20歳で自動車保険に加入すると保険料は高い?安く加入する方法は?

20歳で自動車保険に入ると年齢条件が適用できないので保険料はかなり高くなってしまいます。しかし、そんな中でも保険料を抑えお得に自動車保険に加入することは可能なのです。この記事では20歳の自動車保険の相場、保険料を安くする方法について解説します。

20歳の自動車保険の保険料って相場はいくらくらいなの?

20歳くらいになると、自分で自動車を持つようになる人も増えはじめます。


自動車を買うと必ず入るべきなのが自動車保険(任意保険)。


しかし調べてみると保険料が高いことに驚きますよね。


20歳で自動車保険に加入すると、年齢条件が適用されないため一般的に保険料が高くなってしまいます。


しかし、自動車保険には安く加入をしたいと感じてるはずです。


それでは、お得に自動車保険に加入するにはどのような方法があるのでしょうか。


実は、家族の等級の引継ぎやダイレクト保険などの手段があるのです。


そこで、この記事では「20歳の自動車保険の相場と安く加入する方法」について

  • 20歳以下だと自動車保険料は一番高くなってしまう
  • 20歳以上の自動車保険料の相場はどのくらいなのか
  • 保険料をできるだけ安く抑える方法
の3点を解説させていただきます。

記事を読んでいただけると、20歳で自動車保険に入る際に保険料を安く抑えるコツがわかると思うので、ぜひ最後までご覧ください。

20歳以下の自動車保険の保険料は一番高い

車で移動をすることが一般的な地域ですと、高校を卒業してすぐに車に乗り出す人が多い傾向があります。


そのため、20歳以下から自動車保険に加入している人がほとんどです。


しかし、基本的に20歳以下の自動車保険の保険料は他の年代に比べて高いことが事実です。


それでは、なぜ20歳以下の自動車保険の保険料が一番高いのかを解説していきます。

なぜ保険料が高いのか

結論から言うと、20歳以下のドライバーは他の年代に比べて事故を起こす可能性が高いため保険料が高く設定されています。


警視庁「平成29年中の交通事故の発生状況」を年齢層別で表にしてみました。

年齢層免許保有者10万人当たり交通事故件数
20歳以下1.649.9件
20~29歳1.677.1件
30~39歳1.027.2件
40~49歳950.8件
50~59歳897件
60~69歳939.8件
70~79歳1.049.4件
80歳以上1.255.7件

(参照:https://www.npa.go.jp/publications/statistics/koutsuu/H29zennjiko.pdf)


これによると、20~29歳の交通事故件数の方が若干多いものの、20歳以下の件数は2番目に多い結果になっています。


また、80歳以上のドライバーよりも、20歳以下の方が事故を多く起こしているのです。


この原因としては初心者ドライバーが自動車保険に初めて加入する際には事故が目立って多く発生するため、等級は保険料が高い6等級から始まることが挙げられます。


6等級の場合は年齢条件による割引が使えないため、どの条件においても1年間は保険料が割増されることを覚えておきましょう。

実際の保険料の相場はどのくらいなのか

ここまでは、20歳以下の自動車保険料が高い理由を解説させていただきました。


他の年代に比べて交通事故発生率が高いため、保険料が割増されていることをご理解いただけたと思います。


それでは20歳以下の保険料の相場は具体的にどのぐらいなのでしょうか。


以下では、

  • ソニー損保の場合
  • そんぽ24の場合
の2点をご紹介させていただくので、保険料の相場を理解しておきましょう。

ソニー損保の場合

まず、ソニー損保で契約をした場合の見積もりをご紹介させていただきます。


<条件>

  • 車名 アクア(トヨタ社)
  • 型式 NHP10
  • 被保険者年齢 19歳
  • 車両保険 なし
上記条件で見積もりをした結果、保険料は以下の通りになりました。

プラン名標準プラン安心プランもっと安心プラン
1回払保険料196,720円/年200,470円/年204,030円/年
ソニー損保が提案する最も基本的な「標準プラン」ですと、保険料が20万円以下になりますyが、それ以外のプランは20万円を若干超える金額になります。

20歳以下ですと、通勤や通学に車を使うことが多いので、標準プランで十分補償を備えておくことが可能です。

そんぽ24の場合

次に、そんぽ24で契約をした場合の見積もりをご紹介させていただきます。


尚、条件はソニー損保と同様に設定した結果、保険料は以下の通りになっています。

プラン名プランAプランB
インターネット契約での保険料
(割引率10%)
278,040円/年582,280円/年
電話契約での保険料309,490円/年647,520円/年


プランBは大きな金額ですが、プランAに

  • 搭乗者保険 1,000万円
  • 車両保険 150万円
  • 弁護士費用等補償特約 300万円
の補償が追加されているため、保険料が割高になっています。

保険料を抑える方法とは

ここまでは、20歳以下の自動車保険料の相場をご紹介させていただきました。


プランによって差がありますが、およそ20万円~30万円が相場であることをご理解いただけたのではないでしょうか。


しかし、日々の生活費の中から、この金額の自動車保険料を捻出することは大変だと思います。


保険料を少しでも安く抑えたいですよね。


そこで、自動車保険料を安く抑える方法として、

  • 家族の等級を引き継ぐ
  • ダイレクト型自動車保険に加入する
  • 軽自動車などの車両料率クラスの低い車に乗る
  • 自動車保険の特約・補償内容を自分に合わせたものにする
の4点をご紹介させていただきます。

家族の等級を引き継ぐ

第一に、家族の等級を引き継ぐ方法です。


自動車保険に等級があることを上述させていただきましたが、これを家族間で引き継ぐことにより、保険料を安く抑えることができます。


引き継ぎのできる範囲は

  • 夫婦
  • 同居している親子
  • 同居している兄弟
など多岐にわたります。

例として、家族間で等級を引き継いだ場合の保険料を比較してみました。

子ども合計
親(20等級)
42,640円
子ども(7等級) 
153,500円
196,140円
親(7等級)
56,510円
子ども(20等級)
67,310円
123,820円
このように、等級を入れ替えることによって保険料を72,320円安くすることが可能になります。(内訳:196,140円-123,820円)

ダイレクト型自動車保険に加入する

第二に、ダイレクト型自動車保険に加入する方法です。


これは、契約者と保険会社がインターネットや電話等を介して直接契約を結ぶ仕組みになっています。


ダイレクト型自動車保険の特徴は、保険会社との対面販売ではないので手数料がかからず保険料が割安になることが挙げられます。


保険料は各保険会社によって異なりますが、同条件の自動車保険に比べると約10,000円程度安くなることが一般的です。


しかし、ダイレクト型自動車保険に加入できるのは20歳以上のため、未成年の方は20歳になってから加入を検討しましょう。

軽自動車などの車両料率クラスの低い車に乗る

第三に、軽自動車などの車両料率クラスの低い車に乗る方法です。


車両料率クラスとは、任意保険の保険料を決める要素の一つで、車種別の型式によって保険料が決定されるものです。


自動車の場合は

  • 対人
  • 対物
  • 傷害
  • 車両
の4つのリスクを元に、保険料が定められます。

2019年3月現在、軽自動車は車両料率クラスの対象外であるため、同条件であればどの車両も同一保険料が適用されているのです。

そのため、普通乗用車に乗るよりも軽自動車に乗った方が、保険料を安く抑えられます。

自動車保険の特約・補償内容を自分に合わせたものにする

最後に、自動車保険の特約・補償内容を自分に合わせたものにする方法が挙げられます。


自動車保険は特約を自由に設定することが可能なので、必要がないものは外してしまってかまいません。


具体的には、

  • 本人限定特約を付ける
  • 車両保険を外す
  • 車両保険に免責金額を設定する
などの手段があります。

あなたにとって必要な補償のみを付けることで、保険料も補償に見合う額になるでしょう。

コラム:自動車保険一括比較のススメ

この記事を読んでいる皆さんは自動車を所有し、自動車保険に加入している方が多くいらっしゃると思います。 


ですが、車の購入時にディーラーや保険代理店で自動車保険に加入し、現在の保険料に対して高いと不満に思っていませんか?
 


もしかすると不必要な補償が付いているかもしれません。 

この機会に自動車保険の見直しをしてみませんか? 


見直しをすることでなんと一年間に5万円もの保険料を節約できた事例もあります!


しかし一社ずつ見積もりを行うのは時間がかかり、めんどくさいですよね。


そこでおすすめなのが一括見積りサイトで見積もりを行うことです!

一括見積りサイトなら何度も個人情報を入力する必要がなく無料で見積もりができるので、気軽に保険料の比較を行うことができます。


今自分が加入中の保険についている補償と同条件でも保険料が安い会社を見つけることができると思います! 


契約しなくても見積もりだけでも大丈夫なので、是非一度一括見積りサイトで見積りを行ってみてはいかがでしょうか。


自動車保険を見直したい方は以下のボタンからどうぞ!

(保険スクエアbangに飛びます)

まとめ:20歳でも自動車保険にお得に加入しよう

この記事では、「20歳の自動車保険の相場と安く加入する方法」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。


記事の要点は、

  • 20歳以下のドライバーは交通事故を起こす確率が高いため、年齢条件による割引が使えないことから必然的に自動車保険料が高くなる。
  • 20歳以下の自動車保険料の相場は、標準的なプランで約20万円~30万円である。
  • 自動車保険に安く加入する方法は家族の等級を引き継ぐこと・ダイレクト型自動車保険に加入すること・車両料率の低い軽自動車を選ぶこと・特約、補償内容を自分に合わせたものにすることが挙げられる。
の3点です。

自動車は大変便利な乗り物なので、20歳以下で免許を取得する人が年々増加しています。

しかし、交通事故が多発するのもこの世代の特徴なので、安全には十分気を付けることが必要不可欠です。

安く自動車保険に入る方法を上手く利用して、万が一の補償を備えましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

  • ランキング