ポルシェケイマンの自動車保険や車両保険は高い?月々の保険料の相場などを紹介!

ポルシェケイマンのような高級車の保険料、自動車保険や車両保険に月々いくらくらいの維持費がかかってくるのでしょうか?今回は、ポルシェケイマンの自動車保険や車両保険の相場や料金シミュレーション、保険料を安く抑えるコツなどについて詳しく解説しますのでぜひ最後までご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ポルシェケイマンの保険料の相場はいくらくらい?


ドイツの高級自動車メーカーであるポルシェが製造する「ケイマン」に魅力を感じつつ、一般的な国産車に比べると自動車保険料が高くなるのではと、調べられていることでしょう。


ケイマンはポルシェの中ではお手軽に購入可能ですが、購入以降も維持費としてかかる自動車保険料は、少なく抑えたいところです。


自動車保険保険料は車種だけでなく、加入する保険会社や、オプション設定方法で負担を小さくすることは可能です。


この記事では、

  • ポルシェケイマンの保険料相場はどれくらい?
  • 修理に使える車両保険はどれくらいで付けられるのか?
  • 少しでも安い保険料で加入するためのコツ

を詳しく解説します。


ポルシェケイマンの購入を検討していたり、自動車保険の見直しを検討している方にはピッタリの内容です。ぜひ最後までチェックしてみてください。

ポルシェケイマンの保険料の相場を概算シミュレーション!

ポルシェケイマンの自動車保険料を算出するにあたって、以下の条件で概算額を見積もりました。ポルシェケイマンの保険料相場は、年間22,540円です。

  • 現在加入中の自動車保険から乗り換え(1年契約)
  • ノンフリート等級:14等級
  • 事故歴:なし
  • 型式:981MA123
  • 使用用途・年間走行距離:家庭用、5000km
  • 補償範囲:記名被保険者(契約者)のみ
  • 契約者の年齢:26歳
  • 免許証の色:ゴールド

一般的な国産車に比べると、高級車ならではの希少性などから保険料は高めになります。参考にしてみてください。

年齢・等級の変化とポルシェケイマンの保険料相場

自動車保険の保険料は、年齢や事故歴(ノンフリート等級)により大きく変動します。年齢や等級により、どれくらい保険料が変わるのかシミュレーションしましたので、紹介します。

年齢ノンフリート等級年間保険料
21歳9等級39,100円
26歳14等級22,540円
30歳18等級16,510円
35歳20等級13,310円

もし自分が加入するとして、どれくらいの保険料になるのかは、条件に近いところを確認すると把握できるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

ポルシェケイマンに車両保険をつけると保険料はどうなる?

日常の走行でできた細かなキズや凹みなど軽微な修理費用補償から、盗難や自然災害による補償まで、高級車に乗るのであれば、車両保険への加入も検討しましょう。


この記事ではポルシェケイマンに車両保険を付けると保険料はどれくらい増えるのかを解説します。上記で紹介した26歳(14等級)で自動車保険に加入するとして、

車両保険の種類年間保険料
車両保険なし22,540円
車両保険あり(エコノミー型)58,420円
車両保険あり(一般形)98,870円

車両保険の有無で、年間45,000円以上の差があります。万が一の事態に備えて補償は欲しいけれど、保険料は抑えたいという方は、エコノミー型の車両保険を選んだり、保険金額を少なめに設定することができます。

車両保険料率で保険料が決まる!ポルシェケイマンの車両保険料率は?

車両保険等の自動車保険料の値段を決めるのは、損害保険料率算出機構によって毎年定義される保険料率を元に各保険会社が金額を決定しています。


保険料率は、対象となる自動車の事故率(保険金支払いデータ)や市場流通量等により算出されています。また、普通自動車の場合1~17のクラスに分類し、数字が大きくなるほど、リスクが高いとみなし保険料は高くなります。


ポルシェケイマン(型式:981MA123)の車両保険料率は14で、保険料率は高めです。

ポルシェケイマンの保険料を安くする方法


ポルシェケイマンを購入し新しく自動車保険を契約する場合や、既にケイマンに所有しているが保険見直しを検討している方向けに、自動車保険料を少しでも安くするためのコツや対策を紹介します。


具体的には、

  • 補償範囲となる運転者は限定する
  • 車両保険を付与する場合は、エコノミー型を選ぶ
  • 自動車保険の一括見積を利用する

について詳しく解説します。


自動車保険を検討している方にはピッタリなすぐに使えるコツなので、ぜひチェックしてみてください。

ポルシェケイマンの保険料を安くするコツ①:運転者を制限する

まずは、自動車保険の補償対象となる運転者を制限する方法です。保険料は、事故のリスクに応じて計算ため、常に不特定多数の人が乗る車と、契約者本人だけが乗る車とでは、事故リスクの低い契約者本人のみの方が保険料は安くなります。


保険会社にもよりますが、補償されるドライバーの範囲は、

  1. 契約者本人のみ
  2. 契約者+配偶者のみ
  3. 契約者と同居の家族
  4. 契約者と家族(別居している場合は未婚の家族)
  5. 友人・知人・別居かつ既婚の家族

から選択でき、数字が大きくなるほど保険料は高くなっていきます。普段契約者しか運転しないという場合は、契約者本人のみを運転者範囲としておくと保険料を節約することが出来ます。

ポルシェケイマンの保険料を安くするコツ②:エコノミー型か一般型か

日常的な傷・凹みに対する修理高級車や希少な車は、盗難の被害に遭いやすいことから、車両保険に加入するのがおすすめです。

車両保険は、エコノミー型(限定型)と一般型の2タイプがあり、エコノミー型(限定型)の方が補償のカバー範囲が狭い分、保険料は安くなります。
タイプ補償内容補償範囲保険料
エコノミー型
(限定型)
他車との接触、盗難、落書き・いたずら等を補償するが、当て逃げや単独事故は補償対象外限定的安い
一般型契約車両に対するほぼ全てをカバー広い高い
より幅広く補償が受けられる一般型を選択される方が多く、車両保険契約者の約7~8割は一般型です。

ただし、保険料を節約するためには、最低限の被害を補償できるエコノミー型を選ぶのが良いでしょう。

ポルシェケイマンの保険料を安くするコツ③:自動車保険の一括比較


保険料を安くするための方法として、様々な比較サイトが提供する一括比較サービスを利用する方法があります。


インターネットで数10社もの保険会社から見積もりを取得することができ、簡単に最安値の自動車保険を探すことが可能です。


また、一括比較することで、複数の自動車保険の補償内容を比較することができるので、自分の希望する条件にピッタリ合う保険を見つけることが可能です。


氏名や電話番号・メールアドレス等の個人情報の入力なしに一括比較可能なサイトも多いので、自動車保険の新規加入や見直しを検討している場合は、ぜひ活用してみましょう。

まとめ

ポルシェケイマンの自動車保険料相場について紹介しました。


この記事のポイントは、

  • 一般的な国産車に比べると自動車保険料は高め
  • 26歳、ノンフリート等級14級の場合、自動車保険は22,540円が目安
  • 車両保険を付加すると、エコノミー型で58,420円、一般形で98,870円が目安
  • 保険料の節約には、運転者限定・エコノミー型車両保険、一括比較が有効

でした。


ポルシェケイマンは、スポーティーな見た目と、高級車の中では購入しやすい価格帯で購入を検討されている方も多いかと思います。自動車保険加入の際は、ぜひ当記事で紹介した内容を参考にしてみてください。


ほけんROOMでは、他にも保険にまつわる記事を多数掲載しておりますので、ぜひ読んでみてください。

ランキング