自動車保険ALL

自動車保険の複数年契約を続けますか?乗り換えると保険料がお得!?

自動車保険における複数年契約のメリット・デメリットとは?複数年契約は乗り換えるべき?そんな疑問にお答えします。この記事では、自動車保険の長期契約について詳しく解説しています。今後、長期契約を検討中の方や乗り換えを考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

自動車保険は複数年契約していてもあまりメリットはないので乗り換えをおすすめ!

自動車保険は基本1年契約ですが、ディーラーや代理店型が取り扱っている複数年の保険期間の契約もあります。

もちろん複数年契約にもメリットはあるのですが、デメリットも大きいんです!

したがって、複数年契約はメリットがあまりないという意見のある自動車保険市場の中で、乗り換えを検討している人も少なくないのではないでしょうか。



そこで、この記事では、「自動車保険の複数年契約から乗り換えをおすすめ理由」について

  • 自動車保険の複数年契約のメリットとは
  • 複数年契約から乗り換えた方がいい理由
  • 保険料が安い自動車保険とは

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、自動車保険選びの時に役立つかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。




自動車保険の複数年契約にもメリットはあるが乗り換えた方がメリットは多い


自動車保険の複数年契約といってもおおよそ2年~7年ほどの幅があります。


この長い期間、自動車保険の複数年契約のメリットは何があるのでしょうか?

保険料は無事故を前提に翌年、翌々年と設定されていますので保険期間中はちょっとお値打ちに加入できます。


自動車保険の複数年契約メリットを簡単に3つにまとめました。

それは、


  • 保険期間複数年保険料は変わらない
  • 保険期間複数年更新手続きなし
  • 1年契約と比べ保険料は少し抑えることができる

以上のことをふまえて具体的に解説いたします。



複数年契約の場合、毎年手続きをする手間がいらない・保険料がずっと一定ではある


自動車保険複数年契約のメリットは、まず契約期間中は更新手続きをする必要がないので面倒がないということ。

更新がいらないので期間中、保険料も変わらず一定です。

例えば、3年間の契約の場合、1年契約と違って、2年目で事故をしたとしても3年目に保険料は上がらないのです。


しかし、3年が終わっていざ更新となった時に次の保険料を聞いてびっくりすることでしょう。

なぜなら、事故による等級ダウンで保険料が跳ね上がっているからです。

料率改定による保険料アップを一時的に回避することもできる

自動車保険の複数年契約の保険期間中に保険料率改定があっても、更新時までは保険料は上がらないので、一時的ですが保険料アップを回避できるというわけです。


ただし、保険料率引き下げとなった時は、保険期間中は保険料は下がらないということになってしまいます。


事故を起こしても、翌年等級は下がらず、保険期間が終了の切り替え時に等級が下がるので

ここでも保険料アップを一時的に抑えることができます。

自動車保険の複数年契約は、これだけでも魅力的ですよね。


しかし、複数年の自動車保険契約がこれだけのメリットがあるのに乗り換えた方がいいという理由があるんです。

自動車保険は複数年契約するより乗り換えた方がいい理由とは?

自動車保険の複数年契約のメリットで述べてきましたが、見る限りとても良い保険でしたがなぜ乗り換えた方がいいというのでしょうか。

  • 自動車保険は、毎年保険内容を見直した方がいい
  • 複数年契約は基準となる保険料が元々高額に設定されている
  • インターネット割引の適用を受けられない
  • 通販型自動車保険なら保険料を節約でき、各種サービスの保険料割引を受けられる

以上、乗り換えた方がいい理由の一部をご紹介いたしました。

自動車保険の複数年契約、いくつかのデメリットもありますね。



そのデメリットを大きく上回る通販型のメリットと比べて、複数年契約を考えているのならよく吟味してから判断するのが得策と言えましょう。





複数年契約の場合には、自動車保険の乗り換えを検討しても乗り換えができない

自動車保険の複数年契約の解約は可能です。

違約金も発生しません。

他社へ乗り換えもできますが、注意が必要です。


例として、5月5日に保険が始まったとしたら、7月7日には解約できず翌年の5月5日にしか解約はできないのです。



また、今主流となったダイレクト保険(通販型自動車保険)の保険会社は一部を除いてインターネットで申し込む乗り換えができないんです。

ダイレクト保険なのにインターネットで申し込めずインターネット割引もなくなってしまいますね。



中途解約をして、乗り換え時インターネットで申し込みできない保険会社(抜粋)


  • アクサ
  • アメリカンホーム
  • イーデザイン損保
  • SBI損保
  • そんぽ24

乗り換え時インターネットで申し込み可能な保険会社(抜粋)


  • セゾン自動車火災


中途解約後に乗り換えをしようとしても、インターネットで申し込みができない保険会社も多いので、複数年契約を加入する前にじっくり検討をすることが賢明です。

保険料が一定だと勘違いをし保険金を請求すると等級が下がり保険金が倍に跳ね上がる落とし穴も

複数年契約は、保険期間数年保険料は一定と勘違いをしてしまって大したことはないのに保険金を請求、更新時に等級が下がってびっくりするケースがあります。

例えば、「Aさんが複数年契約で入っている自動車保険は、翌満期日までまだ1年あります。

そこで、保険料は変わらないしと思い込み先日家の車庫でぶつけた車の修理をし保険金を請求しようと思いました。


ほんのかすり傷程度だったんですけれど。

案の定、満期を迎えいざ更新と言う時に等級は下がり保険料も想像していなかったことになっていてショックを受けました。」

 

このように、せっかくメリットがあって複数年契約しても、お得じゃなくなってしまいますので、先述の通り、複数年契約の自動車保険に加入しようとするときはメリットデメリット良く照らし合わせて決断することです。


また、途中で解約した場合、1年契約では無事故で等級が1段階上がりますが、複数年契約ですと満期まで等級は据え置きになってしまうため次の保険会社に加入しても等級は前契約の等級になるので、等級が進むのが遅くなってしまうわけです。


ということは、保険料が安くなるタイミングが遅くなってしまうんですね。

このようなデメリットがあるので中途解約はなるべく避けたいですね。

ネット型の自動年車保険を選んだ方が保険料が安い

複数年契約は、保険料が契約期間(保険期間数年)一定でお得感がありましたが、実際は基本の保険料が割高であることをお伝えしました。

取り扱っているディーラーや代理店は複数年、顧客に解約されにくく抱えることができるため収益につなげていると言われています。



そのような背景で、急激に伸びているのは、ネット型(通販型)自動車保険で、保険料が安く、手厚いサービスで、スピーディかつ丁寧な対応で人気を博しています。



各社それぞれ特徴があるので、比較できる1括見積もりサイト等で見積もってみるのも良いでしょう。


まとめ:自動車保険の複数年の契約はせず定期的に見直し、乗り換えた方がいい

自動車保険の複数年契約からの乗り換えについてお伝えいたしましたが、いかがでしたでしょうか。

今回のポイントは、

  • 複数年契約は、数年更新手続き不要で煩わしさはないが、基本は保険料は高めに設定されている
  • 中途解約はできてもその後乗り換えたい保険会社は限られてしまう
  • 複数年契約もメリットはあるものの、ネット型の方が安くて手厚いサービスがある

自動車保険の複数年契約は、中途解約して乗り換えしづらい面がありました。


保険料の負担や対応の良さを考え、家庭内の状況の変化なども考えられるので、1年に1度は保険を見直した方が良いと言えます。


複数年契約の自動車保険に加入する前に今一度ネット型自動車保険も視野に入れて検討してくださいね。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますのでぜひご覧ください。





ランキング