自動車保険ALL

自賠責保険の後遺障害の等級認定について!慰謝料アップの方法とは?

自賠責保険の後遺障害等級認定はどのようにすればいいのでしょうか。交通事故における、後遺障害の等級認定の申請方法や慰謝料アップのコツについて解説します。この記事では、保険会社側の視点からも等級認定について分析していますので、ぜひ最後までご覧ください。

自賠責における後遺障害等級認定について!慰謝料アップのコツとは?

今この記事をご覧のあなたは自賠責保険における後遺障害の等級認定について知りたい、と思っておられるでしょう。 

私たちの誰もが、交通事故の被害者となったとき、「保険によって本来受けるべき補償を受けたい」と思っているはずです。 

しかし、交通事故は突然起こるものです。 

いざ自分が当事者になってしまった時に、どのようにして「受けるべき補償」を受ければ良いのか理解していない方は少なくありません。 

そこで今回は、『自賠責保険』の『等級認定』について、 

  • 自賠責保険で等級認定・賠償請求を行う手順とは? 
  • 『弁護士基準』が適用されるメリットとは?

以上の点を取り上げていきます。 

この記事をご覧いただければ、自賠責保険における等級認定の流れと賠償請求について、さらに知っていただけると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

自賠責で後遺障害の損害賠償請求!等級認定は必須です

自賠責保険は、交通事故における被害者を救済するために設けられている仕組みです。 

本来、被害者が加害者側から受けられるべき賠償を確実なものとするためにも、自賠責保険への加入は必要不可欠です。 

交通事故の被害は、よく『軽傷』、『重症』という表現がなされますが、その中にはいわゆる『後遺障害(後遺症)』も含まれています。 

事故による後遺障害と認定された場合、その症状に応じた『等級認定』を受けていると、自賠責保険で等級に応じた保険金を受け取ることができます。 

では、これからその『等級認定』の流れについていくつか考えてみましょう。

自賠責の後遺障害の等級認定の流れについて

自賠責は、おもに次の手順で後遺障害の認定を受けることになります。 

  1. 事故後、病院で検査・治療を受ける 
  2. 症状固定後、診断書が出る 
  3. 診断書を保険会社へ提出し、損害賠償算出機構の調査事務所により等級認定される 

たとえば事故後、自分で「むち打ちかな?」と思っただけで、保険会社にその旨を伝えても、後遺障害認定を受けることはできません。 

裏付けとなる、医師の診断が必要なのです。 
 
そうして認定を受けて初めて、等級に基づいた賠償金を受けることができるのです。

等級認定が成立するまでの期間は、早くて「1ヶ月」とされています。

症状固定の重要性について

手順を説明する段階で、『症状固定』という言葉が出てきた事にお気づきになられたかもしれません。 

症状固定とは、なんでしょうか。 

これは、受傷による症状が進行しないと判断される段階のことです。 

これが重要なのは、症状が『発症』した段階ではなく、進行した段階の症状で、等級認定を受けることができるからです。

それにより、より高い等級での認定となる可能性があり、受け取れる賠償金の上限が増えます。

事前認定・被害者請求とは?2つの申請方法を解説

交通事故における後遺障害には、主に以下の2つの認定方法があります。 

  1. 事前認定:後遺障害の等級認定を、加害者側の損保に一任すること 
  2. 被害者請求:交通事故における被害者側が、自ら加害者の損保に対して賠償請求を行うこと 

1つ目の『事前認定』とは、場合によっては症状が固定する前に、被害者へ支払われる賠償額が決められる方法です。 

被害者側は特別な手続き、申請を行う必要がなく、保険会社にとっても内部処理が楽な方法だと言えます。 

ただし、事前認定はあくまで認定を行う側に主導権があるため、被害者の症状に、完全に対応した等級認定がなされない可能性がある、というデメリットがあります。 

2つ目の『被害者請求』とは、その名の通り交通事故の被害者側から賠償請求を行う方法です。 

たとえば事故の加害者側から正当な賠償が行われないような時も、この方法が用いられる場合があります。 

この場合、被害者側がすべて必要な書類を用意した上で手続きを行うことになりますので、非常に手間はかかります。 



しかし後遺障害の症状固定後に請求を行うことができるため、症状が悪化しても、最終的な症状に対応した等級認定がなされることとなり、賠償額が上がる、というメリットがあります。

後遺障害の等級認定は弁護士による被害者請求がオススメ!

ここまで後遺障害における等級認定について、いくつかの点を取り上げてきました。 

確かに『被害者請求』は、より正当な賠償額を請求できる方法だと言えます。 

しかし、等級認定においては、『弁護士基準』という賠償額における基準が適用されると、さらに賠償額が増える場合があります。 

  • 自賠責基準:交通事故における賠償額を、自賠責保険の基準で計算したもの 
  • 弁護士基準:交通事故における賠償額を、弁護士の基準で計算したもので、自賠責基準より高額となる。示談・裁判の際に用いられる

では、これからその弁護士基準について、いくつかの点を掘り下げて取り上げていきます。

慰謝料の相場について!弁護士基準だとどうなる?

弁護士基準の金額は自賠責基準と異なり公開されているものではありませんが、一例として、自賠責基準と比較すると以下のようになる場合があります。

(例)後遺障害 第1級と第14級の場合
第1級第14級
自賠責基準1100万円32万円
弁護士基準※3000万円※110万円

※あくまで一例です。

比較すると、約3倍も慰謝料が上がっていますね。

このように弁護士に依頼することにより、慰謝料が増額する、というメリットが非常に大きい、ということが分かります。

保険会社が事前認定をしたがる理由とは?

被害者視点でみれば、確実に『被害者請求』は被害者自身にとって有利にはたらく方法です。 

しかし保険会社にとっては、可能な限り自賠責基準で事前認定を行いたい、以下のような理由があります。 

  • 余計な手続きが必要ない 
  • 補償額が高額にならない

本来、自賠責保険は交通事故における被害者を救済するための制度です。 

ですから、『支払われるべき』だけの金額が被害者に対して、賠償として支払われる必要がありますが、事前認定においてはあくまで表面的な部分しか見られません。 

症状が悪化しても、あくまで認定を行った時点の基準で賠償が行われてしまいます。

不当な等級認定に異議申立てする制度があります

当初なされた等級認定に、被害者側が納得できないような状況は、往々にして生じ得ます。 

例えば、『むちうち症状があるのにも関わらず、後遺障害14級の等級認定が受けられない、というような場合です。 

そのような場合には、すでに行われた等級認定に関して、被害者側は何度も『異議申し立て』を行うことができます。 

これにより、再度審査が行われ、等級が上がる可能性があります。

まとめ

ここまで自賠責保険の認定について取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回ポイントとなる点は、

  • 後遺障害の等級認定は、後遺障害の症状固定後出る診断書を保険会社に提出し、審査が行われ認定を受ける
  • 弁護士基準とは、賠償の基準が弁護士によるものであり、自賠責基準よりも補償額の上限が高くなる

以上の点です。

交通事故に遭って、後遺障害を負ってしまった場合、この『等級認定』は、十分な補償を受けられるかどうか、という点に関わる、非常に重要な部分です。

万が一の時のためにも、等級や認定の手順について、今から覚えておきましょう。


保険ROOMでは、この記事以外にも役に立つ記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング