貯金に代わる個人型確定拠出年金(iDeCo)の良さを見てみよう

老後のために貯金をしているのであれば、個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入する方がおすすめです。同じ金額を毎月貯めるとしても、多くの税制優遇が得られるからです。貯金と個人型確定拠出年金(iDeCo)の違いを詳しく見てみましょう。

貯金の代わりに利用したい個人型確定拠出年金(iDeCo)

最近、ニュースなどでも頻繁に取り上げられている年金の問題、他人ごとではないと感じている人も多いのではないでしょうか。


特にフリーランスや自営業者にとっては、国民年金のみでは将来生活していくことに不安だという人は少なくありません。


そこで国民年金にプラスして将来的にお金を受け取ることが出来る貯金以外のものに加入をしたいと考えている人が増えているのです。

2017年1月より公務員や専業主婦の方も拠出できるようになった

いままではフリーランスや自営業者対象であった個人型確定拠出年金(iDeCo)ですが、2017年1月より、公務員や専業主婦の方も個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入できるようになりました。

1年のうちに拠出できる金額は決まっていますが、金利面でも税制面でも貯金よりも優れているものです。


この記事では、具体的にどのような点で優れているのかを説明していきます。

国民年金だけではダメなの?

サラリーマンであれば、厚生年金保険は強制加入となっているため、本人があまり自覚していなくても年金を納めています。


しかしフリーランスや自営業者は、国民年金の存在は知っている人が多いものの、それ以外の選択肢を知らないという人も多いのではないでしょうか。


国民年金は40年間加入したとして、将来受け取れる金額は、月額65,000円程度です。これでは確かに暮らしていくのは厳しいでしょう。

何がプラスできるのか。

不安を抱える人たちには、ちゃんと受け皿の用意はしてあり、国民年金にプラスして加入できる国民年金基金というものがあるのです。


任意加入で毎月の負担はありますが、将来年金にプラスして受け取ることが出来るため、月々の支払いを頑張って将来のために供えている人も多くいます。


貯金の意味合いが強い個人型確定拠出年金(iDeCo)

国民年金基金以外にも、さらに安心した老後を送るために利用できる制度もあります。


それが個人型確定拠出年金(iDeCo)です。


個人型確定拠出年金(iDeCo)は、個人年金として積み立てられる制度で、確定拠出年金と呼ばれています。通常の年金と異なるのは、賦課タイプではなく完全拠出タイプということです。

普通の年金とどう違うの?

個人型確定拠出年金(iDeCo)は完全拠出タイプと述べましたが、どういう意味なのでしょうか。


厚生年金や国民年金は、加入者が支払った掛け金を、一旦事務局が集約してから将来的に個人に振り当てられます。


一方、個人型確定拠出年金(iDeCo)では、支払った掛け金は自分専用口座に積み立てされ、将来時期が来たらその口座から自分に給付されるというシステムになっています。

自分のために貯金する安心感

個人型確定拠出年金(iDeCo)では、他の年金とは異なり事務局の運用によって受取額が変わってしまうということがなく、自分自身のために貯金をする色が強いため、安心して利用できるというメリットがあります。


イメージとしては、貯金の意味合いが強い学資保険に似た仕組みと理解してもいいでしょう。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は選べる貯金タイプ

積み立て貯金に近いような気がする個人型確定拠出年金(iDeCo)ですが、それならば銀行で貯金した方が楽ではないかという人もいるでしょう。


実は、貯金型である個人型確定拠出年金(iDeCo)には、給付の方法もいろいろと用意されています。


それぞれの条件を満たした場合、積み立てたお金を引き出すことが出来るのです。

基本的には老齢給付金

個人型確定拠出年金(iDeCo)の給付は、基本的には老齢給付となります。


10年以上加入期間がある場合、受取開始年齢が60歳からとなるため、通常の年金より早く受給開始となります。


年々年金の受け取り開始年齢が延びている昨今の事情を考えると、これは嬉しい利点であると言えます。

税的なメリットも大きい

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、税制面でもメリットが大きい制度です。貯金で預けておくと貯蓄額に応じて税金がかかります。


例えば、1,000円の利息に対して200円ほど税金が引かれますが、個人型確定拠出年金(iDeCo)であれば税を引かれることはありません。また掛け金は全額所得控除となることも大きな利点です。

受取時の税制優遇も魅力が大きい

同じ金額を月々貯金した場合、老後にそのお金を使って生活しても税制面でのメリットは何もありません。


しかし個人型確定拠出年金(iDeCo)では、年金として月々受け取っても、一時金として一括で受け取ってもそれぞれに税制優遇を受けることが可能です。


その他にも、障害給付金として受け取った場合は非課税となります。

貯金と違い、解約が難しい

貯金であればいつでも解約をし、現金を受け取ることが出来ますが、個人型確定拠出年金(iDeCo)はそうはいきません。


原則60歳までは現金を引き出すことは出来ません。目的が貯金ではなく老後の貯蓄といったことにあるためです。


そのため個人型確定拠出年金(iDeCo)は、毎月一定の貯金が出来ている人におすすめの制度です。

月々の手数料負担が必要

メリットが多いからと、貯金ではなく個人型確定拠出年金(iDeCo)に加入するときには、少しだけ注意が必要です。


まずは口座開設に手数料がかかります。通常の貯金では口座開設に手数料はかかりませんし、開設後に維持費がかかることもありません。


しかし個人型確定拠出年金(iDeCo)では、連合会費や金融機関に月額費用がかかることは覚えておきましょう。

まとめ

将来受け取ることが出来る年金だけでは不安な人も多いでしょう。


個人型確定拠出年金(iDeCo)は、貯金よりもメリットが大きな制度です。


毎月一定の貯金が出来ている人は、個人型確定拠出年金(iDeCo)を利用する事でいろいろな税制優遇を得ることが出来ます。


特にフリーランスや自営業者の人は、老後の安心のためにも加入を検討してみるといいでしょう。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング