車両保険はネットで選ぶ?お得に車両保険を付帯するポイントを説明!

車両保険を付帯すると保険料は倍近く値上がりしてしまいます。しかし、ネットで自動車保険を契約することで、車両保険をお得に付帯できます。ネットで自動車保険を契約する場合は、保険料を安くできる代わりに、プランを自分で考える必要があります。

車両保険の付帯はネットを上手く活用して得しよう!

車両保険は事故や盗難で自動車の修理が必要になった場合に、自動車の修理代を補償してくれる保険です。車両保険は強制ではなく任意保険なので、自動車保険に車両保険を付帯するかどうかは自由です。


自動車保険に加入する際に、車両保険を付帯するかどうか悩むところですが、車両保険を付帯しようと考えているなら、ネットの自動車保険を利用して、車両保険をお得に付帯しましょう。

車両保険を付帯すると自動車保険料が高い

車両保険は事故や盗難にあった際に自動車の修理代を補償してくれるので、自動車保険に付帯したいと考える人は多いです。特に新車や高級車の場合は、少しの傷でも気になりますし、盗難やいたずらに遭う可能性も高くなるため、車両保険を付帯した方が良い場合が多いです。


しかし、車両保険を付帯すると、補償される内容が増えるため、支払う自動車保険料が高くなってしまいます。車両保険を付帯すると、自動車保険料はどのくらい高くなるのでしょうか?

車両保険があり、なしの場合別保険料比較例

保険料計算の条件として、年齢30歳、ゴールド免許、通勤含む日常で車を利用、記名被保険者のみ補償、年間走行距離5,000Kmで計算しています。


車種一般タイプエコノミータイプ車両保険なし
軽自動車64,540円48,560円31,340円
小型自動車69,930円50,230円33,920円
普通自動車86,410円56,630円31,980円
高級車、スポーツカー121,430円71,530円30,220円

自動車保険はネットで契約すると安い!?

自動車保険を契約するには、自動車ディーラーに契約してもらったり、代理店で契約する方法やネットを利用して契約する方法があります。一般的に自動車保険はネットで契約する方が、保険料を安く抑えられます。


自動車保険の保険料を少しでも安く抑えたいという方は、ネットで契約する方法について理解することで、保険料が安い自動車保険を契約できたりいま契約している自動車保険料よりも保険料を安く抑えることができる場合があります。


自動車保険をネットで契約すると聞くと、手続きや補償内容に不安を感じる方もいると思いますが、手続きは簡単ですし、補償内容も充実したものが多いです。自動車保険をネットで契約することについて説明します。

通販型自動車保険とは?

ネットから損保会社と直接契約できる自動車保険のことを通販型自動車保険と呼びます。いままでは馴染みがあまりない保険でしたが、CMで見かけることも多く、だんだんと認知されてきている自動車保険です。


自動車ディーラーや代理店を通して損保会社と契約する代理店型自動車保険と違い、通販型自動車保険では店舗に行かなくても自動車保険を契約できます。また、通販型自動車保険はネットで見積もりから契約まで完了できるので、忙しくて店舗に行く時間がない方でも、少しの空き時間で契約できます。


通販型自動車保険では、複数の損保会社で見積もりを取って、その中から好きな内容の自動車保険を契約できます。ネットだけで見積もりを取れるため、簡単に自動車保険の見積もりが取れます。

通販型自動車保険は代理店にかけるコストが無いから安い

通販型自動車保険は代理店型自動車保険と比べると保険料が安いですが、なぜ保険料を安くできるのでしょうか?


通販型自動車保険は代理店型自動車保険と違い、ネットだけで見積もりから契約まで完了できます。代理店型自動車保険の場合は、店舗の賃料や担当者の人件費などのコストが多くかかっています。


しかし、通販型自動車保険の場合はネットだけで完了するため、代理店にかかる人件費などのコストが必要無く、その分保険料が安くなっているのです。

車両保険付帯時の保険料を通販型自動車保険を利用して抑えよう

上記で比較した通り、車両保険を付帯した場合と付帯しなかった場合では、年間の保険料が2倍以上に高くなります。


車両保険を付帯すると、保険料が高くなってしまうので、同じような内容の補償がされるのであれば、少しでも保険料を安く抑えたいと考える方が多いと思います。


通販型自動車保険では代理店にかけるコストが無い分、保険料が安く抑えられるため、通販型自動車保険を上手く利用して、車両保険を付帯した保険料を少しでも安く抑えましょう。

通販型自動車保険の3つの注意点

代理店型自動車保険と比べて保険料が安いというメリットがある通販型自動車保険ですが、通販型自動車保険を利用する際には、いくつか注意点があります。


ただ安いからという理由で通販型自動車保険を契約すると、事故発生時や保険金を請求する際に「こんなはずじゃなかった」ということになりかねません。


通販型自動車保険を利用する際の注意点をしっかりと理解しておきましょう。通販型自動車保険を利用する際の注意点とはどのようなものでしょうか?

自動車保険のプランを自分で考る必要がある

通販型自動車保険を契約する場合は、どのような自動車保険のプランを選択するかということを、自分で考える必要があります。


代理店型自動車保険では、代理店の担当者に相談すれば、自分の希望に沿ったプランを用意してくれますが、通販型自動車保険では自分でネットを使って契約するため、相談できる相手がいません。


そのため、自分に適したプランがどのようなプランかということを調べたり考える必要があるのです。

事故対応力が低い場合が多い

通販型自動車保険は事故対応力が低い場合が多いです。通販型自動車保険では、ネットで見積もりから契約までを完了するため、代理店型自動車保険のように担当が付くわけではありません。そのため、事故を起こしたときの対応力が低くなるのです。


しかし、通販型自動車保険でも、事故を起こした場合にオペレーターが対応してくれたり、事故現場に専門スタッフが来てくれるサービスを提供していたり、ロードサービスが充実しているものもあります。


自分が契約する自動車保険の補償内容を十分に調べることが重要です。

自動車保険の制度は複雑なので各損保会社の評価がしにくいし選びづらい

自動車保険には、車両保険以外にも人身傷害や対物賠償、対物超過修理費用といった補償の内容を付帯することができます。


また、補償範囲を狭くする代わりに保険料を安くするエコノミー型や、車両保険の補償金額のうち自己負担額によって保険料が変わったりと、自動車保険の制度は複雑なものが多いです。そのため、どの損保会社の保険が自分に合っているのか判断が難しく、自動車保険を選ぶのが難しいです。


通販型自動車保険は自分でどの自動車保険に加入するかを判断しなければならないため、自分で自動車保険を選ぶ必要があるということを理解しておかなければなりません。

コラム:自動車保険一括比較のススメ

この記事を読んでいる皆さんは自動車を所有し、自動車保険に加入している方が多くいらっしゃると思います。 


ですが、車の購入時にディーラーや保険代理店で自動車保険に加入し、現在の保険料に対して高いと不満に思っていませんか?
 


もしかすると不必要な補償が付いているかもしれません。 

この機会に自動車保険の見直しをしてみませんか? 


見直しをすることでなんと一年間に5万円もの保険料を節約できた事例もあります!


しかし一社ずつ見積もりを行うのは時間がかかり、めんどくさいですよね。


そこでおすすめなのが一括見積りサイトで見積もりを行うことです!

一括見積りサイトなら何度も個人情報を入力する必要がなく無料で見積もりができるので、気軽に保険料の比較を行うことができます。


今自分が加入中の保険についている補償と同条件でも保険料が安い会社を見つけることができると思います! 


契約しなくても見積もりだけでも大丈夫なので、是非一度一括見積りサイトで見積りを行ってみてはいかがでしょうか。


自動車保険を見直したい方は以下のボタンからどうぞ!

(保険スクエアbangに飛びます)

まとめ:ネットを駆使して車両保険をお得に付帯しよう

通販型自動車保険は保険料を安く抑えることができるため、保険料にお金をかけたくない人にとってはメリットがあります。ネットだけで見積もりから契約まで完了するため、時間がない人にとっても加入しやすい保険です。


しかし、通販型自動車保険は自分でどのプランにするか考えたり、事故対応がどうなっているか調べたり、自動車保険の制度について理解する必要があります。


ネットで調べれば自動車保険に関する情報がたくさんあるので、ネットを駆使して自分に適した自動車保険を選び、お得な保険料で車両保険を付帯しましょう。

  • ランキング