自動車保険ALL

自賠責保険がおりない?保険金が減額されても任意保険でカバー!

事故の状況によっては、自賠責保険の保険金がおりない、または減額されることがあります。特に自損事故や、自動車の運行に関係しないトラブルでは自賠責保険の保険金がおりないことになります。そのため、自賠責保険のみならず任意保険へも加入しておきましょう。

自賠責保険がおりない!?任意保険でカバーできます!

自賠責保険は自動車を所有している人なら誰でも必ず加入しなければなりません。

自賠責保険が強制加入の以上、ご自分が加害者・被害者になっても、ある程度の保険金が確保できて安心と言えますよね。

しかしケースによっては自賠責保険の保険金がおりない、または減額されることをご存知でしたか?

ドライバーである方々にとって、どんなケースだと保険がおりないか気になるところでしょう。

そこで今回は、「自賠責保険の保険金がおりない場合とその対応策」について

  • 自賠責保険の保険金がおりないケース
  • 自賠責保険の保険金が減額されるケース
  • 自賠責保険がおりない無責事故・単独事故に対処できる保険

以上のことを中心に解説していきます。 

この記事を読んでいただければ、自賠責保険の保険金がおりないケースと、おりない場合の対応策を知ることに役立つと思います。 

ぜひ最後までご覧ください。

自賠責保険の保険金がおりない・減額される場合について解説!

万が一の事態が起きた場合、必ず保険金の満額が支払われるわけではありません。

自賠責保険の補償対象範囲外の場合は保険金がおりませんし、事故当事者に過失がある場合その割合によっては保険金が減額されるおそれもあります。

こちらでは、自賠責保険の保険金がおりない・減額されるケースを取り上げます。

自賠責法3条の無責の3要件に加害者が該当する場合

自賠責保険の保険金がおりないケースとしては、加害者に事故の責任がないことがあげられます。

加害者が無責になるためには、次の3要件全てに該当する必要があります。

  • 自分のために自動車を運行させている者および運転者が、その運転に関し注意を怠らなかった
  • 被害者または運転者以外の第三者に、故意または過失があった
  • 運転していた自動車に、構造上の欠陥または機能障害がなかった

自損事故の場合

例えば電柱に自分が運転する自動車が衝突したような自損事故ならば、自賠責保険の保険金はおりないことになります。

なぜなら自賠責保険は、被害者の救済を最優先とした保険であり、自損事故に関しては被害者がいないので、補償の対象外となるからです。

自動車の運行に関係しない場合

例えば、駐車中の車両に歩行者が衝突して負傷した場合や、自動車のドアの開閉でうっかり指を挟んでしまい怪我をした等、自動車の運行と関係ないケースでは、自賠責保険の保険金がおりないことになります。

法律上で自動車損害賠償責任となるためには「運行によつて他人の生命又は身体を害したとき」とあるので、自賠責保険の保険金がおりないことになります(自動車損害賠償保障法第3条)。

自賠法3条の「他人」に該当しない場合

他人に該当しない人とは、「運行供用者」に該当する人を指します。

この運行供用者とは次の要件に該当する人となります。

  1. 【運行支配】加害自動車の運航をコントロールできる人が当てはまります。運転手だけに限らず監督者も含まれます。
  2. 【運行利益】加害自動車の運行によって利益を得ている人が該当します。
  3. 【保有者】加害自動車の所有者、または所有者から無償で自動車を借りた人を指します。

現在の判例通説において、運行供用者とは「1」と「2」に該当する人を指します。

また、「3」に該当したならば「1」と「2」を考慮すること無く、運行供用者に当たります。

つまり、これらの条件へ当てはまらない人全てが他人に該当するわけです。

例えば、交通事故が起きた際に運転していた夫が加害者で、被害者が同乗していた妻の場合、妻に車の運転や使用に関して何らの関与も無い場合は、「他人」とされ自賠責保険がおりる可能性もあります。

しかし、夫婦が交代で自動車を運転していて、夫が運転している時に事故が起き、妻が傷害を負った場合は、妻には車の使用等に関しての関与が認められ、「他人」に該当せず保険金はおりないこととなります。

過失割合が7割以上だと保険金が減額!

自賠責保険は任意保険と異なり、事故当事者に多少の落ち度があっても過失相殺は行われません

ただし、具体的には7割以上の過失(重過失と呼ばれます。)がある場合、一定割合の減額がなされます。

過失割合ごとの減額割合を表にすると次の通りになります。

過失割合減額割合
~7割未満減額なし
7割~8割未満死亡・後遺障害、傷害ともに2割減額   
8割~9割未満・死亡、後遺障害:3割減額
・傷害:2割減額     
9割~10割未満・死亡、後遺障害:5割減額

  ・傷害:2割減額      
10割自賠責保険は支払われない

被害者に過失割合が10割あると保険金は全く下りなくなります。

自賠責保険がおりない無責事故・単独事故に対処できる保険を2つ紹介

たとえ自賠責保険がおりない場合でも、事前に任意保険へ加入していれば金銭的なサポートが受けられます。

こちらでは、無責事故・単独事故に対処できる保険を説明します。

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険とは、補償対象となる人が死傷した場合、過失の有無に関係なく、治療費・休業損害等が補償される保険です。

補償対象者は、自動車を運転する人、その配偶者、親族が該当します。

この保険の補償範囲は契約車で事故を起こしケガをした場合はもとより、他の車に乗っていてケガをした場合や、歩行中に車の接触事故によってケガをした場合も含まれます。

自損事故傷害保険

自損事故により、契約されている自動車の保有者や運転者、または乗車中の人が死傷した場合、こちらの自損事故傷害保険が下ります。

保険金額は次の通りです。

  • 死亡保険金:1,500万円
  • 後遺障害保険金:50万円~2,000万円
  • 介護費用保険金:200万円
  • 医療保険金:入院日数(1日)6,000円、通院日数(1日)4,000円

まとめ

自賠責保険の保険金がおりない場合とその対応策について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 

今回の記事のポイントは

  • 加害者が無責の場合や自損事故の場合等で、自賠責保険の保険金がおりないこともある
  • 事故当事者の過失割合によって、保険金が減額または保険金がおりない場合もある
  • 自賠責保険がおりないケースを想定し、人身傷害補償保険や自損事故傷害保険のような任意保険に加入しておく
でした。

自賠責保険は強制加入ではありますが、こちらに加入するだけで安心と言うわけではありません。

手厚い補償を受けるためには、任意保険へも加入しておきましょう。

ほけんROOMでは、保険に関して詳しい記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング