県民共済・都民共済のがん保険の評判・口コミは?どんな人におすすめ?

県民共済に加入している方は、その特約として新がん特約を考えている方も多いでしょう。この記事では、県民共済(都民共済・府民共済)の新がん特約と新三大疾病特約、民間のがん保険を比較します。また、県民共済の新がん特約のメリットやデメリット、評判についても解説します。

県民共済・都民共済のがん保険は「新がん特約」と「新三大疾病特約」



がん保険の備えはされていますか?日本人の3人に1人ががんで死亡すると言われている今、がん保険に加入を検討する人は増えています。


掛け金の負担が少ない県民共済・都民共済のがん保険に興味がある人もいるでしょう。


県民共済(都民共済・府民共済も含む)は営利目的で運営されていないことから、情報があまり多く見つかりません。そもそも、県民共済・都民共済にがん保険があるのか知らないという人も少なくないでしょう。


県民共済・都民共済のがん保険は、「新がん特約」と「新三大疾病特約」の2種類です。その特徴や掛け金、保障内容について、他のがん保険との違いはご存じでしょうか。


この記事では、「県民共済のがん保険」について、

  • 特徴・加入条件(民間のがん保険と比較)
  • 県民共済・都民共済のメリット・デメリット
  • 県民共済・都民共済はどんな人におすすめか
  • 県民共済・都民共済の評判・口コミ

を中心に説明します。


この記事を読んでいただけたら、県民共済・都民共済のがん保険の特徴が分かります。ぜひ最後までご覧ください。


県民共済・都民共済の新がん特約の特徴は?

県民共済・都民共済でがんに対する保障を手厚くするには、特約をつける方法しかありません。その特約は、「新がん特約」「新三大疾病特約」と言います。

「がん保険」という名称の保険商品は、県民共済・都民共済にはありません。

三大疾病特約の内容は、新がん特約と同じ保障に三大疾病の保障がプラスされる内容です。がんに備える特約であるのはどちらも同じです。 

では、その「新がん特約」とは、どのような特約なのでしょうか?

ここでは、県民共済・都民共済の新がん特約の概要として、

  • 加入条件
  • 保障内容・免責期間

を民間のがん保険と比較しながらご紹介します。

新がん特約の加入条件

新がん特約の加入条件は大きく3つポイントがあります。

まず、加入できる年齢は65歳までです。ベースの契約によりますが、最長80歳までの保障があります。

次に、健康状態です。県民共済・都民共済は健康な方を対象としているので、加入するときに健康状態を告知しなくてはいけません。

過去の病歴によっては、加入できないことがあります。

病気・ケガの治療をしたことがある場合は、その内容によって、加入できるケースもあります。また、一部だけ免責扱いで加入できるなど取扱いが異なるので、直接問い合わせて確認してください。

健康状態の審査は告知のみです。医師による健康診断は不要なので、加入にあたっての負担は少ないでしょう。

ただし、虚偽の告知をしてしまうと、いざというときに保障されませんので正直に告知してください。

また、新がん特約は、「総合保障型」「入院保障型」に加入している人がプラスでつけられる特約です。まだ加入していない場合は、基本の保障と新がん特約をセットで加入することになります。

参考に、アフラックのがん保険の加入条件との比較を行います。
加入条件新がん特約アフラック
年齢1型特約:65歳まで
2型特約:80歳まで
85歳まで
健康状態健康であることがんの罹患歴があっても加入できる保険もある
医師の診察不要必要な保険もある
アフラックには健康な人向けの商品や、がんの治療を経験した人でも加入できる商品があります。

新がん特約の保障内容・免責期間

新がん特約には、1型と2型があります。それぞれ、保障内容をご紹介します。

保障内容新がん特約(1型)新がん特約(2型)アフラック
がん診断50万円100万円50万円
入院(無制限)5,000円/日10,000円/日10,000円/日
通院(1~60日)2,500円/日5,000円/日10,000円/日
手術5万円・10万円・20万円10万円・20万円・40万円10万円
先進医療1万円~150万円1万円~300万円15万円

60歳以降は、表に記載している額の半分の保障になります。


手術、先進医療は額が固定ではありません。術式や技術によって、額が決まっています。2型は1型の倍です。


一般的に、がん保険には免責期間があります。県民共済・都民共済の免責期間も一般的ながん保険と同じで、90日間です。


しかし、この間にがんが見つかった場合は一切支払われないのではなく、半額が支給されます。がん診断共済金だけ対象外です。


アフラックのがん保険の手術給付金は、累計600万円まで受給できます。また、先進医療給付金は累計2,000万円まで保障されます。

県民共済・都民共済の新がん特約のメリット・デメリット

県民共済・都民共済の新がん特約の具体的な特徴をご紹介します。


保障内容は、ほかのがん保険と比較しても見劣りしない内容です。


通院、手術、先進医療の他に、民間のがん保険では対象にならないがんまで保障されています。

メリット①:通院・手術・再発も保障

がん保険のポイントのひとつに、通院が対象になるかどうかがあります。入院の期間が短く、通院での治療が長くなるケースが増えているからです。


県民共済の新がん特約は、通院1日目から保障対象になるのがメリットのひとつと言えるでしょう。手術ももちろん、対象です。


また、万が一の再発のときでも保障されるので、安心して治療に専念できます。

メリット②:先進医療にも対応

先進医療は、保険適用外の高額な治療です。その分、体に負担が少なく効果が高い治療です。


受けられる場所や使えるがんの種類も限られていますが、受けられるなら受けたいと考える人は多いでしょう。


100万円以上の治療費が必要なので、保険で備えておきたい保障です。


民間のがん保険であれば特約扱いになる先進医療ですが、県民共済・都民共済では標準装備されています。

メリット③:上皮内がんでも同額保障

上皮内がんというのは、悪性のがんになる前の、皮膚表面に近い位置にできているがん細胞のことです。手術も表面を切るだけの簡単なもので、取ってしまえば完治して再発もしないものです。


そのため、一般的な悪性のがんとは別物として扱われます。


民間の保険では、上皮内がんはがん保険の対象外となり、がんではない一般的な医療保険で保障されるケースが多いです。


県民共済・都民共済の新がん特約では、上皮内がんの保障も受けられます。もちろん、がん保障は特約なので一般の医療保障でも対応してます。

デメリット①:がんに対する保障だけの契約ができない

県民共済・都民共済はメリットが多い保険ですが、デメリットについても確認しておきましょう。


県民共済・都民共済には、がん保険の商品がありません。がんの保障が必要であれば、ベースとなる保険に特約として付帯する必要があります。


つまり、がんに対してのみの保障をつけることができないということです。


入院保障や死亡保障のある基本プランが、必ず一緒についてきます。他社でこれらの保障がある保険をすでに契約している場合には、保険料を余計に支払っているとも言えます。


ただ、最も保険料が安いプランは月々の掛け金が1,000円程度なので、あまり大きな負担にはならないはずです。


県民共済・都民共済のがんの保障内容に魅力を感じたのであれば、加入する価値は十分にあります。

デメリット②:一律同じ掛け金のため損する人も

一般的な生命保険は、若いうちに加入すると保険料が安く、年齢が上がるにつれて保険料が高くなります。また、保険料は性別による差が出ることも多いです。


しかし、県民共済・都民共済の場合、性別や加入時の年齢に関係なく掛け金は一律です。


つまり、若い人ほど掛け金に対して保障内容が割に合わないという不満が出る可能性があります。


それに対して、年齢を重ねてからは、民間の生命保険よりも加入しやすくなります。したがって、中年期以降に加入する場合はお得な保険と言えるでしょう。

【結論】新がん特約はどんな人におすすめか

県民共済・都民共済でがんの保障をつけるには、新がん特約新三大疾病特約を基本プランに付帯します。


新がん特約など県民共済・都民共済の特約は商品の特性上、県民共済・都民共済に加入中の人や40代ごろから加入を考えている方におすすめです。


それに対して、若い人にはあまり向いていない保険でもあります。若いうちにがんの保障をつけるのであれば、民間のがん保険の方が保険料に見合う保障内容になっている可能性が高いです。


20~30代の方で県民共済・都民共済に既に入っている場合は、安易にそれに特約をつけずに、民間のがん保険の情報を集めることをおすすめします。保険料と保障内容を慎重に比較して保険を選びましょう。


また、県民共済・都民共済の新三大疾病特約は、がんに加えて心筋梗塞脳卒中も保障してくれます。新がん特約と同じく、中高年の方にとっては非常に保険料が安い特約です。


人間はどうしても年を取れば病気のリスクが高まります。リーズナブルに保障をつけられる県民共済・都民共済の特約を積極的に検討してみてください。

県民共済・都民共済のがん保険に加入している人の評判・口コミ

掛け金が安く、基本的な保障が付帯されているので、これで十分だと感じる人にとっては、ほかの保険より魅力的に見えるようですね!

県民共済と合わせて、民間のがん保険に加入して、がんのときだけ保障を手厚くしているという声も多かったわ。

県民共済が年齢で終了しても民間のがん保険は終身で残しておきたいと考える人も多いようね。

県民共済・都民共済のがん保障のまとめ

県民共済のがん保障について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のポイントは、

  • 県民共済・都民共済にはがん保険がなく、ベースとなるプランに特約を付帯することでがんの保障をつけられる
  • 県民共済・都民共済の新がん特約は健康な人ががんに備えるための特約で、90日間の免責期間を経て最長で80歳まで保障をつけられる
  • 新がん特約は、先進医療でも保険金が支給されるなどのメリットがある一方、掛け金が一律のため若年層が損することが多いというデメリットがある
  • 新がん特約は県民共済・都民共済に加入中の人や40代以上の人におすすめの特約である
  • 若い人で新がん特約の契約を考えている人は、民間のがん保険に保障が手厚く保険料も安い商品がある可能性が高いので、調べるのがおすすめ

でした。


がん保険は、出来るだけ安い保険料でしっかりした保障をつけるのがベストなので、幅広く情報収集することが大切です。


この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、「マネーキャリア」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング