がん共済とがん保険はどちらが良い?おすすめ比較ランキングを紹介!

がん共済とがん保険はどちらに加入するべき?


日本人男性のうち2人に1人、女性は3人に1人がなるとも言われているがん。


万が一自分ががんになってしまったら、そんな時のために備えておきたいですよね。


そこでがん共済がん保険の出番です。しかし一体どちらに加入すれば良いのでしょうか。


そんな悩みをお抱えのあなたに、今回はがん共済を中心に

  • がん共済とがん保険の比較
  • がん共済が持つ特色やプラス・マイナス
  • がん共済をおすすめできる人
  • おすすめのがん共済ランキングBEST3
以上のことを解説していきます。

この記事を読んでくだされば、自分に合っているのはがん共済かそれともがん保険なのかということが理解できるはずです。

より自分にフィットしたがん共済・がん保険を選択するためにも、ぜひ最後までお読みください。
また、ほけんROOMでは数多くのがん保険に関する記事を執筆していますので、がん保険に関する悩みがある方は、ぜひそちらもご覧ください。

どちらがおすすめかは人によって異なる!共済と保険の違いを解説


がん共済とがん保険どちらに加入すべきか。


結論から申しますと、「こちらに加入すべき!」と断言することはできません


その理由を説明する前に、共済と保険の違いを見ていきましょう。


まず共済と保険に共通することとして、共済の場合は組合員全員で、保険の場合は加入者全員で掛金を出し合い、お金が必要になった人にそこから給付金等を提供する「相互扶助」の精神のもと成り立っています。


仕組みが同じなら一体何が違うのでしょうか。


一番大きな違いは、共済は非営利であることに対し保険は営利目的であるということです。


その他にも、

加入対象者根拠法
共済組合員農業協同組合法、
消費生活協同組合法、
水産業協同組合法など
保険誰でも保険業法

といった違いがあります。

がん共済の特徴をがん保険と比較して解説

共済と保険の大まかな違いについてはご理解いただけたと思います。


ではここからは、がん共済が具体的に

  • 保障内容
  • 加入する上でのメリット・デメリット
上記についてどんな特徴を持っているのかを見ていきましょう。

がん保険と比較しながら解説いたしますので、「ご自身の希望にはがん共済とがん保険のどちらがより向いていそうか」など想像しながらご覧くださいますと嬉しいです。

がん共済の主な保障内容

例として、がん共済には

  • がん通院共済金
  • がん手術共済金
  • がん放射線治療共済金
  • がん先進医療共済金
といった保障が含まれています。

各項目について簡単に説明いたします。

がん通院共済金


がん治療のための通院に対して、1日あたり約5000円〜1万円の範囲で支給される共済金を指します。

ただし商品によってはこの通院保障がついていない場合もありますので、ご希望される方は申し込み前によく確認する必要があります。

がん手術共済金


がん手術に対して支給される共済金を指します。
1回の手術につき、入院給付金に一定の倍率をかけた額が支払われる仕組みです。

がん放射線治療共済金


がん治療のための放射線治療に対して支給される給付金を指します。

ほとんどの商品において、1回につき決まった金額が支払われます。

支払われる金額に上限が設定されていることもありますので確認が必要です。

がん先進医療共済金


がん治療のための先進医療に対して支給される給付金を指します。

支払金額に500万円〜1000万円ほどまでの上限が設定されています。

がん保険との比較


上記の保障内容を見てくださればわかるかと思いますが、がん保険と保障内容はあまり変わりません。

また保障期間もがん保険と同様で、共済でも一定期間の保障となる定期タイプ・一生涯保障が続く終身タイプのどちらもが販売されています。

ではどこに違いが生じているのか、次はがん共済のメリット・デメリットの面から比較してみましょう。

がん共済のメリットは?とにかく掛金が安い!

