自動車保険ALL

安心して車に乗り続けるために正しい車両保険の更新知識を手に入れる

車両保険の更新手続きには気を付けなければならないことがいくつかあります。更新手続きをする時期の確認と補償内容の見直し、さらに満期日を過ぎてしまった時の対処方法です。正しい車両保険の更新手続きを知って安心のカーライフを送りましょう。

車両保険の更新について、忘れたらどうなる?

車を運転するために必ず必要なのが自動車保険への加入ですよね。特に新車を購入した時など、車自体の損害を補償する車両保険には加入しておきたいものです。車両保険は保険料が高いですが、無事故等級が高ければ、その分保険料を安く抑えることができます。


しかし、車両保険の更新手続きを忘れてしまったらどうなるのでしょうか。


ここでは、車両保険の更新手続きの方法と、万が一、更新手続きを忘れてしまった場合の対処方法についてご紹介いたします。


車両保険の更新時期は?

車両保険の更新はいつまでにすればいいのかわからない。そんな疑問をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。


車両保険は基本的に1年ごとの契約になりますので、現在の保険契約が開始された日(この日を満期日と呼びます)の前日までに更新手続きを済ませることができれば、問題はありません。


ただし、満期日の前日まで手続きをしないでおくのはおすすめできないですね。


なぜなら、いざ、契約更新という日になって、何らかの事情によって手続きをすることができない可能性があるからです。安全なカーライフを送るためにも、早めの更新手続きを心がけたいものです。

保険会社から契約満期日の2~3ヶ月前に通知が来る

契約満期日の2~3ヵ月前には、加入している保険会社から通知がきます。通知がきたら、保険の内容をよく確認しましょう。お持ちの車の年式や運転されるご家族の状況の変化などによっては保険の内容を見直す必要があるからです。

特に自動車保険のなかでは車両保険の保険料が占める割合は大きいですから、車両保険の内容を見直すことによって、保険料を抑えることも期待できます。

車両保険の更新を忘れてしまったら?

車両保険の更新を忘れてしまった場合には、保険契約が切れることとなります。もしも、事故が起きた時には保険を使うことはできません。

人身事故を起こしてしまった場合には自賠責保険による補償の対象とはなりますが、支払いがなされるのは基本的に被害者の治療が済んでからとなります。任意保険を使うことができれば、この期間の治療費などは保険会社から支払われるのが一般的です。


しかし、任意保険を使うことができなければ、保険会社が支払ってくれる費用は加害者側で負担しなければならない可能性があります。

満期日から7日間は猶予がある

車両保険の更新期限を過ぎても無事故等級については、満期日を過ぎたあと7日以内に更新手続きをすれば、等級の継承はできます。現在20等級の方が、更新手続きを忘れたとしても満期日から7日以内に手続きをしてしまえば20等級のままで保険の更新ができるわけですね。

ただし、等級の継承はできても、更新手続きを終えるまでは無保険の状態は続き、保険を使うことはできませんので、ご注意ください。

保険の更新が出来ないと再加入扱いになるので注意

車両保険の更新手続きをせずに7日間が過ぎてしまいますと、無事故等級はなくなります。そのため、再度、保険に加入する場合には新規の時と同じ6等級での加入をしなければなりません。

それまで積み上げてきた無事故等級がリセットされてしまうわけですね。この意味からも保険の更新手続きには十分な注意が必要です。

車両保険の自動更新契約があれば忘れても安心

万が一、車両保険の更新を忘れてしまったとしても契約の更新が自動的に行われる特約があります。更新の手続きをせずに放っておいてもよいわけですね。この特約が付いていれば前年の契約内容がそのまま引き継がれるので、事故が起きたとしても安心です。この特約を付帯するか否かについては任意ですが、保険会社によっては自動的に付帯されることもあります。


一方で、これと似た名前の自動継続特約と呼ばれている特約があります。こちらは車両保険に加入すれば、ほとんどの保険会社で自動的に付帯されます。ただし、自動的に付帯されない保険会社もありますので、契約されている内容を再度ご確認ください。


この特約が付いていれば、車両保険の更新手続きができなかったとしても、事故が起きた時には保険で対応することができますので安心です。また、無事故等級の継承もできます。


ただし、一定の期間内に更新の手続きをしなければその保険は失効してしまいます。この点が先ほどの自動更新契約との違いです。更新の手続きをしなければならない期間は満期日以降約1ヵ月程度となっていることが多いのですが、保険会社ごとに異なっていますので注意しなければなりません。詳しくはご加入頂いている保険会社にご確認ください。

自動更新特約で保険の空白期間を絶対に作らない!

事故への対応ということで考えれば、契約が自動的に更新される特約を付帯することで保険の空白期間を作らないことが絶対に必要です。

注意しているようでも、ついうっかり、といったことは考えられるわけですから。いわば、この特約は安全の最後の砦といったところでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。車両保険の更新手続きの時期や方法、手続きを忘れてしまった時の対処方法についてご紹介してきましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

保険の見直しは早めに行うことは当然として、更新手続きを忘れた場合に、自分が加入している保険は対処できるのか否かを確認しておくことが大切なのですね。

ランキング