【2019年版】チューリッヒのスーパー自動車保険の評判・口コミを徹底解説!

CMでもおなじみのダイレクト型自動車保険の1つであるチューリッヒ。この記事ではチューリッヒの事故対応やロードサービス、電話対応などに関する評判・口コミを集めました。チューリッヒへの加入を検討している方は生の評判・口コミで決めてはいかがでしょうか。

チューリッヒの自動車保険の評判・口コミについて徹底分析します

『ハロー♪チューリッヒ!』テレビCMでもおなじみの、チューリッヒの自動車保険の評判・口コミについて、あらゆる角度から徹底分析します。


スイス生まれの保険会社で、世界各地にネットワークを持っており日本支社が開設されたのは1986年です。


この記事では

  • チューリッヒ自動車保険の事故対応・顧客対応の評判・口コミ
  • チューリッヒ自動車保険の3つの特徴
  • チューリッヒとソニー損保の比較!
  • 代理店型と通販型(ダイレクト)、自動車保険の違いについて
についてわかりやすく説明し解説していきますので、これから自動車保険の加入を考えている方やすでに自動車保険に加入している方にとって、自動車保険について再検討する良い機会になったら幸いです。

自動車保険の見直しで、『30,000円も節約することができた!』というユーザーの方のお話を聞くこともありますので、ぜひ最後までご覧ください。

気になるチューリッヒの事故対応/顧客対応の評判・口コミは?

自動車の任意保険に加入するときに、気になるのはまず最初に『保険料』です。これは誰でも、料金が安ければ安いほうがいいに決まっていますから当然のことでしょう。


そして2番目に気になるのが、万が一事故が起きた時の『事故対応』ではないでしょうか。


本当は、この2番目の『事故対応』こそが任意保険加入の際に1番によく検討するべき項目であり最優先に考慮するべき選択条件なのです。


ここでは、実際にチューリッヒの自動車保険に加入して不幸にも『事故・トラブル等』に見舞われた方々の貴重なご意見を掲載させていただきましたので、ぜひ参考にして下さい。

40代男性 / 長野県


保険会社:チューリッヒ / 車種:アウディQ5 / 年間保険料:10万円以上

『事故対応窓口の悪い例・不払い』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

1

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

1

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

1

信号待ちをしていた時、うっかり寝てしまい車が前に進んでしまい、前方の軽自動車と接触してしまった。前方の車の後方部分が少し傷が出来てしまい、オペレーターに電話した。週末(土日)で会ったため、担当者がいないとのことで、月曜に担当者から連絡がきた。保険で修理するか、自費で修理するかをまず聞かれ、どちらが負担が軽いのかを聞くと今はわからないと言われ、後日案内すると言われた。その後何の連絡もないまま、自費修理を選択されており、保険金は不払いで、そのまま話が進んでいた。非常に対応が悪かった。

40代男性 / 埼玉県


保険会社:チューリッヒ / 車種:トヨタ ウイッシュ / 年間保険料:4万円程度

『事故対応窓口の良い例』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

4

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

3

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

5

事故を起こした後、すぐに入ってるチューリッヒさんに連絡して、そこから相手方との交渉はこちらでやるとのことなのでお任せしました。相手方との交渉等全てやってもらえたので、自分で相手と交渉すること無く全て終わったのでありがたかったです。自分で交渉してたらどうなってたか分からないし、きちんとした結果になってたかも分からないので、交渉を代わりにやってもらえるってのは良かったです。ちゃんと責任もって全てお任せでやってもらえたので対応等には満足してます。

50代男性 / 北海道


保険会社:チューリッヒ / 車種:トヨタ アルファード / 年間保険料:5万円程度

『事故対応とロードサービス、どちらも良かった』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

5

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

5

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

5

ロードサービスを利用したことがありますが、対応も丁寧で手配も迅速にしていただき、人里離れた田舎道でしたが、30分ほどで駆けつけてくれました。駆けつけくれたサービス会社の方達の作業も丁寧で早く、10分ほどで直してもらえました。
原因の説明や今後の対応も方法なども細かく詳しく説明してくれましたので、帰った後も不安もなく運転することができました。
ネット型保険に不安もありながらも、値段の安さに惹かれて加入しましたが、まったく問題がないと確信しました。

30代男性 / 神奈川県


保険会社:チューリッヒ / 車種:ホンダ モビリオ / 年間保険料:4万円程度

『事故以外のロードサービス・バッテリージャンピング迅速対応!』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

3

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

3

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

3

仕事柄、出勤時間が早朝であり、通勤途中に朝食を買おうと会社と自宅中間のコンビニに立ち寄りました。朝食を買い、いざエンジンを始動させようとしたが動かず。何度も始動を試みましたがうんともすんとも言わなくなってしまいました。早朝にバッテリーが上がってしまい、バッテリー上がりのジャンピングをロードサービスに依頼しましたが片田舎の場所にもかかわらず迅速な対応をしていただき感謝しています。(期間中1回無料のサービスです)

20代女性 / 三重県


保険会社:チューリッヒ / 車種:トヨタ ヴィッツ / 年間保険料:5万円程度

『事故対応・オペレーターの的確な判断で安心感を得た』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

4

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

3

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

5

オペレーターにつなぐのが早いのが良かったです。なかなかつながらないと、心配になりますが、すぐに駆けつけてくれそうなほどでした。事故をするとパニックになりそうでしたが、落ち着いて対応できました。状況の把握も、すぐに理解してもらえました。保険内容についても詳しく教えてくれました。保険からおりたお金も意外と多めなので助かるし、見積もりの時も丁寧に対応してくれました。事故の際には、後日の連絡もあり、安心感がありました。

30代女性 / 愛知県


保険会社:チューリッヒ / 車種:トヨタ エスクァイア / 年間保険料:10万円以上

『迅速な事故対応・オペレーターの親切丁寧な説明に満足』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

4

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

3

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

5

自損事故になった際に、コールセンターに電話しました。当初は、週末(土日)だったので、担当者からの詳しい説明は週明けになるような事を言われたが、すぐ折り返しの電話をくれて、丁寧に、どのような事故処理になるのか等を教えてくれて親切でした。私自身がどのように修理の処理をすればいいのか、またそれに掛かる費用は、保険でいくらまでカバーしてくれるのか、今後の等級と保険料が変わるのかなども細かく調べて教えてくださりました。

20代女性 / 岐阜県


保険会社:チューリッヒ / 車種:ホンダ ステップワゴン / 年間保険料:4万円程度

『相手方との直接交渉を電話でサポートしてくれて大満足!』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

4

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

5

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

5

7~8年ほど前に当時ホンダのライフでチューリッヒ保険に加入していた際に事故に合いました。10対0の事故でしたが、免許を取ってから初めてぶつけられた事故だったので、チューリヒ保険の対応はとても良かったと記憶しています。10対0で相手側の保険会社との直接交渉でしたが、電話でのサポートをしていただき、何度も相談させていただきました。またお見舞い金として通院日数によって5万円お支払いしていただいたのがとても助かりました。

20代女性 / 岐阜県


保険会社:チューリッヒ / 車種:ホンダ ライフ / 年間保険料:4万円程度

『相手方との直接交渉を電話でサポートしてくれて大満足!!』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

4

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

5

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

5

7~8年前にチューリッヒ保険に加入している際に、10対0の事故に合いました。当時免許を取得してから初めての事故だったので、どうしていいかわからないことが多かったですが、電話でのサポートをしていただきました。相手側が悪い事故だったので相手側の保険会社と直接の交渉でしたが、ちゅーりっひさんは電話での相談などは大丈夫なのでいつでも電話くださいと言ってくれました。通院日数によって見舞金が出たのもとても助かりました。

