個人年金保険と貯金のどちらがお得なのかと言う点で比較してみました

個人年金保険は一般的な預金や貯金よりも金利が高く設定されていますので増やしたいと考えているのであればお勧めできます。しかし個人年金保険は受け取りまで非常に長い時間が必要になりますので、貯金とは違うその点にだけは注意するようにしなければなりません。

貯金とは違う、個人年金保険の特徴についての基礎知識

個人年金保険とは自分の老後のために資産形成をするための方法の1つです。生命保険会社などと契約をして運用してもらう代わりに、満期になってから受け取ることができる仕組みです。定期預金等と同じく額面上は基本的に増えると言うのが1つの魅力になっています。定期預金等よりも利率が良いのでその点はメリットでしょう。

個人年金保険は定期預金よりも利率が良い

貯金をする方法はいろいろありますが、一般的な金融サービスの中では定期預金にして貯金をするというのがメジャーな方法です。通常の貯金よりも金利が良いので増えるのが魅力です。個人年金保険はそのような定期預金よりも利率が高いので長期間海をすることを前提としているのであればとてもお勧めできます。

個人年金保険は税金の控除もありお勧め

個人年金保険は長期間の運用を前提としていますが、初年度から恩恵を受けることができます。それは税金の控除を受けることができるという仕組みを利用することにより実現できます。一定の条件付きではありますが、支払った個人年金保険の額に応じて税金の控除を受けることができるのです。



貯金とは違う個人年金保険を利用した場合のデメリットについて

個人年金保険は必ず利益が生じるとは限りません。非常に長期間の運用になるため想定外の事態においては損失が出る場合もあるということを知っておく必要があります。そのためこの金融サービスを利用する上では、発生する可能性のあるリスクについても把握した上で利用するようにしましょう。

中途解約をすると個人年金保険は損をする

貯金の場合には一般的にいつでも自由に現金の引き出しが可能です。定期預金の場合もあらかじめ定めた期間を経過すれば自由に引き出すことができます。しかしながら個人年金保険の場合は老後の資金ですので極めて長期の定期預金のような仕組みになります。中途解約すると額面が目減りすることもあるので注意が必要です。

より増やすことのできる金融サービスもある

個人年金保険は確かに貯金よりもお金を増やすことができる方法であると言って間違いありません。しかしながらよりリスクを負うことができるのであればこの方法よりも貯金よりもお金を大きく増やすことができる手段は存在しています。リスクと天秤にかけながら自分の理想とする方法を探すようにするのが良いでしょう。

個人年金保険は貯金よりも確実にお金が増える点が魅力

安全に資金を増やしたいと考えているのであれば個人年金保険は貯金よりもお勧めできます。一般的に知られている定期預金は高い金利が魅力ですが、個人年金保険はさらに高いと言う点が特徴となっています。安全かつ確実に増やしたいと考えているのであればおすすめできる方法です。

個人年金保険なら安全にお金が増える

大切な資金を運用するのであれば減らしたくないと考える人が多いのは当たり前のことです。近年では投資が注目されていますが、資産が目減りするリスクがあるのが投資の特徴です。個人年金保険はそのような方々とは異なり安全である一方、通常の貯金よりも利率が良いと言う点が大きな魅力となっています。

貯金と同じく安全な資産運用です

個人年金保険は投資とは少し異なります。損失が発生するリスクが非常に少ないのが特徴であり、満期が来ればあらかじめ定められた利息がつくのが魅力です。単なる貯金よりも利率が高いため長期間預けることを前提としているのであれば、単なる貯金としてお金を預けておくよりも魅力的であると言えるでしょう。

お得な個人年金で損をしてしまう場合の条件について

個人年金保険では一定の条件を満たした場合においては損失が発生してしまうことがあります。知人の多い金融商品であるのは事実ですが、そのような情報については理解した上で利用するのがお勧めです。しかし基本的には安全性の高い金融商品ですので心配をし過ぎる必要はありません。

インフレが大きく進行した場合は注意

個人年金保険は貯金とは異なり固定金利の商品です。そのためインフレが大きく進行した場合においては、額面では増えたとしてもお金の価値そのものが変化することによりメリットがなくなってしまう可能性もあります。このような意味においてはインフレに弱いと言う特徴があると言えるでしょう。

個人年金保険の運用会社の破綻の場合

滅多にあることではありませんが個人年金保険を運用する会社が破綻してしまった場合は損失が生じることがあります。貯金であれば一定の金額までは保証されますが、個人年金保険の場合には貯金と異なり減額されたケースが実際に存在しています。このような特徴がありますので利用するバランスについては考えるようにしましょう。

まとめ

個人年金保険は貯金よりも利率が良いと言う点においてメリットがありますが、通常の貯金には貯金ならではのメリットもあります。自由に引き出すことができたり、その時々の金利に応じて様々な金融商品を購入することができます。そのためすべて個人年金保険にした方が良いと言うわけではなく、あくまでも大切なのはバランスであると言えるでしょう。

個人年金保険の必要性が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
こちらもおすすめ
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング