自動車保険ALL

自賠責保険の基本情報(バイク版)!便利な加入方法や注意点とは?

自賠責保険はバイクでの契約の場合どうなるの?特に、バイクでの自賠責保険の保険料が気になる方は多いようです。この記事では、自賠責保険の基本情報や便利な加入方法、注意点まで詳しく解説していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

自賠責保険をバイクで検討している方へ



バイクをこれから購入される方で、自賠責保険はどうしたら良いのかと悩んでいる方もいらっしゃることでしょう。

バイクを購入するときも、自動車と同様に「自賠責保険」には絶対に加入する必要があります。

しかし、初めてバイクを購入される方など、自賠責保険の加入をどのように決めたら良いのか悩みますよね。


そこで今回は、「バイクの自賠責保険」について、


  • 補償内容や保険料
  • コンビニやインターネットでの手続き
  • 自賠責保険について知っておきたいこと

を中心に解説していきます。


この記事を読んで頂ければ、バイクの自賠責保険を新たに加入するときだけでなく、更新や名義変更の手続きなどについて詳しく知っていただけるかと思います。


ぜひ最後までご覧下さい。

バイクを含む自賠責保険の基本情報からご紹介



自賠責保険とはいったいどんな保険なのでしょうか?


「自賠責保険」とは、交通事故の被害者を守るための保険で、バイクを運転中の事故で他人をケガさせたり死亡させたりしたときの補償をしてくれます。


被害者救済のための保険ですので、補償されるのは相手の身体に関する損害のみで、自分のバイクや相手のバイクの損害や、自分の身体の損害は補償してくれません。


自賠責保険はすべての自動車、バイクに関して「自動車損害賠償保障法」という法律で加入が義務づけられています。


入っていないと、


  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 免許停止処分

といった厳しい処分がくだされますので、必ず加入しておきましょう。



自賠責保険の補償内容はバイクや車、大きさなどは関係なく全て一律

自賠責保険の補償内容は、バイクでも車でも大きさなどは関係なく、一律になっています。

相手の車やバイク、建物などの損害、また自分自身のケガやバイクについての損害は補償されず、補償されるのは被害者の身体的な損害のみです。

自賠責保険で補償されるのは、


  • 死亡 最大3000万円
  • 傷害 最大120万円
  • 後遺障害 75万円〜4000万円

となっており、バイクについてもこの限度額までの補償です。


後遺障害については障害の程度によって1級から14級までの等級が定められており、その等級に応じた金額が補償されます。


被害者側にも過失があった場合ですが、自賠責保険では被害者の過失を7割を超えた場合に限って

金額が減額されます。


交通事故の賠償は自賠責保険の限度額を超えることも多いです。


限度額を超える分については自己負担となりますので、高額な賠償にそなえて、自賠責保険の補償をカバーするかたちで任意保険に入っておくことをおすすめします。

大型バイク(250cc〜)は車検が必須で、自賠責保険の加入や更新にも必要

バイクは排気量によっては、自動車と同じように車検を受けなければならないということを知っていますか?


250cc以上の大型バイクでは、車検を受けることが必須です。

新しく購入したときで3年、それから先は2年で満期となるので、期限の一ヶ月前〜満了日に必ず車検を受けましょう。


250cc以上のバイクで自賠責保険の加入や更新をするときは、必要書類の中に車検証も含まれますので必ず満了日までに車検を受けて車検証を準備しておいてくださいね。

保険料はバイクの総排気量や契約期間により決まる

バイクの自賠責保険の保険料は、バイクの総排気量と契約期間によって決まり、どの保険会社で加入しても料金は一律になっています。

ただし、


  • 離島地域を除く本土
  • 沖縄県を除く離島地域
  • 離島地域を除く沖縄県
  • 沖縄県の離島地域


では保険料が異なっており、沖縄や離島地域では自賠責保険料や本土よりも安く設定されているので確認してみてください。



2018年現在、離島地域を除く本土では、このような保険料となっています。(2017年4月1日以降の保険料)


契約期間
125cc以下125cc超250cc以下250cc以上
12ヶ月7,500円8,650円8,290円
24ヶ月9,950円12,220円 11,520円
36ヶ月12,340円 15,720円14,690円
48ヶ月14,690円19,140円-
60ヶ月16,990円22,510円 -
 

総排気量が大きいほど保険料は高くなり、長期間の契約にすると割引が適用されていることが分かりますね。


たとえば125ccのバイクでは、12ヶ月契約だと7,500円の保険料ですが、60ヶ月にすると16,990円、つまり12ヶ月あたり3,398円と半額に近い値段になっています。


バイクの自賠責保険の保険料は長期間契約するとかなりお得な料金設定となっているので、ぜひ割引のことを考えて契約期間を決めていってくださいね。

バイクの種類によっては自賠責保険はコンビニで加入、更新ができる



250cc以上のバイクでは車検のときに自賠責保険も忘れず更新すれば良いのですが、250cc以下のバイクは車検もないため、自賠責保険の加入や更新を忘れてしまいがちです。


通常バイクの自賠責保険は損害保険会社の支店や代理店、もしくはバイクの販売店などで加入や更新の手続きをすることが多いようです。


しかし、損害保険会社の窓口やバイクの販売店が近くにないとか、行くのが面倒だという方ば多いのではないでしょうか。

そんな方は、最近は自賠責保険はコンビニで加入、更新ができるようになっており、手軽に手続きすることができますので、ぜひ利用してみてください。

コンビニでの自賠責保険の加入、更新に関して注意点しておきたいのは、


  • コンビニでの加入、更新は250ccまでのバイクのみ可能
  • 自賠責証明書やシールの記載ミスに注意

の2点です。


1つずつ解説していきたいと思います。

ただし、原付バイク(〜125cc)軽二輪自動車(126〜250cc)に限る

コンビニでの自賠責保険の加入、更新ができるのは
  • 125ccまでの原付バイク
  • 126〜250ccの軽二輪自動車

だけとなっています。


250cc以上の小型二輪自動車については、コンビニでの加入や更新はできないので注意が必要です。


自賠責保険の加入・更新は、セブンイレブンやローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップといった大手コンビニエンスストアに置いてあるマルチコピー機や複合端末などからできるようになっています。


24時間手続きができるので、忙しい方にはとても便利です。


またコンビニでの手続きでは、その場ですぐに自賠責保険証明書と保険標章が発行されるので、自賠責保険の期限がもうすぐ切れそうになって手続きを急いでいるという方にもおすすめです。

自賠責証明書やシールの記載ミスには注意しよう

コンビニでの自賠責保険の加入や更新は、自分で機械に入力した内容での契約となります。


そのため、自賠責保険証明書と保険標章のシールが発行されたら、すぐに記載ミスがないか注意しましょう。


手続きに必要なものと、手続きでの入力事項をあらかじめ確認しておき、間違いがないように契約してくださいね。


コンビニでの自賠責保険の手続きで必要なもの

  • 自賠責保険料(ほとんどのコンビニで現金支払いのみ)
  • 軽自動車届出済証(軽二輪自動車の場合)
  • 標識交付証明書(原付バイクの場合)

コンビニでの自賠責保険の手続きでの入力事項

  • バイクの総排気量
  • ナンバープレートの番号
  • 車台番号
  • 契約者の郵便番号・住所・電話番号
  • 契約者の氏名
  • 保険開始希望日時や保険期間

バイク限定のインターネット契約は24時間可能



自賠責保険はバイク販売店、保険会社や代理店、そしてコンビニでも加入できますが、インターネットでも契約することが可能です。

インターネット契約では、


  • 24時間手続きを行うことができる
  • 保険会社の窓口などへ行く必要がない
  • クレジットカードでの支払いができる

といったメリットがあります。


働いているので夜しか時間がとれない、保険会社の窓口へ行くのは面倒だというような方はインターネットでの契約がおすすめです。


コンビニでの手続きと違い、250cc以上の小型自動二輪車もインターネットでの契約が可能です。


他での手続きと同じように、総排気量によって必要な書類が違います。


総排気量必要な書類
〜125cc標識交付証明書
125cc〜250cc軽自動車届出済証
250cc〜車検証

自賠責保険について知っておくことは他にもある



バイクの自賠責保険について、補償内容や保険料、加入や更新のときの手続き内容といった基本的なことについては分かっていただけたのではないでしょうか。

バイクも車の自賠責保険と基本的な考え方は同じでした。

自賠責保険について知っておきたいことはまだ他にもあります。


この項では、


  • 自賠責保険解約時の保険金の返金について
  • 自賠責保険の名義変更について

の2つについて解説していきたいと思いますので、ぜひ確認しておきましょう。

自賠責保険解約時、未経過期間として1ヶ月以上あると保険料の返金がある

バイクの使用を停止するときに自賠責保険は解約しますが、未経過期間(解約から満期日までの残りの期間)として1ヶ月以上あると保険料の返金があるのでぜひ覚えておきましょう。

戻ってくる保険金は残りの期間の長さによって決められているので、自賠責保険を契約している保険会社などに確認してみてください。


自賠責保険は任意で解約できないため、解約するときには


  • 解約承認請求書
  • 自賠責保険証明書
  • 廃車などの確認書類
  • 本人確認書類
  • 保険標章

などといった書類が必要となります。


所定の手続きをして解約が認められれば解約返戻金を受け取ることができます。

自賠責保険の名義変更の前に、バイクや車両の名義変更が先

バイクを他の人に売ったり譲ったりするときには、自賠責保険は解約する必要はなく、名義変更の手続きで大丈夫です。

バイクや車両の名義変更を先に行ってから、自賠責保険の名義変更をする必要があります。


バイクの名義変更は、旧所有者がいちど廃車手続きをした上で、新しい所有者が名義変更手続きを行うという流れになっています。


バイクの名義変更が終わってから、自賠責保険の名義変更を行いましょう。


なお、自賠責保険というのは基本的にドライバーではなく車やバイク自体にかけるものなので、もし自賠責保険の変更が行われないうちに事故を起こしてしまっても保険金は支払われます。

まとめ

「バイクの自賠責保険」について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の記事のポイントは、


  • バイクの自賠責保険の補償内容は一律で、保険料はバイクの総排気量や契約期間によって決まっている
  • バイクの自賠責保険の加入や更新はコンビニやインターネットからも手続きが可能

です。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング