がん保険ALL

がん保険の必要性

がん保険の選び方

がん保険のメリットとデメリットは?きちんと知り適切な保険選びを!

がん保険はがんと診断された場合などに保障が受けられる保険です。がん治療に特化しているため、がんとの闘病には非常にメリットが高い保険ですが、がん以外の保障には弱いというデメリットがあります。がん保険の詳細を知り、ご自身にあった適切な保険選びをしましょう。

がん保険について

がん保険とは、がん(悪性新生物や上皮内新生物)と診断された場合などに給付金などの保障が受けられる保険のことです。

通常の医療保険でも、病気やケガによる手術や入院により保障を受けられますが、がん保険の場合は、がんと診断されただけで給付金を受けられるものもあるので、がんに非常に特化した保険と言えます。 


がんと言う病気は日本人の国民病と呼ばれるほど、罹患者が多く、治療が長期化しやすいことから、がんに罹ると、精神的な負担のみならず、金銭的負担がかなりかかります。


そこで、がん保険の本質をもう一度考え直してみましょう。


a

がん保険の保障内容・給付金

では、一般的ながん保険の保障内容について見ていきましょう。
  • 診断給付金

診断給付金はがんと診断された場合に一定額の給付金が受けられる保障です。医師の診断確定のみで給付されるパターンや、医師の診断確定後入院して初めて給付されるパターンなど、給付条件の違いはありますが、がんの診断だけで給付金が受けられるというのは非常にありがたい保障です。

また、保険によっては診断給付金が初診だけでなく、複数回受け取ることができるものもあります。


  • 入院給付金

入院給付金はがんの治療のために入院した場合に給付金が受けられる保障です。通常、1日当たりの給付金額が設定されており、がんによる治療のための入院の日数に応じて給付金が支給されます。


  • 通院給付金

通院給付金はがんの治療のために通院した場合に給付金が受けられる保障です。入院給付金と同様、1日当たりの給付金額が設定されており、がんによる治療に係る通院の日数に応じて給付金が支給されます。


  • 手術治療給付金

手術治療給付金はがんの治療のために所定の手術を受けた場合に給付金が受けられる保障です。手術1回当たりの給付金額が設定され、がん保険によっては、条件を満たすことで複数回給付を受けられる場合があります。


  • 放射線治療給付金

放射線治療給付金はがんの治療のために所定の放射線治療を受けた場合に給付金が受けられる保障です。放射線治療1回当たりの給付金額が設定され、手術治療給付金同様、保険によっては、条件を満たせば複数回給付を受けられる場合があります。


  • 抗がん剤治療給付金

抗がん剤治療給付金は所定の抗がん剤治療を受けた場合に給付金が受けられる保障です。


  • がん先進医療給付金

がん先進医療給付金は保険診療の対象外となる先進的な医療を受けた場合に給付金が受けられる保障です。

がん治療は常に研究・開発がされ、日々進歩しています。これにより、今までになかった新しい治療法や新薬が生まれていますが、残念ながら、全ての治療法が保険診療(いわゆる3割負担など)の対象となるわけではありません。保険診療とならない場合、3割負担や月々の治療費を一定額に抑えることができる高額療養費制度を使うことができません。

そのため、先進治療を受ける場合、非常に高額な治療費となる場合がほとんどです。しかし、がん先進医療給付金があれば、それらの治療費を負担することができ、選択できる治療の幅を広げることができます。

がん保険のメリット

医療保険と比較した場合のがん保険のメリットは様々あります。ここでは、がん保険に加入するメリットを見ていきましょう。

診断給付金(一時金)により、まとまったお金が受け取れる

診断給付金(一時金)はがん保険に特徴的な保障と言えます。がんと診断された時点でまとまった給付金を受けられるので、その後に発生する治療費のあてにすることができます。また、給付金自体の使い道は決められていないので、収入が得られなくなったあとの生活費など治療以外のためにも使うことができます。がんと診断され、ただでさえ心が不安定となり、様々な心配事が思い浮かぶ中で、お金の面で安心を得られるのは非常に大きいことです。

入院給付金などの支払いが無制限

がん保険同様、医療保険には入院給付金や通院給付金などの支払いが保障される保険が多くありますが、給付日数に上限がある場合がほとんどです。例えば、「120日」の上限が定められた入院給付金だった場合、長期間の入院となったとしても、120日分までしか給付金が給付されません。121日目以降は無保障となってしまうのです。

それに対し、がん保険の場合は給付日数の上限が「無制限」とされている場合が多く、非常に長期間の入院となったとしても、安心して入院することができます。



これは、通院給付金の場合でも同様です。最近ではがん治療による入院日数は短くなってきており、むしろ通院治療が主体となり、定期的かつ長期にわたって通院治療を続けていくというパターンも増えています。その場合でも、通院給付金について給付日数がの上限が「無制限」であれば、安心して通院治療を続けることができるのです。

先進医療特約などにより、高額な治療費も保障可能

先ほども述べた通り、がん治療は日々進化しています。新しい治療法や新薬が開発され、がんに苦しむ患者様を少しでもなくすように研究がされています。

しかし、残念ながら、このような先進医療はすぐに公的保険診療の対象とはならず、初めのうちは治療費の3割負担ではなく、治療費の全額を支払わなければならない場合があります。

また、先進治療の場合は、そもそもの治療費自体が非常に高額になることもあり、自己資金だけではそれらの治療を受けられない事態となってしまうかもしれません。

そこで、がん保険には、そのような先進医療の治療費を保障するための、「先進医療特約」などの特約がある場合がほとんどです。これらの保障に入っておくと、がん治療を選ぶ際に、先進医療を含めた治療を検討することができるので、治療の幅を大きく広げることができます。



さらにがん保険によっては、「がんの緩和治療」や「がんの診断後に発症したストレス性疾病の治療」に対する保障を定めた特約など、保険会社によっては様々な特色があるので、複数の保険会社の保険を探してみるのもよいでしょう。



a

がん保険のデメリット

ここまでがん保険のメリットを見てきましたが、もちろんがん保険にもデメリットはあります。

がん以外の病気・ケガには対応していない

がん保険はあくまでも「がんに特化」した保険なので、がん以外の病気や、ケガが原因で入院治療や手術を行ったとしても保障は受けられません。そのため、がん以外の病気やケガに対応するためには、医療保険などの別の保険に加入する必要があります。

がん治療のための入院期間は減少傾向

がん保険のメリットの中で、「入院給付金などの支払いが無制限」としましたが、最近のがん治療による入院日数は徐々に短くなってきています。

そのため、たとえ給付日数上限がある医療保険であっても、上限を超えて入院が続くということは比較的少なく、上限の範囲内で入院が終わる場合が多いといえるでしょう。

よって、がん保険のメリットの一つであった「入院給付金の支払いが無制限」というのはそこまで大きなメリットではなくなってきています。

給付金が支払われる条件が厳しい場合がある

がん治療に関する様々な保障ががん保険にはありますが、給付金が支払われる条件が厳しい場合があります。

例えば、診断給付金について複数回給付を受けられる保障だったとしても、2回目以降は「前回の診断から2年以上経過したものに限る」や「前回とは別の部位のがんに限る」など条件が厳しくなっている保険もあるのです。

ですので、保障内容だけではなくしっかりと支払い条件も確認しておく必要があります。そうしないと、いざという時に「思っていた給付金が支払われなかった・・・」ということになりかねません。

公的保障でも十分に対応できる場合が多い

公的保障とは健康保険のいわゆる「3割負担」や高額療養費制度といった、公的な保険制度のことをいいます。まず、主な公的保証について見ていきましょう
  • 健康保険の3割負担

これについてはご存知の方がほとんどかと思います。病院の窓口で保険証を提示すると、実際の支払額が通常、治療費の3割となります。


  • 高額療養費制度

高額療養費制度とは、医療機関などで支払った金額が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合、その超えた金額を返してもらえる制度です。


  • 傷病手当金制度

サラリーマンの方などが加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)の場合、傷病手当金制度というものがあります。これは、病気やケガのために会社を休み、十分な給料が得られない場合、一定額を支給してくれる制度です。



このように、民間のがん保険に入らなくても、公的な保障により治療費をある程度抑えることができます。そのため、公的な保障のみで治療費などに十分対応できる場合があるのです。



90日間の免責期間がある

がん保険には、通常の医療保険と異なり、通常90日程度の免責期間が定められている場合がほとんどです。免責期間とは、たとえその期間中にがんと診断されても「給付金などの保障が受けられない」期間のことです。

そのため、申込みから一定期間の間にがんと診断された場合はがん保険に入っていたとしても無保障となってしまうリスクがあります。

ただ、最近ではこの免責期間がないタイプのがん保険も出ているので、心配な方はそのようなタイプのがん保険を検討されることをおススメします。

死亡保障は少ない

がん保険には、死亡保障をつけたタイプは少ないです。なぜなら、がん保険の大半が「治療保障」に重点を置いたものであり、がんと闘病する患者様をサポートするという観点で作られているからです。

そのため、ご自身が亡くなられたあとのご家族のために「死亡保険金」を遺したいという方であれば、別途死亡保障がある生命保険に加入する必要があるでしょう。

がん保険の終身タイプと定期タイプのメリット・デメリット

がん保険には大きく分けて「終身タイプ」と「定期タイプ」の2つのタイプがあります。終身タイプは解約しない限り一生涯保障が続く保険で、定期タイプは定期的に契約更新が必要な保険を言います。

終身タイプのメリット・デメリット

<終身タイプのメリット>


  • 更新がないため保険料が一生涯あがらない
  • 解約しない限り保障が一生涯続く

<終身タイプのデメリット>


  • 定期タイプに保険料が比較的高め



保険は通常、契約更新を繰り返していくと、同じ保障内容でも年齢によって保険料が高くなっていきます。終身タイプの場合、若いうちに入ってしまえば、安い保険料のまま解約しない限り一生涯保障が続くので有利です。

確かに、若いうちに加入する場合の定期タイプよりは、その時点では保険料が割高になりますが、定期タイプは保険料が契約更新を繰り返すことで高くなっていくので、一生涯で見ると最終的な累計保険料は終身タイプのほうがお得な場合が多いです。



定期タイプのメリット・デメリット

<定期タイプのメリット>


  • 若いうちは保険料が割安
  • 更新時に契約を見直すことが可能

<定期タイプのデメリット>


  • 定期的に更新を繰り返すと保険料が高くなる
  • がんの既往歴等によっては契約更新ができない場合がある



定期タイプの場合、「5年」や「10年」など契約期間が定められており、契約期間満了時に、同じ保障内容を受ける場合は契約更新をする必要があります。最初のうちは保険料が割安ですが、契約更新を繰り返していくと保険料が高くなっていくので、同じ保障を一生涯続けたいならば、終身タイプのほうがおススメです。

ただ、それぞれの年代によっては保障内容を変えたいといったこともあるでしょう。その場合は、定期タイプの場合、契約期間満了時に契約を更新せず、新しい別の保険に乗り換えることもできるので、そのような事態に対応することができます。

まとめ:がん保険のメリット・デメリットについて

がん保険は、がんに特化した保険のため、がんと診断され治療する場合は非常に有効な保険と言えますが、それ以外の病気やケガの保障や死亡保障には非常に弱いため、がん保険と医療保険などを組み合わせて加入することが大事といえるでしょう。

ランキング

  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦が気になるがん保険。「わたしにがん保険は必要なの?」
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の重要性を再確認しよう!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • がんにかかったときの治療費のうち自己負担額はいくらかかるの?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 20代30代も必見のがん対策、全女性のためのがん保険に関する全情報
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性が加入するがん保険の掛け捨て型と貯蓄型の違いについて
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • 再発したらどうしよう…の心配は今のがん保険で解決できる?
  • 加入前に理解しよう!がん保険における様々な給付金について
  • がん保険の診断給付金はどうして必要なのかについて考えてみよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • がん治療で話題の分子標的薬にがん保険を賢く活用するには?