Uber Eats配達員保険は不十分?自転車保険の必要性を徹底解説!

Uber Eatsでの配達では自転車や原付で動き回るわけなので配達中の事故保険はしっかりとついています。ですがこの配達員保険は配達中でしか適用されません。この記事では自転車の危険性や自転車保険やバイク保険、原付保険についてご紹介します。

Uber Eatsの配達員保険は不十分?自転車保険などの任意保険に入った方がいいの?

気軽にできる副業として以前から人気のあったUber Eatsですが、コロナウィルス感染症の影響もあってか、最近ではさらにUber Eatsの配達員をする人が多くなっているそうです。


このUber Eatsは自転車で配達するために、専用の保険があるのですが、それだけで十分補償は備わっているのでしょうか。せっかく副業で収入が増えても事故でケガをしたり、また多額の出費が出てしまっては本末転倒ですよね。


そこでこの記事では、


  • 配達中しか補償されないUber Eats配達員の保険とは 
  • Uber Eatsの配達で死亡事例 
  • Uber Eatsの配達時の事故の対処とその後 
  • 業務中の補償範囲 
  • 業務外では任意保険をおすすめする理由


などについて、ご説明していきます。

 

Uber Eatsの配達員に興味がある方、これからやってみようと考えている方など、Uber Eatsの配達員の保険に関して大切な知識を得ることができます。是非最後までお読みいただき、ご自身の判断の情報として役立ててくださいね。

Uber Eatsの配達員保険は配達中しか補償されない

Uber Eatsでは配達員全員に、配達員保険を用意しており、配達員として登録すれば保険料を負担することなく保険が適用されます。


その補償内容は、主に2つに分かれており、 

  • 対人・対物賠償責任:人にケガを負わせたり、物を壊すなどの損害を与えた場合の賠償責任の補償
  • 傷害補償:自分がケガをした場合の補償 

があります。


一見必要十分な補償内容に見えますが、実はこれらの補償は配達している間しか補償の対象ではないのです。


この点に関して以下で詳しく見ていきましょう。

Uber Eatsの保険に関する課題

Uber Eats配達員の保険では、配達中の間しか補償の対象ではないとお伝えしました。


「配達するのが仕事なんだからそれでよいのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には配達以外の時間も結構あるようなのです。


例えば、配達の依頼を待っている時間、配達前後の移動中の時間、家に帰る時間などに起こった事故は補償の対象にはなりません


もしこれが会社員や公務員であれば、労災保険が適用されるのですが、Uber Eatsの配達員は労災保険の対象ではないため、もし、これらの時間に事故に遭ったり、または事故を起こしてしまった場合、ご自身で他に傷害保険などに加入していなければ、最悪、多額のお金を支払わなければならないケースも考えられます。

配達中ってどんな時に補償対象になるの?

Uber Eatsの配達員保険では、配達中の間しか補償されませんが、具体的に配達中とはどういう行為を行っている間のことをさしているのでしょうか。


Uber Eatsのホームページによると、「すべての乗車が補償対象」とうたってあります。


また、 

  • 対象となる乗り物は、自転車・原付バイク・バイク・軽自動車 
  • 対象の期間は、Uber Eats 配達員が配達リクエストを受けてから配達が完了、および、キャンセルするまでの間

とも記されています。


このことから、料理を運んで配達している間だけでなく、料理を店まで受け取りに行く間の事故や、乗り物から降りて、顧客に料理を渡した際にこぼして火傷をした場合なども対象になることになります。


また、なんらかの事情でキャンセルする場合も、キャンセルするまでは補償の対象になるようですね。

示談交渉がついていないので注意

Uber Eats配達員の保険の補償内容をご紹介しましたが、配達中の事故で補償の対象であっても注意しなければならない点があります。


それはUber Eats配達員の保険には、示談交渉のサービスがついていない点です。


示談交渉がついていない場合、もし事故が起こった場合、被害者であっても加害者であっても、相手との交渉を全て自分でしなけければなりません。


法律の素人である我々が自分で交渉するというのは、本当に大変な作業で、当事者同士で対応する場合、お互いに感情的になってしまい、時間ばかりかかってまったくまとまらないという最悪のケースになる場合もあるようです。


Uber Eats配達員の保険に限りませんが、この類の保険に加入する際は、示談交渉のサービスがついているかどうか、必ず確認することをおすすめします。

Uber Eatsの配達で死亡事例もある

新型コロナウィルスの影響で、営業を自粛している飲食店がデリバリーにフォーカスすることで、Uber Eatsに登録する飲食店は、2月中旬では17,000店だったものが3月には20,000店になったそうです。


その影響もあるかもしれませんが、Uber Eatsの配達員の登録数も増えており、実際にUber Eatsの配達で起こった事故の件数は、2020年1月から3月にかけて30件が報告されています。


その中には、東京都内で大学生の配達員が店に料理を受け取りにいく途中に軽自動車と衝突し、死亡するという事故も含まれています。


ほとんどの事故は、転んだ祭に打撲やすり傷などの軽いケガが多いようなのですが、骨折などの大ケガや上記のような死亡事故となったケースもあるため、十分な注意が必要です。

Uber Eatsの配達時の事故の対処とその後

ここで、実際に事故に遭ったUber Eatsの配達員の方の例をご紹介します。


この方は料理を配達中にタクシーの横を通った際に、乗客が降車しようと開けたドアにぶつかり転倒されました。


料理がダメになってしまったので、アプリから配達のキャンセルを行い、また、サポートセンターにも電話をしたがその時はつながらなかったそうです。


幸い痛みはそれほどなかたようで、警察を呼んで1時間くらいのやりとりがあり、連絡先を交換してその日は歩いて帰宅されました。


翌日、サポートセンターに再度電話をし状況を説明しますが、その後先方や保険会社から連絡がなかったため、この方から連絡され、事故後の対応をしてもらってそうです。


病院で診てもらったところ打撲との診断で、1ヶ月くらい通院され、最終的に、物損と治療費と慰謝料合計約10万円が保険会社を通して支払われたそうです。


この方の場合はケガはそれほど大事にいたらず、事故後の対応も比較的スムーズに行われたようですが、配達中の事故は決して他人事ではないということがわかりますね。

Uber Eatsの業務中の補償範囲は充実している

Uber Eatsの保険の補償とは、具体的にどのようなものが対象になるのでしょうか。 



まず、対人・対物賠償責任の具体的な事故の例としては、 

  • 配達中に、人にぶつかってケガをさせた  
  • 配達中に、顧客や他人の家などにぶつかって壊した 

などがあります。 


ご自身のケガに関する傷害補償の事故の例では、

  • 配達中に、車やバイクにぶつかりケガをした
  • 配達中に、傷害物や人をよけようとして転倒しケガをした
  • 熱い料理を渡す際にこぼして火傷をした

などが、補償の範囲となります。


比較的充実した補償のように見えますが、(何度もお伝えしますが)これらは配達中のみの補償であることにご注意ください。   

対人・対物賠償責任

まず、対人・対物賠償責任についてですが、これは、読んで字のごとく、誤って他人にケガを負わせたり、また死に至らせたりした場合、および他人の所有物を壊したしまった場合など、法律的な賠償責任を負った際にその補償をするというものです


補償額の上限は1億円となっています。


注意しなくてはならないのは、125cc以下のバイクで配達することを登録している場合は、上限5万円までの自己負担金があることです。

自分がけがをした時の補償:傷害補償

次に自分がケガをした場合の傷害補償について見てみましょう。


傷害補償の種類には、以下のような補償があります。


  • 医療見舞金:上限25万円の医療費を補償
  • 死亡見舞金:相続人に1,000万円、
    葬式費用として100万円を補償
  • 後遺障害見舞金:上限1,000万円までを補償
  • 入院見舞金:入院し、働けなくなった場合1日7,500円、最大30日まで補償
  • 配偶者・被扶養者への見舞金:配偶者、被保険者へ3人まで15万円ずつを補償

いかがでしょうか。

補償の種類としては5種類、また、その内容も配達者が受け取る見舞金だけでなく、配偶者や被扶養者への見舞金があるのが特徴的ですね。

非正規労働から正規労働へ今後日本のUber Eatsに変化か

2020年5月30日に、Uber Eatsが「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」に賛助会員として加盟した旨の発表がありました。


プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」とは、独立して働くフリーランサーや、企業に属しつつ別の仕事もするパラレルワーカーによって設立された非営利団体です。


この「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」に加盟することで、Uber Eatsの配達員も、この協会が提供するベネフィットプランを利用することができるようになりました。


具体的な内容としては、これまで補償の対象でなかった待機中の時間や、日常生活での事故なども補償の対象に含まれます


配達以外の待機中や、稼動していない時間帯での補償も担保されれば、配達員の方にとってはかなり安心といえるのではないでしょうか。 

業務外では任意保険に入っておくのがおすすめ



「プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」に加盟することで、配達中だけでなく、待機中や日常生活でのケガの補償もカバーされることになりましたが、基本的には、Uber Eatsの配達の仕事以外では、何かしらの個人損害賠償責任保険に任意で加入することをおすすめします。


以下で、個人損害賠償責任保険に加入すべき理由について具体的にご説明していきます。 


まだ加入していない方は、是非チェックしてみてくださいね。

任意保険に入ることで日常の危険もカバーできる

ご自身の病気やケガの補償として医療保険に加入されている方は多いと思いますが、それと同様に、ご自身やお子さんが、他人にケガを負わせたり物を破損して損害を与えてしまった場合のリスクについても検討する必要があります。


そのような日常生活で起こりうるリスクに対応するのが、個人損害賠償責任保険です。


例えば、最近社会問題になっているのが自転車による事故だといわれています。これは、Uber Eatsの配達員が増加していることも関係しているかもしれませんが、実はそれ以前から自転車による事故は増加傾向にあるのです。


一時ニュースになった大きな自転車事故の例として、2008年に神戸で起こった自転車事故があります。


当時小学生の男児が乗った自転車が歩行者に正面衝突し、歩行者は頭を打ちその後も重い後遺症が残ったという事故です。その後2013年に、神戸裁判所は小学生の保護者に約9,500万円もの支払いを命じました。


このように、ご自身だけでなくお子さんやご家族に関しても、いつどこで何があるかわかりませんので、万が一に備えて個人損害賠償責任保険への加入をおすすめします。

自転車保険なら示談交渉や手厚い補償が受けられる

個人損害賠償責任保険に関してですが、Uber Eatsの配達員含め、日常的に自転車に乗る方には、自転車保険への加入をおすすめします。


というのも上でご紹介した自転車事故などをきっかけに、自転車保険への加入を義務化、または努力義務化している自治体も増えているからです。


自転車保険の補償内容は、主に 

  • 自転車に乗っていて、自分がケガをした 
  • 自転車に乗っていて、他人にケガを負わせた 

の2つです。


自分のケガの補償については、入院日額が給付されるものや一時金として給付されるものなど、保険会社によって違いがあります。


他人のケガの場合には、1億円から3億円の補償が出るものが多いようです。


また、これらの補償の他にも、自転車が故障した場合のロードサービスや、示談交渉の代行サービスがついているものもあります


特に示談交渉についてはプロに任せる方がよいので、自転車保険に加入する際には、示談交渉のサービスがついているものを選ぶのがよいでしょう。

自転車保険のおすすめランキングを見てみよう!

自転車保険を実際に選ぶとなった時、数ある選択肢の中から選ぶのは大変ですよね。


そこで、ほけんROOMでは、実際に商品を一定条件下のもと安い順に並べた、公平なランキングを作成いたしました!※


ぜひあなたの自転車保険選びの参考にしてください!


以下のリンクから飛ぶことができます。


※一定の条件下とは、個人賠償責任保険の補償額1億円と傷害保険が付帯していることです。詳しくは記事をご覧ください。

まとめ:業務外でも自転車やバイクに乗る場合は任意保険に入っておきましょう

Uber Eats配達員の保険に関してご説明してきましたが、主なポイントをまとめておきたいと思います。


  • Uber Eats配達員の保険は配達中しか補償されない
  • Uber Eatsの配達員の事故では死亡事例もある
  • 補償範囲は、配達中の対人・対物賠償責任の補償と、自分のケガの傷害補償
  • 2020年5月30日から、待機中や日常生活での事故も補償されるようになった
  • Uber Eatsの配達業務外では、自転車保険などに加入する方がよい
  • 自転車保険は、自分や他人のケガの他に、自転車の故障や示談代行サービスなどの補償があるものがおすすめ


いかがでしょうか。


Uber Eats配達員の方への補償として、配達中だけでなく、待機中や日常生活のケガも保障されるなどサポート体制は向上しているようですね


しかし、それでも補償はまだ十分とはいえません。万が一に備えて、自転車保険への加入をおすすめします。


ほけんROOMではこの他にも自転車保険に関する記事を数多くご紹介しています。自転車保険に興味のある方は、是非そちらもチェックしてみてくださいね。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング