女性保険ALL

女性保険の選び方

女性保険を掛け捨てで選ぶメリット・デメリットを解説します

女性は乳がんや子宮がんなど、女性特有の病気にかかるリスクもあるものです。そのため保険に入るなら女性特有の病気にも対応する女性保険で、なおかつ毎月の掛け金が安く済む掛け捨てにして、主婦でも加入しやすい掛け捨ての女性保険を選ぶようにすると良いでしょう。

女性保険の掛け捨ては手続きも複雑でなく、わかりやすいものが多い

女性保険にいざ入ろうと思っても、様々な種類の商品があり、どれに加入したら良いのか迷う方も多いかと思われます。


この記事では、その様々な種類の中から、まず「掛け捨て」と「貯蓄型」のどちらが良いのかを比較し説明します。


そしてこの記事では、特に「掛け捨て」の女性保険のメリット・デメリットについて解説します。


保険というと契約が面倒で、さらに女性特有の病気にも対応する女性保険だと手続きや解約も面倒だと思うようなこともありますが、掛け捨てであれば解約時に戻る解約返戻金の計算などもないため、手続きや支払いなどで困ることも少ないというのがメリットです。


保険に詳しくない人でも加入しやすいでしょう。



いくつかの生命保険会社で対応している

女性保険は大手の生命保険だけでなく、外資系の保険会社でも加入できるできることがほとんどです。


掛け捨てで加入できる商品も増えているので、いくつか比較したうえで加入できるというのもメリットです。


たくさんの提案の中から良いと思えるものを選んで加入することができます。

掛け捨ては掛け金も安いことが多い

保険は自分のお給料から月々払うことも多いですが、独身女性で正社員でもない人であれば、毎月の掛け金が負担になることが不安になることも多いものです。


しかし、女性保険も掛け捨てであれば毎月数千円の支払いで良いことも多いので、収入が安定していなあい人でも安心して利用できるものです。

すぐに保険相談したい方はコチラ

掛け捨ての女性保険だから長く契約していくことができる

女性は結婚、出産を経験することで自分の生活も大きく変わります。ずっと働いていこうとする女性でも、結婚、出産を機に仕事を変えることがあります。


そういった時も掛け捨ての女性保険であれば契約内容も変えることなく、見直しもなくそのまま同じ女性保険を契約していくことができる場合が多いものです。ですから手間も少ないでしょう。

掛け捨ての女性保険は環境に左右されない

掛け捨ての女性保険であれば途中で保険料の見直しもなくそのまま継続して契約していけることも多いので複雑でなくて良いです。


収入の変化によって保険が左右されることがないというのも良いですし、ずっと同じ保険であることで保険内容も契約内容も把握しやすいということも良いでしょう。

貯蓄型よりも保険の見直しがしやすい

貯蓄型の場合、早期に解約すると、返戻率が低いため、損をする可能性があります。

そのため、保険の見直しをすることを躊躇する方が多いです。


現在医療技術の進歩は凄まじいものがあるので、昔の保険では保障されないようなリスクがあります。


そのため、見直しをしたほうが良いというケースも起こりうるのです。


そんなときに、掛け捨てであれば、もともと保険料はかえってこないので、保険の見直しに躊躇することがなくなります。


そのような意味では、掛け捨てのほうが良いと言えるでしょう。

妊娠時の入院にも対応していることもある

通常の保険であれば妊娠、出産、分娩に関する入院では保険が下りないようなことが多いですが、女性特有の女性保険であれば、異常分娩時には保険金が下りる場合もあります。


掛け捨てであってもそういった保証はついていることが多いので、予想外の出産でも安心して出産することができます。

すぐに保険相談したい方はコチラ

掛け捨ての女性保険は独身女性にも心強い保険になっている

独身女性の場合、妊娠、出産を経験していないことで女性特有の病気にかかるリスクも出産を経験した女性に比べて高くなることが多いです。


そのため、万が一乳がんや子宮がんを患って入院することにでもなったら、自分が働けない期間収入が途絶えてしまうという不安がありますが、女性特有の保険に加入していると不安も少なくなります。

貯蓄型よりも掛け捨てのほうが保険料が安い

独身女性の方は、生活費を自分で稼ぐ必要があるので、結婚している方よりも、より安い保険を選びたい方のほうが多いかと思われます。

そのような独身女性の方には、掛け捨て型のほうが保険料が安いため、おすすめです。


というのも、貯蓄型の場合、ボーナスなどの一時金も保険料に含まれているため、掛け捨てよりも保険料が割高になるケースが多いのです。

掛け捨てのほうが中途解約のリスクの心配も少ない

さきほど掛け捨てのほうが保険料が安いと説明しました。

そのため生活コストを圧迫せず、中途解約のリスクが低いと言えます。


それだけでなく、仮に中途解約した場合、貯蓄型であれば解約返戻金を受け取れる場合が多いのですが、それでも早期の中途解約の場合、貯蓄型のほうが返戻率が低いことにより、損をする可能性が高いのです。


そういう意味でも、掛け捨てのほうが中途解約のリスクが低いと言えるでしょう。

掛け捨てで病気の遺伝の心配も軽減できる

女性特有の病気は遺伝的な要素もあると言われますから、自分の身内で乳がんや子宮がんになったような人がいれば自分も心配になるものです。


しかし、必ず病気になるということでもないので、掛け捨ての女性保険で万が一の時に備えておくと自分だけでなく家族も安心させることができるものです。

保障内容がわかりやすいだけでなく、商品数も豊富

貯蓄型と異なり、解約返戻金やボーナスなどを考える必要がないので、純粋に保障内容を比較するだけで良いので、保険に詳しくない方も安心できます。

また貯蓄型よりも掛け捨て型のほうが一般的に商品数が多いため、より自分に合った商品を見つけられやすいでしょう。

デメリットとして挙げられるのは、保険料が掛け捨てであること

掛け捨ての女性保険のデメリットとして、まず挙げられるのは、当然ですが、保険料が掛け捨てであるということです。

もし保険に加入している間に、病気にならなかった場合、無駄に保険料を支払っていたことになってしまいます。


一方、貯蓄型の女性保険であれば、解約するときにお金が戻ってきたり、病気にならなかったときにボーナスという形で一時金をもらえたりするので、保険料が無駄にならずに戻ってくるというメリットがあります。

評判の良い女性保険を選ぶことで納得する

女性保険を選ぶ時、雑誌の紹介や保険のランキングなども参考にするようにすると良いです。


ランキング上位にあがっている掛け捨て以外の保険もまんべんなく知ることで自分にあった保険を選ぶこともできるでしょう。


内容と費用で総合的に判断して満足いく保険を選ぶことができるでしょう。

新商品にも目を向けるようにする

女性保険も人気や時代によって新しい商品が出るので、今の保険で満足していない時や継続し続けていいものか迷うような時は新商品にも目を向けてみると良いでしょう。


以前は対象になっていなかったものが対象になっているようなお得な掛け捨て女性保険が見つかるようなこともあるでしょう。

女性保険の掛け捨ては早くから

掛け捨ての女性保険は早くから加入したほうがお得でもあります。


若い年代ほど乳がんや子宮がんなどの女性特有の病気、がんは進行が速いですから、早くから加入して保証を多く受けられるようにしておいたほうが良いです。


入院期間が長くなることも想定しておくと早くから加入したほうが安心です。

まとめ

女性保険は女性特有の病気に悩まされる女性が多く、そういった女性の不安や負担を軽減させることができるように作られた保険です。


そのため、生活習慣病などよりも、女性の病気に不安がある女性にぴったりの保険であるともいえます。


また、掛け捨てであれば自分のためだけに加入できるので費用の負担も少ないのが魅力です。


独身女性にも掛け捨ての女性保険はおすすめです。

ランキング