20代男性 / 栃木県


保険会社:チューリッヒ / 車種:日産 マーチ / 年間保険料:4万円程度

『ロードサービスと的確な電話サポートで満足です』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

5

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

4

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

5

通勤中にハンドル操作とブレーキ操作を誤り、畑に転落。
車両のダメージはなかったものの、自力での脱出ができなくなったため、チューリッヒさんに連絡をし、レッカーの手配をしていただきました。
その際に、他人の土地に突っ込んだ事故だったため、レッカー手配の前に警察への連絡をするよう指示をしていただき、警察への連絡が完了したらレッカー手配を再度連絡するよう指示をしてもらいました。
動揺する中で丁寧な指示をしてもらったため、落ち着いて事故の対処ができ、感謝しています。

50代女性 / 愛媛県


保険会社:チューリッヒ / 車種:ホンダ N-box / 年間保険料:4万円程度

『電話対応の最悪で契約の更新せず』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

3

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

3

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

2

家を出て200mのところで路側帯を乗り越し、直ぐに車道に戻ったのですが、車の底をすって何らかのオイルが漏れてきていました。このままでは、車が動かなくなると思い、車が動かなくなる前に車をなんとか運転して隣の家のモータースへとりあえず駆け込みました。
それからチューリッヒに連絡したところ、「事故現場から車を動かしたから、移動のお金は出ません!」と言われ、後は車の修理等についてモータースの人とチューリッヒの人で話してもらいましたが、モータースの人から、「あまりにもチューリッヒの対応が悪いし使えないので、この保険はやめた方がいい!」と言われました。
その後、3ヶ月後の更新は、チューリッヒではしませんでした。

50代女性 / 愛媛県


保険会社:チューリッヒ / 車種:ホンダ N-box / 年間保険料:4万円程度

『電話対応が最悪!ロードサービスも不完全!契約の更新せず他社に乗り換え』

保険の満足度
★★★★★
★★★★★

3

保険料の評価
★★★★★
★★★★★

3

事故対応・顧客対応の評価
★★★★★
★★★★★

2

家を出て200mのところで路側帯を乗り越し、直ぐにまた車道に戻ったのですが、車のそこを擦ってしまったらしく、オイルが漏れてきていました。このままでは車が動かなくなると思い、家を出て200mだし家の隣がモータースなので、とりあえず駆け込みました。
ロードサービス無料だとCMで言ってるから、チューリッヒに電話したら、「事故現場から動かしてるからロードサービスは受けられません!」との事。後は修理の話をモータースの人とチューリッヒの人で話してもらいましたが、、、
モータースの人が「あそこは対応が悪いからやめた方がいい。今回も車を取りに来ないから、持っていかないといけない。こんな使えない保険屋は初めてだ。やめた方がいい!」と言われました。
3ヶ月後の更新はせず、言うまでもなく他社で契約しました。

チューリッヒの自動車保険の3つの特徴

チューリッヒの自動車保険の3つの特徴について説明します。

チューリッヒの自動車保険の3つの特徴とは
  1. ネット専用自動車保険とスーパー自動車保険
  2. リーズナブルな保険料
  3. 業界屈指のロードサービス
のことです。

チューリッヒの自動車保険だけに2つの自動車保険があるので、その違いについて説明します。

チューリッヒの特徴①:ネット専用自動車保険とスーパー自動車保険

チューリッヒの2つの自動車保険とは

スーパー自動車保険ネット専用自動車保険です。
スーパー自動車保険ネット専用自動車保険
見積もり・契約インターネット・電話・郵送インターネットのみ
更新手続き継続通知書による手続き自動継続
支払い方法・クレジットカード払い(一括・
分割・リボ)
・クレジットカード分割払い(12
分割11回払)
・銀行振込(一括)
・分割払い(12分割11回払)
*初回保険料等を除き、口座振替
・コンビニ払い(一括)
クレジットカードのみ
一括払い

基本補償および自動

付帯される特約

・対人賠償保険   
・対物賠償保険   
・搭乗者傷害保険  
・人身傷害保険   
・無保険車障害特約 
・対人賠償保険  
・対物賠償保険  
・人身傷害保険  
・無保険車傷害特約
ロードサービス自動セット任意でセット
(ロードサービス)


ネット専用自動車保険の方は、更新手続きが、自動更新、支払い方法がクレジットカードによる一括払い、搭乗者傷害保険が任意付帯、ロードサービスが自動付帯となっています。


ネット専用自動車保険は、ロードサービスも任意付帯となっていて、本当に最低限の補償と言えそうです。


ネット専用自動車保険の支払いが『一括払い』というのが気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は一括払いだとさらに割引になるので、得をしても損はしないのです。

チューリッヒの特徴②:リーズナブルな保険料

リーズナブルな保険料


外資系の通販型(ダイレクト)自動車保険としては、かなり早い段階から日本の保険市場に参入して2位グループに属しています。


日本に通販型(ダイレクト)自動車保険を持ち込んだ『アメリカンホームダイレクト』が外資系の特徴である『保険料が安い』をアピールしながらも、2016年業績の悪化を理由に事実上国内市場から撤退しました。


この事からもわかるように、単純に『保険料が安い』という理由だけではなく、ユーザーに求められている『サービスの充実したリーズナブル』な自動車保険であることは間違いありません。

チューリッヒの特徴③:業界屈指のロードサービス

チューリッヒのロードサービスは、他のダイレクト型自動車保険と比べても充実しています。


事故受付は年中無休・ロードサービスも全国約9,500ヵ所の拠点から24時間365日スピーディに現場に急行し、必要な応急処置を時間無制限でしてもらえます。(他社では、1回につき30分などの時間制限がある場合が多い)この点からも、チューリッヒは非常に良心的です。


レッカーでの牽引は、チューリッヒ指定の修理工場までなら距離無制限、ユーザー指定の修理工場へは100kmまで無料となっています。


車で帰宅できなくなった場合のサポート充実しており、現場からの交通費が支払われる『帰宅費用サポート』や、宿泊代が支払われる『ホテル代サポート』などを、いずれも限度額なしで受ける事が出来ます。


車にペットが同乗していた場合に、現地ででの任意でセット
(ロードサービス)が支払われる『ペットケアサポート』や、事故のよって飛行機をキャンセルした場合の『キャンセル費用サポート』(上限50,000円)など、他社にはあまり見られないサービスが用意されています。


ちなみに『スーパー自動車保険』ではロードサービスを外すことは出来ませんが、同じチューリッヒの『ネット専用自動車保険』では外せます。


これらが業界屈指のロードサービスと言われる所以でしょう。

チューリッヒとソニー損保を比較してみよう

チューリッヒとソニー損保の比較


基本の補償と特約

チューリッヒソニー損保
相手の方への補償・対人賠償保険(基本の補償)
・対物賠償保険(基本の補償)
対物超過特約
・対人賠償保険(基本の補償)
・対物賠償保険(基本の補償)
・対物超過修理費用(基本の補償)
車のための補償・車両保険(基本の補償)
免責ゼロ特約
車内身の回り品特約
台車提供特約
地震等による車両全損一時金特約
・車両保険(基本の補償)
新車買替特約
車内身の回り品特約
事故時レンタカー費用特約
自身や搭乗者のための補償・搭乗者傷害保険(基本の補償)
・人身傷害保険(基本の補償)
人身傷害特約(搭乗中のみ補償)
無保険者傷害特約(自動付帯)
搭乗者傷害特約
・人身傷害保険(基本の補償)
その他の補償傷害特約(乗車中以外のケガの補償)
原付特約
弁護士特約
個人賠償責任特約
地震に対する死亡一時金特約
弁護士特約
個人賠償責任特約
おりても特約
ファミリーバイク特約


2つの大きな違いは、対物超過修理費用と搭乗者傷害保険だと思います。


『対物超過修理費用』、これは相手方の車を修理するための費用が時価額を超えたときに、その差額を補償するというものです。


ソニー損保では、基本の補償として付帯されていますが、チューリッヒでは『対物超過特約』として特約になっているため、付けるつけないをご自分で選ぶ必要があります。『搭乗者傷害保険』、自身や搭乗者のための補償です。