がん共済はがん保険と比較した際に、

  • 掛け金が安い
  • 加入がシンプル
  • 割戻金がある
といったメリットがあります。

がん保険より掛け金が安価


がん共済の掛け金(保険料)は、がん保険よりも割安になっている傾向があります。

なかには月額1000円代から加入できる商品や、年齢が上がっても掛け金は加入時から変わらない掛け金一律タイプの商品もあります。

複雑な手続きが必要なく加入がシンプル


がん共済は単独で扱われていることが少なく、医療共済にがん保障を特約でつけるケースが多くなっています。

そのためプラン内容がシンプルになっており、複雑な手続きをすることなく加入できます。

商品によっては割戻金がある


割戻金は余剰金(利益)が生じた場合に組合員に対して支給(返還)されるお金のことで、保険会社でいうところの「配当金」に該当します。

割戻金の有無は商品によりけりですが、割戻金がある商品に加入した場合は支払った掛け金の一部が返ってくる可能性があります。

がん共済のデメリットは?がん保険より保障の手厚さが心配

前述のメリットがある一方で、がん共済は

  • 保障が手薄い
  • 高齢になるほど保障内容が薄くなる
  • 若いと損をしている感じに
といったデメリットもあります。

がん保険よりも保障が手薄い


先ほどメリットとして挙げたように、がん共済はがん保険と比較すると掛け金が少ないことがほとんどです。

しかしその反面、保障内容ががん保険より手薄になってしまう傾向があります。

その一例として、それぞれの一般的な先進医療特約の保障上限額を比較してみましょう。
保障の上限額
がん保険2000万円
がん共済500〜1000万円
以上の表から、倍以上の差が生じていることがわかりますよね。

その他の保障についても支給される回数や金額に制限が設けられていることがほとんどであり、どうしてもがん保険より手厚さの面で心もとない印象があります。

年齢を重ねるほどに保障内容が手薄になる


前述の通り、商品によっては掛け金一律タイプのものもあります。

ただ掛け金が一定である代わりに保障内容が変更されてしまう可能性があるのです。

その一方で、がん保険は加入する際の年齢とともに保険料も増加していく分保障内容は変わりません。

若い人が加入すると損?

掛け金一律タイプでは、若い人も高齢の方も同じだけの掛け金を支払います。

しかし国立がん研究センターによれば、がんの罹患率は男女ともに50歳代から80歳代で増加する傾向にあるようです。

共済は相互扶助で成り立っていますので、年齢が若く罹患の可能性が低い加入者が罹患するリスクの高い高齢加入者の分まで負担していることになっていると言えます。

がん保険よりがん共済がおすすめの人

ここまででがん共済とがん保険の違いはご理解いただけたと思います。


簡単にまとめると、

  • がん共済はがん保険より掛け金が少なく保険料が安く済む、また商品によっては割戻金も
  • がん共済の加入に複雑な手続きは不要
  • がん共済の保障内容はがん保険より手薄く、年齢が上がるごとにより顕著になる
ということになります。


そのため、

  • 保険料を抑えたい人
  • 経済的に余裕があり、保障が最低限で良い人
以上のような方は、がん保険よりもがん共済に加入するのをおすすめします。

つまり保障内容よりも金銭面での負担を減らすということを第一に考えたい方には、共済の保障の方が向いていると言えるでしょう。

がんに対するお守り的に加入を検討している方にも良いかもしれませんね。

反対に、保険料が多少かさんだとしても保障の手厚さを求めたい人はがん保険の方がより安心できるのではないでしょうか。

とはいえ、自分にどちらが向いているのかと判断するのはなかなか難しいですよね。

自分で決めきれないと悩んでいる方には保険相談がおすすめです!

保険相談では、無料で保険のプロがあなたにあった保険商品や保障内容を提案してくれます。

「保険のことはよくわからない」と思っているスマホの前のあなた、この機会に保険の疑問をプロと一緒に解決しましょう。

がん共済おすすめ比較ランキング【3選】

いざがん共済に加入しようと思っても、世の中にはたくさんの商品があるので迷ってしまいますよね。


そこでこの記事ではほけんROOMがおすすめするがん共済を、ランキング形式でご紹介します。


それぞれ特徴や保険料などみなさんが知りたい情報を簡潔に解説いたしますので、ぜひ参考にしてください。

【1位】コープ共済

保障内容


コープ共済で販売されているがん保障は、生命保障に特約としてつけられるようになっています。


特約に単独で加入することはできませんので注意してください。


新がん特がそれに該当し、保障内容として

  • がん治療共済金
  • がん入院共済金
  • がん手術共済金
  • がん退院共済金
  • がん通院共済金
以上の内容が含まれています。


加入年齢


特約をつけられる元になっている生命保障には、

  • 満18歳〜満60歳の方
  • 満60歳〜満70歳の方
と年齢によって加入可能な2つのプランが用意されています。


また前者のプランのがん特約は

  • がん治療共済金が100万円
  • がん治療共済金が200万円
のどちらかから選択することができます。

後者のプランは、がん治療共済金が50万円の特約のみなのでこちらに該当する方は加入前に確認が必要です。


共済期間


保障が続く期間は10年間です。

ただし満70歳で加入された場合は例外で、共済期間が15年間となります。

掛け金(保険料)


例として、30歳女性が
  • 生命保障300万円
  • がん治療共済金100万円
という内容のプランに加入した場合、

生命保障510円+新がん特約860円=1370円

となります。

掛け金一律タイプですので、手頃な掛け金のまま10年間変わらないという魅力があります。

【2位】JA共済

保障内容


JA共済はがん共済という単独の商品です。


保障として

  • がん診断共済金
  • がん入院共済金
  • がん手術共済金
  • がん放射線治療共済金
  • がん治療共済金
  • がん先進医療共済金・がん先進医療一時金(がん先進医療保障ありを選択した場合のみ)
があります。

またこのプランには
  • 指定代理請求特約
  • 共済掛金振込免除制度
が含まれています。

加入年齢


0歳〜75歳まで加入できます。

共済期間


JA共済のがん共済は
  • 終身タイプ:保障が一生涯続く
  • 80歳満了タイプ
から選択することができます。

掛け金(保険料)


どちらの共済期間であっても
  • 充実型:がん治療共済金が100万円
  • 基本型:がん治療共済金が50万円、がん入院共済金を除くその他の共済金も充実型の半額になる
の2つのなかから選択できます。

例えば30歳女性で
  • 終身タイプ・充実型
  • がん先進医療保障
  • 指定代理請求特約
  • 共済掛金振込免除制度
  • 99歳で払込を完了
という契約の場合の月額は、4937円となります。

なお契約後3年目から割戻金が発生します。

【3位】都道府県民共済

今回は例として埼玉県民共済を取り上げていきます。

保障内容


埼玉県民共済は、他の怪我や病気と同じように医療・生命共済のなかにがん保障が含まれています

受けられる保障内容として
  • 入院共済金
  • 手術共済金
  • 重度障害共済金
  • 死亡共済金
があります。

加入年齢


15歳〜64歳までの方が加入対象となります。

共済期間


15歳〜65歳までの間保障が続きます。

なお60歳〜65歳の間は保障内容が変わり、給付金額が半減する仕組みです。

掛け金(保険金)


埼玉県民共済は
  • 月掛金2000円コース
  • 月掛金4000円コース
の2つから選択できます。

どちらのコースも含まれている保障は同じで、受け取れる金額に違いがあります。

掛け金は加入時から年齢を重ねても増えることはありません。

また割戻金も発生します。

ランキングを紹介しましたが、がん保険も含めて比較して自分の加入する保険を選ぶとなると、とても気が滅入る作業になってしまいます。


マネーキャリアの保険相談ならスマホ1つで予約から面談まで可能です。オンラインでの相談なら余計な不安もなく気軽に相談ができるはずです。


ぜひこの機会にまずは保険相談することを検討してみてください。

がん共済についてのまとめ


がん共済ががん保険と比べてどんな特徴を持っているのかということや、おすすめしたいがん共済ランキングについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • がん共済とがん保険のどちらが良いかは加入する人次第
  • がん共済はがん保険と比べて保険料が安いことがメリット
  • 反対にがん共済はがん保険より保障が手薄いことがデメリット
  • 保険料を抑えたい人や最低限の保障で構わない方にがん共済はおすすめ
  • おすすめがん共済はコープ共済・JA共済・都道府県民共済
でした。

がんは私たちにとって身近にある病気です。

いつ罹患してもおかしくありません。

万が一の際に慌てずに済むように、健康なうちから備えておくことが大事です。

ほけんROOMでは、他にも保険や共済に関する読んでおきたい記事を多数掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

ランキング