保険相談の相手はFPで大丈夫?本当にFPを信用して良いの?

インスタ (ファイナンシャルプランナー)には保険相談やお金の相談ができます。しかしお金の相談と聞くと、少し怪しそうなイメージを持っていませんか?実はFPは私たちの資金計画に寄り添ってくれる存在なんです。本記事ではそんなFPへの保険相談について解説します。

FP(ファイナンシャルプランナー)は本当に信用してへいき?


FP(ファイナンシャルプランナー)という存在を知っていますか?


FPには保険相談や家計管理など、お金に関する相談ができます。


しかし「お金に関する相談」と聞くと、何となく怪しいイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。


この記事ではそんなFPに関して、


  • FPとはどんな存在か
  • FPに保険相談をするメリット
  • 無料相談と有料相談の違い
  • 保険相談をする際の参考知識


について解説します。ぜひ最後までご覧ください。


ほけんROOMでは保険に関する様々な記事を掲載しています。合わせて参考にしてみてください。

FPができること



FP(ファイナンシャルプランナー)には、お金に関する色々な相談ができます。


「お金の相談」と聞くと、


  • 怪しい印象がある
  • お金持ちにしか関係ない


というイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。


しかし実際には、家計管理や教育費など、お金に関する小さな悩みにも寄り添ってくれる存在なんです。


そんなFPに関する概要を解説いたします。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは?

FP (ファイナンシャルプランナー)とは、一人一人の人生設計に合わせ、資金計画を立ててサポートをする専門家です。  


皆さんには、


  • 結婚したい
  • 子供に良い教育を受けさせたい
  • 家を建てたい
  • 老後資金を確保したい


といった夢や目標がありませんか?


夢や目標を実現するためには、資金計画を立てなければなりません。


このような資金計画のことをファイナンシャルプランニングと呼びます。


しかし資金計画を立てるには、お金に関する知識が必要です。


FPは


  • 金融資産
  • 不動産
  • 社会保障
  • 税金
  • 保険


など、お金に関する様々な専門知識を持っています。


そんなお金に関する知識を活用し皆さんのお金に関する不安や疑問に対し、最適な提案をすることがFPの役割です。

FPには何を相談できるの?家計の悩みも相談可能!

FPにはお金に関する様々な不安や疑問を相談できます。


お金の相談というと、


  • 資産運用
  • 相続
  • 不動産


などの難しそうな内容というイメージがありませんか?


しかしFPに相談できる内容はこれだけではありません。


  • 家計管理
  • 教育費
  • 老後資金


など生活に密に関わる悩みも、FPに相談可能です。


そのため日常的に抱えるお金の悩みも相談できるのが、FPに相談をするメリットです。


保険相談もできる


保険相談は保険会社や代理店へ……と思われる人もいるのではないでしょうか。

しかしFPにも保険相談が可能です。

FPにはお金に関する様々な知識があります。

そのため、これまで〜将来的なお金の流れから、総合的な観点からのアドバイスが受けられます。

ライフプランを実現するひとつの手段として、保険の提案をしてもらえるため、より最適で無理のない資金計画が可能です。

FP資格を持っている人なら誰でも信頼できる?

FPにはFP技能検定という資格があります。


それでは、FP資格さえ持っていれば、誰でも信頼できるのでしょうか?


実はFP資格を持っていても、必ずしも信頼できるわけではありません。


FP資格を取得だけしておいて、実際にFPとしては働いていない人もいます。


また3級〜1級で合格率も全然違い、実務として役に立つのは2級以上とされています。


よって実務経験の豊富な人や、最低でも2級以上を取得している人でない限り、信頼することは難しいでしょう。


FP資格は取りやすい?


2020年9月実施のFP技能検定試験結果から、級ごとの合格率を見ていきましょう。


受検者数合格率
3級学科31,247人
実技31,319人
学科89.64%
実技88.04%
2級学科25,117人
実技20,163人
学科49.19%
実技57.37%
1級523人97.7%


上記の表から、3級は学科・実技共に9割近い人が合格できる資格であることがお分かり頂けるでしょうか。


そのため3級であれば、比較的誰でも取得できる資格と言えます。


一方2級になると合格者が半数程度になります。


また1級はFP業務の実務経験がないと取得できないため、そもそもの受験者数が非常に少ないです。


3級は基本的な知識のみですので、FPとして専門的に働くには不十分です。


しかしそれでもFP資格を取得していることには変わりありません。


よってFP資格を持っていても、必ずしも信頼できるとは限らないと言えます。

FPに保険相談をするメリット|住宅やライフプランなど家計の悩みも解決!

お金の相談は証券会社や銀行へ、保険相談は保険会社や代理店へするというイメージを持っていませんか?


FPはお金に関する幅広い知識を持ち、サポートを行う専門家です。


よってひとつのジャンルにとらわれず、色々な観点からアドバイスをすることができます。


そんなFPに相談するメリットは


  • ライフプランに沿った保険提案をしてもらえる
  • お金のことであればほとんど相談可能


という点です。


それぞれについて詳しく説明します。

ライフプランに沿った最適な保険を提案してくれる

FPはお金に関する様々な知識を持つ専門家です。


そのためライフプランに沿った最適な保険を提案してもらえます。


ライフプランはひとりひとり違います。


よって「みんなが良いと言っている」からといって、自分にとって最適な保険とは言えません。


FPに相談をすれば、結婚・出産・老後資金などを踏まえ、総合的な観点での保険提案が可能です。


また保険には、


  • 終身保険
  • 医療保険
  • 個人年金保険


など様々な種類がある上に、商品によって異なる特徴を持ちます。


そのため個人でひとつひとつ調べて比較するのは少々難しいです。


しかしFPに保険相談をすれば、複数の保険を一気に比較することができます。


自分に合いそうな保険の中から比較できるため、より自分のライフプランに合った保険を選ぶことができます。

保険以外でもお金に関わることならほとんど相談可能

FPには保険相談以外にも、お金に関わることであればほとんど相談できます。


例えば、

  • 住宅ローンの借り方
  • 資産運用
  • 税金の控除

などの専門知識が必要な内容はもちろんのこと、

  • 家計の管理方法
  • 教育費の準備
  • 老後資金の準備

など日々の生活に密に関わるような内容も相談可能です。

FPはお金に関する幅広い知識を持っています。

そのため家計の相談をしつつ、ライフプランに合った資産運用方法を教えてもらうなど、総合的な観点からのアドバイスがもらえます。

よってFPはお金について困ったことがあったら気軽に相談できる、例えるならば「かかりつけ医」のような存在です。

無料と有料の保険相談の違いは?無料の方がおすすめ!


FPへの相談には有料のものと、無料のものがあります。


基本的に保険相談を行う場合は、無料相談の方がおすすめです。


有料相談だからといって必ずしも信頼できるというわけではなく、有料相談では出来ないサービスもあります。


そのためまずは無料相談へ行ってみましょう。


また無料相談では相談者に対して、プレゼントを行っている場合もあります。


FPに相談しつつプレゼントまでもらえてしまうのは、とってもお得ですよね。


下記記事では各サービスの行っているプレゼントキャンペーンを紹介していますので、是非ご覧ください。

保険の相談を無料でできるサービスの仕組みや特徴は?

FPに無料で保険相談を行える理由は、保険会社からの手数料です。


FPはお客さんからの相談内容を受けて、最適な保険を提案します。


その結果保険の契約や見直しをすると、保険会社から契約手数料が支払われるのです。


よってお客さんは相談自体を無料で行うことができます。


また、契約をせず相談だけでも、相談料は発生しません。


保険販売ありきのため中立性がないように思えますが、FPへの相談であれば比較的中立的な立場でのアドバイスがもらえます。


そのため無料保険相談を行う場合は、FPに相談できるサービスを利用することがおすすめです。


無料保険相談の仕組みは、下記記事で詳しく解説しています。


ぜひ合わせてご覧ください。

有料の保険相談の料金の相場は?無料相談のFPとどう違う?

有料の保険相談の場合は、お客さんがFP事務所等に直接報酬を支払います。


有料の保険相談の料金相場は、1時間あたり3,000円〜5,000円くらいです。


高いものでは10,000円を超える場合もあります。


有料の保険相談の場合は、その場で保険に加入できない可能性が高いです。


理由としては相談員が保険の販売資格を持っていないことが挙げられます。


よって保険相談をしても、


  • 保険以外の金融商品を勧められてしまう
  • 保険は別途契約するため二度手間になる


といったデメリットがあります。


そのため保険相談をしたい場合は、無料相談へ行くことをおすすめします。


有料相談に関して詳しく知りたい人は、下記記事を参考にしてみてください。

FPへの保険相談を検討している方への参考知識

FPへ相談する場合は、金融知識等を持っている必要はありません。


ただし闇雲に相談をするよりも、目的を持って相談する方がより良いアドバイスを得られるでしょう。


ここでは保険相談を検討する際に知っておくと便利な、


  • 保険の見直し・加入を検討するタイミング
  • 来店型・訪問型・オンライン、それぞれのメリットとデメリット


に関して解説します。

保険の見直し・加入を検討するのに最適なタイミングっていつ?

生命保険の見直し・加入を検討するタイミングとしては、


  • 結婚
  • 出産
  • 住宅購入

など、ライフステージの変化が挙げられます。

家族が増えると、万が一の時に遺される家族のことを考えたプランを検討する必要があります。

また住宅購入時は万が一の時のローン支払いに関して考えなければなりません。

そのためライフステージの変化は生命保険を見直す大きな機会です。

またライフステージの変化以外にも、

  • 公的保障制度の改正
  • 保険の契約更新

なども、保険の見直しや加入を検討するタイミングになります。

公的保障制度が手厚くなれば、不要になる保険が出てくるかもしれません。

反対に公的保障が減ってしまうと、保険への加入を考える必要があります。

また保険の契約更新を行う場合は、保険料が大幅に上がる可能性があります。

よって保険料を抑えるために契約内容を見直しや、不要であれば解約を検討してみても良いでしょう。

オンラインや訪問型の保険相談もおすすめ!来店不要!

保険相談の方法には、

  • 訪問型
  • 来店型
  • オンライン

などの形式があります。

それぞれの特徴を解説します。

来店型の特徴


来店型のメリットは次の通りです。

  • 気軽に立ち寄れる
  • 全国展開している店舗なら転居後も安心

来店型の場合は、地域の商業施設などに入っている店舗で相談ができます。

基本的には予約が必要ですが、予約が入っていなければ当日フラッと立ち寄っての相談もできます。

全国展開している店舗であれば、転居後も相談に通えます。

一方で店舗型の場合は多くの相談員が必要であることから、FP資格を持たない相談員が対応する可能性があるため注意しましょう。

訪問型の特徴


訪問型のメリットは次の通りです。

  • 自宅や近くのカフェで相談できる
  • 金融知識が豊富な人が多い


訪問型は担当FPに自宅や近くのカフェまで来てもらえます。


また訪問型の場合は一般的に知識や経験が豊富なFPが紹介されるため、より最適なプランを提案してもらいやすいです。


ただし日程や場所の調整で何度かやりとりが必要なため、予約時に少し手間がかかります。


オンラインの特徴


オンラインのメリットは次の通りです。

  • 時間や場所を問わず相談できる
  • スマホ1台でOK

オンラインは何といっても手軽さが魅力的です。

ZOOMやSkypeなどが使える環境であれば、時間や場所を問いません。

自宅はもちろん、旅行先や出張先でも相談可能です。

日程の調整は必要ですが、場所を決める必要がない分訪問型よりも手軽に予約できます。

忙しくてなかなか時間の取れない人や、対面で話すのが苦手な人はぜひご活用ください。

【参考】生命保険は約9割の世帯が加入している

なんとなく「入った方が良い」というイメージのある生命保険。


しかし実際にはどのくらいの人が加入しているのでしょうか?


実は生命保険には9割近い世帯が加入しているのです。


そんな生命保険はただ闇雲に入れば良いというわけではなく、加入時に確認しておくべきポイントがあります。


ここではそんな加入時のポイントを解説します。


FPへの保険相談をお考えの人は、ぜひ参考にしてみてください。

生命保険の世帯加入状況

生命保険文化センター『平成30年度生命保険に関する全国実態調査』によると、生命保険の世帯加入率は88.7%です。


実に9割近くの世帯が、生命保険に加入していることがわかります。


また、厚生労働省『平成29年国民年金被保険者実態調査結果』より、年代別に加入率を見てみると以下の通りです。


年代加入率
25〜29歳47.8%
30〜34歳53.8%
35〜39歳60.0%
40〜44歳64.1%
45〜49歳64.8%


以上のように、30代で約半数、40代では6割以上の人が生命保険に加入しています。


歳を重ねるごとに、健康面や老後の生活に不安を覚えることでしょう。


しかし健康状態や年齢制限により、加入できなくなってしまう可能性もあります。


よって医療費や死亡後の遺族の生活費など、不安な点がある人は、できるだけ早めに加入を検討してみましょう。

保険加入時に考えておくべきこと

保険加入時には


  1. どんなリスクに備えたいか
  2. 保障はいくら必要か
  3. いつまでに必要か


を考えておく必要があります。


1.どんなリスクに備えたいか


保険加入時に考えておくべき最も重要なことは、どのようなリスクに備えたいかです。

  • 生命保険
  • 医療保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険

など、保険には様々な種類があります。

つまり備えるべきリスクによって、必要な保障が異なるということです。

そのためまずは、将来にどのようなリスクがあるかを考えてみましょう。

2.保障はいくら必要か


必要な保障金額は、

  • 目的
  • 家族構成
  • ライフプラン

など、様々な要素から決まるため、人によって異なります。

しかし実際にどのくらいのお金がかかるのか、全て自分で調べることは難しいですよね。

その場合はFPに相談すると、大体の必要額を算出してもらえます。

3.いつまでに必要か


保険加入を検討する際は、いつまでに保障が必要になるのかも決めておきましょう。

例えば学資保険であれば、満期のタイミングを子供が何歳の時にするか考えなければなりません。

また生命保険にも、終身タイプや満期があるものなど、様々なタイプがあります。

よって保障が必要になる時期も検討が必要です。

保険相談はFPへ


明確なプランがあれば、商品も金額も時期も全て自分で決められるかもしれません。

しかし将来的なことを自力で考えるのは、難しいのではないでしょうか。

その場合はFPに相談してみましょう。

FPに相談することで現在のライフプランから、今後起こり得るリスクを分析し、最適な保険を提案してもらえます。

そのため保険でお悩みの人は、一度FPに相談してみることをおすすめします。

FP(ファイナンシャルプランナー)への保険相談に関するまとめ


FPに相談可能な内容や、無料相談と有料相談の違いなどについて、お分かりいただけたでしょうか。


最後に本記事の内容をまとめます。


  • FPはお金に関する様々な悩みを相談できる。
  • FPは一人一人のライフプランに合ったサポートを行う。
  • 保険相談は無料がおすすめ。
  • ライフステージが変化に合わせて、保険の見直しや加入を行うのがおすすめ。
  • 保険相談には来店型・訪問型・オンラインがある。


保険加入をお考えの人は、FPへの相談を検討してみましょう。


マネーキャリアでは無料保険相談を行っています。


予約から相談まで全てオンライン上で行えるため、とても手軽に相談可能です。


何度でも納得いくまで相談可能ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

総合的にみたおすすめの保険相談サービスはこちらで解説しています。

ランキング