帝王切開で医療保険・生命保険は適用される?女性保険の必要性を解説

これから妊娠をお考えの方、女性保険には加入していますか。女性ならではの妊娠・出産時、想定外の入院やまさかの帝王切開にどういった保障がされるのか。出産以外にも女性特有の病気で治療が必要になったとき、女性保険ならではの手厚い保障について説明していきます。

内容をまとめると

  • 帝王切開は給付金が受け取れる
  • これから妊娠・出産をするなら女性保険がおすすめ
  • 医療保険の加入は妊娠前に!女性保険は保障が手厚い
  • 出産・妊娠中やその後の生活に関するお金のことで少しでも不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる!

帝王切開で医療保険・生命保険は適用される?


これから妊娠・出産をしたいと考えているの方のほとんどが、なんとなく、当たり前に自然分娩(経膣分娩)で出産をすると思っているのではないでしょうか。


厚生労働省の発表する調査によると、一般病院で出産される方の帝王切開の割合は、年々増加傾向にあります。


およそ4人に1人が帝王切開で出産しているのです。


医療の進歩により、逆子をはじめとしたリスクの高い出産は、より安全に赤ちゃんを取り上げられるよう、帝王切開で行われることが増えてきています。


この記事では

  • 帝王切開にかかるお金ともらえるお金
  • 妊娠前に女性保険に加入するならプロに相談
  • 妊娠・出産時以外の女性保険の必要性
について解説していきます。
ぜひ最後までご覧ください。


ほけんROOMでは、他にも医療保険に関する記事や、マネーライフ、保険全般に関する記事を掲載していますので、お悩みの方は他の記事も参考にしてみてください。

帝王切開は民間の医療保険や生命保険の女性特約の給付対象!女性保険の検討をしよう!

帝王切開の出産は、民間の医療保険の対象となるため、給付金が受け取れます。なお、自然分娩は手術や治療ではないため、給付金の対象外となります。


妊娠がわかり、順調な妊娠生活を送っていても、出産するそのときに緊急で帝王切開になってしまうことがあります。


さらに、はじめから多胎児(双子や三つ子)や妊娠高血圧症など、ハイリスクな妊娠と判断された場合には、事前に帝王切開での出産を予定することもあります。


ですから、妊娠を希望しているなら、妊娠がわかる前から、女性保険の加入を検討する必要があるのです。

受け取れる給付金①入院給付金

入院した際に、入院1日当たりに支払われる給付金のことです。


自然分娩での入院が、だいたい6日間なのに対し、帝王切開での入院は7~10日間ほどになります。


血圧が戻らない、傷の治りが遅いなど、お母さんの術後の経過によっては、10日以上入院することもあります。


さらに、女性保険に加入していれば、一般的なケガや病気で入院するよりも、上乗せして入院給付金がもらえることがあります。


たとえば、日額5,000円もらえる保険に加入していた場合、1日当たり10,000円の給付金が受け取れます。


帝王切開の手術費用自体は、健康保険の対象になりますが、差額ベッド代や食事代は自己負担になりますので、入院が長引く可能性にも備えて、入院給付金が支給されたらとても安心です。

受け取れる給付金②手術給付金

ケガや病気で所定の手術を受けた際に、支払われる給付金のことです。


自然分娩は、医療行為を伴わないため対象外ですが、帝王切開での出産は医療行為を伴い、手術に該当するため、給付金が受け取れます。


加入する内容によって差はありますが、一般的には5~20万円ほどの給付金が支払われることが多いようです。


妊婦健診や自然分娩が10割負担なのに対して、帝王切開は健康保険が適用され3割負担ですが、入院日数が長くなるので、トータルすると帝王切開のほうが費用がかさみます。


自然分娩の予定が、緊急帝王切開になることも珍しくないため、手術給付金が受け取れる保険に加入することをおすすめします。


お腹を切ることは大きな手術で、ただでさえ精神的に不安が大きく、お金の心配がひとつ減るだけでも、安心して出産が迎えられます。

受け取れる給付金③女性疾病特約

女性特有の病気で入院や手術をした際に、支払われる給付金です。


女性疾病特約とは、通常の医療保険に上乗せして保険料を支払うため、特約をつけるかどうか迷う方も多いのではないでしょうか。


しかし、特約をつけていれば、通常の医療保険の2倍の給付金が受け取れることもあるのです。


ずっと健康で病気にはならないと思っていても、妊娠・出産に関わる病気なども対象となるため、これから妊娠をされる予定があるのなら、女性疾病特約は必要かもしれません。


ですが、その分保険料も高くなるので、年齢や妊娠のタイミングなどライフスタイルに合わせて内容を見直すことも大事です。

帝王切開のかかる費用

自然分娩は健康保険が適用されず、10割負担なので全額自己負担になります。それ対し、帝王切開は医療行為が伴う手術なので、健康保険が適用され3割負担となります。


帝王切開の手術費用は、曜日や時間帯で変動があるものの、約6~7万円が自己負担となります。


帝王切開のトータルに費用は、病院の規模や術後の経過のもよるうえ、手術費用のほか差額ベッド代や食事代、赤ちゃんにかかる費用があるため一概には言えませんが合計50~100万円と幅が広くなり、自然分娩より高額になることが多いです。


