火災保険は自転車保険の代わりになる?補償の内容が変わるので注意

自転車保険が義務化する中で自転車保険に入らなくてはいけないと思っている方も多いかと思ます。すでに入ってる火災保険のオプションで自転車保険の対応ができればいいですよね。この記事では火災保険は付帯をオプションとして自転車保険の代用ができるのか、またその際の注意点をご紹介します。

火災保険で自転車保険の代用はできるの?


ここ最近、新型コロナウイルスの影響で電車通勤を控えている方も多くなってきました。


そんな中、通勤の手立てとして、または運動不足解消のため自転車を利用する方が大変増えてきました。


また最近のニュースで自転車保険の義務化が広がっているのを耳にした人も少なくないかもしれません。


さらにビジネスでも活用する場が増えてきた自転車なのですが、それと同時に自転車による事故も増えているのはご存知ですか。


そこで今回は、万が一にそなえた、自転車保険に関する内容です。

  • 火災保険で代用できる保険や補償内容
  • おすすめの個人賠償責任特約の会社と加入する際の注意点
  • 火災保険の個人賠償責任補償では自転車保険と同等の補償は受けられない
以上のことを中心に解説していきます。

この記事は、自転車を普段使いしている方はもちろん、これから自転車を検討していた方には価値のある内容となっております。

ぜひ、さいごまでご覧ください。

火災保険で個人賠償責任特約付帯で代用することができる

だれにでも起こりうる、日常生活のなかでの身近な事故。


急に、法的に損害を賠償しなければいけない事態に陥ることもあるかもしれません。


そのような事態に備えておける保険が、個人賠償責任保険です。


現在では火災保険にも特約として契約することができます。


補償対象は、ケガをさせてしまった相手の治療費や賃貸アパートの2階で漏水事故によって階下に損害を与えたなど。


ただし、すべてが補償されない場合もあるので、当事者同士で揉めてしまっても、話を進めずに保険会社に確認をとっていきましょう。

個人賠償責任特約って?

この保険は自動車事故以外で、日常生活のなかで他人にケガを負わせてしまったり、他人の所有物を破損して賠償責任を負うことになった時にその保険金を補償をするという保険です。(日常生活賠償特約とも言われています。)


火災保険に加入する際に、この特約をセットとして付帯することが多いです。

補償の範囲は、基本的に加入者本人とその配偶者および同居の子供などの親族となっております。

以前は個人賠償責任保険は単独の保険商品として販売されていたのですが、今は他の商品とセットで加入することとなっています。

詳しいことは各保険会社に聞いてみて、その上でまだ契約をしてないのであれば、検討することをおすすめします。

火災保険で個人賠償責任特約のある会社や入る際の注意点

個人賠償責任特約を保険会社によっては「日常生活賠償特約」と呼ぶ場合もあるくらい、急な事故は身近で起こりやすいです。

その分、この商品を特約としてあつかってる保険会社は多数あります。

例えば
  • 損保ジャパン
  • 三井住友海上
  • セコム
  • 全労災
  • 東京海上
  • 富士火災  等々
補償内容や補償金額はそれぞれの特徴がありますので、比較したうえで自分に合うものを選びましょう。

それにともない、注意しなければいけない点もあるので追々解説していきます。

火災保険に個人賠償責任特約のある会社

名前こそ「火災保険」ですが、補償内容はさまざまで、自然災害などの落雷や台風による破損、盗難による損害なども補償の対象となります。

また戸建て所有者以外にも、賃貸の住宅にお住まいの方に向けた、賃貸住宅内の収容家財一式を対象とした補償を含む火災保険もあったりもしますが、ここでは個人賠償責任を特約として扱っている保険会社をご紹介していきます。

火災保険に個人賠償責任特約が付帯できる会社一覧
このように複数の会社で扱っていることから、必要性のある特約であるといえます。

火災保険に付帯する個人賠償責任特約は、会社によって若干差は出ますが比較的保険料は安いので、まだ加入されていないのであればご検討してみてはいかがでしょうか。

重複で加入しないように注意

ここでは、先ほど申した加入する際の注意点を解説していきます。


加入する際に,最も多いのが保険の重複です。


現在、個人賠償責任保険は単独の保険商品ではなく特約として契約できます。


これは火災保険にだけつけられる特約ではなく、傷害保険自動車保険、またはクレジットカードなどにも特約として付帯されている場合もあります。


基本的に家族の中で一人が契約していれば、家族全員分が補償対象となるので無駄な保険料を払う必要はありません。


なので加入する際に、もう一度現在ご契約中の保険を見直してみましょう。


分からなければファイナンシャルプランナーや、保険のプロにご相談してみることをおすすめします。

火災保険の個人賠償責任特約と自転車保険の補償内容の違い

火災保険に個人賠償責任の特約をつけていれば全てが安心かというと、そうではありません。


自転車保険と比較すると正直カバーしきれない部分もあることがわかります。


冒頭でも触れましたが、最近は自転車を利用する方が増えたと同時に自転車による事故も増加しています。


それに伴い自転車保険というものが注目されてきました。


ここからは、現在の自転車保険の状況や補償内容と火災保険の個人賠償責任特約との違いを解説していきます。

自転車保険は火災保険よりも割高だが補償も手厚い

近年、自転車の普及により増加する自転車による事故などから、各地域で自転車保険加入を義務化する動きが強まってきています。


保険料は廉価なものから割高なものもありますがその分、補償も手厚いです


では具体的にどのような違いがあるのかをみていきましょう。

自分が事故を起こした際に
被害者に対する補償
自分が交通事故に遭い
負傷又は死亡した際の補償
自転車保険有り
有り
火災保険
個人賠償責任特約
有り
無し


さらに、ある会社の自転車保険での補償額はこのようになっております。

  • 死亡・後遺障害 最大800万円
  • 入院一時金 最大10万円
  • 入院保険金 最大12,000円
  • 手術保険金 最大12万円
  • 通院保険金 最大1日4,000円
このように火災保険等の個人賠償責任特約では、自分に対しての補償はありません。

またそれに加えて示談交渉サービスがついていない場合があり、保険の意味が半分になってしまっている場合があります。

示談交渉サービスとは実際に事故を起こした際に保険会社が示談交渉を一任してくれるサービスで、一般の方では対応できないことを対応してくれるサービスです。

これが、自転車保険との明確な違いです。

個人賠償責任補償はあくまで火災保険のオプション

個人賠償責任補償で全てを補うことはできませんが、加入することでのメリットもありるので加入する価値はあります。


もし仮に自転車保険に加入せずとも、他の医療保険や生命保険に加入しているのであれば事故にあった際に補償を受けることができます。


むしろ、そちらの保険の方が事故以外の病気などもカバーしてくれるので、より広範囲にわたって補償をしてくれます。


なので、自転車保険の代わりになるかと言われれば、なる部分もありますが補償範囲が狭いので、自転車を頻繁に利用するのであれば、自転車保険に特化して加入する方が良いです。


あくまでも個人賠償責任補償は火災保険のオプションなので、補償が不十分だと感じるのであれば保険の見直しを検討してください。

30代女性

火災保険で個人賠償責任保険を付帯させました。ただ、個人賠償責任保険としてはいいものの、傷害保険にはいれていなかったので自転車保険にして傷害保険もカバーできるようにしました。

50代男性

自分が入院した時や通院した際に補償が出ないと聞いて火災保険や自動車保険の個人賠償責任特約の付帯をやめて、自転車保険に入ることにしました。

auの自転車保険はロードサービスもついているみたいなので家族で入りました。

自転車保険のおすすめランキングを見てみよう!

自転車保険を実際に選ぶとなった時、数ある選択肢の中から選ぶのは大変ですよね。


そこで、ほけんROOMでは、実際に商品を一定条件下のもと安い順に並べた、公平なランキングを作成いたしました!※


ぜひあなたの自転車保険選びの参考にしてください!


以下のリンクから飛ぶことができます。


※一定の条件下とは、個人賠償責任保険の補償額1億円と傷害保険が付帯していることです。詳しくは記事をご覧ください。

まとめ:火災保険の付帯で自転車保険の代用はできるが不十分

火災保険の個人賠償責任特約は、自転車保険の代用になるのかということを解説してきましたが、いかがだったでしょうか。


結論からいえば、代用には不十分といえます。


とはいえ、火災保険には個人賠償責任特約以外も天災による家屋の損傷や盗難による家財の損失の補償などもサポートするなど、頼りになる特約もあるので必要なものは活用するといいでしょう。


今回の記事のポイントは

  • 火災保険につけられる特約の親類
  • 注意点をおさえ、個人賠償責任特約を選ぶ
  • 自転車に特化するなら、自転車保険がおすすめ
でした。

これからも、自転車の需要は高まりつつある傾向にあります。

自転車保険の義務化も広がっており、将来は自動車保険のように自転車保険も入るのが一般的になってくると思います。

全国的に見ると自転車保険の加入率は全国で約6割弱となっておりますが、いつ自分が加害者になってもおかしくない状況なので、そんな場合に備え早めに加入することをおすすめします。

保険ROOMでは、他にも読んでいただきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング