自動車保険ALL

自賠責保険は対人賠償の保険で、物的損害についての補償されない!

自賠責保険は、すべての自動車が加入しなければならない強制の保険です。人的損害を補償しますが、物的損害については補償がありません。自賠責保険で補償できない物的損害については、任意の自動車保険を活用します。自賠責と任意保険について理解をして加入をしましょう。

自賠責保険では物的損害は補償されません!

自動車保険には、強制保険と呼ばれる「自賠責保険」と任意で加入する「自動車保険」があります。


今回は「自賠責保険」について説明をします。


「自賠責保険」は対人賠償責任を補償する保険です。


自動車対自動車の事故の場合は、車両の破損が発生しますが、自賠責保険では、物的損害は補償されません。


あくまでも「人的損害」となります。



自賠責保険とは全ての自動車・原付に加入が義務付けられている自動車保険のこと

自賠責保険とはどのような保険でしょうか。


すべての自動車は、自賠責保険に加入していなければなりません。(自賠責保険の対象外となる自動車もありますが、一般的な自動車ではありません)


そもそも自賠責保険は、自動車の台数が一気に増えることとなった時期に、事故も多発しました。


そこで政府が強制的に「被害者を救済する」ためとして作られた保険です。


そのためすべての自動車に加入が義務付けられています。

自賠責保険で補償されるのは事故被害者(相手)の身体的傷害のみ

自賠責保険は、すべてに自動車に加入が義務付けられている保険です。


前述しましたが、もともと政府が「被害者を救済」する目的で設定されました。


そのため、事故の被害者の身体的傷害のみとなっています。その金額もいわゆる「最低限の補償

」となっています。


義務付けられた保険ですので、保険料を最低限にするために「最低限の補償」となっています。


また、物的損害に対しての補償がないのは、被害者遺族への補償を重視したものであり、被害者により金額が変わる「物」に対しては補償をしません。

他人の物的損害への補償が必要な場合は任意保険に加入する

では物的損害については、どうすればよいのでしょうか。


自動車保険には、強制保険と任意の保険があります。


物的損害については、任意の保険で対応することができます。


任意の自動車保険は、対人賠償についても自賠責保険の補償限度額を超える設定ができるようになっています。物的損害については、「対物賠償責任」という名称で契約をすることができます。


事故が発生すれば、ほとんどの場合で物的損害が発生します。


ですので、自賠責保険に加入しているから「大丈夫」ということはありません。


任意保険の対物賠償保険でもしもの事故に備える

任意保険の対物賠償責任保険の加入をしましょう。


事故は対人だけではありません。


自動車と自動車がぶつかる事故もあれば、あなたの運転ミスで、人的な被害が発生しない物的損害が発生する可能性があります。


交通事故を起こすとほぼ必ず物的損害が発生する~車両同士の事故は非常に多い~

交通事故をおこすと、ほとんどの場合物的損害が発生します。


自動車と自動車の事故というのが、一番理解しやすく、またその件数も非常に多いものです。

では、あなたが単純に歩行者を跳ねれてしなった場合などではどうでしょうか。


人的損害しかない、と思われた方、不十分です。


歩行者は素っ裸で歩いているわけではありません。


自賠責保険でけがや死亡、後遺障害といったことには補償できます。


しかし自動車と接触すれば、歩行者の着衣が破れることもあります。


持っていたスマホが壊れることもあります。


カバンの中にあったものが壊れることもあります。


物的損害に該当することとなります。

自分の過失で対物事故を起こした場合、その賠償額は計り知れない

対物事故ですが、その賠償金の額は、事故の状況によってとんでもない額となる可能性があります。


よく言われる「高額な賠償金」となる事故を説明します。


道路には、高額なものが沢山存在しています。


たとえば、信号機です。交差点にある信号機には一本だけ四角の箱がついています。


この箱がついている信号機を壊すと賠償金は1000万円ともいわれています。


もっと高額になる事例としては、コンビニへの事故があります。


駐車場でペダル操作を誤って、店内に突っ込んでしまうといった事故です。


こういった事故の場合、巻き込んでしまった人のけがに対しては、自賠責保険が対応できます。


物的損害の対象となるのは、店内の商品、片付け費用、店舗自体の損害への補償、自動ドアが破損したために数日ガードマンをおく場合など、賠償金が膨れ上がることとなります。

対物賠償保険の補償額設定は無制限がオススメ

対物賠償保険は、保険金額が自分で設定できます。


過去は、5000万円と言われていました。


無制限という保険金額ができるようになってから、任意保険は、対人賠償責任保険は無制限、対物賠償責任保険も無制限といわれています。


自賠責保険は、もともと3000万円まで補償されています。その上に任意保険が無制限で補償することとなっています。


対物賠償責任保険だと、根っこから無制限までとなります。


賠償金がいくらになるか、は先に分かることはないので、無制限をおすすめします。

まとめ

自賠責保険は加入が義務付けられて保険です。

そして物的損害について補償できません。

ですので、自賠責保険があれば問題ない、なんていうことはありません。


任意保険と組み合わせて、人的損害、物的損害を両方に対応しましょう。

ランキング