保険に加入しづらいバセドウ病でもコープ共済なら加入できる!

男性に比べて女性に罹りやすいバセドウ病。治療には長い期間が必要なため安心して治療に専念したいと思っている方は多いのではないでしょうか?コープ共済なら加入できるコースがあります。今回はコープ共済のたすけあいコースとバセドウ病でも入りやすい保険について紹介します!

内容をまとめると

  • バセドウ病は女性に多い甲状腺の病気
  • バセドウ病にかかるとイライラして疲れやすい、体重が減る、眼球が前にでるなどのさまざまな症状がある
  • バセドウ病の治療は長期にわたり、症状によっては手術することもある
  • バセドウ病になると保険に加入しづらい
  • バセドウ病で保障を考えるなら、コープ共済の「たすけあい」を加入検討してみよう 
  • コープ共済以外でも、入りやすい保険は、引受基準緩和型保険と無選択型保険
  • どんなに些細なことでも共済や保険に関して不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して気軽に利用できる!

バセドウ病は何が原因で発症してしまうの?

バセドウ病という病気をご存じですが?


比較的、女性が発症することが多い病気で、甲状腺ホルモンが過剰に分泌されておこる「甲状腺機能亢進症」のひとつです。


パセドウ病は「自己免疫疾患」とよばれるもので、本来であれば外敵から自分を守ってくれるはずの抗体が、なんらかの要因で自分自身を攻撃するようになり、おこる病気です。


この記事では、


  • バセドウ病の症状や治療について。ときには手術も必要になる
  • バセドウ病になると、なぜ保険に加入しづらくなるのか
  • バセドウ病なら、コープ共済の「たすけあい」がおすすめの理由
  • バセドウ病でコープ共済以外でも入りやすい保険はある


といった内容で、ご説明していきます。


最後までご覧いただければ、バセドウ病にかかったときの適切な対処法もわかり、またコープ共済をはじめとして、バセドウ病にかかったときにも保障にそなえることができる保険の情報についても知ることができます。


ほけんROOMでは他にも、共済に関する記事をたくさん掲載しております。ぜひ合わせてご覧ください。

バセドウ病の治療は場合によっては手術が必要で時間がかかる

バセドウ病と聞いて、すぐにその症状や治療方法があたまに思い浮かぶ人は少ないかもしれません。


バセドウ病基本的には薬物治療を行いますが、病状によっては何年か越しの長期の治療となり、手術が必要となるときもあります。


ここでは


  • バセドウ病にかかったときの症状について
  • バセドウ病の治療法について


ご説明していきます。

バセドウ病の症状

バセドウ病にかかる人は、20代から50代の女性に発生することが多く、またそのなかでも30代から40代の人に多くみられ、その症状は更年期障害や自律神経失調症と似ています。


そのため、バセドウ病の症状を他の疾病の症状と間違えてしまうこともあり、治療をせずにほうっておいてしまうと、症状が悪化し、心不全のような重篤な症状に発展してしまう可能性もあるので、症状をよくみきわめて判断し、正しい治療を受けましょう。


バセドウ病の症状としては、つぎのようなものがあがられます。


  • すぐに疲れてしまう
  • 動機がはやくなる
  • イライラして、おちつかない
  • 眠れなくなる
  • 指が震える
  • 筋肉の麻痺がでる
  • 眼球がおしだされ、目が前にでてくる
  • 下痢や発汗しやすくなる
  • 体重が減る


バセドウ病では、甲状腺ホルモンが分泌されすぎることで新陳代謝がよくなりすぎて、動き続けているような状態となり、体力が消耗していきます。そのため、エネルギーを消耗しつづけ、たくさん食べているのに体重が減る、という現象が起きます。

治療には時間がかかる。場合によっては手術することも

バセドウ病の治療は、過剰な甲状腺ホルモンの分泌のコントロールが目的です。


基本的には薬物治療でおこなわれます。


軽い症状であれば、薬を服用することによって、1ヶ月から3ヶ月ほどで、症状がよくなってくることもあります。


治癒するまで、薬の服用での治療は少なくとも約2年は必要ですが、甲状腺ホルモンが通常の分泌量に戻り、機能がもとに戻れば、薬の服用を中止することができます。


治療方法としては、薬物治療のほかに、放射性ヨウ素治療手術療法があります。


放射性ヨウ素治療は、甲状腺の細胞を減らすために、放射性ヨウ素カプセルを服用する方法です。


手術療法は、甲状腺を手術によって摘出する方法です。


治療方法は、患者の症状や、薬に対する副作用、年齢などによって選択されます。

保険に加入しづらいのはなぜ?コープ共済なら加入できる?

バセドウ病にかかると、治療に長い時間がかかることも多いため、健康体に戻るのには時間もかかりますし、また病歴ともなってしまうので、保険に加入することをためらう人もいるかもしれません。


ですが、病気で日々の生活への不安が大きくなっているときこそ、保険や共済などで備えたいと考えるものです。


ここでは、


  • なぜバセドウ病になると保険に加入しづらいのか
  • コープ共済のたすけあいなら加入検討できる


といった内容で、ご説明していきます。


バセドウ病にかかった際の保険や共済への加入を検討する際の注意点や、コープ共済にある加入の検討が可能な商品について知り、リスクに上手に備えていきましょう。

なぜバセドウ病になると保険に加入しづらくなってしまうの?

医療保険や生命保険へ加入を申し込むときには、加入に際して定められた条件があります。


一般的な保険では、契約者の現時点での健康状態やこれまでの疾病の経験などを申し出たり、診察したりして、定められた基準をクリアすることが条件となっています。


そのため、バセドウ病を患っていたり、その他の持病があったりすれば、一般的な保険への加入は難しくなります。


ですが、絶対に加入ができる保険が無いということではありません。


今は、加入者のニーズにあわせて、さまざまな保険商品があります。また、コープ共済のような共済制度を利用するという方法もあるでしょう。


ほけんROOMの以下の記事では、バセドウ病にかかったときに加入を検討できる生命保険や医療保険について、さらに幅を広げて詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

コープ共済のたすけあいなら加入できる可能性あり!

バセドウ病で保障を検討している人は、コープ共済の「たすけあい」への加入を検討してみてもよいでしょう。


コープ共済の「たすけあい」の特徴は


  • 持病があってもはいりやすい保険


ということです。


コープ共済の「たすけあい」は一般的な保険と比べ、加入する際の条件がゆるやかとなっており、通院していたり、薬を飲んでいたりしても、はいりやすいコースもあります。


また、コープ共済の「たすけあい 女性コース」では、甲状腺の病気に関しても保障が手厚く、甲状腺の病気の治療にも保障がおりることがあります。


ただし、バセドウ病の症状からくる二次性高血圧症などの症状がある場合は、コープ共済でも加入できない可能性もあるので、注意しましょう。


コープ共済の「たすけあい」について興味がある人は、コープ共済公式ホームページもご覧になってみてください。

コープ共済以外で入りやすい保険ってある?

コープ共済以外で、バセドウ病にかかっていても、加入を検討しやすい保険はあるのか、保障の内容などを見比べて検討したいところですね。


病気にかかっていると、医療保険などに入るには、条件的にきびしいのではないか、と一般的には考えてしまうものです。


ここでは、持病をもっているなど、保険に加入するには条件的に難しいのではと考えている人に向けて、加入を検討しやすい保険の種類として、


  • 引受基準緩和型保険
  • 無選択型保険


についてご紹介いたします。


自分の身体や生活のために、なるべく良い条件で保障についても備えていきたいと思いますよね。

告知の緩い引受基準緩和型保険

健康状態の面で条件的に不利であっても入りやすい保険として、引受基準緩和型保険をご紹介します。


バセドウ病のように治療に長い時間がかかるような病気にかかっているときには、保険に入りたいと考えたときに「告知で自分の健康状態を申し出なければならないので、そこでひっかかってしまうから保険に加入するのは無理だろう」と考えてしまいがちです。


引受基準緩和型保険というのは、かんたんに言うと、加入できる条件としての、告知の内容が一般的な保険よりもきつくない保険です。


ただし、入りやすくなっている分、保障については一般的な保険ほどではなく、また保険料は一般的な保険と比較して高く設定されていることが多いので、まずは一般的な保険に加入できるかどうかを確かめ、断られたなら加入できる商品を検討する際の選択肢として検討してみるのがよいでしょう。


引受基準緩和型保険については、ほけんROOMの以下の記事で詳しく記載しています。さらにメリットやデメリットを知りたい方は、ぜひご覧ください。

告知のない無選択型保険

「一般的な保険も引受基準緩和型保険も加入が難しい」「加入を申し込んだけれど拒否された」といった場合には無選択型保険を検討してみましょう。


引受基準緩和型保険では、告知の条件がゆるくなっていましたが、無選択型保険では告知の必要がありません。健康状態を問わず加入できるというのが、最大の特徴です。


ですが、無選択型保険の場合も、


  • 保険料は一般的な保険よりも割高となる
  • 保障が少ない
  • 保障される額よりも、支払った保険料の方がたかくなる可能性がある


などのデメリットがあります。


無選択型保険に加入を検討するときには、まずは一般の保険や引受基準緩和型保険に入れるかどうかを確認したうえで、「どうしても」といった際の最後の選択肢、としておくのがよいでしょう。


無選択型保険については、ほけんROOMの以下の記事で詳しく記載しています。さらにメリットやデメリットを知りたい方は、ぜひご覧ください。

まとめ:コープ共済はバセドウ病でも入れる可能性がある

いかがでしたか?


この記事では、


  • バセドウ病は女性に多い甲状腺の病気。
  • バセドウ病にかかるとイライラして疲れやすい、体重が減る、眼球が前にでるなどのさまざまな症状がある。
  • バセドウ病の治療は長期にわたり、症状によっては手術することもある。
  • バセドウ病になると保険に加入しづらい。
  • バセドウ病で保障を考えるなら、コープ共済の「たすけあい」を加入検討してみよう
  • コープ共済以外でも、入りやすい保険は、引受基準緩和型保険と無選択型保険


といった内容でご紹介してきました。


コープ共済は、リーズナブルで加入の手続きも簡単でスムーズにおこなえ、また加入に対する条件もゆるやかとなっているので、バセドウ病や他の持病がある人にもやさしい共済の制度となっています。

ランキング