学資保険なんていらない!学資保険不要論の4つの根拠をご紹介!

一般的に学資保険に入っている方は多いです。そのため学資保険不要論は意外と知られていません。子供の将来の教育費用の確保を目的としているからと言って保険として全うできなければその保険は不要でしょう。今回はその学資保険が不要と言われる4つの根拠をご紹介します。

学資保険の不要論を解説

多くの方が学資保険に加入されていると思いますが、その学資保険は本当に意味があるのでしょうか。

学資保険は子どもの将来の教育資金を確保しておくために作らています。


その教育資金を常に保持しておくのは難しいです


なぜならばお金というのは常にその価値を変動させているため必要だと思われる資金を持っているだけでは何の役にも立たないからです。


例えば将来100万円の教育資金が必要だと考えているうちにあなたが100万円分の宝くじを当選させたとしましょう。


このときに持っている100万円だけで将来の教育資金は安泰でしょうか。


いえ、違います。物価が上がればそれ以上の資金が必要になるはずです。


本来保険とはこのようなことに対しても対応しておかなければ意味がありません。


「貯蓄」+「保障」の二本立てだあろうが本来の貯しく機能をうまく使えないのが学資保険なのです


これが俗にいう学資保険不要論というものです。


学資保険が意味ないと考える方も、これから検討される方もぜひ最後までご覧ください。

学資保険不要論の根拠

さて、学資保険不要論の根拠は4つあります。

不要される由縁はその仕組みにあり、学資保険というものが教育資金を積み立てる上でなぜ不要なのかについて見ていきましょう。

また、不要とされる根拠はまだいくつかありますが、今回は比較的簡単な根拠について述べていきます。そのほかの不要の根拠というものは専門的な内容になっていますのでファイナンシャルプランナーの方にその不要な理由を伺って見るとよいでしょう。


それでは学資保険が不要である理由を見ていきましょう。



理由1:インフレリスクがある

まずは最初にお伝えした内容に関してです。

物価が上がることで本来買えたはずのものが買えなくなる現象をインフレと言います。


この危険性をインフレリスクというのですが、保険の運用はあらかじめこのリスクを考慮していなければ不要となります。

インフレについて簡単な例を見てみましょう。


今あなたは手元に1万円があります。


1万円を持っているのであなたは1万円分の買い物ができます。

服でも食事でも、旅行でもなんでも使えます。


しかし、一年後に物価が10%も上がっていまいました。服も食事も旅行代もです。


このときあなたは以前持っていた1万円で何が買えるでしょうか。


答えは何も買えないので、意味ないのです。


それぞれのより安いものを選べば何か買えるでしょうが、貰った時点で1万円の価値があったものは何も買えません。


なぜならば1万円が手元に来た時点で1万円の価値があったものは軒並み11000円の価値に変化しているためです。


こうした危険性のことをインフレリスクと言います。


本来、インフレが起きたときは物価だけではなく金利も上昇するため消費者はモノを買える状態が維持できます。しかし学資保険はあくまでも固定金利での運用にこだわるためインフレリスクへの耐性がないのです。

理由2:途中解約をすると損する

次に、学資保険は途中解約すると一気に返戻率が低くなるため不要です。保険に加入しつつも途中でお金が必要になり一時金が必要になった、そんなときにも保険とは力にならなくてはなりません。

やはりそれなりの金額にするためには相当の時間が必要になりますが、学資保険の場合は満期でちょうど元本と同等になるようなものなので途中解約での解約返戻金は多くの場合で元本割れを引き起こします。そのため学資保険は満期まで持つことが前提の不要な保険なのです。

理由3:満期金の元本割れのリスクがある

3つ目に注意しておきたいこととして満期金も元本割れすることがあるという点で不要です。

学資保険の保険金とは満期金と祝い金から成り立っています。


保険金の総額は満期金と同額になります。

これはどういうことかというと満期金の中から祝い金が支出されているのです。


つまり、満期金が満期時にもらうときになって元本割れしているというケースは珍しく在りません。


また、学資保険加入者のみに利用が許されている貸付制度があります。


その制度は加入している保険を担保に入れる貸付であり保険を崩さずにお金を借りることができます。


ただし、多くの場合で満期までに返済できないことになるのが難点です。


これはまだ健全なケースですが、そもそも満期金が加入時点から元本割れを起こしている場合があるのです。これでは加入する意味がなく学資保険は不要であると言わざるを得ません。

理由4:保険会社の倒産リスクがある

最後の学資保険不要論の根拠が倒産リスクです。

どの会社でも倒産リスクというものがありますが、学資保険のリスクはその比ではありません。

保険会社が倒産したとしてもそれを保障する制度はあるのでご安心ください。


しかし、それまでに溜まっていた保険金がすべて返済されるということではなく90%程度だと思っておいてください。


しかも満期金ではなく倒産時点での運用額の90%しか支払われません


この影響を大きく受けるのが終身保険や学資保険などの「貯蓄型」保険なのです。


保険会社が倒産した場合は責任準備金の削減や予定利率の引き下げが行われます。


定期保険などの掛け捨て型の場合は、積立額も少なく予定利率や保険金額が減少する幅は小さくなります。


対して、学資保険や終身保険などの「貯蓄型」保険の場合では、積立額が大きく予定利率の影響も受けやすいので保険金が減少する幅も大きくなります


これが意味ないと不要と言われる根拠の一つとなります。

学資保険が不要な人の特徴

将来に渡って教育資金払える十分な資金がある人

そもそも学資保険が必要な方というのは全員ではありません。堅実にお金を残そうとするのが保険

ではない以上、学資保険が不要な人は出てきます。

まず、学資保険は将来の教育資金を確保するための保険です。


しかし、将来にわたって教育資金を十分に有している方は学資保険は不要になるはずです。


もともと学資保険の大前提である目的が必要ない場合その保険はどんなことがあろうと不要になるのは当たりまえです。

自分でしっかり貯蓄や資産運用ができる人

次に保険とはお金を貯めることが一番の目的ではありません。

結果として保険金や一時金といった現金化が行われるだけであり、本来はその保険の保障内容を求めることが第一の目的となります。

そのため、自身で教育資金の貯蓄や資産運用が可能な方にとっては学資保険は不要なのです。


もし、学資保険の保障が目当てなのだとしたら生命保険に加入することをお勧めします。


生命保険も同様の内容を格安で取り扱ってくれるでしょう。本当に自分には学資保険が必要なのか、あるいは学資保険に不要と思われる箇所がないかよく考えてみてください。

学資保険は絶対に加入しないといけない保険ではない

国民皆保険と言われていますが、その対象は健康保険(公的医療保険)です。学資保険ではありません。

学資保険は必ず入らなければ損をする類のモノではありません。


むしろ加入することで損をするリスクをいろいろと抱えることになるものです

保険には加入しておいた方が良いものとそうではない不要な保険があります。


そのうちどちらかは自身の経済状態や家庭状況を振り替えなければ分かりません。


そうすることで自分に最適な保険を見出すためにです。


また、加入しないと損をするといった話はよく聞きますがそれはどのような損なのかよく考えてみましょう。


「損をしない」=「得をする」とは限りません


またそこにはリスクがついて回ることをお忘れなく。

まとめ

学資保険が不要と言われる4つの根拠を述べましたが、意味ないと聞いていた方も意外と知らなかったという方も多かったのではないでしょうか。

保険にはこのような隠された真実というものが多く存在します。


みなさんも隠された真実で不要な保険に入らないよう注意してください。

ランキング

  • 学資保険の見直しの極意はココだ!早めに学資保険を見直そう!
  • プレゼントキャンペーンに騙されず、"お得に"学資保険に加入をしよう
  • 学資保険の無料相談で商品を貰えるキャンペーンまとめ【2018年最新】
  • 【アンケート結果】学資保険を高返戻率・人気ランキングで分類比較!
  • 離婚後の養育費問題。学資保険は養育費に含まれる?含まれない?
  • 母子家庭で子どもの為に学資保険に加入する時に必ず知っておきたい事
  • 学資保険に入ってないけど大丈夫?教育資金の準備方法を徹底解説!
  • 学資保険は損?学資保険のお得な選び方と注意点を分かりやすく解説!
  • 学資保険の選び方がわからない?特約や満期金の受け取り時期も解説!
  • 子供のために学資保険は入っておくと助かります。むしろ必要です。
  • 学資保険分で住宅ローンの繰り上げ返済をやることがお得な理由を解説
  • 児童手当で学資保険に入る家庭の割合は?賢い児童手当の使い道とは?
  • 兄弟の学資保険どうしてる?兄弟割引で保険料節約&返戻率アップ
  • 学資保険の加入率はどのくらい?その必要性と加入時の注意点を解説!
  • 3つのメリットとデメリットを知って学資保険の加入を見極めよう
  • 学資保険に潜むデメリット、デメリットを抑えて学資保険を活用しよう
  • プロFPが解説する、学資保険をおすすめしない4つの理由と2つの代替案
  • 学資保険の必要性を徹底解説!子どもの学費準備の方法は多様!
  • これから学資保険の準備を考えている方へ。みんなはどうしてる!
  • 学資保険は必要ない?メリットvsデメリットを徹底解説します!
  • あなたは加入する?学資保険の必要性と不要だと思えるデメリット
  • 学資保険の4つのメリットと4つのデメリットを理解しましょう