ボーナス付き女性保険の仕組みや条件、メリットとは?商品紹介も!

女性特有の病気の保障が手厚い女性保険。ただ結局加入しても病気にならなかったら、損をした気分になりませんか?実はそのような人に向けて、病気にならなかったらボーナスのある女性保険があるのです。しかし、注意点もあるので、仕組みやメリットと一緒に見ていきましょう。

ボーナス付き女性保険の仕組みや条件、メリットを解説!

女性であれば乳がんや子宮頸がんなど、女性特有の病気は、他人事ではなく、自分がかかってしまったらどうしようという不安もあると思います。    


医療保険やがん保険の一部の特約として、女性疾病保障特約などがありますが、その女性疾病のみに保障を絞った女性保険が最近人気となっております。


でも、結局何も病気にならなかったら、保険料分を損をしたってなりませんか?


実は、何も病気にならなかったら、「ボーナス」がもらえる女性保険があるのです。


そこでこの記事では、ボーナスのある女性保険について、ボーナスのある女性保険の商品紹介や注意点などを解説します。


この記事を読んでいただけたら、ボーナスのある女性保険を探す際に参考になるかと思います。


ぜひ最後までご覧ください。




給付金を受け取らなかった場合にボーナスがもらえる女性保険

保険といえば、いざというときのけがや病気に備えるものです。 


自分が好きに使えるお金が給付されるわけではなく、あくまで治療のサポートをしてくれるという役割があります。


ですが、最近の女性保険には、一定期間給付を受けなかった場合、つまり病気やけがをしなかった場合にボーナスとして給付金を受け取ることができる保険があるのです。

5万円のボーナスがもらえる女性保険

アクサダイレクトでは、3年ごとに健康祝金として、5万円ずつのボーナスが受け取れる女性保険があります。


もちろん、その3年間で病気やケガで給付を受けた場合はもらえませんが、何もなかった場合、通常の保険ならもちろん給付はありません。


ところがアクサダイレクトでは3年給付がなかった、健康で過ごせたことに対するご褒美のようなボーナスがあるのです。

ボーナスの使用用途は自由

ボーナスの使用用途はもちろん自由です。 


通常、給付金は治療などのサポートとして給付されるものですから
旅行や貯金に、というわけにはいきませんね。


しかし、ボーナスの給付、しかもある程度まとまった金額のボーナスなので、旅行や貯金、お子様の入学資金や自分へのご褒美にも使えます。

入院してもボーナスが受け取れる女性保険もあります!

一定期間病気やけがをせず、健康祝金としてボーナスがもらえる女性保険も魅力的ですが、
なんと入院して給付を受けても、ボーナスがもらえる女性保険もあります。 


損保ジャパン日本興亜ひまわり生命では、生存給付金としてプランにもよりますが3年ごとに15万円ものボーナスが給付される女性保険の取り扱いがあるのです。

病気の保証だけじゃない!うれしいボーナス

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のボーナス15万円なら、海外旅行も夢ではない金額です。 


さらに、生存給付金ですので、入院したとしてももらえるボーナスです。 


給付金をもらってしまったからボーナスはなし、と落ち込む必要はありません。自分へのご褒美や
治療で必要なものをそろえたり、使い方は自由ですので、保証だけでなく楽しみまでできる女性保険です。

なんと合計で75万円のボーナス!

3年で15万、何に使おうか、とても楽しみですよね。
ボーナスは1回きりではありません。


例えば28歳で加入した場合保険期間15年の間に
生存給付金として5回、15万円ずつボーナスがでますので、なんと合計75万円のボーナスになるのです。 


3年ごとですので、その時々でお金が必要なところに好きなように使えるのが魅力の女性保険です。

ボーナスだけじゃない!保証もしっかり充実した女性保険

ボーナスがもらえるのはわかったけれど、肝心の保証のほうは大丈夫?と不安な方もいらっしゃるでしょう。


各社の女性保険は、女性特有の病気に対して上乗せの給付金がありますので、お金の心配をせず、安心して治療に専念することができます。 


また、保険会社によりますが、保険料を安くしたり、先進医療に対する補償を付けたりと
きめ細かなサポートがあるのが、女性保険の特徴です。

お金がかかる、女性の病気

女性の病気、例えばがんの治療などは、乳房切除や抗がん剤による脱毛など、見た目の変化が大きく、
男性よりも精神的苦痛が大きいのが特徴です。


また、脱毛のためにかつらや、下着の購入など、かかる費用も男性とは変わってきますので女性保険の上乗せ給付金やボーナスは心強いのではないでしょうか。

貯蓄性のある女性保険

ボーナスがでる女性保険、メリットをいくつかあげましたが、忘れてはいけないのが
ボーナス分を、保険料として自分で負担しているということです。 


何もないところから急にお金が出てくるわけではなく、自分で支払った分、
簡単に言えば貯蓄性のある保険に加入した、と考えた方がいいでしょう。

ボーナスがでる女性保険、注意点は?

ボーナスがでる、イコールお金がもらえる、と安直に考えてはいけません。
ボーナスとして受け取れる給付金は、ほぼ、自分で支払った保険金の中から
給付されているということを頭の隅に入れておきましょう。 


ただし、貯金もできて、病気やけがの保証も手厚くしてくれるといったメリットも大きいのが
ボーナス受取型の女性保険の特徴です。

確実にボーナスが出るわけではない

ボーナス給付型の女性保険に入ったから、必ず一定期間後にボーナスがもらえる、というわけではありませんのでご注意ください。


ボーナス給付には必ず条件があります。


 一定期間病気などの給付を受けなかった健康祝金や、給付の有無は関係なく、一定期間生存していた場合など、条件がありますのでご注意ください。

ボーナスだけでなく、保障内容も把握する

高額なボーナスに目が行きがちな、ボーナス給付型女性保険ですが、
一番の目的は病気のけがのサポートです。


ボーナスはあくまでもおまけと考えて
自分の必要な保証は何か、支払える金額はどのくらいかをしっかり把握してから
女性保険を選ぶようにしましょう。


自分で貯金するのが苦手、という方にはボーナス型がおすすめです。

まとめ

女性保険のボーナスのもらい方、女性保険の内容について解説してきましたがいかがでしょうか?


この記事のポイントは

  • 女性保険にはボーナスが存在すること
  • ボーナスがもらえるには条件があること
  • 確実にボーナスが出るわけではない

以上のことがポイントになります。


ボーナスをもらえるということはとてもお得で、気持ちとしてもいい気分になると思います。


ただし忘れてはいけないのは、ボーナスにばかり気を取られてるのではなく、自分に合った保険を選択することです。


また、ボーナスと言っても自分が支払った保険金から給付されていることや確実にボーナスがもらえるわけではないということを忘れてはいけません。


しっかりと自分に合った女性保険が選択できるように是非参考にしてください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、是非ご覧ください。

ランキング