女性保険ALL

女性保険の選び方

女性保険の選び方に関する疑問
最適な情報を伝える

女性保険の選び方

女性保険について、医療保険との違いや加入するべき時期、選び方のポイントが気になっている方も多いことでしょう。今回はそのような疑問をお持ちの方に向けて「女性保険の選び方」について、妊娠前と妊娠後で保障内容がどう変わるのか?といったことにも触れてお伝えします!

女性保険の選び方で重視することは?

このカテゴリでは、女性保険の選び方に関する記事を紹介いたします。 


この記事を読んでおられる方は、女性保険について気になって調べていることでしょう。


 女性保険は医療保険の一種で、通常の病気やケガに加えて女性特有の病気・女性がかかりやすい病気を保障するものです。


そのため、構造や保険を比較する際のチェックポイントは基本的に通常の医療保険とほぼ同じなのです。  


加入すれば病気だけでなく、妊娠・出産などのライフイベントへの備えもできるようになります。


しかし、「女性保険は医療保険とどう違うの?」や、「妊娠前でないと加入できないの?」「女性保険を選ぶ際に押さえるべきポイントが何か知りたい」などとお思いの方もいらっしゃるのではありませんか? 


そこで今回は、そのような方のために「女性保険の選び方」について

  • 年代別の選び方
  • 保障内容に注目した選び方
  • 保障内容と保険料とのバランス
  • 【参考】妊娠前に女性保険に加入するべき?

の4つのポイントを中心に解説していきます。


本記事を読んでいただければ、女性保険についての知識を深めることができるだけでなく、あなたに合った女性保険を検討することが可能になることでしょう。 


ぜひご覧ください。 

各年代別の保険の選び方

女性保険も生命保険・医療保険と同様、各年代ごとに必要な保障は変わってきます。


例えば、妊娠・出産は20代から30代後半の間に多いのに対し、乳がんなどの女性特有のがん発症のリスクは40代から50代にかけて高まります。


このように、年代ごとに必要な保障内容が変わることがお分りいただけると思います。


以下の記事では、各年代ごとの選び方のポイントを解説しております。


保険の見直しや新規加入の際に参考にしてくださると嬉しいです。


関連記事はこちら
関連記事はこちら
関連記事はこちら

保障内容に注目した選び方のポイント

加入する女性保険を選ぶ際に押さえたいポイントは3つあります。


  • 保障期間
  • 「掛け捨て型」か「貯蓄型」か 
  • 疾病の対象範囲 


です。 


そして、重視するポイントは加入目的によっても変わってきます。 


以下で、3つのポイントについて解説していきます。 

保障期間

女性保険の保障期間は、通常の医療保険同様「定期型」「終身型」があります。


「定期型」期間を10年や15年などに限定して契約するものであるのに対し、「終身型」保障が一生涯続くものです。


どちらを選ぶべきかは、加入する目的によります。


妊娠・出産時などの一時的なリスクに備えるのであれば「定期型」を、各ライフステージに応じた保障を一生涯にわたって受けたいのであれば「終身型」をおすすめします。


終身型を選ぶ際には「掛け捨て型」か「貯蓄型」かを選ぶ必要がありますが、そのことについては以下で説明をします。

「掛け捨て型」か「貯蓄型」か?

女性保険にも通常の医療保険同様「掛け捨て型」「貯蓄型」があります。


「掛け捨て型」満期や更新、中途解約時に保険料が戻ってこない保険のことです。


これに対し、「貯蓄型」貯蓄機能を備えた医療保険のことです。


解約返戻金があるものや、生存ボーナス・健康祝い金が出るものが該当します。


「掛け捨て型」は原則として支払った保険料は戻ってきませんが、貯蓄型に比べると保険料が割安です。


一方で「貯蓄型」は、支払った保険料が戻ってきますが、元本割れの可能性といった中途解約時のリスクも高まります。


どちらを選ぶべきかは加入目的・加入時期によって異なってきます。


詳細は以下の記事をご覧ください。

関連記事はこちら
関連記事はこちら
関連記事はこちら

疾病の対象範囲

女性特有の部位(乳房、子宮、卵巣、卵管など)に関わる疾病は最低限保障されていることが望ましいです。


また、保険によっては女性がかかりやすい病気(バセドウ病や鉄欠乏性貧血、尿管結石など)を保障するものもあります


保障内容を確かめて、ご自身に合った保険を選ぶことが大切です。 

関連記事はこちら

保険料とのバランスに注意しよう

女性特有の病気にかかった際に、保険料を増やすことで保障の上乗せができます。


しかし、保険は万が一の時に備えるものですから、家計とのバランスを考慮して選ぶ必要があります。


保障内容が手厚くても、保険料が高額になってしまうと家計を圧迫してしまうおそれがあります。


保障内容は、保険料と家計とのバランスで決めましょう。


女性特有の病気・女性に多い病気への心配からより多くの保障を付けたくなるとは思いますが、家計へ負担をかけないためにもご自身に必要な保障を見極めましょう。


そのため、貯金でカバーできる範囲の保障であれば付けなくてもよいでしょう。

【参考】妊娠前に加入するべき?加入すべき時期とは

出産にかかる費用は、自然分娩の場合30万円から70万円、帝王切開の場合はさらに22万円から25万円かかります。


妊娠前に女性保険に加入しておくと、妊娠・出産費用を保険でカバーすることができるようになりますが、妊娠中の場合、「特定部位の不担保」とい、う条件が付き、保険金が受け取れなくなってしまう可能性もあります。


妊娠前と妊娠中・出産後で保障がどう変わるのか、以下で説明していきます。

女性保険は妊娠前に加入するべき!

妊娠前に加入しておくことで、妊娠・出産時にトラブルがあった際、高額な医療費を保険でカバーすることが可能になります。


また、自然分娩であった際も入院給付金がでる保険もあります。


入院給付金によって出産費用をカバーできるのは嬉しいですよね。


詳しくは下記の記事もご覧ください。 


関連記事はこちら

妊娠中・出産後に加入する場合

女性保険は妊娠中であっても加入することはできますが、「特定部位の不担保」という条件が付く可能性があります。


この場合、加入直後の出産で帝王切開手術を受けた場合に保険金が受け取れなくなってしまいます。


また、すでに出産を経験されている方でも、過去5年の間に分娩の際に帝王切開手術を受けられた場合「特定部位の不担保」の条件がつく場合があり、合併症や手術の程度によっては加入が難しくなることもあります。


しかし、最近では、妊娠中であっても保障がつくものもあります。 


妊娠中の女性保険加入に関しては、下記の記事をご覧ください。


関連記事はこちら

女性保険の選び方まとめ

ここまで、女性保険の選び方についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。


女性保険は、年代や保険のタイプ、そして加入時期によって保障が変わってきます。


ご自身に合った保障がある保険を選びましょう。


ほけんROOMでは、保険に関する様々な記事を掲載しております。


保険についてもっと知りたい!保険のプロに直接相談したい!という方は、


ほけんROOMの無料保険相談サービス「ほけんROOM相談室」もぜひご利用ください!

1