自動車保険の弁護士費用特約とは?どんな場合に使うものなの?

自動車保険の弁護士費用特約を耳にしたことのある方はいらっしゃると思います。しかし実際にこの特約がどのような補償なのか、どんな時に使うことができるのかはあいまいですよね。この記事では自動車保険の弁護士費用特約について解説します。

自動車保険の弁護士費用特約は必要?不要?

自動車保険に「弁護士費用特約」というオプションが設定されているのを、見聞きした方々もいることでしょう。


弁護士費用特約を付けることで、何か役に立つケースがあるのなら追加したいですよね。


しかし、この特約を付けないとご自分が交通事故の被害者になったとき、示談交渉の費用が補償されないのはご存知でしょうか。


示談交渉サービスはご自分が加害者になった時、保険会社が行うサービスです。


残念ながら、ご自分が被害者になった時までこのサービスは利用できません。


被害者になって示談交渉サービスを利用したいならば、弁護士に代行してもらう必要があるのです。


そこで今回は「弁護士費用特約の特徴と、そのメリット・デメリット」について

  • 弁護士費用特約とは
  • 弁護士費用特約の利点
  • 弁護士費用特約に関する留意点
以上のことを中心に解説していきます。   

この記事を読んでいただければ、弁護士費用特約の基本的知識と、その利点・注意点について知ることができるはずです。                                          

ぜひ、最後までご覧ください。

万が一に備えて加入すると安心!

自動車保険では、基本補償として対人賠償・対物賠償が設定されています。


その他、ほとんどの自動車保険では特約として「弁護士費用特約」が追加可能です。


こちらでは、弁護士費用特約とは何か?特約の利点と注意点等について解説します。

自動車保険の弁護士費用特約とは

自動車保険の弁護士費用特約とは、自動車による人身事故・物損事故の被害に遭ったとき利用する補償です。


つまり、加害者側へ示談交渉・損害賠償請求を行うときに発生する弁護士費用等が補償されます。


基本的に次のような補償内容となります。


弁護士費用等


弁護士の報酬のみならず次のような費用が補償対象となります。

  • 弁護士や司法書士への報酬
  • 加害者側への訴訟費用や仲裁・和解・調停に要した費用
  • その他権利の保全等に必要な手続きに要した費用
以上の補償で下りる保険金額は、1事故で1名につき300万円が上限となります。

法律相談・書類作成費用


次のような自動車事故被害に関しての相談費用等が補償対象となります。
  • 弁護士・司法書士への法律相談費用
  • 司法書士・行政書士の書類作成代行費用
以上の補償で下りる保険金額は、1事故で1名につき10万円が上限となります。

この特約を使える範囲は?

自動車保険の弁護士費用特約で補償される対象者の範囲は次の通りです。

  1. 記名被保険者:保険加入者本人
  2. 記名被保険者の配偶者
  3. 記名被保険者または配偶者いずれかの同居親族
  4. 記名被保険者または配偶者と別居している未婚の子
  5. 1~4以外の人で自動車保険をかけていた車に搭乗中の人
  6. 1~5以外の人で自動車保険をかけていた車の所有者

保障範囲には、自動車保険加入者本人のみならず配偶者や親族、同乗していた友人や知人も含まれます。

どのような場合に役立つ?

自動車保険の弁護士費用特約は、原則としてご自身だけに過失があるといえない事故とき利用できます。


例えば次のような事例があてはまります。

  • ご自身の車が赤信号で停車中、後ろの車に追突されてご自身や同乗者がケガをした場合
  • ご自身や配偶者、親族が横断歩道を歩行中、突進してきた信号無視の自動車にひかれてケガをした場合
つまり、保険契約者本人や配偶者、親族に該当する方々なら、その方々が実際に車へ乗っていなくても補償対象となります。

弁護士費用特約のメリット・デメリット

自動車保険の弁護士費用特約は、次のような利点と注意点があげられます。


弁護士費用特約のメリット


被害者側が望む自動車事故の慰謝料請求金額を裁判所へ認めてもらうには、それなりの法的根拠が必要です。


ご自身で裁判のためにいろいろ動くよりは、法律のプロである弁護士に訴訟手続きを行ってもらった方が、スムーズに物事が進みます。


また、加害者側の保険会社から任意保険基準で賠償金額が提示されているなら、それを上回る賠償金額を支払うよう弁護士が交渉できます。


その結果、受け取る賠償金が増額できる可能性もあります。


弁護士費用特約のデメリット


事故の被害者であるご自身にも、故意または重大な過失がある場合は補償対象外です。

故意とはご自分が負傷することを認識していたにもかかわらず、わざと車の前に立ちふさがるなどの行為をしたケースが該当します。

一方、重大な過失とは、通常の人なら危険と感じて絶対にしないような行為を、不注意で行ってしまったケースです。

以上のケースはいわば自業自得と言えます。

ただし、ご自身に一方的な過失がある事故の場合、やはりこの特約は利用できないことになります。

そうは言っても、ご自身の過失が0で、相手方の過失が10でなければ利用できないというわけではありません。

若干、ご自分に過失があっても、その割合が被害者:加害者=2:8や1:9等の事故ならば本特約は十分利用可能です。

自動車保険の弁護士費用特約に関する留意点

ご自分や家族等が自動車事故の被害者になった時は、何かと頼りになる弁護士費用特約ですが留意すべき点もあります。


こちらでは、弁護士費用特約を利用した場合に安心できる点や、逆に利用前に確認しておくべき点について解説します。

負担が0にならない場合もある

自動車保険の弁護士費用特約を使えば、法律相談や請求訴訟等に関する費用が全て賄われるわけではありません。


主に次のような理由から補償金額を超過してしまうことが考えられます。

  • 高額賠償金を請求するケース:概ね5,000万円以上の賠償金を回収できるなら、弁護士費用もそれに比例し高額化、300万円を超える場合がある。
  • 弁護士料金設定の自由化:弁護士費用の料金は法定されておらず、弁護士は保険会社の定める「弁護士保険における弁護士費用の保険金支払基準」を超える費用で契約を締結することも可能、そのため差額分は被害者が自費で負担する必要もある。

弁護士費用特約を使っても等級は下がらない

自動車保険加入者の中には弁護士費用特約を利用すれば、「保険の等級が下がるのではないか。」と、気にする人もいるでしょう。

自動車保険の等級が下がってしまうと、翌年に支払う保険料は上がってしまいます。

しかし、弁護士費用特約の使用で等級が下がることはありませんノーカウント事故

このノーカウント事故とは、保険金請求を行っても、事故件数とはカウントされない事故を指します。

2台以上車を所有している場合、補償の重複に注意

2台以上車を所有し、その内の1台目に弁護士費用特約を付帯すれば、もちろん契約者本人や家族、同乗する友人・知人等は補償対象です。


しかし、2台目以降の車にこの特約を付帯しない場合、次の方々は2台目以降の車へ搭乗して事故に遭っても補償されます。

  • 記名被保険者
  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者または配偶者いずれかの同居親族
  • 記名被保険者または配偶者と別居している未婚の子

つまり、契約車両に搭乗する方々がご本人や家族に限定されるなら、2台目以降に特約を付帯しても保険料が余計にかかるだけです。


しかし、2台目以降の車へ搭乗して事故に遭った方々が友人・知人等の場合は、補償対象外です。


そのため、契約車両へ友人・知人等が頻繁に搭乗するならば、2台目以降にも特約を付帯しておいた方が無難です。

弁護士費用特約を付けると保険料はどのくらい変わる?

自動車保険へ弁護士費用特約を付加すれば、加害者側との示談や損害賠償請求等はスムーズに進むことが期待できます。


しかし、被害者にとって気になるのは、弁護士費用特約が一体どのくらいの保険料になるかです。


こちらでは、保険会社の設定する保険料がいくらかを解説します。

実際の差額

弁護士費用特約の保険料は、保険会社によってばらつきがあり年間2,000円~4,000円程度となります。


ただし、毎月に直せば167円~333円程度と、さほど大きな負担になるわけではありません。


実際の事例で、弁護士費用特約を付帯した場合、付帯しなかった場合を比較してみましょう。


(例)

  • 記名被保険者の生年月日:1988年5月1日
  • 記名被保険者の運転免許証の色:ゴールド
  • 運転される方:記名被保険者本人または配偶者
  • 保険期間:2019年4月1日~2020年4月1日
  • ノンフリート等級:6A等級
  • 初度登録年月(初度検査年月):2019年1月
  • 車名(型式):トヨタ アクア(NHP10H)
  • 使用目的:主に家庭用
  • 契約距離区分:5,000km以下
  • 自動ブレーキ装置:ついている
年払保険料
  • 弁護士費用特約なし→145,810円
  • 弁護士費用特約あり→149,560円
仮に自動車保険へ弁護士費用特約を付帯したとしても、年間3,750円程度の保険料が上乗されるだけです。

コラム:自動車保険一括比較のススメ

この記事を読んでいる皆さんは自動車を所有し、自動車保険に加入している方が多くいらっしゃると思います。 


ですが、車の購入時にディーラーや保険代理店で自動車保険に加入し、現在の保険料に対して高いと不満に思っていませんか?
 


もしかすると不必要な補償が付いているかもしれません。 

この機会に自動車保険の見直しをしてみませんか? 


見直しをすることでなんと一年間に5万円もの保険料を節約できた事例もあります!


しかし一社ずつ見積もりを行うのは時間がかかり、めんどくさいですよね。


そこでおすすめなのが一括見積りサイトで見積もりを行うことです!

一括見積りサイトなら何度も個人情報を入力する必要がなく無料で見積もりができるので、気軽に保険料の比較を行うことができます。


今自分が加入中の保険についている補償と同条件でも保険料が安い会社を見つけることができると思います! 


契約しなくても見積もりだけでも大丈夫なので、是非一度一括見積りサイトで見積りを行ってみてはいかがでしょうか。


自動車保険を見直したい方は以下のボタンからどうぞ!

(保険スクエアbangに飛びます)

まとめ:万が一に備えて弁護士費用特約に加入しよう!

弁護士費用特約の特徴と、そのメリット・デメリットについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。                                  


今回の記事のポイントは

  • 自動車保険の弁護士費用特約は、加害者側へ損害賠償請求を行う際の弁護士費用等が補償される特約
  • 自動車保険へ弁護士費用特約を付帯すれば、受け取る賠償金が増額できる可能性もある
  • 弁護士費用特約の保険料は、年間2,000円~4,000円程度なので重い負担とは言えない
でした。

自動車事故で、ご自身や家族等が被害者側となることも十分考えられます。

年間保険料が非常に安いので、なるべく弁護士費用特約を付帯し補償を万全にしておきましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

  • ランキング