自動車保険ALL

全労済のマイカー共済の評判はどう?自動車保険と比べて割引は?

全労済のマイカー共済の評判は、基本的な補償がしっかりしていて掛金も安いことが高い評価を得ています。一方で、事故対応をする担当者のレベルが低いという批判もあります。今回は、共済加入者の口コミを通して、全労済のマイカー共済の評判などについて解説します。

全労済マイカー共済の補償内容等について、どんな評判があるのか?

全労済マイカー共済という自動車保険を耳にしたことがある方は多いかと思います。

全労済は共済事業を行う組合なので、全労済が取り扱っている各保険の保険料は安いというイメージがあることでしょう。

しかし、保険料が安いとなると、気になるのはその補償内容は十分か、などですよね。

そこで、この記事では『全労済マイカー共済の補償内容とその評判』について、
  • 全労済マイカー共済の補償内容について
  • 全労済マイカー共済のメリット・デメリット
  • 全労済マイカー共済の口コミ・評判
以上を中心に解説していきます。

この記事を読んでいただいたら、これから自動車保険の契約を検討している方、また全労済のマイカー共済に興味がある方の参考になるかと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

全労済のマイカー共済の主な補償内容・ロードサービス

全労済のマイカー共済は補償内容も手厚く、掛金も手頃な価格となっているので、評判もよく人気となっています。 

全労済のマイカー共済の補償内容は大きく3つで、
  • 基本補償
  • 補償特約
  • ロードサービス
があります。

 それでは、そんな評判のいい全労済のマイカー共済の補償内容について、詳しく解説していきます。

全労済マイカー共済の基本補償について

評判のいい全労済のマイカー共済の基本補償とは、以下のような内容になります。
  • 人身傷害補償
  • 対人賠償
  • 対物賠償

そして、四輪車の車両損害補償の補償内容については以下のようになります。
  • 他の車との衝突
  • 火災や爆発、自然災害による破損
  • 落書き、いたずらなどによる破損
  • 盗難
  • 飛来物、落下物との衝突
  • 車以外の物との衝突

このように、全労済のマイカー共済は、基本補償だけでもさまざまなシーンでしっかりと補償を受けることができるので、評判がいいことも納得できますね。

全労済マイカー共済の補償特約について

それでは、全労済マイカー共済の補償特約について解説していきます。

まず、一つ目の補償特約は、
  • 自転車賠償責任補償特約
です。

最近では、走行中の自転車が歩行者と衝突し、歩行者にケガをさせたり死亡させてしまい、多額の賠償金が発生するニュースを耳にするようになりました。

自動車と同様、自転車を走行中はいつ交通事故を起こしてしまうか分かりません。

そこで、この自転車賠償責任補償特約では、自転車を走行中に交通事故を起こし、法律上賠償責任が生じた場合、最高で1億円まで補償されます。

月々の掛金は120円で示談交渉サービスも付き、またご家族が自転車を複数台所有していても1契約で補償されます。

次に、二つ目の補償特約は
  • 交通事故危険補償特約
です。

自動車運転時以外での、電車乗車時や自転車での走行時などの交通事故を補償します。

月々の掛金は340円で、交通事故により損害を受けた場合の実損害額が補償されます。

三つ目の補償特約は、
  • 弁護士費用等補償特約
です。 

自動車や自転車での事故、またそれ以外での交通事故で被害を被った場合、全労災の同意を得て賠償請求を行う際には、相手側との交渉において弁護士が必要となります。 

そのときにかかる「弁護士報酬、訴訟費用、仲裁・和解・調停費用など」の弁護士費用を被共済者1名につき最高300万円まで補償します。

月々の掛金は210円です。

このように、基本補償だけではまかないきれない損害についても、特約を付加することでカバーすることができます。

全労済マイカー共済のロードサービスについて

自動車を運転していて衝突、故障して道路上で車が動かなくなってしまった、なんてこともあるでしょう。 

そんなときにぜひ利用したいのが、全労済マイカー共済のロードサービスです。 

マイカー共済のロードサービスのサービス内容は、以下のようになります。 

  • 自走不能な車のレッカーけん引または積載車による搬送・・・契約者がなんらかのトラブル、または事故により自走不能となり、現場での応急修理を30分程度行っても自走が困難な場合には、けん引距離30kmまでは無料でレッカーサービスを行います。 
  • 現地にて30分以内のクイック路上サービス・・・バッテリー上がりやカギの開錠、パンクなどによるスペアタイヤの交換など、現場での30分以内の路上サービス作業費用が無料となります。
  • ガソリンお届けサービス・・・車が燃料切れの場合、10リットルまでのガソリン(軽油を含む)を無料でお届けします。
以上のように、路上でもしも車が動かなくなってしまった場合にも、マイカー共済のロードサービスのおかげでしっかりとサポートが受けられるので安心ですね。 

このマイカー共済のロードサービスを利用できるのは、四輪自動車契約をしており、「人身傷害補償」または「車両損害補償」を契約されている方のみとなりますので注意が必要です。

全労済マイカー共済のメリット

ここまで、全労済マイカー共済の補償内容について詳しく解説してきました。

全労済マイカー共済の補償内容は評判もいいように、さまざまなシーンで補償が受けられることがわかりました。

それでは、この全労済マイカー共済に加入するとほかにどのようなメリットがあるかというと、
  • 割引サービスが豊富で保険料がさらに安くなる
  • マイカー共済の事故相談ダイヤルを設けている
以上の2つのメリットがあります。

ぜひご確認ください。

掛け金(保険料)が安く豊富な割引サービスがある

全労災とは共済組合であることこから、全労災で取り扱っている保険の保険料は割安という評判も聞かれます。

そして、全労災のマイカー共済には、保険料がさらに安くなるさまざまな割引サービスが用意されています。

それでは、マイカー共済がさらに安くなる割引サービスとはどのようなものがあるのか、解説していきます。
  • 運転者年齢条件・・・車を運転する人の年齢を制限することで割引となる 
  • 子供特約・・・被共済者の子供専用の年齢を設定することで割引となる 
  • 運転者本人・配偶者限定特約・・・夫婦でのみ車を運転する場合、掛金が7%割引となる 
  • 運転者家族限定特約・・・契約車両の運転者を家族で限定する場合、掛金が3%割引となる 
  • 新車割引・・・新契約の効力開始日が、契約車両の初度登録年月の翌月から25ヶ月以内の車両の場合、軽四輪自動車であれば掛金が3%、普通・小型自動車は掛金が9%割引となる 
  • 福祉車両割引・・・契約車両が福祉車両で、かつ消費税非課税措置の対象車両、または車検証上車体の形状が車いすを乗せられる車両の場合、掛金が7%割引となる 
  • ハイブリッド車割引・・・契約車両が全労済指定の低公害自動車(ハイブリッド車)である場合は、掛金が7%割引となる 
  • 盗難防止措置装備車両割引・・・契約車両に、全労済が定める盗難防止措置を装備している場合には、掛金が5%割引となる 
  • 複数契約割引・・・すでにマイカー共済の契約をされていて、新規契約の契約者が同一の場合掛金が3%割引となる 
  • セカンドカー割引・・・すでに11等級以上の契約があり、かつ一定条件を満たしている場合、2台目以降の車の新規契約では6等級ではなく7等級となる 
  • 人身傷害補償の被共済自動車搭乗中のみ補償特約・・・すでに人身傷害補償の契約をされていて、2台目以降の契約において人身傷害補償の被共済自動車搭乗中のみ補償特約を付加した場合、人身傷害補償の掛金が四輪自動車では15%割引、二輪自動車・原付自転車では2%の割引となる 

このように、もともと掛金が安い全労済のマイカー共済ですが、ある条件を満たしていればこのようにさまざまな割引を受けられることも、評判の高い理由の一つですね。

マイカー共済事故相談ダイヤルを設けている

全労済マイカー共済では、もしもの「事故発生時のサポート」として『マイカー共済事故相談ダイヤル』を設置し、全国で76カ所、およそ800名のスタッフが交通事故に関する質問や相談にお答えします。 

マイカー共済事故相談ダイヤルの電話番号はフリーダイヤルの0120-8740-16、受付時間は平日休日問わず9:00~21:00です。 


全労済マイカー共済のデメリット

掛金が安く、評判のいい全労済マイカー共済のメリットについてお伝えしましたが、反対にデメリットもいくつかあります。

マイカー共済にはどのようなデメリットがあるかといいますと、
  • 保険等級の引き継ぎに注意が必要
  • 補償特約がほかの自動車保険に比べて豊富ではない
以上の2点となります。

詳しく説明していきます。

等級の引き継ぎには注意

全労済マイカー共済のデメリットの一つ目は、他社で契約していた保険から全労済のマイカー共済へ切り替える際、保険等級の引き継ぎに注意が必要となります。

どういうことかというと、日本や外資系の各保険会社は「損害保険料率算出機構」に加盟していますが、全労済は未加入となっています。

この損害保険料率算出機構とは、会員である保険会社から提供されたデータをもとに、自動車保険や火災保険などの参考純率や、自賠責保険・地震保険の基準料率を算出しています。

会員である保険会社は、これらの料率を保険料率の算定時に活用しています。

保険料の算出制度が違う会社同士では、等級データを共有できないので引継ぎもできないということです。

そのため損害保険料率算出機構に未加入の全労災マイカー共済に切り替える際には、保険等級について全労済に確認しておきましょう。

他の自動車保険と比較して補償特約が豊富ではない

全労済のマイカー共済での補償特約は、『自転車賠償責任補償特約』『交通事故危険補償特約』『弁護士費用等補償特約』の3つがあると説明しました。

これだけでも、十分補償されそうですが、実は他社の保険会社が販売している自動車保険には、さらに豊富な補償特約があります。

例えば、大手保険会社のS保険会社では、
  • 新車が事故などで大破し、再度新車を購入する費用を補償する『新車買替特約』、
  • 事故で契約車両が修理となり、その間に必要となるレンタカー費用を補償する『事故時レンタカー費用特約』
という補償特約などがあります。

このように、ほかの保険会社の補償特約はさらに細かな部分まで補償されることがわかります。 

全労済マイカー共済は掛金が安い分、補償特約が少ないということを覚えておきましょう。

全労済のマイカー共済の良い評判・口コミについて

それでは、実際全労済のマイカー共済を利用された方たちからの評判や口コミについて見ていきましょう。

まずは良い評判・口コミからご紹介していきます。


保険料の安さを追求するならマイカー共済はあり!

全労済のマイカー共済の評判がいい理由は、やはり保険料の安さと言えるでしょう。

補償内容も一般的な事故やトラブルなどをしっかりとサポートしてくれますし、なおかつ保険料が割安なので、保険料の安さを重視するのであれば、全労済マイカー共済はぴったりですね。

契約時など丁寧で親切な対応に感心した

保険料の安さが評判いいが、そのためきちんと対応されるか気になっていたが、補償内容等何度か質問しても気持ち良く対応してくれ、契約することができた。



全労済のマイカー共済の悪い評判・口コミについて

全労済のマイカー共済は、やはり保険料が安いこと、そして契約時の対応の良さが良いという評判・口コミでした。

しかし、その反対に悪い評判・口コミもありますので、そちらも見ていきましょう。

事故対応の交渉に不満がある

全労済マイカー共済の事故対応時の担当者の態度が悪い、事故の交渉時にうまく交渉ができないなど、事故対応時に対する評判・口コミは悪いです。

全労済マイカー共済の事故対応を行う業務は委託で行われているので、一般的な保険会社の事故担当者の質と比べると劣る部分があるのかもしれません。

電話対応の担当者の態度が失礼

電話をかけてもなかなか繋がらず、繋がったとしても、電話担当の担当者の態度が悪く残念である、という口コミがあります。

全労済マイカー共済では『マイカー共済事故相談ダイヤル』を設け、交通事故に関する質問などを受け付けていることが強みでもありますので、電話対応は改善してもらいたいですね。

全労済のマイカー共済の評判まとめ

この記事では、全労済のマイカー共済の評判について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事のポイントは、
  • 全労済のマイカー共済の補償内容は一般的な事故やトラブルのサポートには十分である
  • マイカー共済のメリットは、各種割引と相談ダイヤルを設けていること
  • マイカー共済のデメリットは、保険切り替え時に等級に注意しなければならず、また補償特約が豊富ではないこと
以上です。

自動車保険はできるだけ安く抑えたい、という方は、補償内容や特約なども一般的な範囲をサポートしつつ、保険料も割安な全労済のマイカー共済への契約を検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、保険料が割安な分、メリット・デメリットもありますので、契約前にはよく補償内容等を確認しておきましょう。

ほけんROOMでは、ほかにも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますのでぜひご覧ください。

ランキング