チューリッヒでは、基本の補償として付帯されていますが、ソニー損保では『搭乗者傷害特約』として特約になっていますので、ご自分で付けるつけないを選ぶ必要があります。

チューリッヒとソニー損保の保険料を比較する

チューリッヒの自動車保険とソニー損保の保険料の違いを、シミュレーションします。


試算条件は以下の通りです。

  • ノンフリート等級:6等級
  • 年齢:30歳
  • 車種:日産ノート
  • 運転者限定:本人と配偶者のみ
  • 対人・対物賠償:無制限
  • 年齢条件:26歳以上
  • 運転免許証:ゴールド
  • 年間走行距離:3,000km~5,000km
  • 車両保険:なし
  • その他特約:なし


参考までに、車両保険の付帯の場合も載せておきましたが、どちらもチューリッヒの自動車保険の方が、保険料金は安いという結果になりました。


車両保険の付帯なしあり
チューリッヒ21,660円70,030円
ソニー損保37,400円10,6330円


しかし、これはあくまでも試算条件や同一の補償内容によるシミュレーションですので、参考までに。


ご自分の自動車保険の契約書・車検証などを用意してぜひ一度、無料でできる『一括見積もり』をお試しください。

チューリッヒとソニー損保のロードサービスの違い

チューリッヒとソニー損保のロードサービスの違いについて説明します。


どちらもロードサービスに関して、かなりの充実度で、契約前に事故やトラブルに不安を抱えて保険選びをした場合、このどちらかで大いに悩むことでしょう。


レッカーサービスに関して、ソニー損保の方が無料の移動距離が50km長いため、保険会社の指定修理工場を使わない場合は、ソニー損保の方が有利です。


キャンセル費用サポートがあるのは、チューリッヒだけです。


レッカーサービス以外の項目では、内容の充実度はチューリッヒの自動車保険の方がやや高いという印象を受けました。


やはり『業界最高レベルのロードサービスは、健在です。


だだし口コミにもありましたように、オペレーターやトラブルの内容によっては満足いかない事案もあるようですので、参考にして下さい。

<コラム>代理店型とダイレクト型の自動車保険の違い

  • 自動車保険の見直しをすると保険料が3万円以上安くなるって本当?

自動車保険の『代理店型(店舗型タイプ)』『ダイレクト(ネット販売・通販型)』の違いについて解説します。


代理店型の特徴

  • いざという時に顔見知りの担当者が対応してくれる
  • 担当者によってサービスの差異が大きい
  • 保険料が高い
専門知識や経験豊富な担当者と直接相談して補償内容を決められるのは大きなメリットと言えます。

デメリットとして、ダイレクト型と比べて保険料が高くなってしまうことが挙げられます。

ダイレクト型の特徴
  • 保険料が割安
  • サービスの質が均質
  • 自分で選ばなければない
ダイレクト型の1番の特徴は、保険料がかなり安いことです。代理店型と比べると同じ補償内容で3万円以上安いこともあります。

デメリットとして、実際に加入する際に自分で補償内容を検討したり選択しなければならないことです。また、契約の更新などもそうです。

まとめ:チューリッヒの評判・口コミ

ここまでチューリッヒの自動車保険について書いてきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事では
  • チューリッヒ自動車保険の事故対応・顧客対応/口コミと評判
  • チューリッヒの2つの自動車保険
  • チューリッヒの業界屈指のロードサービス
  • チューリッヒのリーズナブルな保険料
  • チューリッヒとソニー損保の比較
  • 代理店型とダイレクト型の違い
について説明しました。

これから自動車保険に加入する方、現在加入しているが契約を見直そうかと考えている方もぜひこの機会に、無料で出来る『一括見積もり』サービスを試してみて下さい。

ほけんROOMでは、この他にもたくさんの保険商品やサービスについて詳しく解説していますので、ぜひご覧になって下さい。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング