自動車保険ALL

新車に買い替えたら保険が効かない?自動車保険の必須知識3つ

せっかく購入した新車で事故を起こしてしまった時、「実は保険が適用されてない」ことがあったら非常に困りますよね。本記事では、新車へ買い替える際に覚えておきたい自動車保険の必須知識を紹介していきます。保険料の節約に関する情報も載っていますので、最後までご覧ください。

自動車保険の新車への買い替えにまつわる必須知識3つ

新車へ買い替えをするときに「車を買い換えたら今までの保険はどうなるんだろう?」と悩まれている方はいらっしゃいませんか?

せっかく新車に買い替えても、昔の自動車保険が適用されないなんてことがあると、事故が起こった時にとても困りますよね。

しかし新車買い替えの際に使える、節約テクニックや重要手続をご存知ない方が、多くいらっしゃるようです。

そこで、この記事では「自動車保険の新車への買い替えにまつわる必須知識」について
  • 自動車保険の車両入替
  • 保険料の節約
  • 車両保険に新車買替特約をつけよう
以上の点を中心に分かりやすく説明していきます。

新車の購入を検討されている方は、買い替え時に必須の情報が載っていますので、役に立つことと思います。

ご自分で車を買い替えられる時を想像しながら、最後までご覧ください。


1:自動車保険の車両入替をしよう!新車への買い替え手続について

新車に買い替えたり、知人から車を譲渡された際はまず初めに「自動車保険の車両入替」を行いましょう。

この手続きを怠ってしまうと、一切保証が受けられなくなる場合があります。

スムーズに手続きが進められるよう、必要なものや手順について一緒に確認していきましょう。

車両入替の必要書類と手続きについて

まずは必要な書類を揃えましょう。契約している保険会社によって異なる点はありますが、主に必須なものとして
  • 納車日
  • 車検証(新しい車のもの。)
  • 走行距離(新しい車と前の車の両方。新車の場合は0km。)
  • 返金先の口座情報(返金がある場合のみ)
以上のような書類や情報が必要となります。

もし車検証がない場合は
  • 型式 
  • 車名 
  • 初年度登録年月
    登録番号(ナンバープレート) 
  • 車台番号 
  • 所有者 
  • 使用者
以上の情報を代わりにお伝えしましょう。

保険会社に上記の情報を伝えると、残りの契約日数や契約中の自動車保険の金額などから、新しく契約する保険料の過不足分を計算してもらえるので、それに従い精算をおこないます

そうすれば納車日に、自動的に補償の対象となる車が変更されるので、新車が自動車保険に加入したこととなります保険会社によって細かい部分は変わってきますので、必ず契約する保険会社と連絡を取るようにしてください)。

車の買い替えではなく、身内や知人から譲り受ける場合等は自動車保険の車両入替をどうしても忘れがちになってしまいますので、新車でなくても必ず車両入替をおこなうように気を付けましょう。

車両入替を忘れると無保険!新車の納車日前までに行っておこう!

車を買い替えても車両入替を忘れていた場合は、当然自動車保険の補償対象からは外れてしまいます。

つまり、新しい車が事故を起こしても補償が受けられないということです。

車両入替は、新しい車を取得した日の翌日から数えて30日以内に行うよう定められており、この期間に車両入替をしないと自動車保険は適用されません

新車の納車日前に必ず終わらせておきましょう。

2:自動車保険の保険料を節約!~新車への買い替え~

新車に買い替えた場合、自動車保険の保険料は以前よりも高くなることが多いです。

なるべく保険料の節約ができるよう、必要な知識を持っておきましょう。

この機会に保険料の見直しをするのもよいですね。
順番に説明していきます。

車両入替で新車の保険料は高くなる!?

自動車保険の保険料は車種や年数によって変わります。

頻繁に保険が使われる車種(盗難に遭いやすい等)や、契約の年数が浅いものほど保険料は高くなりますので、新車に買い替える場合は以前よりも保険料が高くなる場合がほとんどです

以前の契約との差額を清算した後に、追加料金を支払わなければなりません。

今までの契約を見直し、保険料を少しでも節約できるプランがないか、保険会社に問合せしましょう。

新車割引とは?車の初度登録から25ヶ月以内に適用!

新車を購入される方は「新車割引」という制度を利用することで、保険料を抑えることができます。

新車割引とは、新車として初度登録された年月より一定期間、保険料の割引を受けることができる制度のことです。

会社にもよりますが、以下のような割引を受けられる場合もあります。

車両保険対人賠償対物賠償人身傷害補償
普通自動車7%割引11%割引11%割引11%割引
小型自動車
7%割引11%割引11%割引11%割引
軽自動車1%割引8%割引
2%割引21%割引

新車契約の開始する年月の時点で、初年度登録年月が25か月以内、つまり新車に買い替えて2年1か月以内に特定の自動車保険と契約する場合に適用されます。

それでは新車割引についてさらに詳しくみていきましょう。

25ヶ月目で自動車保険を乗り換えて新車割引を継続させる裏ワザとは?

新車割引は先ほども紹介したように25か月以内であれば適用されます。

実はこの契約期間の最終月、つまり2年1か月目に保険を他社に乗り換えれば、「他社保険切り替え新規」という扱いで保険を契約することが出来ます。

新車割引の条件である25ヶ月以内を保ったまま自動車保険の割引を新たに受けることができるのです。

このように細かい点に注意することで、保険料の節約に役立てることができます。

3:自動車保険の車両保険に新車買替特約をつけよう

新車に買い替えたあと短期間で事故を起こしてしまった場合、新しく車を購入する為の費用を補償してくれる「新車買替特約」という制度があります。

車を買い替えて自動車保険に加入する場合は、万が一に備えて新車買替特約を付けましょう。

全損の場合の保険金額は時価総額!

新車買替特約をつけずに全損の事故を起こしてしまった場合、支払われる保険金額は事故を起こした車と同車種の時価です。

当然、購入当時よりも古い車種となっていますので、新車を購入する場合でも新車の価格より低い保険金しかもらうことができません。

では、新車買替特約を付けるとどのようなサービスを受けることができるのでしょうか?

新車買替特約なら新車に買い替えられる!

新車買替特約は、「新車が壊れたら修理するのではなく、また新車に買い替えたい」という方に特におすすめです。

新車買替特約を付けた場合、交通事故によって車が全損(全損ではないが修理不可能という場合も含む)したり、事故による損害額が契約時に設定した新車価格相当額の50%以上となった場合に補償を受ける事が出来ます。

補償額の上限は「契約時に設定した新車価格相当額」ですので、新車に買い替えるための資金に使うことができます。

以上の理由から自動車保険には念のため新車買替特約を付けておくと便利です。

まとめ

自動車保険の新車への買い替えにまつわる必須知識について紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

この記事のポイントは
  • 自動車保険の車両入替を必ずする
  • 新車割引等を利用して保険料を節約する
  • 車両保険に新車買替特約を付帯する
以上の点でした。

新しい車を買い替えることは家計にとって大きな決断です。

「備えあれば患いなし」

という言葉の通り、保険への加入や保険料の節約など事故への備えを十分にしておくことが安全運転にもつながりますので、買い替える前には十分な準備をしておきましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されています。
ぜひご覧になってください。

ランキング