車両保険は事故を起こした後からでも加入できる?補償開始はいつ?

車両保険は後から加入することもできます。ただし、補償対象になるのは契約後です。事故前に起こした事故で保険を使用することはできません。証明が難しいものもあり、後から車両保険に入るとトラブルになる可能性もあるので最初から加入することをおすすめします。

車両保険に後から加入することは可能

自動車保険に加入する際、車両保険をつけなくても後から加入することは可能です。加入するかどうか迷っているのなら、後から加入したほうがいいのでしょうか。デメリットはないのでしょうか。

後から加入した場合の補償開始時や保険料はどのようになっているのか見ていきましょう。

補償がいつから始まるかは保険会社次第

車両保険を後から追加する、というのは正確にいうと自動車保険の補償内容の変更ということになります。補償内容の途中変更は基本的に可能ですが、保険会社によって対応は変わってきます。自動車保険は任意なので、変更を引き受けるか引き受けないかも任意になってしまうのです。


補償がいつから始まるかというのも保険会社によって異なります。変更の手続きのと途中でも、補償が始まる前に事故を起こした場合は車両保険を使うことが出来ません。

保険料はどのようになるのか

自動車保険の保険料を分割で支払っていても、車両保険は一括払いというのが一般的です。

また、車両保険を後から追加すると、保険料が高額になるケースもあります。車両保険は自動車保険の中でも保険料が高いのです。後から追加することで、場合によっては今の保険料の倍以上になってしまうこともあります。


現在の保険会社の車両保険が高い場合は、保険料の安い他の会社の保険に入るということも検討したほうがいいかもしれません。

車両保険には事故後からも入れるが、その事故で利用することはできない

事故を起こしたことで必要性を感じて、後から車両保険に入りたいと思う人もいると思います。事故後に車両保険に入ることはできますが、補償の対象になるのはあくまで加入後です。すでに起こした事故の修理代に使うことはできません。病気が分かってからでは生命保険や医療保険に入れないというのに似ていますね。



保険は、契約車から集めた保険料を使って、事故を起こした人に保険金を支払います。事故を起こす人もいれば起こさない人もいるので成り立っているシステムです。事故を起こした後に加入してその補償をするとなると、修理代以上の保険料をもらわないと成り立たないのです。ですから事故後から加入しても、その事故は補償対象になりません。

また、事故を起こした後ですと車の価値も下がってしまうので、後から車両保険に入ろうとしても保険料が高く、補償額が少なくなってしまう可能性もあります。

加入後短期間の事故は通常よりも厳しく調査される

保険加入後すぐに事故を起こしたとなると、「本当は加入前に事故を起こしていたのではないか?」と厳しく審査されます。もちろん、本当に加入後すぐに事故を起こす可能性もあります。時間はかかる場合もありますが、補償金が下りないというケースは稀でしょう。


ただし、本当は加入前の事故を、加入後だと申請してもばれてしまいます。

飛び石やイタズラなど証明が難しい場合はトラブルになることが多い

事故の場合はいつ起こしたというのがハッキリしていますが、飛び石やイタズラなどで損害を受けた場合、加入前なのか加入後なのか証明が難しいです。

実際に加入後に起こった損害だったとしても認めてもらえずトラブルになってしまうケースもあるようです。

加入前の事故とばれたら、保険金詐欺となり契約更新を断られることも

加入前の事故なのに、加入後の事故だと偽って請求すると、保険金詐欺になってしまいます。ばれると次年度の契約更新が出来なくなってしまう可能性もあります。


車両保険を使って車の傷を治したいのであれば、後からではなく最初から加入しておいた方が安心ですね。最初から加入すればトラブルもなく、保険料も安く済む可能性もありますよ。


また、加入後に起こした事故の修理の際、過去に起こした事故の傷を同時に直して請求することも詐欺になります。修理業者によっては「一緒に直してしまいましょう」と提案してくることもあるようですがのってはいけません。そういう修理業者は保険会社にマークされていることもあります。その事故の補償はしてもらえても次回の更新を断られてしまうことがあるので気を付けましょう。

車両保険に入っていれば、昔の傷を後から請求することは可能

始めから車両保険に入っていれば、事故後すぐではなく後から請求することは可能です。

車両保険を使用すると翌年の自動車保険の等級が下がってしまいます。ですから、年に何回も使用するものではありません。小さな傷であれば、ギリギリまで請求せずに大きな事故を起こしてしまった時に備えるという人も多いですよ。

ただし、時間が経った傷はどこまでが事故によるものなのか判断が難しいです。事故後に傷が拡大する可能性もあり、正当な補償金額が下りないこともある、ということは頭に入れておきましょう。


すぐに請求するか後から請求するかに関わらず、一度保険会社に報告しておくとスムーズです。


3年という請求期限があることに注意

また、車両保険には請求期限があります。車両保険の請求期限は事故を起こした翌日から3年です。ただし、平成23年3月31日以前の契約の場合は2年間です。

請求期限が過ぎてから請求しても、補償金は一切受け取れません。後から請求する場合は期限を意識して保険会社に連絡しましょう。

車両保険の一般型とエコノミー型の補償内容の違いを知っておこう

車両保険には、一般型とエコノミー型の2種類があります。一般型の方が補償が手厚いですが、その分保険料も高くなります。

一般型とエコノミー型の補償内容の違いは以下の通りです。

エコノミー型一般型
他車との接触
車両火災
台風、洪水
いたずら
落下物、飛来物
盗難
当て逃げ×
車以外のものとの接触×
転覆・墜落×

当て逃げなど自分ではどうしようもできないものでもエコノミー型の補償はありません。また、壁やガードレールにこすってしまったという場合に補償されるのも一般型のみです。


保険料は保険会社によっても異なりますが、

  • エコノミー型:自動車保険の1.6倍
  • 一般型:自動車保険の2倍

というのが目安になります。


保険料にはだいぶ差がありますね。車両保険に加入している人は自動車保険に加入している人の4割ほどです。新車や高級車の場合は加入し、中古車や10年以上経った車の場合はつけないケースが多いです。


エコノミー型と一般型の比率を見てみると約2:8で一般型が多いです。どうせつけるのなら一般型、という人が多いようですね。


ちなみに、地震や地震による津波が原因の損害は、一般型でもエコノミー型でも受けることが出来ません。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

車両保険は、自動車保険加入時に入らなくても、補償内容の変更で後から加入することが出来ます。

ただし、いつから補償対象になるのかは保険会社によって異なります。場合によっては断られることもあるようです。


後から加入することが出来るとはいっても、事故を起こした後にその事故の補償もしてもらうということはできません。あくまで加入期間内の事故を補償するものです。


加入前の事故を加入後と偽って請求すると保険金詐欺になってしまいます。ですから、実際に加入後であっても直後の場合は審査が慎重になることがあります。


トラブルを避けるためにも、車両保険に入りたいという気持ちがあるのなら、最初から加入することをおすすめします。


車両保険の加入率は全体の4割ほどですが、新車や高級車の場合はつけている人が多いです。

ランキング

  • 【2019決定版】自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンを全て集めてみた
  • 自動車保険の保険料の相場ってどれくらい?パターン別に徹底解説!
  • 自賠責保険の支払基準を解説!保険金はどれくらい受け取れる?
  • 自賠責保険と労災保険で後遺障害等級認定が違う?慰謝料アップの方法
  • 自賠責保険の被害者請求は代行を頼むべき?弁護士さんは頼れる味方!
  • 三年契約の自動車保険は解約すべき?長期契約のデメリットとは
  • 自賠責保険の運用益の行方とは?自賠責保険料の豆知識について