自動車保険ALL

原付の自賠責保険の保険料について!金額や保険料を抑える方法とは?

自賠責保険の原付における保険料金額はどうなるのでしょうか?実は、自賠責保険の原付における保険料金額は、加入場所や加入期間で金額が変わります。この記事を読めば、実際の自賠責保険の保険料を知れるだけでなく、その節約方法まで理解することができます。

自賠責保険の原付での金額はこうなっている!詳しく解説します!

手軽で便利な原付ですが、自動車と同じく自賠責保険への加入は必須となっています。 


原付は、維持コストが低いのが最大の魅力ですよね。 


もし自賠責保険の金額が高ければ、原付の魅力は半減してしまいます。 


はたして、原付の自賠責保険料の金額はいくらなのでしょうか。 


この記事では原付自賠責保険料の金額について、 


  • 原付自賠責保険料の具体的な金額 
  • 原付自賠責保険に加入できる場所 
  • もし自賠責保険に加入していなかったらどうなるか 


以上のことを中心にお伝えしていきます。 


この記事を読めば、あなたの原付にかかる自賠責保険料や、どうしたら最大限金額を下げられるかということについてお分かりいただけます。 


ぜひ最後までご覧ください。

原付の自賠責保険の金額はこのようになっている

自賠責保険料は、契約の地域によって金額が異なります。 


自賠責保険における地域は、以下のように区分けされます。 


  • 本土 
  • 本土の離島 
  • 沖縄 
  • 沖縄の離島 


もっとも契約者の多い、本土の金額から見ていきましょう。 


原付の自賠責保険料は、契約期間により5つの金額に分かれています。 


契約期間保険料
12ヶ月7,500円 
24ヶ月9,950円
36ヶ月12,340円
48ヶ月14,690円 
60ヶ月16,990円


普通自動車の自賠責保険料が24ヶ月で25,830円であることを考えれば、格安の金額ですよね。 


この金額で補償内容は自動車と同じく、


「あらゆるケガに対応し、被害者一人当たり最大4,000万円補償」


となっているのですから、コストパフォーマンスの良い保険といえるでしょう。

原付の自賠責保険を契約できる場所とはどこになるのか?

通常、自賠責保険はバイクを購入したお店で契約を代行してくれるかと思います。 


しかしその自賠責保険の期限が切れるなら、次は自分で加入しなければなりません。 


また原付を個人間譲渡した場合も、自分で手続きしなければならないことがあるでしょう。 


原付の自賠責保険は、自動車とは異なりさまざまな場所で契約することができます。 

コンビニ、郵便局、インターネットなど様々な場所で契約することができる

原付の自賠責保険は、以下のような場所で加入できます。 


  • 保険会社の営業店 
  • バイク販売店・バイク用品店などの保険代理店 
  • コンビニ 
  • インターネット
  • 郵便局 
  • 農協 


どこで申し込んでも金額は同じです。 


この中から、バイク販売店・コンビニ・インターネットについてご説明しましょう。


バイク販売店


申し込みの手間を省きたい人におすすめしたいのは、バイク販売店です。 


申込書や車体番号への記入・ステッカーの貼付など、すべてをサービスでやってくれます。 


そのバイク屋さんと繋がりもできるので、その後の修理などを頼みやすくなります。 


コンビニ


一方で気軽にできるのはコンビニです。 


近場でできて、24時間いつでもOK。 


Famiポート・Loppi・マルチコピー機で加入できます。 


通常は現金のみでの支払いですが、セブンイレブンなら支払いにnanacoも使えます。 


自賠責保険証やステッカーは、すぐにレジで受け取ることができます。 


ただしコンビニでは、手続きはすべて自分で機械操作しなければなりません。 


入力間違いがあると、修正の手続きが大変になります。 


くれぐれも慎重に操作してください。 


インターネット


インターネット加入でも同様に、入力間違いに注意しましょう。 


自宅でも操作できて便利なインターネットですが、自賠責保険証明書とステッカーは即日発行ではなく後日の送付になります。


申し込みは契約開始の7日~1ヶ月前には行うようにしましょう。

都道府県や本島、離島などで金額が変わる場合もある

沖縄や離島の自賠責保険は安いというのは有名な話ですが、はたして原付の自賠責保険の金額も安いのでしょうか? 


原付については沖縄と離島の金額は同額で、本土に比べてかなり割安になっています。


具体的には、以下のようになっています。 


契約期間保険料
12ヶ月5,150円
24ヶ月5,280円
36ヶ月5,410円 
48ヶ月5,540円
60ヶ月5,660円


ご覧のように、1年も5年も保険料にあまり差がありません。 


当面は乗り換えない予定なら、長期契約を選ぶとかなりお得になりますね。 


沖縄県は任意保険についても、本土よりも大幅に安い価格設定になっています。 


およそ20~30%程度は割安であるようです。 


沖縄県内でのみ適用される保険料率は「沖縄料率」と呼ばれています。 

原付の自賠責保険で契約できる期間とは?

自動車の自賠責保険の契約期間は、最長で37ヶ月(新車の場合)となっています。 


次に、通常は36ヶ月・25ヶ月・24ヶ月・13ヶ月・12ヶ月・1ヶ月と続きます。 


更新の場合なら、25ヶ月より長くは契約できません。 


では原付自賠責の契約できる期間には、どのようなパターンがあるのでしょうか。

1~5年で自ら選択することができる

自動車の自賠責保険は、すべて車検の都合に合わせた期間となっています。 


しかし原付は自動車とは違い、車検がありません。 


自賠責の期間を車検に合わせる必要がないため、新規・更新に限らず長期間契約が可能です。


12ヶ月〜60ヶ月(1年〜5年)で、5種類の期間から選択することができます。 


自動車の最長期間37ヶ月(車検期間3年+1ヶ月、新車に限る)に対し、原付は最大60ヶ月(5年)。 


この長期契約には大きなメリットがあります。 

契約期間が長くなれば長くなるほど保険料はお得になる

自賠責保険は、長期契約であればあるほど保険料の金額が割安になります。 


それぞれの期間における、1ヶ月当たりの自賠責保険料の金額を比較してみましょう。 


本土の場合 

契約期間1年あたりの保険料
12ヶ月7,500円
24ヶ月4,975円
36ヶ月4,113円
48ヶ月3,673円
60ヶ月3,398円


沖縄と離島の場合

契約期間1年あたりの保険料
12ヶ月5,150円 
24ヶ月 2,640円
36ヶ月1,803円
48ヶ月 1,385円
60ヶ月1,132円 


特に沖縄と離島では、長期契約が破格の金額設定になっています。

自賠責保険には必ず加入しよう

当然のことですが、自賠責保険には絶対に加入しておきましょう。 


加入していないと、後悔してもしきれない事態になりかねません。 


自賠責保険未加入でいると、どんなデメリットがあるのでしょうか。 


しっかり心に留めておいてください。

自賠責保険は必ず加入しなければいけない「強制」保険である

自賠責保険は契約者ではなく、車両に掛ける保険です。 


任意保険は、契約者の金銭負担を軽減するために加入します。 


しかし自賠責保険は契約者のためのものではなく、被害者救済のために存在します。 


だから必ず加入するべき強制保険なのです。


自賠責保険には、


  • 後遺障害…4,000万円 
  • 死亡…3,000万円 
  • 治療…120万円 


という上限金額が設けられています。 


自賠責保険に未加入ということは、事故の際にこれらをすべて自腹で払う可能性があるということです。 


たとえ任意保険に入っていても、任意保険は自賠責の上限を超えた部分しか補償できません。 


もし払えなければ、資産や給与差し押さえの上に自己破産という道があなたを待っています。 

自賠責保険に加入せず公道を走行すると法律で罰せられる

たとえ事故を起こさなくても、自賠責未加入のペナルティだけで相当なものです。 


自賠責保険が期限切れの状態で自動車やバイクを運転した場合、 


  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金 
  • 6点減点(一発免停) 


という厳罰に処せられます。 


過去3年間に免停・免取の前歴が無ければ、免許停止期間は30日間。 


ただし停止処分者講習を受ければ、免停期間を短縮できます。 


30日の免停なら、1日まで短縮するが可能です。

まとめ

原付自賠責保険料の金額についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。 


この記事のポイントは、 


  • 原付の自賠責保険は、バイク店やインターネットなどでも契約できる 
  • 保険料の金額は、契約期間が長期であればあるほどに割安となる 
  • 自賠責保険未加入のデメリットは、計りしれないほど大きい 


以上のことでした。 


前述したように、原付には車検がありません。 


また長期契約になると、期限切れに気づきにくいという傾向もあります。 


よって原付の自賠責保険未加入率は、車よりもはるかに高いといわれています。 


格安で加入できる原付の自賠責保険ですが、うっかり期限切れにならないように普段からステッカーに気を配っておきましょう。 



ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されています。 


ぜひご覧になってください。

ランキング