自動車保険の「車両保険」て必要なの?免責金額の0-10って?

自動車保険の中でも保険料に大きく影響するのが車両保険の有無なのですが、車両保険の中でも「免責金額」の設定で保険料も変わってきます。免責金額の設定も「0-10」や「5-10」など様々です。車両保険の免責金額や0-10って何のことなのでしょうか?

車両保険の免責金額って何?0-10とか目にするけどよく分からない方へ!

車両保険の説明を受けるなかで「免責金額」の説明を聞いたことがある人は多いと思いますが、中には「よくわからない」「初めて聞いた」という人もいるのではないでしょうか?

一言で言うと、「免責金額=保険を使って自分の車の修理をする際の自己負担金額」のことです。免責金額の設定によって、修理時の自己負担金額、自動車保険の保険料も大きく変わってきます。

また、免責金額の「0-10」や「5-10」とは、保険契約期間内(基本は1年契約)における保険を使った修理時の1回目と2回目以降の自己負担額を設定しています。

「0-10」の場合

  • 保険契約期間内1回目の修理時の自己負担金額:0円(自己負担無し)
  • 保険契約期間内2回目以降の修理時の自己負担金額:10万円

「5-10」の場合

  1. 保険契約期間内1回目の修理時の自己負担金額:5万円
  2. 保険契約期間内2回目以降の修理時の自己負担金額:10万円

となります。

車両保険は免責金額の設定で保険料を安くできる!

「0-10」の場合は事故修理時の1回目の免責金額が0円、2回目以降は10万円ですが、免責金額を増やすこともできます。免責金額を多めに設定することにより、修理時の保険会社の支払いを減らすことになりますので、結果的に保険料を安く抑える事ができます。

車両保険の免責金額とは?

「免責金額=保険を使って自分の車を修理する際の自己負担金額」です。

車両保険を付ける際には、いくらなら自己負担が無理がないのか、免責金額の設定でどのように保険料が変化するのかを、保険担当者よりシミュレーションしてもらいましょう。



免責金額とは修理代の自己負担分!金額が高いほど保険料が安い!

保険会社からしてみれば、少しでも修理費用の支払いを抑えたい部分があります。 

事故修理時の1回目の自己負担金額を0円→5万円に増やす事により、保険会社から修理工場への支払いは0円の場合と比べれば少なくてすみます。

  • 自己負担金額が少ない=保険会社の支払金額が多い 
  • 自己負担金額が多い=保険会社の支払金額が少ない 
免責金額が多ければ、それだけ保険会社の負担が少なくなりますので、当然保険料は下がりますよね。

免責金額の設定方式には定額方式と増額方式がある!0-10は増額方式!

車両保険の免責金額において1回目と2回目以降の免責金額が同じものが「定額方式」、2回目以降の免責金額が大きくなっているものが「増額方式」となります。

「定額方式」

  • 5-5万円
  • 10-10万円   など
「増額方式」
  • 0-10万円
  • 5-10万円    など

免責金額の設定パターン別保険料例

新車の購入は大きな決断が必要ですよね。大決断の末に購入した新車に万が一の事があった場合、本当に気分が落ち込みます。

自動車の修理費用は思いがけず高額になることがあります。新車購入で経済的に余裕がないときに事故をしてしまったら、修理費用の自己負担が予想外に大きな負担となってきます。

1回目の免責金額を0円にしておくことにより、急な出費に備えることができます。

車両保険で免責金額を0-10に設定すべき人

保険料を安く抑えるためには、車両保険の免責金額を高めに設定することも一つの方法です。 それでも、運転に自信のない方や新車を購入された方、多少保険料が高くなっても急な出費を抑えたい方は、車両保険を付け免責金額を「0-10」に設定することを検討してもいいかもしれません。  

あまり運転に自信のない方

運転に自信のない人は、「0-10」の免責金額に設定することによって、万が一事故が発生しても1回目の修理は保険で修理しても出費はないという経済的な安心感を持つことが出来ますので、心にゆとりをもった運転をする事ができるでしょう。

ただし、慢心、油断は禁物!安全第一です!

新車で早期の事故を起こした場合に修理代の高額化が予想される方

新車の購入は大きな決断が必要ですよね。大決断の末に購入した新車に万が一の事があった場合、本当に気分が落ち込みます。

自動車の修理費用は思いがけず高額になることがあります。新車購入で経済的に余裕がないときに事故をしてしまったら、修理費用の自己負担が予想外に大きな負担となってきます。

1回目の免責金額を0円にしておくことにより、急な出費に備えることができます。

保険料が少し高くても事故での急な出費を抑えたい方

車両保険を付けるのは万が一の時の為のものです。その時に、少なくとも1回目は自己負担をしたくないという方、車両保険をつけ、免責金額によって保険料が多少高くなっても、急な出費を抑えたい方には「0-10」設定はお勧めです。

1万円以上保険料を節約する方法をご存知ですか?

皆さんは自動車保険をどの頻度で見直していますか?


もしかしたら、加入してから一度も見直していない人も多いのではないでしょうか。


  • 加入してから一度も自動車保険を見直していない
  • 車を購入する代理店で加入した
  • 会社の団体割引で自動車保険に加入している

が1つでも当てはまる方は要注意!
高すぎる保険料を払っている可能性が高いです。

心当たりのある方は、一度保険料をシミュレーションしてみてはいかがでしょうか。


以下のボタンから簡単にシミュレーションできるので、ぜひどうぞ!

まとめ

自動車保険の保険料は、車両保険の有無で大きく金額が変わってきます。車両保険にも一般、エコノミーといったように保障範囲により保険料を抑えることができますが、車両保険を付けても免責金額の設定でさらに保険料を抑えることができます。

多少、保険料が高くなっても急な出費は控えたい方は「0-10」を、修理の時はある程度自己負担しても構わないので保険料を抑えたい方は「5-10」や「10-10」を。


免責金額の設定は保険会社によってまちまちです。

保険担当者へよくご相談の上、自動車保険の契約を行ってください。

最後に、車両保険を使うと、基本的には翌年の保険料は上がります。(長期契約の場合はその限りではありません。)

修理費用と免責金額、翌年の保険料UPを計算し、車両保険の使用をご検討ください。

ランキング

  • 【2019決定版】自動車保険見積もりプレゼントキャンペーンを全て集めてみた
  • 自動車保険の保険料の相場ってどれくらい?パターン別に徹底解説!
  • 自賠責保険の支払基準を解説!保険金はどれくらい受け取れる?
  • 自賠責保険と労災保険で後遺障害等級認定が違う?慰謝料アップの方法
  • 自賠責保険の被害者請求は代行を頼むべき?弁護士さんは頼れる味方!
  • 三年契約の自動車保険は解約すべき?長期契約のデメリットとは
  • 自賠責保険の運用益の行方とは?自賠責保険料の豆知識について