット・デメリットがあるので自分に合った保険タイプを選ぶようにする。
  • がん保険の掛け捨て型と貯蓄型にもメリット・デメリットがあるので、内容をよく確認し、自分に合った保険タイプを選ぶようにする。
以上です。

がんと診断され、治療が必要となったとき、病気のことも心配ですが、やはり金銭的な面でも不安を感じることになるでしょう。

そんなとき、経済的負担を軽減してくれるのが「がん保険」です。

がん保険のメリット・デメリットを確認し、もしもに備えて自分に必要ながん保険を探してみましょう。

がん保険の必要性が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • がんの闘病期間は平均どのくらい?治療期間や入院期間の平均日数について解説
  • 500万で足りる?がん保険の診断給付金(一時金)は500万で治療費をカバーできるか
  • がん保険は診断給付金のみで加入できる!割安な保険料で安心の保障を
  • がん遺伝子治療のメリット・デメリットは?保険は適用になるのか?
  • がん保険の適用範囲はどこまで?健康保険で保障されない箇所もカバー
  • がん以外の七大疾病・八大疾病も保障してくれるがん保険の特約とは?
  • 皮膚がん(基底細胞がん、メラノーマ)だとがん保険は保障対象でないって本当?
  • 住宅ローンのがん団信とは?メリット・デメリットから必要か解説
  • がん治療費の自己負担額の平均はどのくらい?どんな公的保障がある?
  • がん保険の免責期間とは?がんと診断されても保障されないので要注意