自動車保険はいつまでに乗り換える?ベストなタイミングとは

自動車保険はいつまでに乗り換えたほうがいいか?誰もが一度は考えることですね。今回は自動車保険を乗り換える際のメリット・デメリットについて詳しく説明したいと思うます。これを読めば、いつまでに乗り換えればいいか、その疑問に答えが出ると思います。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

自動車保険はいつまでに乗り換えた方がいいの?

自動車保険に加入されている方が必ず直面する問題、それは自動車保険をいつまでに乗り換えればいいかということです。


保険料の違いだったり、車の買い替え、知り合いからの勧誘。


理由はさまざまですが、今回は「いつまでに乗り換えるのがベストなのか?」という疑問にお答えしようと思います。

自動車保険の乗り換えは、いつまでという決まりはないがやはり満期になったらしよう!

まずはじめに、自動車保険の乗り換えにいつまでという決まりはありません。


ただし、満期を過ぎてしまうと無保険期間ができてしまうし、場合によっては等級が引き継げず大幅な保険料UPになってしまう恐れがあります。


いつまでに乗り換えるか」のベストなタイミングはやはり満期の時です。それ以前でも以後でもない理由を説明したいと思います。

自動車保険を満期前に乗り換えてしまうと無事故割引の等級UPが遅れる

いつまでに乗り換えるか、仮に満期前に自動車保険を乗り換えるとしましょう。

その場合のデメリットはズバリ「無事故割引の等級がUPしない!」ということです。


自動車保険には1年間無事故で過ごすと等級が一つ上がるというルールがあり、等級が高いほど割引率も高くなります。


しかし、満期前に乗り換えてしまうと等級が上がるのにまた1年間かかってしまうのです。

自動車保険を満期前に乗り換えてしまうと解約の手続きも必要になってくる

さらに満期前に乗り換えると手続きが一つ増えます。それは「解約手続きです」。


いつ乗り換えても解約手続きが必要じゃないの?と思われるかもしれませんが、それは違います。


実は、満期の時に自動車保険を乗り換える場合、解約手続きはいらないんです。


基本的にはその時加入している保険会社に「満期で終了します」と伝えるだけ。書面での手続きがなく、とても簡単です。

自動車保険を満期前に乗り換えてしまうと等級は引継がれるが事故歴ありの場合は損してしまうことも

満期前に自動車保険を乗り換えてしまうともう一つデメリットがあります。


それは事故有係数適用期間が減らないということです。一度事故を起こして保険を使うと事故歴ありとなり、数年間保険料が高くなります。


いつまで期間が続くかというと事故の種類にもよりますが1年~3年間です。


この1年~3年を事故有係数適用期間といいます。


通常事故有係数適用期間は1年間無事故だと一つ減ります。


しかし、満期前に自動車保険を乗り換えてしまうと等級と同じようにまた1年間が仕切り直しになってしまうんです。


いつまでも事故歴が無くならない!なんてことにならないよう気をつけましょう。

自動車保険の乗り換えは、満期に乗り換えた場合のメリットとは

いつまでに乗り換えたらいいか、これまでは満期前の乗り換えした場合のデメリットについてお話ししてきましたが、次に満期時に自動車保険を乗り換えた場合のメリットについて詳しく説明していきたいと思います。

満期に乗り換えれば自動車保険の等級の引き継ぎがスムーズである

自動車保険では保険会社を変える時も等級を引き継いで契約することが可能です。

新しい保険会社と契約する際は現在の等級を申告する必要がありますが、その計算も満期の時であれば簡単です。


現在○○等級で、○月○日に満期を迎えます」と言うだけ。とてもスムーズに手続きが進みます。

満期に乗り換えれば自動車保険の解約の手続きも不要である

そして、満期で乗り換え場合、自動車保険の解約手続きが必要ありません

満期前に乗り換えると必ず解約手続きを行わなくてはならず、基本的に書面でのやりとりが必要になります。


手続き書類って確認しなくてはいけないことも多く、必要事項を記入するのがとても面倒ですよね。その手間が一切いらないんです。


「いつまでに書類を返送すればいいんだろう?」そんな心配も不要です。

満期に乗り換えれば自動車保険の短期料率や契約応答日なども気にしなくていい!

また、満期前に解約すると一括払いで保険料を支払っていた場合、保険料が返ってきます

「それはとても嬉しい!」と思われるかもしれませんが落とし穴があります。


自動車保険を1年契約で加入している場合、保険料の返金額は日割りではなく短期料率というもので計算されるんです。


中途半端な日で解約すると戻ってくる保険料も大きく損をすることに。


また自動車保険には契約応答日というものがあります。


契約応答日を迎えると等級が進み割引率が上がったり、事故有係数適用期間が1年減ります。


それも満期前に乗り換えてしまうとそれまでの期間がムダになってしまうんです。


いつまでに乗り換えるかの答えはやはり満期日ということになります。

参考:いつまでに自動車保険を乗り換えるか考えた場合は、満期の3~4ヶ月前から申し込みをしよう

補足として申し込みはいつまでにすればいいかお答えします。


いくら満期で自動車保険を乗り換えたほうがいいからといって半年以上前から申し込みができるわけではありません。


多くの保険会社は満期の3~4ヶ月前から手続きを承っています。


なので、いつまでに自動車保険を乗り換えるか考えた場合、満期の3~4か月前から申し込みをしましょう。

コラム:自動車保険の乗り換えで一番安い保険料を見つける裏ワザ

自動車保険を乗り換える際、少しでも安い保険に加入したいと思いますよね。


ただ、保険会社の数は20社以上あるので、全ての会社で見積もりをするのはかなりの時間がかかりますし、大変面倒です。


そんな時に役に立つのが自動車保険の一括比較見積もりサービスです!


20社近くの保険会社のほぼ全てを一気に見積もってくれるので、一社一社見積もる必要がなくなるのです!


しかも何と、無料で利用することができます。


見積もったから加入しなければならないこともないので、気軽に試してみるといいと思います。


自動車保険の一括見積もりサービスを使い方は以下のボタンからどうぞ!

まとめ

さて、ここまでいつまでに自動車保険を乗り換えたほうがいいか説明してきましたが、等級や事故有係数適用期間、さらには保険料の返還を考えると、やはり満期になったら乗り換えるというのが最良の選択だとわかっていただけたかと思います。


いつまでに自動車保険の乗り換えるかを検討される時には、ぜひ参考にしてみてください。

ランキング