自然分娩であれば、金額の幅があまりないのに対して、帝王切開での出産が予定された場合、事前にかかる費用が読みづらいのもあり、備えておけば安心ですね。



帝王切開にかかる費用についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事
をご覧ください。

妊娠・出産の前に検討するべき保険

女性にとって妊娠・出産は、入院や手術のリスクが高くなるタイミングです。帝王切開は女性保険の給付対象になるので、妊娠する前に加入するか検討しましょう。


女性保険であれば、妊娠・出産に手厚く保障してくれます。


女性保険はその名のとおり女性に向けた保険で、妊娠・出産をされる可能性のある女性には、よく知ってもらいたい保険になります。


では、結婚し、妊娠・出産前に保険を検討するときに、どんな保険を選べばいいのかポイントを紹介していきます。

①女性疾病特約のある医療保険

女性疾病特約とは、医療保険の特約のひとつで、女性専用の特約になります。特約とは、保険契約につけられるオプションのことで、単独での契約はできません。


女性疾病特約とは、女性特有の病気や治療で入院したとき、入院給付金などに上乗せされて保障される仕組みです。


医療保険に加入していれば、女性疾病特約をつけていなくても、入院給付金や手術給付金の対象になっています。そのため、帝王切開の入院や手術にも対応しています。


しかし、妊娠・出産にはさまざまなリスクが伴いますので、女性疾病特約を付けることで、通常の医療保険よりも保障が手厚くなります。


さらに女性保険であれば、女性疾病特約のような手厚い保障が受けられます。

②女性保険

女性保険とは、女性向けの医療保険です。女性特有の病気になったり、治療が必要になったときに、手厚い保障が受けられます。


通常の医療保険に比べ、女性にとって手厚い保障・給付内容となっていることが多く、保険会社によっては、出産サポート給付金が受け取れる商品もあります。仮に帝王切開で出産し、入院した場合、通常の医療保険と女性保険の給付金の違いはとても大きいのです。


医療保険の給付金

(入院給付日額×入院日数)+手術給付金

女性保険の給付金

(入院給付日額×入院日数)+手術給付金+(入院給付日額×入院日数)+手術給付金


女性保険に加入していれば、2倍の給付金が受け取れるということになります。


出産以外にも女性特有の病気に対して保障が手厚く、女性であれば女性保険に加入するとメリットを感じやすいでしょう。

③医療特約付きの生命保険

医療特約付きの生命保険とは、生命保険に特約をつけることで、医療にも対応できる方法です。その分、保険料も上乗せになり、あくまで生命保険の契約が主契約になるので、医療特約だけでの契約はできません。


入院や手術に備えて、医療保険に加入を検討した際に、すでに生命保険に加入している人であれば、医療特約をつけるという選択肢もあります。


生命保険に医療特約として契約をすれば、契約を一本化できて管理しやすいなどのメリットがありますが、主契約と紐付けられ制約を受けてしまい、主契約の見直しなども難しくなってしまいます。


ライフステージによって必要な保障が見直せるよう、女性保険など単体の保険を組み合わせて、自分に合った保障を備えることが大事です。

妊娠・出産のを機会に無料の保険相談を利用しよう!

ここまで帝王切開を中心に、妊娠・出産にかかるお金の話を説明してきましたが、これから妊娠を考えているならば、帝王切開は他人事ではないのです。

誰でも、はじめての妊娠・出産であれば、わからないことがあるのは当然です。これから子供を生み、育てていくには、たくさんのお金がかかり、予想外の出費がかさむこともあります。

ライフイベントごとにかかるお金はさまざまです。ライフイベントをきっかけに、お金や保険のプロに見直しをしてもらいましょう。

【参考】妊娠の時に利用するべき制度・給付金

妊娠の時に利用するべき制度・給付金については主に以下の4つがあります・

①妊婦健診の助成制度

 妊娠中の健診に使える助成券がもらえます。自治体によって、回数や金額が異なりますが、14回分の妊婦健診代が補助されます。

②出産育児一時金

  健康保険に加入している人、もしくは被扶養者の人が出産された場合に、子供1人につき42万円が支給されます。

③高額療養費制度

入院が長引いた場合など、月の医療費が高額になった人が対象です。

④医療費控除

1月1日~12月31日の1年間で、家族全員の医療費が10万円を超えた場合、確定申告すれば税金が還付されます。妊婦健診の自己負担分も対象となります。

また、働いている方が対象ですが、勤務先の健康保険に加入していて、産休・育休を取得する人は、出産手当金、育児休業給付金が受け取れます。

妊娠と保険にまつわるよくある質問

はじめての妊娠だと、出産に対する不安や、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれるのか、妊娠中から心配ごとが尽きないはずです。


さらに、健診の費用から出産費用に加え、ベビー用品の準備など最低限の出費以外にも、万が一の高額な出費に備えられるよう、妊娠と保険に関する疑問に答えます。


ここでは、よくある3つの質問に答えていきます。

  1. 妊娠・出産に備えるための保険の加入はいつがベスト?
  2. 妊娠中でも保険に加入することはできる?
  3. 2回目以降も帝王切開は医療保険の対象になる?

①妊娠・出産に備えるための保険の加入はいつがベスト?

ずばり、はじめての妊娠をする前に加入するのがベストです。


そろそろ子供がほしいと妊娠を考え始めたなら、同時に保険の加入も検討しましょう。なぜなら、保険に加入してすぐ妊娠が発覚した場合、子宮や妊娠に関する項目が特定部位不担保となってしまうことがあります。


特定部位不担保とは、加入者が持病等を抱えている場合に付く条件で、保険会社の指定した部位については、保障しないという仕組みです。


年齢を重ねると、毎月の保険料が高くなります。結婚などをきっかけに、医療保険の加入を頭に入れておくといいでしょう。


妊娠は授かりものなので、すぐに妊娠できるとは限りませんが、いつ赤ちゃんがきてくれてもいいよう、万全の態勢で待っていたいですね。

②妊娠中でも保険に加入することはできる?

保険会社にもよりますが、妊娠初期であれば、医療保険に加入できる場合もあります。しかし、妊娠中の加入は特定部位不担保の条件がついてしまい、子宮や妊娠に関する保障の対象から、外れてしまうこともあります。


一般的に妊娠中の加入は、切迫早産や帝王切開の保障がされません。


たとえば、帝王切開での出産や、切迫流産や切迫早産で長期の入院になっても、手術給付金や入院給付金が支給されないということです。


妊婦健診で子宮の病気が見つかり、治療が必要になっても給付金が受け取れないこともあります。


「妊娠する前に加入しておけばよかった」と後悔する前に、保険のプロに相談しましょう。

③2回目以降も帝王切開は医療保険の対象になる?

多くの産院では、帝王切開後の出産は帝王切開で行うため、2回目以降も帝王切開での出産になると考えられます。


2回目以降の帝王切開で医療保険が適用されるかどうかは、加入したタイミングによって変わってきます。


妊娠前

妊娠前に加入していて、1回目の帝王切開の給付金を受け取っている場合は、2回目も給付金が受け取れるケースがほとんどです。


妊娠発覚後

妊娠発覚後に加入した保険で、子宮や妊娠が保障の対象から外れていて、決められた期間内の妊娠であると、給付金の受け取りはできません。その期間は、1~5年や全期間などさまざまです。


出産後

1回目の帝王切開後に、保険に加入している場合は、事前に告知があるため、子宮や妊娠に関する保障から外れてしまい、給付金が受け取れない可能性が高いです。

【参考】女性保険で備えられる女性特有の病気

女性特有の病気は、乳がん、子宮がん、卵巣がん、乳腺症、子宮内膜症、子宮筋腫などです。国立がんセンターがん対策情報センターの調査では、12人に1人が乳がんになっているそうです。


がんなどの病気以外にも、不妊治療の検査で病気が見つかり、治療が必要になるケースもあり、妊娠・出産の準備として加入した保険に助けられることもあります。


帝王切開の可能性が誰にでもあるように、女性の病気は年齢が若くても、身体が健康であっても、突然に不調がやってくる可能性もあります。


女性が罹るがんのうち、女性特有のがんが占める割合は約46%にも上ります。女性は男性よりも長生きであったり、子宮をもっていたり、男性に比べ備えが大切なのです。

まとめ:保険に関する悩みがあれば保険のプロに無料で相談を!

帝王切開と女性保険の関係について、説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の記事のポイントは
  • 帝王切開は給付金が受け取れる
  • これから妊娠・出産をするなら女性保険がおすすめ
  • 医療保険の加入は妊娠前に
  • 女性保険は保障が手厚い
  • ライフイベントごとにお金や保険のプロに相談しよう
でした。

結婚をし、これから妊娠・出産を考えている方は、出産準備のひとつとして、女性保険の加入や見直しを検討しましょう。

毎月の保険料も長く支払っていると、大きな金額になります。無理のない範囲でしっかりとした保障が受けられるように、ぜひともお金と保険のプロに相談してください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおけば役に立つ女性保険に関する記事を多数掲載しています。ぜひご覧になってください。

ランキング