自動車保険ALL

車を購入したばかりの方へ!自賠責保険と任意保険の違いを解説

車を購入したとき、任意保険への加入を促されたことはありませんか?車に関する保険は「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があり、どちらも車を運転するなら大切な保険です。強制加入の自賠責保険と任意加入の任意保険、それぞれの特徴と違いについて解説します。

自賠責保険と任意保険の関係は?違いはあるの?

初めて自動車を購入したとき、「任意保険に加入しませんか?」と聞かれたことはありませんか?


「新品の自動車を買ってウキウキしているときに保険のことを聞かれても…」と思い、よく分からないまま保険に加入したり辞退したりしている方もいるでしょう。


しかし、保険のことをよく知らないまま車に乗ってもよいのでしょうか?


自動車保険のことを分かっていないと、もし事故などのトラブルに遭ったとき、何も対処できずお金や対人関係のことで困ってしまうかもしれません。


そこで、この記事では自動車の利用に関係してくる2つの保険について、


  • 自賠責保険と任意保険の違い
  • 強制保険である自賠責保険ではどれくらい補償されるのか
  • 任意保険の補償内容


以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、自動車保険について詳しくなり、万が一事故などが起きたときも冷静に対応できるようになるでしょう。


是非最後までご覧ください。

自賠責保険と任意保険は二重の保険

まず、自動車を購入した際は、2種類の保険が関係してきます。


自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)任意保険です。


「任意保険は聞いたことがあるけど、自賠責保険って何?」と思う方も多いかもしれませんね。自賠責保険と任意保険には、簡単に次のような違いがあります。

保険の種類
加入補償範囲
自賠責保険自動車購入時に
強制加入
対人のみ
任意保険任意
対人、対物、加害者、同乗者など


自動車を購入したときは、必ず自賠責保険に加入する必要があります。ほとんどの場合、車の購入時に自動加入することが多いようです。


一方で、任意保険の加入は文字通り任意です。自賠責保険のほうは強制加入なので、任意保険のほうのみを指して「自動車保険」と呼ぶこともあります。


また、自賠責保険と任意保険では、万が一事故が起きたときに補償してくれる範囲も異なります。


自賠責保険では、交通事故の被害者が死亡または負傷したときのみに補償金が支払われます。


任意保険では、対人はもちろん、車などの物品、同乗者、運転者自身なども補償対象に含まれます。


自賠責保険と任意保険は両方同時に加入することができます。2つとも加入することで、二重の保険として活用することができるのです。


では、実際にどう活用すればよいのか説明していきます。

自賠責保険で最低補償金額を請求し、任意保険で必要分をカバーする

強制的に加入する自賠責保険はともかく、任意保険はどのような場合に必要なのでしょうか。


自賠責保険と任意保険は、どちらか一方に加入していれば大丈夫というものではありません。


確かに、自賠責保険のみでも、交通事故の被害者が亡くなった場合、最大で3,000万円の補償金を請求することができます。


しかし、死亡事故を起こした場合、損害賠償金額が1億円を超えてしまうということもめずらしくありません。


また、自賠責保険は物損事故の補償がないので、事故で壊れた被害者の車などに対しては補償金が支払われません。


死亡事故にしろ物損事故にしろ、たいていの場合自賠責保険だけではとても補償金が足りませんので、任意保険でカバーすることになります


よって、任意保険の加入はあくまで任意ですが、ほぼ加入必須の保険だと言ってよいでしょう。

交通事故の被害者が交渉する相手は加害者の保険会社

交通事故の被害者は、加害者が加入している保険会社と直接交渉して補償金を支払ってもらうことができます。


加害者が誠意のない態度で応対する場合や、示談にすら応じてくれない場合、直接保険会社に保険料を請求できる権利があるということですね。


加害者が自賠責保険と任意保険の2つに加入していた場合、通常は任意保険の保険会社に損害賠償を請求します。

自賠責保険は加入義務のある強制保険

ではまず、自賠責保険について詳しく見ていきましょう。


自賠責保険とは、加入義務のある強制保険で、事故の被害者が死亡または負傷した場合に損賠償金を補償してくれる保険でしたね。


自賠責保険に加入せず運転した場合、厳しい罰則が科されます。たとえ事故を起こさなかったとしても、自賠責保険に加入していない車を運転しただけで、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処されます。


では、自賠責保険に入ると、事故などが起きたとき、具体的にどれくらい補償してもらえるのでしょうか。


  • 自賠責保険の対人補償とは何か
  • 保険料はいくらか
  • 賠償金額はいくらか


について詳しく説明します。1つずつ確認していきましょう。


自賠責保険は加入義務があり、対人補償のみ

もともと自賠責保険は、自動車が増えた高度経済成長期に交通事故の被害者が急増したことによって作られた保険です。


そのため、自賠責保険には、交通事故の被害者を救済するという明確な目的があります。自賠責保険に入ることで、被害者には最低限の補償が与えられるのです。


前の項目でも触れましたが、自賠責保険で補償されるのは、交通事故の被害者が死亡または負傷したときのみです。自動車や事故現場周辺の物品を破損しただけの場合、補償金は支払われません。


極端な話、自動車が大破するような大事故でも、エアバックの作動などで被害者が怪我をしていなければ自賠責保険は使えないのです。

自賠責保険は保険料は、どの保険会社も一律としている

自賠責保険の保険料は、どの保険会社でも一律です。


車種による金額の違いはありますが、同一の車種では、保険会社によって保険料が違うということはありません。


自賠責保険の保険料は、車検の度に支払うケースが多いです。


車種12か月契約の保険料
24か月契約の保険料
自家用乗用車15,520円
25,830円
軽自動車15,130円25,070円
バイク(250cc超)8,290円
11,520円
バイク(125cc超~250cc以下)8,650円12,220円
原付自転車・バイク(125cc以下)7,500円9,950円

※沖縄など一部離島を除きます。


一部離島の保険料や月単位の保険料を知りたい場合は、国土交通省のHPから閲覧することができます。

さらに、自賠責保険が補償する保険金や賠償金額も同様

自賠責保険で補償される金額は、1件の事故につき被害者1名あたり、以下のように上限額が定められています。


被害者の状態
補償額
死亡~3,000万円
傷害による損害~120万円
後遺障害による損害75万円~4,000万円(等級による)


また、自賠責保険の目的はあくまで被害者の救済ですので、例えば同一の事故で2名以上が亡くなった場合でも、1名につきそれぞれ最高3,000万円が支払われます。


同じ人物が何度事故を起こしても、この補償金額が変わることはありません。

任意保険の補償範囲と特徴

では次に、任意保険について詳しく見ていきましょう。


任意保険とは、任意で加入できる保険で、対人だけでなく、物損、運転者、同乗者なども補償対象になる保険でしたね。


交通事故の賠償金は非常に高く、自賠責保険だけでは補償金が足りないケースもままあります。また、繰り返しになりますが、自賠責保険には物損事故の補償がないので、車や事故現場周辺の物品を壊してしまったときは自腹で補償しなくてはなりません。


そんなとき、任意保険があれば賠償金の不足額を補ったり、物品に対して補償金を支払ったりすることができます。交通事故で物損被害が生じないことはまれですので、任意保険には必ず加入しておきましょう。


では、任意保険に入ると、具体的にどれくらい補償してもらえるのでしょうか。


  • 任意保険の詳しい補償対象範囲
  • 任意保険に付帯する特約


について詳しく説明します。1つずつ確認していきましょう。

任意保険は対人を含め、自身や同乗者、対物、車まで対象となる

自賠責保険が交通事故被害者のための保険なら、任意保険は、交通事故の加害者となってしまった方がきちんと損害賠償金を支払えるようにするための保険と言っても過言ではありません。


そのため、任意保険では、対人はもちろん、加害者自身、同乗者、車を含めた物損まで補償してくれます。


任意保険を提供しているのは民間の保険会社なので、補償内容の種類にばらつきがありますが、基本的に7種類の保険内容にまとめることができます。


  • 対人保険:被害者が死亡または負傷した場合の保険
  • 対物保険:事故で壊れたものの修理代にあてられる保険
  • 搭乗者傷害保険:運転者や同乗者が死亡または負傷した場合の保険
  • 人身障害補償保険:被害者の治療にかかった実費が支払われる保険
  • 自損事故保険:停車中の車に追突など、自己責任の事故を起こした場合の保険
  • 車両保険:当て逃げや盗難など、損害補償してくれる相手がいない場合の保険
  • 無保険車傷害保険:加害者の車が任意保険に加入していない場合の保険


これら7種類の保険は基本的にセットで販売されており、自分に必要な保険だけを選ぶなど、保険会社によっては組み合わせを変更することもできます。


対人保険や対物保険に関しては、補償額の上限を定めない「無制限」の保険プランを選択できます。

任意保険は付帯できる特約もある

任意保険では、上記の保険内容に加え、さまざまな特約を追加することもできます。


例えば、特約の中には、示談で弁護士に相談したいときに依頼費用を補償してくれる「弁護士費用特約」や、同乗していたペットが死傷した場合の葬儀費や治療費を補償してくれる「ペット搭乗中担保特約」などがあります。


また、車の運転者を限定することで保険料が安くなるといった特約もあります。運転者本人限定、家族限定、配偶者限定などさまざまなプランがありますが、たいてい人数が少なくなるほど保険料は安くなります。


これらの特約は保険会社や契約内容によって異なるので、契約する前によく確認してください。

まとめ

自賠責保険と任意保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、


  • 自賠責保険は強制保険であり、任意保険はオプション
  • 自賠責保険は対人補償しかないため、車両の傷や対物事故は任意保険の範囲
  • 任意保険にはいくつか種類がある


でした。


自賠責保険と任意保険について知ることは、ドライバーとして必須と言えるほど大切なことです。


きちんと保険内容について理解し運転することが、万が一交通事故の被害者を出してしまったときの誠実な対応への一歩となるでしょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング