損保ジャパンの新CMが公開!キロロのカバーをしている歌手は誰?

2019/03/22に損保ジャパンの新CM「気をつけて」篇が公開されました。感動する素晴らしいCMとの声が続出しています。そこで気になるのが損保ジャパンCMソングを歌っている歌手。キロロさんの大ヒット曲「ベストフレンド」をカバーしている方を調査しました!また美術CMについても解説します!

損保ジャパンの「気をつけて」篇CMソングで号泣?歌手や曲は?

損保ジャパンのテレビCM「気をつけて」篇は、2019年3月から公開されています。


あらゆる別れのシーンで「気をつけて」という言葉をかける、感動的なものとなっています。


そのバックで流れている曲はどこかで聞き覚えがありますよね。このCMソングは2001年にリリースされたキロロの「ベストフレンド」という曲です。


しかし、本家の曲とは少し違うように聞こえて「誰が歌っているの?」と疑問に思っていることでしょう。


今回、キロロのベストフレンドをカバーした歌手は熊木杏里さんというシンガーソングライターです。


熊木杏里さんのことを知らない人も多いかもしれませんが、2002年にデビューした実力派のアーティストです。


この記事では熊木杏里さんの詳しい情報や、損保ジャパンのCMについてわかりやすく解説していきます。

熊木杏里

歌手の熊木杏里さんがキロロのベストフレンドをカバーした曲

熊木杏里さんは1982年生まれの長野県出身で、現在はシンガーソングライターとして活動していて、ワーナーミュージック・ジャパンに所属しています。


熊木杏里プロフィール

  • 生年月日・・・1982年1月27日
  • 出身地・・・長野県更埴市
  • 活動期間・・・2002年〜
  • レーベル・・・ヤマハミュージックコミュニケーショズ 
  • 事務所・・・ワーナーミュージック・ジャパン

2001年に日本テレビで放送されていた「嗚呼!バラ色の珍生!!」のオーディションに参加し、5210人の応募者の中からグランプリを獲得した実力派です。


2002年にデビューして以来、映画やドラマ、CM、ラジオなど、様々なタイアップソングも担当してます。


そんな熊木杏里さんがカバーしたのが、キロロの名曲「ベストフレンド」です。

  • 曲名・・・ベストフレンド
  • リリース日・・・2001年6月6日
  • 作詞・作曲・・・玉城千春 
  • オリコン最高順位・・・週間5位、2001年度年間69位 
  • タイアップ・・・NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」


ベストフレンドは、キロロの10枚目のシングル曲で、2001年に発表された名曲です。ボーカルの玉城さんが、キーボードの金城さんに向けて感謝の思いを綴った曲で、歌詞の内容から卒業式で歌われることもよくあります。


NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の主題歌として大ヒットし、その年の紅白歌合戦にも出場しました。


本家のベストフレンドはもちろんとても良い曲ですが、熊木杏里さんがカバーしたバージョンも、熊木さんの歌唱力も相まって、とても素晴らしいクオリティとなっています。


キロロのベストフレンドの他にもコブクロの「桜」もカバーしています。


他にもCMソングを数多く担当していていて、

  • 「新しい私になって 」資生堂
  • 「お祝い 」セディナ
  • 「ファイト」大成建設

など、大手企業のCMに使用され、「タイアップの女王」とも呼ばれています。


資生堂のCMに使用された「新しい私になって」は、リリースの予定はありませんでしたが、CM放送後、反響が大きすぎたためリリースされたというエピソードもあります。

損保ジャパン「気をつけて」篇に対するみんなの反応は?

損保ジャパン「気をつけて」篇は、とても感動的なCMですが、世間の人はどんな感想を抱いているのか、気になりますよね。


損保ジャパン「気をつけて」篇のTwitterでの反応を紹介します。




損保ジャパンのCMでホッケーを応援?

損保ジャパンは2017年10月に日本ホッケー協会のトップパートナーとなって、ホッケーの普及を支援しています。


その関係で、2018年5月からホッケー応援CM「アイ・ベット・マイ・ライフ」篇が放送されました。


ホッケー日本代表の、さくらジャパンを応援するCMです。


同点で試合終了1分前、勝ち越しのチャンスを狙うで場面を、さくらジャパンの選手たち自らが演じています。


緊迫した場面でチャンスを活かし、ゴールを決める演出は本当の試合さながらの緊張感があります。


このCMの楽曲は、世界的有名アーティストであるImagine Dragons(イマジン・ドラゴンズ)の「I Bet My Life」が使用されています。


Imagine Dragonsは2008年にアメリカのラスベガスで結成されたロックバンドで、全世界トータルセールスは現在までに、4,700万枚以上を記録し、グラミー賞も受賞しています。


そんな彼らの楽曲「I Bet My Life」は日本語に訳すと「私の人生を賭ける」という意味になり、さくらジャパンの一生懸命全力を注いでいる姿とマッチしています。


Twitterでのホッケー応援CM「アイ・ベット・マイ・ライフ」篇の反応を紹介します。



心に刺さる損保ジャパンのCM一覧

損保ジャパンのCMは感動的なものが多く、印象に残っている人も多いと思います。


この記事で紹介した「気をつけて」篇以外の損保ジャパンのCMで心に刺さるものを3つピックアップして紹介します。


  • 「SOMPO認知症サポートプログラム始動」篇 
  • 「ピアノ」篇 

「SOMPO認知症サポートプログラム始動」篇


このCMは一見すると普通の親子がドライブを楽しんでいる様子を撮影したもののように見えますが、助手席に座る父親のテディ(81)は家族のことすら忘れてしまっている認知症を患っています。


しばらくすると、車内にはナット・キング・コールの名曲「Let there be love」が流れ、テディは曲に合わせて歌いでし、運転手で息子のサイモン(41)はそれを見て一緒に歌います。


実はこの映像、サイモンが撮影しYouTubeにアップしたものをそのまま使用しています。


サイモンは動画で得られた収益を英国の認知症支援団体に寄付して同じ病気を持った人たちを支援したいと考えました。


世界中で話題となったこの動画は4,000万回再生以上を記録し、この動画をきっかけに認知症の父親テディはレコードデビューをすることにもなりました。


CMの最後は「認知症になったら終わり。そんな偏見こそ、終わりにしたい」というナレーションで締めくくられます。


認知症を発症しても楽しそうに歌うテディの姿にはとても心を打たれます。


「介護と生きる」 篇


このCMは実話をもとに作成されています。 


主人公の女性(キャリアウーマン)が、母親の介護をする様子をパラパラ漫画で紹介しています。 


介護の辛さや大変さがひしひしと伝わってくる動画となっています。


「ピアノ」篇


損保ジャパンのCMの中でも特に評判が高いのが「ピアノ」篇です。


このCMは一人の女性が父の写真を見ながらピアノの発表会に挑むところから始まります。


小さい頃にピアノの練習をしていた回想で父は、一生懸命ピアノの練習する娘を気にする素振りも見せず、自室に戻ってしまいます。


そんな父の態度から娘は「私のことなんて見てくれてない」と思うようになってしまいました。


そんな中、父は単身赴任をすることになり、赴任先で事故に会い亡くなってしまいます。


父親が亡くなってしまい、私立の音楽大学への進学を諦めようとする娘ですが、生前父親が残した手紙を母親から受け取ります。


その手紙では、昔からしっかり娘のことを見ていたことや、娘の将来を心配する優しい父を見ることができました。


生命保険に入っていたおかげで、進学をすることができ、CMの最後はピアノの発表会を成功させ、父への感謝の気持ちを話したところで終わります。


父と娘のとても素晴らしい関係を描いた感動的なCMです。

損保ジャパンのCMは感動すること間違いなし?

損保ジャパンのCMはここで紹介したもの以外にも評判がよくて感動的なものが多く、たくさんの人たちが話題にしています。


損保ジャパンのCMのTwitterでの反応を紹介します。



現在は美術CM「この街にはひまわりがある」篇も放映

現在では新しく、「この街にはひまわりがある」篇も放映されています。


「この街にはひまわりがある」篇はSOMPO美術館が新宿に開館することを伝えるCMとなっています。流れている曲は、ドビュッシーの「夢」をアレンジした曲です。


「ひまわり」と言うのはゴッホの作品である「ひまわり」のことになります。SOMPO美術館に飾られる「ひまわり」によって、忙しく活動する人々の心に、安らぎと活力を届けたい、ということを伝えるCMになっています。


今までも「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」として「ひまわり」を鑑賞することのできる美術館でしたが、新しく2020年5月に開館するSOMPO美術館でも「ひまわり」を展示し、芸術の発信や地域貢献していきたい、といったメッセージが込められているようです。

公益財団法人損保ジャパン日本興亜美術財団の活動とは

損保ジャパンでは「公益財団法人損保ジャパン日本興亜美術財団」としても活動をしています。


損保ジャパン日本興亜美術財団では、絵画などの美術作品を収集し、保存する活動をしています。この収集した美術品は、一般の人が鑑賞できるよう、美術館も運営しています。


この美術館は子供たちが本物の芸術に触れられるよう、高校生以下の鑑賞料が無料となっています。料金は一般が1,000円、大学生が700円となります。


2020年5月開館予定のSOMPO美術館では、ゴッホの名画「ひまわり」は常設展示とされ、ゴーギャンやルノワールなどの作品も展示される予定です。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

いかがでしたか?ここでは損保ジャパンのCMについてご紹介しました。


ここでご紹介したことは、

  • 損保ジャパンのテレビCM「気をつけて」篇で流れているのはキロロの「ベストフレンズ」で、歌っているのは熊木杏里さん
  • 損保ジャパンはホッケーの普及を支援しているため、ホッケー応援CM「アイ・ベット・マイ・ライフ」篇もある
  • 現在は美術CM「この街にはひまわりがある」篇も放映されている
  • 2020年5月開館予定のSOMPO美術館では、ゴッホの名画「ひまわり」が常設展示される

になります。


損保ジャパンのCMは感動的なものが多く、つい見入ってしまう方もいるのではないでしょうか。


最近では美術CMも放映され、損保ジャパンが美術館の運営をしているのを知り、驚く方もいるかもしれません。


ほけんROOMでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング