自動車保険ALL

車を譲る場合は車両保険の名義変更が必要!手順や必要書類は?

車を家族に譲るときは、車両保険も名義変更しなくてはいけません。必要書類や手順について解説していきます。ただし、車両保険を名義変更できるケースには条件があります。条件についても見ていきましょう。家族でも等級を引き継ぐことができない場合もあるので注意です!

車を譲り受けた時は車両保険も名義変更しましょう

親が子供に車を譲ったり、その逆だったり、配偶者に譲ったりすることがあります。他人に車を譲る場合は車両保険も入り直さなければいけませんが、家族の場合は名義変更だけでOKです。名義変更を行っていないといざ車両保険を使おうとしたときに補償が受けられないというケースもありますので注意しましょう。

自動車保険には「契約者」「記名被保険者」「車両所有者」の3つの名義があります。


  • 契約車:保険会社と保険を締結し、保険料を支払う人。
  • 記名被保険者:車を主に運転する人。契約者と同じでなくてもいい。
  • 車両所有者:契約の車を所有している人。車検証の「所有者」に記載されている人。

必要に応じてこれらの名義変更をしてください。


例えば、親が新しい車を買って、同居している子供に譲ったとします。保険料をそのまま親が支払うのであれば契約者、車両所有者は親のまま。記名被保険者のみ子に名義変更をするということもできます。


名義変更できるのは基本的に配偶者同居している親族のみ

車両保険の名義変更は誰にでもできるわけではありません。

  • 配偶者
  • 本人もしくは配偶者と同居している家族

のみです。


親子であっても同居していない場合は名義変更できません


配偶者の場合は別居していても名義変更が可能なので、単身赴任するので妻に車を譲るというケースでもOKです。妻と子供が同居していれば子供に譲るケースでもOKです。

名義変更前の自動車保険の契約について

名義変更をする前に、自動車保険の契約内容をしっかり把握しておきましょう。例えば運転者の年齢を限定していた場合、子供に譲渡すると適用できない場合があります。

また、以前の契約車はゴールド免許ではなく、新しい契約者がゴールド免許だった場合でもゴールド免許割引の適用は受けられません。ゴールド免許割引を受けるには保険加入日に被保険者がゴールド免許である必要があります。次回契約時の時にゴールド免許であれば割引を受けることは可能です。


譲渡の際には、自動車保険の契約内容を確認し、場合によっては変更しましょう。

車両保険の名義変更の際に必要な書類


車両保険の名義変更をするには、いくつか書類が必要になります。以前の所有者が用意するものと、新しい所有者が用意するものがあります。

以前の所有者が用意する書類

先ほどもお話しした通り、車両保険の名義というのは3種類あります。何を変更するのかによって必要書類も変わってきますが、下記の書類が必要になることが多いです。

  • 免許証
  • 住民票
  • 保険会社の名義変更書類

名義変更書類は実際には保険会社が用意するので、自分で用意するのは免許証や住民票などです。以前の所有者と新しい所有者の関係、もしくは同居が証明できるものが必要になるでしょう。何が必要なのかは保険会社に確認してください。

新しい所有者が用意する書類

新しい所有者が用意するものも、保険会社や変更内容によって異なります。保険会社に確認し、用意してください。最低限、免許証は必要になると思っておきましょう。

ナンバープレートについて

車の所有者の管轄する運輸支局が変わる場合はナンバープレートも変更しなくてはいけません。単身赴任で大阪に持って行っていた車を、自宅のある東京に持ってきて妻に譲渡するなどのケースの場合は妻の住んでいる地域のナンバーに変更することになります。

管轄する運輸支局が同じ場合は変更する必要はありません

車両保険の名義と一緒に等級も引き継ぐことができる

車両保険の名義と一緒に等級も引き継げるケースがあります。

自動車保険の等級は1~20等級まであり、等級によって保険料の割引率が変わります。はじめて自動車保険に加入する場合は6等級からスタートになります。契約が7等級以上の場合、等級を引き継いだ方が保険料が安くなります


自動車保険は年齢による割引もあります。親の場合は年齢での割引もありますが、18歳の子供で等級が低いと保険料はかなり高くなってしまいます。親の等級が20等級など高ければ、18歳でも保険料はかなり安くなるので引き継ぐ人が多いです。

車を所有していて車両保険のみ引き継ぎたい場合

車を譲らなくても、車両保険の等級のみ引き継ぐことが出来るケースがあります。

それは、

  • 新たに車を1台購入する場合
  • 今乗っている車を廃車もしくは売却する場合

のみです。あまり多いケースではないですがタイミングが合えば利用しましょう。


新たに車を購入する場合は、新しい車に等級を引き継ぎ、古い車は新たに車両保険に加入するということになります。この場合引き継げるのは新しく購入した車のみです。親や子が以前から所有していた車に引き継ぐということはできません。


今乗っている車を廃車にした場合は新しい車でなくても等級を引き継ぐことが可能です。

車と車両保険の両方を引き継ぎたい時

車と車両保険の両方を引き継ぐ場合は、そのまま名義変更をすればOKです。

等級の引き継ぎの際の注意点

等級の引継ぎは費用も無料で意外に簡単に行うことが出来ますが、いくつか注意点があります。

等級を引き継げる条件

等級を引き継ぐ条件は、車両保険を名義変更する条件と同じです。

  • 配偶者
  • 本人もしくは配偶者と同居の家族

に限ります。こちらはしっかり把握しておきましょう。

引き継ぐ時の等級が6以上であるかを確認しましょう

先ほどもお話しした通り、自動車保険に初めて加入するときは6等級からスタートします。保険を使用しなければ1年間に1等級上がります。ですが、保険を使用した場合1等級もしくは3等級下がり事故あり割引率になってしまいます。

等級によって保険料が変わるので等級が5以下の場合はかえって保険料が高くなってしまいます。その場合は名義変更で引継ぎをせずに、新たに自動車保険の契約をした方保険料は安くなります。

子供が独立し別居する時は注意が必要

繰り返しになりますが、親子間の車両保険の名義変更・等級の引継ぎは同居していることが条件になります。

就職や進学、結婚などで独立して別居する場合は引き継げなくなってしまいます。あらかじめ車を譲渡することが決まっている場合は、同居している内に名義変更をしておきましょう。名義変更をしたのち、別居してから住所変更を行うということになります。

まとめ

車を譲渡する際は車両保険の名義変更も行わなくてはいけません。ただし、名義変更が出来るのは

  • 配偶者
  • 本人もしくは配偶者と同居の家族

のみです。親子であっても別居していれば不可となります。子供の独立を機に車を譲るという場合は、同居している内に名義変更をしておきましょう。


車両保険の名義変更に必要な書類は変更内容や保険会社によって異なります。書類は保険会社が用意してくれますので、免許証や住民票などが必要になることが多いです。保険会社に問い合わせをして準備しておきましょう。


車両保険と一緒に等級も引き継ぐことが可能です。自動車保険は等級によって保険料の割引率が変わります。はじめは6等級からスタートになるので7等級以上の場合は等級を引き継ぐと保険料を抑えることが出来ます。


とくに親から子に車を譲る場合は等級を引き継ぐとお得になるケースが多いです。自動車保険は年齢によっても割引がありますが18歳など若い場合は保険料が高いからです。


また、親が新しい車を購入する場合や、以前乗っていた車を廃車にする場合は車を譲渡しなくても自動車保険の等級のみ引き継ぐことができます。タイミングが合えば利用してみてください。

ランキング