自動車保険ALL

損保会社の選び方!車両保険に加入する場合のポイントとは?

車両保険はご自分の車に対してかける保険です。加入は任意ですが、飛び石の被害、当て逃げ被害等で保険金を受け取ることができます。車両保険を扱う会社選びは、その補償内容・サービス、および自動車の使用頻度・目的等も考慮して、最も自分に合ったものを選びましょう。

車両保険の保険会社選びのポイントは?

車両保険はご自分の車に対してかける保険です。

加入は任意ですが車両保険をつけることで、飛び石の被害、当て逃げ被害等で保険金を受け取ることができます。

これらのトラブルに遭った時、保険金が受け取れると修理費用が賄われて、契約者としては助かりますよね。

しかし車両保険を扱う損害保険会社は、どれでも良いわけではないことをご存じでしょうか。

いざという時のサービスの質や、払込保険料に見合った補償内容でないと、不満を感じることもあるでしょう。

そこで今回は、「自分に合った車両保険の保険会社選びのポイント」について

  • 自分に合った車両保険選びを考える
  • 車両保険は途中で変更することはできるのか
  • 車両保険に入る意味

以上のことを中心に解説していきます。 

この記事を読んでいただければ、車両保険の保険会社選びのポイントや、その注意点を知ることに役立つと思います。 

ぜひ最後までご覧ください。

 

車両保険の会社選びポイントを3つ解説

車両保険の会社選びは次の3点に注目しましょう。


  • 事故対応品質の良さで選ぶ
  • 支払う保険料の安さで選ぶ
  • 自分の用途に合わせて選ぶ

こちらでは、この3点を通して車両保険選びのポイントを解説します。

事故対応品質で選ぶ

事故対応品質とは、ご自分の車に事故やトラブルが発生した時、加入者であるご自分と担当者とのやり取りがスムーズであることや、その解決に向けての迅速な対応等を行うサービスレベルを指します。


車両補償に関する保険で加入者の不満要因となるのは、まさかの事態が起きた時の対応の悪さです。

それを判断する方法としては、サイトに掲示されている各損害保険会社・共済の口コミ等を参考にするのも一つの方法です。

保険料の安さで選ぶ

車両保険の保険料は、加入希望者の年齢・使用用途、ノンフリート等級、保険金額、車種等で決められます。

この保険料は基本的に代理店型よりも通販型自動車保険の方が安いといわれています。
こちらではその理由について解説します

保険料の仕組み


保険料は、代理店型・通販型自動車保険ともに「純保険料」と「付加保険料」に大きく分かれます。

  • 純保険料:加入契約者に対し、保険金を支払うための原資として利用されます。
  • 付加保険料:保険金を支払うための原資を除いた広告費・スタッフの人件費・代理店手数料、店舗経費等が含まれます

通販型自動車保険は代理店手数料がない分安い


通販型自動車保険が安いのは、インターネット等で保険会社とダイレクトで契約するので、代理店手数料がかからないからです。

その分だけ、保険料が安く抑えられることになります。

なお、保険料の安く抑えたければ、代理店型も通販型も車両保険金額を低く設定するべきですが、まさかの事態に十分な保険金が下りないおそれもあります。

自分の用途に合わせて選ぶ

ご自分が車を使用する用途の申告の違いでも、各保険会社とも保険料は異なります。

こちらでは用途別の申告の条件と注意点を解説します。


「業務」での使用はどの保険会社も保険料が高くなる


ご自分が仕事で車を使用する場合、日常・レジャーまたは通勤・通学の目的で使用する場合より、運転時間や距離が長くなるので事故に遭うリスクが高まります。

よって、保険料は高くなります。

基本的に、年間週5日以上または月15日以上にわたり車を仕事に使用する場合、保険申込の際は使用目的を「業務」として申告する必要があります。

なお、運送業者・宅配業者等の車は、頻繁に車両を使用するためノンフリート契約で加入が認められない場合もあります。

「通勤・通学」での使用はどの保険会社も保険料がやや高くなる


通勤・通学でも運転時間や距離は比較的長くなります。

各保険会社では業務用途ほどでないものの、日常・レジャーの使用より保険料が割高になります。

業務目的ではなく、年間週5日以上または月15日以上にわたり通勤・通学で車を運転する場合、用途を「通勤・通学」とすることを定めている保険会社が多いです。

「日常・レジャー」での使用はどの保険会社も保険料は安い


モールやスーパーマーケット等へ買い物に行く場合や、休日に遊園地や映画館等へレジャーに行く位しか車を使用しなければ、用途は「日常・レジャー」となります。

「業務」や「通勤・通学」の用途と比較して、頻繁に運転せず移動距離も少なくなるため、保険料は安くなります。 

「業務」「通勤・通学」の条件にいずれも該当しないならば、使用用途を日常・レジャーと申告しましょう。

用途を誤って申告すると補償が受けられないことがある


車の使用用途は、必ずご自分の目的に合わせて申告しましょう。

保険料が高くなるからと使用目的を偽ることや、不注意で間違うと、万が一の時に十分な補償が受けられないこともあります。 

また使用用途を「日常・レジャー」にすれば保険料は安くなりますが、後から「業務」または「通勤・通学」で使用した場合、これらは補償外となります。

一方、使用用途を「業務」にすれば保険料は高くなりますが、「通勤・通学」「日常・レジャー」で車を使用しているときの事故も補償範囲となります。

車両保険は途中で変更することは可能か?

現在契約している補償内容をもう少し手厚くしたい、または不要な補償内容があるならば、車両保険を途中で変更したい場合があるでしょう

また、現在契約している保険会社と他の保険会社の保険料を比較して、どうやら他の保険会社の方が保険料は安く、補償内容も変わらないとわかった場合、保険会社の途中乗り換えを希望することもあるはずです。


こちらでは、これらの途中変更が可能かどうかを解説します。

車両保険は基本的に1年契約になっている

車両保険の保険期間は、基本的に1年間となっています。

加入している保険のままで良いなら保険契約を毎年更新していきます。


そのため更新のタイミングで契約の内容を変更したり、別の保険会社へ乗り換えたりすることが可能です。

ご自分の車の使用頻度(用途)が変わったり、車が古くなったりと保険契約後にいろいろな変化があるので、それを踏まえ補償内容を見直すことも大切です。

途中での変更は可能である

保険金額を変更したい場合や、運転者年齢条件を変更したい場合等は、途中変更が可能です。


これらの変更手続きは、加入している保険会社のカスタマーセンター等に連絡し、その指示に従いましょう。

一方、 口座振替からクレジットカード払いへ変更したい、というような支払方法の変更は、いったん解約した上で、新たな保険契約を必要とするケースが多いです。

保険会社の途中乗り換えも可能である

保険会社の途中乗り換えも可能です。

ただし乗り換え手続きの際に補償が適用されない空白期間があると、その期間内にまさかの事態が起きたとき保険金が下りなくなります。

そのため、次のような解約および乗り換え手続きを行うようにしましょう。


  1. 他社から乗り換えて契約することを伝える→乗り換え先保険会社
  2. 解約をすることを伝える→契約中の保険会社・代理店
  3. 乗り換え先の保険会社から送付された書類に必要事項を記載する。
  4. 解約手続きに必要な書類へ必要事項を記載、保険証券を添付して契約中の保険会社に返送
  5. 保険解約日と新たな保険期間始期日を合わせるように、乗り換え先の保険会社に保険申込手続きを行う
  6. 速やかに乗り換え先の保険会社へ保険料を払い込む

乗り換えの場合には等級も引き継がれる

満期日に合わせて保険会社を乗り換えた場合、車両保険の等級も原則として引き継がれます。

しかし、保険期間の途中で保険会社を乗り換えた場合、現在の等級で1年間の新契約が始まるので、1つ上の等級に上がる時期が遅くなってしまいます

等級を早く上げたい場合は、保険期間通算特則」を適用しましょう。

新旧の契約を1年未満の短期契約として扱うことができ、新旧の契約期間を合算することで1年間の契約とみなされます。

ただし、この特則には条件があり、現在加入中の保険解約日と、新しい保険の開始日が同じである必要があります。

この特則を適用するためにも、前述した解約および乗り換え手続きの流れを参考に手続きを行いましょう。

車両保険に入ってないと手厚い補償を受けられない可能性もある

自賠責保険は強制加入であるため、必ず加入する必要があります。

しかし、自賠責保険に加入しているだけでは満足に保険金が受け取れない場合もあります。


自賠責保険の補償内容は次の通りです。

  • 傷害:120万円上限(被害者1名)
  • 死亡:3,000万円上限(被害者1名)
  • 後遺障害:75万円~4,000万円(被害者1名)
これ以外は補償されません。

然るべき保険に加入していないと、車の修理費用等は全て自己負担となってしまうこともあります。

まとめ

自分に合った車両保険の保険会社選びのポイントについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 

今回の記事のポイントは 


  • 車両保険の会社選びは事故対応品質・保険料の安さ・使用の用途を考慮し、自分に合っているかで判断する
  • 車両保険は途中で変更することは可能だが、保険会社の指示に従うことはもとより、補償期間の空白をつくらないことが大切
  • 自賠責保険だけでは満足な補償が受けられない場合もあるので、任意であっても車両保険に加入しておくことがベスト
でした。

車両保険を扱う会社選びは、その補償内容・サービス、および自動車の使用頻度・目的・家計の事情等も考慮して、最も自分に合ったものを選びましょう。

ランキング